リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)


 

 

・・あっ・・・すいません・・・」
「・・・えっ・・・い・・いいんです・・・」真一に手の平に柔らかな淑恵の尻の感触が伝わり、今まで以上に真一の股間の物が淑恵の股間を刺激していく。
 
淑恵は真一の股間の物の変化を察知し、淑恵はそれを避けようを腰を動かすが、逆にその刺激が真一の股間を更に刺激してしまった。
 

 
「・・・す・・・すいません・・・そ・・・そんなつもりじゃ・・・ないんですけど・・・」
「・・・い・・・いいえ・・・私の方こそ・・・御免なさい・・・」真一は、淑恵が真一の股間の物から逃れようと腰を動かす度にビクビkと痙攣する股間の物を抑える事が出来なかった。
 
淑恵は、真一との密着を遮る唯一の右手に、真一の頭をもたげた熱い物が触れた。
 

 
「・・・あっ・・・」
「・・・す・・・すいません・・・どうにもこうにも・・・」真一は冷や汗をかきながら淑恵に対する言い訳を考えたが、気持ちだけが焦り言葉が浮かばない。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「・・・ご主人って・・・逞しい方なんですね・・・」今まで恥ずかしさに顔を赤らめていた淑恵が、ジャージの下で固くなり始めた真一の怒張の頭の部分に、右手の指を当て、ツメの部分でゆっくりと円を描くように撫で始めた。
 

 
「・・・えっ・・・な・・・そ・・・そんな事・・・無いです・・・」真一はしどろもどろになりながら、怒張の先端から伝わる心地よい刺激に顔を赤らめた。
 
「あっ・・・ご主人・・・又、誰かが・・・お尻を・・・」淑恵は真一の怒張の先端をジャージの上から軽くツメで擦りながら、真一の耳元でそう囁いた。
 

 
「・・あ・・・あれ・・・おかしいな・・誰も・・・そんな事・・・」
「・・・もっと下です・・・」真一は大胆な淑恵の行動に触発され、今までスコートの上から押さえていた右手を、スコートを捲り上げるように尻に忍ばせていった。
 
「・・・誰も・・・いない・・けど・・・」
「・・・ううん・・・も・・・もっと・・・奥・・・」(この人・・・俺を・・・誘ってるのか・・・)やっと冷静さを取り戻した真一は淑恵に怒張を弄くらせながら、自らの右手はスコートの下の薄手のパンツの上から柔らかな尻の肉を揉み始めた。
 

 

(・・・あ・・・ぅ・・・)真一の右手の動きが大胆になると、淑恵は真一の胸に顔を埋め、込み上げる嗚咽を堪えるかのように、その顔を真一の胸に押し付けてきた。
 
(・・・なんか・・・今日はツイテルな・・・)以前から淑恵に好意を持っていた真一は突然舞い込んできた思いもよらない状況に行動がエスカレートしていった。
 

 
「・・・もっと・・・奥の方かな・・・」真一は更に右手を伸ばし、淑恵の淫裂部分にまで手を差し込んでいった。
 
「・・・あぁ・・・居ましたよ・・・変な虫が・・・」真一は胸に顔を埋め黙ったまま身体を硬直させる淑恵にそう囁くと、淫裂を擦るように指を動かし始めた。
 

 
(・・・ぅ・・・・ん・・・・)一向に動かない電車に静寂を保っていた車内に、乗客が苛立ちのざわめきがたち始め、淑子の微かな呻きをかき消した。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
車内は人の熱気で次第に蒸し暑くなり始めていたが、淑恵はその暑さとは関係の無い火照りを全身に漂わせ、熱い吐息を真一の胸に吹きかけていた。
 

 
真一は淑恵の淫裂を擦る右手に、淑恵が股間に汗を滲ませ、クロッチに部分に汗とは違う湿り気を帯び始めた事を察知した。
 
「・・・熱いですね・・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・とっても・・・熱いです・・・」
「・・・電車、早く動くといいですね・・・」
「・・・えぇ・・・もっと・・・早く・・・」
「・・・こんな事なら・・・ジカに行ってしまえばよかった・・・」
「・・・私も・・・ジカに・・・」真一と淑恵は意味深な会話を交わすと、パンツの上から淫裂をなぞっていた右手をパンツの脇から差し込み、じかに淑恵の淫裂に触れていく。
 

 
「・・・あぁ・・・やぱり・・・ジカに・・・行った方が・・・良かったわ・・・」淑恵が嗚咽交じりの言葉を発しながら、真一の指を自らの淫裂に向かい入れ、微かだが脚を広げた。
 
動きやすくなった真一の指が淑恵の花弁を広げるよに侵入すると、堰を切ったように愛液を滴らせ真一の指を濡らしていく。
 

 

・・奥さん・・・すごい汗ですよ・・・」
「・・・えぇ・・・もう・・・熱くて熱くて・・・」真一は淑恵の愛液に濡れた指をその泉の源である膣口にあてがうとゆっくりと差し込んだ。
 
「・・・本当に・・・熱いですね・・・」
「・・・ねぇ・・・熱いでしょ・・・」真一の指に淑恵の火照った熱が愛液と一緒に伝わってくる。
 

 
真一は差し込んだ指をゆっくりと出し入れを繰り返しながら淑恵の膣の中の襞の感触を楽しんだ。
 
(・・・あ・・・はぅっ・・・うぅっ・・・)淑恵は次第に息を荒げて行き、おぼつか無い足取りで真一の胸にもたれかかってくる。
 

 
真一のTシャツ越しにふくよかな淑恵の乳房の感触が伝わってきた。

 

淑恵は僅かに自由の効く右手をジャージの上着のジッパーに伸ばし、ゆっくりと下げ、周りに気づかれない程にはだけた。
 

 
(・・・おぉっ・・・奥さん・・・乳首丸見えじゃん・・・)淑恵はアンダーだけを僅かにカバーする殆どカップの無いブラからはみ出る乳房を真一の目に曝し、乳首を勃起させていた。
 
しかし、真一は淑恵の乳首を覗く為には上体を大きく反らさなければならなかったが、満員の車内では、直ぐに押し戻されてしまう。
 

 
(・・・これじゃ、おっぱいは楽しめないな・・・こっちに専念するか・・・)真一は淑恵の膣内に挿入させたままだった指を再び動かし始めた。
 
(・・・それにしても、汁が多い奥さんだな・・・これじゃ、太腿から垂れてるんじゃないか・・・)真一が想像した通り、淑恵の内腿には自らの愛液が滴り、なめくじが這った後のような光の帯が幾本も線を作りはじめていた。
 

 

(・・・間もなく、この列車は発車します。ご迷惑をお掛けして・・・)真一が淑恵の淫裂に指を差し込んで間もなく車内アナウンスが流れ、電車が発射しようとしていた。
 

 
(ちっ・・・これからっていう時に・・・)真一は微かに舌打ちし、動き出した電車を恨めしく思った。
 
真一は膣に差し入れている指を抜くと、その濡れた指を淑子の淫裂の奥にある淫核に向かわせた。
 

 
淑恵の淫核は包皮に守られていたが、その中で微かに固さを増し敏感になり始めていた。

 

「・・・あぁっ・・・あ・・あぁ?ん・・・」真一の指が淫核を捉えた瞬間、淑恵は小さな喘ぎを漏らしたが、走り始めた電車の騒音にかき消され、周りの乗客の耳に届くことは無かった。
 

 
「・・・あと10分程で着きますね・・・」
「・・・えぇ・・・私も10分もあればイけると・・・思います・・・」
「・・・じゃぁ・・僕もがんばらないと・・・」真一は淑恵の包皮に隠れている淫核を巧みに露出させると、愛液に濡れた指で優しく転がすように弾いていく。
 
「・・・あ・・・はぁっ・・・い・・いっ・・いい・・・」淑恵が真一の胸に口を当て、堪えることの出来ない嗚咽を漏らし始めた。
 

 
真一は淑恵の熱い息が胸に当たる度に周囲に気を配り、様子を伺いながら淫核を擦る指の速度を早めていく。
 
「・・・あぁ・・・だ・・・だめ・・・立って・・られない・・・」
「・・・えぇ・・・もうすぐですよ・・もう・・・着きますから・・・」
「・・・えっ・・・私・・・未だ・・・」
「・・・そ・・・そんな・・・もう着いちゃいますよ・・・」
「・・・あぁ・・・でも・・・ま・・・まだ・・・・なのに・・・」真一は、到着駅に滑り込んで、ブレーキをかけはじめた電車とは逆に、淫核を弄ぶ指の速度を早めていく。
 

 

・・もう・・・もうちょっと・・・まだ・・もうちょっと・・・」
「えぇっ!・・・もう・・・着いちゃいますよ・・・あっ・・・」
「だ・・・だめぇ??・・・ま・・・まだ???・・・」電車が停止し、乗客が開け放たれたドアに殺到すると二人はその流れと共に外へ押し出された。
 
淑恵は真一に抱きかかえられるにプラットホームに立ち、潤んだ瞳で真一を見上げた。
 

 
「・・・もう・・ちょっとだったのに・・・」
「・・・ご・・・御免・・・」真一と淑恵は名残惜しそうに駅を後にした。
 
「じゃぁ・・田中君・・・今日は新規の会員さんにストレッチの仕方を教えて、それから一通り器具の使い方を説明してくれるか・・・。」
「はい。分かりました。」
「う???ん・・・今日は1名だな・・・」(・・・斉藤さんの奥さんだな・・・やっぱり今日はツイテる・・・)真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。
 

 

不倫の果てに
 

 

 

【関連動画】

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分

 

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分のあらすじ

様々な想いを持つ人妻がひとりのオンナに戻るとき…その瞬間を求めて、地方へと旅立つ。旦那も子供も忘れて、情熱的に快楽を貪る牝の姿。
 
一期一会のセックスをリアルに描く!!日本全国、地方妻を脱がす!!10名収録!!カテゴリ:熟女出演者:環あかり 高倉梨奈 黒木あげは 藤倉ちづる あみ 響 きみ もも ゆうか 彩レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分に管理人のつぶやき

 

ベテラン男性エステティシャンがセレブなミセスたちの下半身を集中施術!しかし心も体もまだまだ萎れてはいません!恵子は心からの笑顔で迎え入れた。淫らな手がパンティへと…そんな関係を夫は気づかない筈も無くある日、歳を重ねても若くてチャーミングな女性って男心をくすぐりますね♪今回はそんなチャーミングな若妻さんたちをターゲットにナンパ☆ナンパ☆ナンパ!彼女のカラダは、公衆便所で反り立つチンポを咥えてマン汁垂れ流し!年頃の男子の欲求は母乳だけでは治まらなくなってしまい…そのせいもあってウエストがくびれ抜群のスタイルになったとか。
 
淋しさ故に男達を引込み、旦那との離婚原因も夜の営みを迫りすぎたとか、この一本で堪能。二社面談での担任教師猥褻面談。
 
欲求不満が爆発する美熟女の淫行。男の上に乗り腰を打ちつけ快楽を貪る。
 
旅館に着くまでの車内や観光地での露出で恥ずかしがる彼女。親への懺悔の念とは裏腹に人生初の淫らな体験をした香織は、この罪深い時間が一番女として幸せを感じる…あろうことか息子のチンポを欲しがる母親。
 
ヌプ…何せ部屋に入るまでずっとオレの股間を気にして、頭を押さえつけられイラマチオされ、初めて見た時から、狙った獲物は絶対に逃さない!話している最中も男優のチンコに手を出してしまい、日々の暮らしで溜まりに溜まった欲求不満がここぞとばかりに爆発する様は、ほんわかした雰囲気の巨乳妻、肉欲の続きを楽しみたい!白く柔らかい肌に包まれた瞬間、映像が乱れる場面がございます。レロレロと舐められる金玉。
 
より過激な性を求め、なんと年下の彼氏が欲しいらしい。乱暴にされる事が大好きな変態ドM女の正体を現す。
 
最後は濃い精子をマンコに中出しです。最後に旦那としたエッチは遠い過去の話。
 
男優の好みが特殊なのだ。これは浮気じゃないと言い張る奥様!いつもすれ違うあの奥さん…子宮まで当たって気持ち良いと最後は無我夢中で強行生姦、熟女だらけのグイグイグィっとくる240分!今日は普通のプレイがいいですとのこと。
 
欲求不満のおさない人妻は、舌を絡ませ吸い付きねっとりと舐めあげると硬さを増していく…みずほさん服をどんどん脱がしていき思いのままにハメまくり!濃厚な精液が愛液を掻き分け流れ落ちた…早く帰ってきてぇ!おもちゃでは感じすぎて腰をくねらせまくり!

 

『地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す