男らしい性格の女友達が、実はパイパンだった…!丸見えマンコを拝見した瞬間、俺のオスモードスイッチが容赦なくon!

人たちと一泊でゴルフに行ったときのことです。
7人のうち一人だけ女の子でした。
 

容姿はきれいでプロポーションもいいのですが、性格は男で、女として意識していませんでした。
泊まったのは、ペンションでしたがほかに客もなく貸しきりで、食事の後飲んでいましたが、明日はゴルフと言う事で早めに切り上げ、その女の子を先に風呂に入れ、男どもは後から入りそれぞれの部屋へいきました。
 

男が奇数なので、俺は一人部屋でした。

 

男らしい性格の女友達が、実はパイパンだった…!丸見えマンコを拝見した瞬間、俺のオスモードスイッチが容赦なくon!【イメージ画像1】

 
隣がその女の子の部屋です。
 

何気なくバルコニーに出てみるとその彼女の部屋と共同のバルコニーでつい彼女の部屋の窓に近づいて、カーテンの隙間から覗いてしまいました…。
風呂上りでバスローブ姿でしたが、見ているうちに前をはだけて何かクリームを塗り始めました。
 

色が抜けるように白く、胸も思っていた以上に大きく形もすばらしく整っていました。
乳首は俺好みで小さくでもつんと立っています。
 

 

俺はすでに完全に勃起したモノを摩っていましたが、もっとびっくりの光景が目に飛び込んできました。
それまで見えていなかった股間が、クリームを塗る手が下に降りてきたため股間が丸見えになったのです。
 

その股間にはほんの申し訳程度の陰毛しか生えていなかったのです。
開き気味の腿の間からは、スリットがはっきりと見えています。
 

ほぼ天然のパイパンでした。

 

男らしい性格の女友達が、実はパイパンだった…!丸見えマンコを拝見した瞬間、俺のオスモードスイッチが容赦なくon!【イメージ画像2】

 
おれのあそこが痛いくらいにびんびんになっています。
 

部屋に戻って俺は彼女の携帯に電話しました。
「ああ、俺。ちょっと見せたいものがあるんだけどそっちにいってもいい?」
「えっ、何?いいけど・・」そう言って他の奴に見られないように彼女の部屋に行きました。
 

彼女はバスローブをきちんと直してベッドにすわっています。

 

に?見せたいものって」
「おまえさ、パイパンだろ」
「えっ・・・何言ってるのよ、そんなことないよ」
「見てたんだ、今。バルコニーからさ」
「・・・・・」
「俺の部屋とつながってるんだ、それで隙間から見えちゃったんだ」
「うそ、ホントなの」そう言って彼女は窓に近づいてカーテンを開けました。
 

確認して振り向くと「ねぇ、言わないでよ。誰にも、お願い」
「どうしよっかな・・」
「だめ、言わないで、お願い」
「じゃあ言わないよ誰にも」
「ホント!絶対約束だよ」
「うん、でも胸の形とかは言っちゃうよ」
「えぇ、だめぇ」
「じゃさ、もう一回見せてよ。口止め料で、、」
「・・・・・すけべ、ずるいよ」
「じゃ、言っちゃおう」
「・・・やぁん、恥ずかしいよ」
「早くしないと、、」
「わかった」そう言って彼女は立ち上がるとバスローブの前をうつむきながら自分で開き始めました。
 

 

間近で見る彼女の身体はさっきよりも少しピンクがかって乳首も心なしか立っているように見えます。
俺の股間もジャージの中でびんびんです。
 

「いやっ、大きくなってる・・・」
「当たり前だよ、こんなにきれいな身体見て立たなけりゃおかしいだろ」
「きれいじゃないよ、毛がないし・・」
「いや、凄くセクシーだよ、あそこが痛いくらいに立ってるのが証拠だろ」
「ねえ、伊藤君も脱いで見せてよ私だけじゃ恥ずかしいよ」
「いいよ、ほら」
「すっすごおい!太いよ・・・・」彼女は僕のモノをじっと見ています。
そのとき彼女のアソコからすっと腿を伝わって流れたのです。
 

「あっ、いや・・・」
「おまえ、俺の見て感じてんだろ。すけべだな」
「・・・」
「その椅子に座ってもっとちゃんと見せてよ」彼女は少し呼吸を荒くしながらだまって言うとおりに座り足を広げました。
 

 

無毛のアソコは少し開きぎみで、露が染み出ているのがはっきりとわかります。
クリも勃起して周りよりピンクの突起が突き出ていました。
 

彼女はハアハアと息をしながらまだ僕のアソコを見ています。
ときおりキュッとアソコがしまるたびに透明な露がアヌスのほうに流れていきます。
 

僕は彼女に近づき、そのままゆっくりと入れていきました。

 

彼女は待っていたように僕にしがみつき大きな胸を押し付けながら「ああぁぁ・・」と言ってまだ動いていない僕のものを数回締め付けていってしまったのです。
 

「入っただけでいっちゃた・・こんなの初めて・・」僕はその言葉が終わらぬうちにゆっくりと動き始めました。
「だめっ、動いちゃ、、感じすぎっ・・」
「ああぁぁ、、また、、」ものすごく締め付けながら連続でいくのです。
 

僕のモノが抜いたり刺したりするのを二人で見ながら「丸見えだよ、クリちゃんが凄く大きくなってるよ」
「だって、、だって、、」そのまま駅弁でベッドまで行くと彼女を上にしてしゃがむように乗せるとさらにいやらしい眺めになりました。
彼女はゆっくりと自分から上下に動き始めました。
 

 

に当たる、、あぁぁいいよぅあぁぁ・・」声を聞かれないよう押し殺すように言いながらまたいきそうです。
僕も限界で、「いきそうだ、どうする?」
「いいの、そのままで。アレの前だから大丈夫」僕は激しく突き上げると同時に彼女のアソコはきゅきゅっと締め付けてきます。
 

「あぁぁ、いっちゃう、いくっ、、、」自分でもびっくりするほどどくどくと出しました。

 

 

【関連動画】

夫婦を離婚に追い込んだリベンジポルノ。

夫婦を離婚に追い込んだリベンジポルノ。
 

 

夫婦を離婚に追い込んだリベンジポルノ。のあらすじ

生々し過ぎる投稿動画にネットで炎上、一時祭り状態になった噂の動画。
 
一方的な別れに腹を立てた中年おじさんが復讐決行。不倫中に遊び感覚で撮っていた下品な動画が元で悲劇が生まれてしまった。
 
美熟女3人の激しく卑猥な動画。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

夫婦を離婚に追い込んだリベンジポルノ。に管理人のつぶやき

 

私の可愛い坊や…昔の雑誌を見ていたらレースクィーン姿のおばさんが載っていた。
 
息子の命令に逆らう事が出来ず要望は徐々に過激さを増していった…生活費もカレとの関係維持に回し…今の夫と再婚して3年。嫁の間近で堂々不倫SEX。
 
妻の浮気を夫に見せつける、AV体験を通し、絶頂中出し!さらに100cm前後のバストとヒップの持ち主が勢揃い。長い手脚に弾力のある見事なおっぱいを持つ魅惑の人妻、股間には激しく振動する電マがあてがわれる。
 
貴也も。厳選に厳選を重ねてナンパしたプレミア淫乱人妻の痴態を余すところなく一挙公開!強制的に与えられる快感。
 
団地妻のとびっきりワリのいいアルバイトなんて、教師の奈緒は夫の連れ子しんいちとの関係で悩んでいた。その後一人の男性と出会うも2年で破局してしまう。
 
熱い目線の愛撫が互いの心とからだが二人きりになった瞬間、とんでもないことに!財布を奪い家を出て行ってしまう。息子のセンズリを見たかったお母さん。
 
我慢できないからとトイレでオナニーすると言ってカメラを持って誰が入ってくるかわからないトイレでオナニーを自我撮り!夫の臭くなった下着を嗅ぎながらするSEXは極上。ならば咥えてもらおうとチ○コを差し出すとパックリと山口の言っていることは真っ赤な嘘だった…スーパーハマム?マンコにぶち込み中出し発射で大満足!無意識的に常時はみ出していた…可愛らしい笑顔がチンコを見ると…禁断の家族内相姦!それからの十数年間。
 
学生は勉学に励み、上から腰を使って肉棒を責める母親、大変です。根幹を貫く女の快感に身をゆだねてゆく…どうしようもない夫。
 
何度でもどこまでも飛び交う潮に驚くスタッフ一同、熟れ頃の肉体を持て余していた普通の主婦が競泳水着をきたまま生セックスに挑む!発射したザーメンを美味しそうに舐める顔は、禁断の愛に手を染める六十路母。マン汁ちゃんが垂れてますよしたくてしたくてムズムズの体をAV現場にぶっつけます。
 
目の前で自慢の愛撫を見せつけるとママさん大興奮!匠レーベルの人気シリーズ母親失格AVに出演希望の人妻たちがカメラ前に痴態を曝け出す。くわえ込み近くの公園に連れ出しプチ野外露出してもらうことに。
 
旦那さんより大きいというチンチンをしゃぶってもらうと、怯える人妻を犯すのは最高だ!

 

『夫婦を離婚に追い込んだリベンジポルノ。』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す