セフレの人妻同士のスワッピングSEXで性処理女の主婦をゲットして肉体関係

俺は現在27才で、一年半程前に出会い系サイトで知り合った人妻陽子39才と付き合ってます。
陽子には、高校時代からの親友で、千恵という友人がいて、この千恵もセフレと遊んでいて、陽子と千恵はお互い、旦那に怪しまれたときなど、アリバイ工作をしあっていたようです。
 

昨年暮れ、陽子と会ってセックスしていたとき、陽子から提案されました。
私達と千恵達、4人で会わないかと言われました。
 

4Pとかするのか?聞いたら、そこまではまだ考えてない、ただ千恵がせっかくだから4人で会わないかと言われたとのことでした。
年明け一月に4人で会いました。
 

陽子はちょっとポッチャリタイプでEと胸も大きいタイプ。
初めてみた千恵は、ほんとに陽子と同じ年なのかというくらいの童顔、20代に見える丸顔の可愛いタイプで、背が小さい女性。
 

相手の男性は直紀さんと言う人で33才でした。
普段陽子は千恵に、若い俺を自慢していたらしく、それなら会ってみたいとなったみたいで、じゃあ4人で会わないかとなったと経緯を千恵からされました。
 

童顔で可愛いタイプの千恵は高校時代、かなりモテたようで、俺を取られそうだから、最初はいやだったと陽子が言いました。
直紀さんも千恵を取られる警戒をしていた様子でした。
 

千恵の提案で、4人は同じラブホに向かい、別々の部屋に入りました。
普通に陽子とセックスをして、休んでいたとき、ドアをノックされ出てみると、千恵と直紀さんがいて、部屋に入れました。
 

向こうもセックスし終わってきたようでした。
そして千恵が言いました。
 

「パートナー交換しない?」陽子は反論しました。
「ほらやっぱり。絶対千恵、それが目的だったんだ」直紀さんは陽子の胸に興味を持ったようでしたが、どうも陽子は直紀さんがタイプではなかったようで、拒否の姿勢でした。
 

「いいじゃん。今日だけ。せっかく4人でいるんだし。ちょっと陽子、貸して?お願い」4人で会うことを了承してしまった自分にも責任あると思ったのか、結果、陽子は千恵に言いくるめられたような感じで、俺の意見など無視でした。
 

渋々、陽子は直紀さんと部屋を出ていきました。
ほんとに小さくて、思わず千恵に聞いてみました。
 

「身長いくらあります?」「150あるかないかかな?息子にもう追い抜かれました」と笑ってました。
千恵は無理いってごめんと謝りました。
 

「陽子は胸も大きいし、隠れ陽子ファンはたくさんいたんだよ。私もモテたかもしれないけど、陽子だってかなりモテたんだよ」ガウンの隙間から、千恵の胸がチラチラ見えた。
 

千恵を抱き寄せ、脱がせてみると、推定Cくらいの崩れていない程よい胸で、乳首も程よい茶色、陽子はデカいけどやはり若干垂れ気味で、乳首も大きい。
胸を愛撫すると、小刻みに反応して、ほんと人妻とは思えない、可愛い反応でした。
 

穿いていたヒモパンをほどくと、なんとパイパンでした。
「旦那とマンネリになって、旦那に剃ってって言われてね。旦那に内緒の遊びもしてるから、罪滅ぼしのつもりで剃った。最近だよ」よく見える淫唇を開き、クリを剥いてしゃぶると、みるみる愛液が溢れてきて、指マンをすると、ビチャビチャと潮を吹いてました。
 

かなり感度がよい身体でした。
そして千恵はフェラしてきました。
 

相当咥えこんできてるのか、陽子同様、フェラは上手い。
やり方も仲が良いせいなのか、陽子に非常に似ていました。
 

いざ挿入となったとき、千恵に聞いてみました。
「つけたほうがいいですか?」「陽子とはどうしてる?」「つけたりつけなかったり。つけないときは外に出してました」「どっちでもいいよ?陽子としてるときみたいにでいいから」俺はつけないで挿入しました。
 

身体が小さいせいなのか、よく締まる膣、それは陽子より上でした。
早々に出そうになってしまった俺は、気を散らすために、千恵に質問してみました。
 

「向こうで陽子と直紀さん、してるのかな?」「してないよ多分。陽子のあの様子、陽子の好みじゃないし、直紀は。フェラくらいはしてるかもしれないけど」シーツにはデカいシミが出来ていて、バックに体勢を移行しようと抜いたとき、ピュッとまた潮を吹いてました。
 

バックからしてて気づいたのが、千恵の尻穴がちょっと開いていたんです。
「アナル経験ありですか?」「旦那や直紀は指入れられるけど、セックスはないよ」俺は指を入れてやりました。
 

そしたら強烈に締め上げられ、千恵も連続アクメに達してました。
もう我慢出来ず、背中に射精してました。
 

「陽子が自慢するのわかる。栄太郎君、若いのにいい。いや若いからいいのか」俺的にはかなり早漏気味だったのに、満足してくれたようでした。
 

終わって少しして、千恵から提案されました。
「栄太郎君、陽子が一番でいいからさ、私を二番にしてくれない?ダメ?勿論陽子には内緒でだけど。じゃないと陽子絶対に怒るから」「直紀さんはどうなるんです?」「直紀は二番に格下げかな?それでダメなら別れるかな?」タイプが違う人妻と付き合えるなんてラッキーと思った俺は、千恵の提案を受けた。
 

そのとき、ベッドのわきにあった電話がなり、出ると陽子だった。
「もうそっち行っていい?」「いいよ」「わかった」急いで俺は、ホテルのメモ帳に、携帯番号を書いて千恵に渡しました。
 

千恵の携帯は自分の部屋に置いてあったからです。
少しして陽子がきました。
 

直紀さんの姿はなしでした。
「千恵としたの?」「うん」「どうでしたか?」機嫌悪そうでした。
 

そこに千恵が割り込んできて、「胸が大きい陽子のほうがいいってさ。栄太郎君はおっぱい星人みたいね」「ふ~ん、向こうで直紀さん待ってるから、行ってあげたら?千恵」「直紀とした?陽子」「可哀想だからね、仕方ないからフェラだけはしたよ」「陽子、無理なお願いして悪かったと思ってるから、気を悪くしないで?」「所詮遊びだからね。ちょっとムカつくけど」と笑っていた陽子でした。
 

そして陽子ともう一回戦して、帰りは千恵達とは別々に帰りました。
「千恵、君の連絡先聞いたでしょ」ドキッとしました。
 

「聞かれたけど、陽子に悪いからと断ったし、千恵さんも携帯、自分の部屋だから連絡先の交換はしてないよ」と答えると、「あ、そっか~。私も携帯部屋に置いたままだった」と満面の笑みで安心していたようでした。
 

翌日、千恵から連絡があって、メアドも交換しました。
俺は陽子と千恵の二股生活、千恵は直紀より俺を優先するようになったためか、直紀からフラれたそうです。
 

陽子と会うとき、ホテル代は俺が出しますが、千恵は二番手なので、すべて割り勘にしてもらってます。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す