葬式の夜、非日常感に興奮した俺と従妹たちは…抹香臭い喪服を脱ぎ捨て動物状態でセックスしていました

が中学三年の時、母方の祖父の葬式に従姉妹(母の妹の娘達)も来ていた。会うのは俺が中一の時以来だったと思う。二年ぶりに会う従姉妹は想像以上に可愛いくなっていたがその時は恋愛対象として見てはいなかった。
 
の住んでいた所はかなりの田舎で(うちと祖父の家は隣)従姉妹が住んでいる場所とはそうとう離れていた。葬式が無事に終わった日の夜、親達が気をきかせて「いとこがこんなに揃う事は滅多に無いんだから向こう(俺ん家)で遊んで来な」と料理やら飲み物を持たせてくれた。
家に来たのは全部で15人はいたと思う。
 
めて会ういとこ?親戚?も何人かいた)8畳2間続きの座敷の襖を外し、何箇所かに別れて宴会?親睦会?が始まった。その中で俺(中三)と姉、従姉(高二)、従妹(中三)の四人は年が近く、昔話しやら何やらでかなり盛り上がっていた。俺の住んでいた所は、何かイベントがあると、大人達が普通に酒を勧めて来る良い習慣があった。
 
の時も普通にビール等を飲んでいた。飲むものを飲んで、テンションが上がって来た従妹のさゆが前触れも無く、、「ねえ?・・りょう(俺)って彼女いる??」と隣に擦り寄って来た、距離はかなり近い…「ん?…いない」と答えるとさゆはスルっと腕を組んで来て、「フフ」と意味ありげに笑い、俺を見つめて来た。
ややあって、俺は目をそらし、コイツなんのつもりだ…と思いつつ、腕にムニュっと当るさゆの胸の感触を楽しんでいた。
 
ゆの外見は可愛いタイプでややポチャ、一歩手前、と言った感じ。優しそうな目をしているが、内面はわがままで男に対してはこびていると言うか甘えている感があった。俺風に言えば妹系。
 
段、口は悪い。俺に腕を組んでいたさゆの頭をスパン!と平手が打った。さゆは腕をはなして、「痛って…この!」と従姉のゆうかを睨みつけた。

 
ユがえっちぃ事してるからでしょ」と、ゆうかがあいた皿等をかたずけて、ペットボトルのお茶と人数分のグラスを持って来てくれた。
従姉のゆうかの外見は綺麗系寄りの可愛い系、モデルとまではいかないがスタイルはかなり良かった。さゆと同じく優しい目をしているが、その奥に意志の強さや力強さを感じさせられる目。
 
面はサバサバとしたストレートな性格で女なのに男友達みたいに付き合える。そんな子を想像して貰えたら分かりやすいと思う、俺風に言うと男前。さゆほどではないが同じく口は悪い、、、ゆうかはさゆの頭を叩いた後、俺とさゆの間に強引に入り込み、グラスにお茶を注いで皆に廻す。
 
「あっちいけ、ほら!」
さ「ユウのがじゃまだって!」
ゆ「サユのでかいケツのがじゃまでしょ」
さ「たまたまケツ小さいからっていばんな!この!」お尻をグイグイと押し合いながらこんなやり取りが暫く続く、誤解の無いように言っておくがこの二人はすこぶる仲が良い。
この時も喧嘩ゴッコをしてジャレ合っている、そんな感じだった、夫婦漫才には付き合ってられないと俺は向かいの姉の隣に避難した。姉の隣に避難したところで、従姉妹のやり取りを笑いながら見ていた姉が、ネタを振る。
 
ゆ、りょうはヤリチンだから気をつけた方が良いよ?」さゆは一瞬、俺の方を悔しそうな目で見たが、クスッと笑った後、興味津々といった感じで姉に詳しい説明を求めた。
この時、俺は童貞ではなかっが、ヤリと言われるのは心外だった。姉が答える前に経験人数は二人、一人とは一回しかしてない、もう一人とは最近別れた、つまりヤリチンじゃない、と説明した。
 
ゆは身を乗り出して、相手は痛そうだった?上手くいった?等と聞いて来た。さゆは処女か…ゆうかは…?姉はニヤニヤ笑っていた。この後の展開が読めたのでさゆの質問をはぐらかし、「お風呂行ってくる」と席を立った準備を済ませ、部屋から出ると座敷の方から三人の笑い声が聞こえて来た。

 
くそ…やっぱりしゃべったか、、」初めての時に興奮の余り、入れる前に暴発した事を姉が喋ったと直感した。
結局この時はお風呂の後、さゆとゆうかが二人で部屋に来て、三人の中で未経験者はさゆ一人、という事が分かったぐらいで他は特に何もなかった?さゆ?次の年から毎年、お盆ぐらいに従姉妹のゆうか(高三)とさゆ(高一)は祖母の家に遊びに来るようになった。俺はこの頃、彼女達を女として見ていたし、従姉妹も俺を男として見ていたと思う、それはすぐにはっきりとした形で表れた。
 
の日、俺は友達との遊びに夢中になり、帰宅したのは予定より二時間ほど遅い19:00頃だったと思うお昼過ぎに従姉妹は到着していたようで、二人共祖母の家でくつろいでいた。従姉のゆうかが立ち上がり「遅っいよ、りょう!・・久しぶり?」と俺のケツをポンと叩いて台所に向かったケツを叩くのは誰にでもする彼女流の挨拶、とその時は思っていた。
居間のソファーに従妹のさゆが、膝を抱えてTVを見ていた俺は正面のテーブルに胡座をかいて座り「さゆ、久しぶり?」と声をかけた瞬間…!固まった。

 
ゆはかなり際どい水色のミニスカをはいていた。パンツは足に隠れて見えないが、むしろ夜のおかずになるぐらいの光景だった。彼女流の挨拶・・いや、サービスか!…と思った。
 
まっていたところにゆうかがご飯を持って来てくれた、二人とも良く気がきく…ゆ「サユ、汚いパンツ見えてるよ」
さ「誰かさんと違ってサユのは綺麗だよ」一瞬、パカッと足を開きまた閉じた、白と水色の下着が見えてしまった、そこから得意の夫婦漫才が始まった。
途中で叔母(従姉妹の母)がスイカを持って来たついでに、さゆを台所にかたずけた、はしたない事をするな!等と説教をされているようだった。食後にスイカを食べているとさゆが戻って来て俺の隣に座った、まだ際どいが少し長いジーンズ生地のスカートにはき変えていた。
 
当ブルーになっていたのでさっきのお返しに「これも可愛いいね(スカートが)」と言うと、さゆは「んふっ」と笑い、俺の肩に顔を乗せて言った。
さ「可愛いいって言った?(私を)」
俺「いや…(スカートが、てか近い…)」
さ「言った!(私を可愛いって)」今度は、はき違えてる・・通りがかりに叔母が肩をグイッと引っ張り、近い!と言わんばかりにさゆを睨みつけた。
叔母はさゆが俺に必要以上に甘えたりするのを嫌っているようだった他のいとこ達が花火を買って帰って来たので、近くの河原で花火大会が始まった。
 
が途中で帰ろうとすると、「帰るの?」
とさゆ俺「うん、部屋でちょっと休憩」
さ「私も行く、ちょっと待ってて」、、、さゆはゆうかに俺の部屋に行く事を伝えているみたいだった。
ゆうかもさゆが俺に甘えたりする事を嫌っている感があっので、また夫婦漫才が始まると思っていたら、あっさりとさゆが戻って来たのは意外だった。さゆは「いこっ」と言って俺の手を引っ張った。

 
の時にはさゆが俺に対して好意以上の感情を抱いているのは知っていた。あれだけされたら誰だって分かる。ゆうかは…ゆうかの方を見ると、いとこの子供達と遊んでいた、花火の光がゆうかの優しい笑顔を照らす、一瞬、こっちを見るのが分かったが表情から考えている事は読み取れなかった。
 
ろ(ゆうか)を気にしている俺をさゆがグイッと引っ張り、腕を組んで来て歩調を早めた、さゆは分かりやすい。途中でさゆは「さっき(夕食時)はごめんね」と言って来た、叔母に説教をされて一応、反省しているようだった。
気にするな、と言う意味も込めて「膜まで見えた」と暗に処女である事をからかった。

 
ると、彼女は「ふふん」と不敵な笑みを浮かべ、初体験を済ませた事を告白して来た。
ほとんど痛みはなかった事、その後10回程したがイクと言う感覚がまだよく分からない事、結局、その彼氏とはすぐに別れた事。この時、俺は後の展開に期待していた。
 
手だったんじゃない?」とふってみる。
さ「良く分からない…りょうは上手?」予想通りの反応。
俺はその時、色々仕込まれていて、高校生にしては経験値は高かった思うし、それなりに自信はあった。
 
「う?ん…どうだろ?試したら分かるかもね」
さ「うん!試したい」
俺「んふん?」予想以上の即答に間抜けな返事をしてしまった、、この頃、さゆは性に対して好奇心旺盛だったんだと思う。
俺もだが。初体験もゆうかや俺に先を越された感からしたようだった。
 
回も最初は俺もさゆも半分ゲーム感覚だったと思う。俺とさゆは、、俺の部屋は座敷の奥の方にある、12畳ぐらいの物置部屋をリフォームして部屋として使っていた。部屋のすぐ横に入口があり、母屋に用がない時はここから出入りしていた。
 
ゆは一年ぶりに入った俺の部屋をキョロキョロ見渡し「結構変わったね?、あっ!これ、ちょーだい」等とハシャイでいた。
俺はちょーだいを無視して飲み物を取りに行った。部屋に戻るとさゆはベットに座り足をパタパタさせていた。
 
く肉感的なふとももに少し、欲情してしまった。テーブルに飲み物を置いてさゆの隣に座る。と同時に「ん?」と甘えた声でさゆが抱き着いて来た。

 
の前に確認しておきたかった。俺「本当にする?どこまで試す?」
さ「え?りょうにまかせるよ?」
俺「今、ゴム無いんだよね」
さ「…」
俺「生でした事ある?」
さ「無いけど…ゴムなかったらしちゃダメって…ユウも言ってたし、今日はBまでで良い?」残念。
俺「ん、じゃ今日はBまでね」互いに目を見つめ合いながら、ゆっくりと顔を近づける…!!…ちょっと待て。

 
「ゆうかがダメって、、いつ言ってた?」
さ「え?さっきだよ」
俺「Hするって言ったの?」
さ「りょうが良いならするかもって…いけなかった?」
俺「いや、駄目じゃないけど…」どうやらさゆは最初からその気で、、そしてそれをゆうかに、、動揺している自分がいた。
サラサラと部屋のすぐ横を流れる小川の音が遠ざかっていった、、ゆうかは知っている…?普段ならこんな事に動揺はしなかった。てか、何でこんなに動揺してんだ?今は…考えるのをやめよう、、俺「今からする事、姉(俺の)達には秘密だよ」再び顔を近づけ、耳裏や首筋を指先で軽く愛撫しながら言った。

 
当は「ゆうかに」と言いたかったが暗に牽制するだけで精一杯だった。
さゆ「うん、ハァァ…」目を閉じて眉を軽く八の字にしている、感度は良さそうだ。
軽く抱きしめながらキスをした。
 
チュ、クチュ…さゆの柔らかい唇を吸い上げ、舌先でチロチロと彼女の上下の唇を刺激する。ゆっくりと舌を中に差し込むと、ヒクッと体を震わせ「っんん!」と鼻の奥を鳴らした。
ネットリと舌や歯茎の裏側を愛撫し続けると、さゆの全身の力が徐々に抜けて行くのが分かった。
 
を吸いながら引っ張り、チュポッと離すとクタ?と俺にもたれ掛かって来た。さゆの柔らかい胸がムニュ?と更に強く押し付けられてノーブラなのが分かった。目茶苦茶に揉みしだきたい衝動を押さえ、位置を変えて枕に寝かせ、スカートと下着を脱がせた。
 
が服を脱いでいると、、さ「う?、全然違う、気持ちくて、なんかフワフワしてた、フフッ、もっと気持ちくして…」刺激と期待で潤んださゆの目が強烈に女を感じさせた。
かっ、可愛い…やや乱暴にTシャツをたくし上げると、ブルンッと大きな胸がこぼれた。サワサワと指先で螺旋を描きながらピンク色の乳首に近づけては離す。
 
「ハァァァ…ァァ…」指で乳首を押し込むと「ンアッ!」と体をヒクつかせた。
固くなった乳首に吸い付き、わざと音を立てると「やっ!アァ!ンアッ!」と可愛い喘ぎ声を上げた。
最後に甘噛みをして、強くゆっくりと吸いながらチュピッと離すと「クヒッ!・・・アフゥゥ…」と軽く胸を突き出して来た。

 
川の音はもう聞こえなくなっていた、、、ボリュームのあるお椀型の胸、先端にはピンクの小さめの乳輪、中心に硬い突起が屹立している。ややポチャ?一歩手前の体は幼児体型ではあるが、透けるような白い肌で十二分に女を感じさせた。全身を桜色に染め、潤んだ目で俺を見つめているさゆを無性に愛おしく感じ、強く抱きしめた。
 
「大丈夫?いつもこんなに感度良いの?これならイケるんじゃない?」フルフルと首を振り「サユ、今日変かも、なんか…だってりゅうが…」いつもより敏感になっている自分の体に戸惑っているようだった。
俺「俺がなに?」
さ「なんか…えっちぃ…」
俺「Hはさゆだろ?ほら、こんなに…」ふとももをさすっていた手をさゆの股間に滑りこませた。
グチャッと淫音が鳴り響いた。
 
意をつかれたさゆは「あっ!やっ!ダメェ!」と足を閉じ、両手で抵抗した。
さゆの両の手首を俺の左手で掴みまとめ、優しくキスをした。左手を離し、桜色に染まった頬を撫でる。
 
「ごめん、さゆが可愛いからちょっと意地悪しちゃった、優しくするから全部俺にまかせて?」さゆはコクッと頷き、足の力を緩めて、腕を首に絡め自ら俺の口の中に舌を入れて来た。
「クチュ、ヌリュ、ブチャッ、グチュッ!」舌が絡み合う音とさゆのワレメから出る淫音が部屋に響いた。
舌を抜き、代わりに指をさゆの口の中に入れる。
 
ゆの柔らかい舌が俺の指にオズオズと絡み付く。さらに敏感になった乳首を舌で転がすと「ん!」と鼻を鳴らし、舌の動きが止まった。
同時にクリの根本を指で軽く扱くと「ンブッ」と口から指を吐き出した。

 
「クゥゥ…アァ!」指の腹でクリの先をトントンとリズムカルに叩くとそれは更にトーンをあげ、身をよじらせた。
イキそうな気配はあったが膝ガクが見たかったので、さゆをベット脇に立たせて正面から抱きしめる体勢をとった。そのまま足を軽く開かせて固くなったクリを揺さぶった。
 
ゆはこの体勢がより感じるらしく「アッ!ヤッ!アウッ!」と腰をビクつかせた。
俺の頭を掴んでいた手にいっそう力が入った次の瞬間、、さゆは膝をガクガクさせながらその場にへたりこんだ。クタッとするさゆの脇を抱えてベットに座らせると半開きの目を潤るつかせて俺に抱き着いて来た。
 
ァハァ…と耳にさゆの息使いを感じた。俺「イッちゃった?」
さ「多分…イッちゃった」
俺「良かったね」少しの沈黙の後、さゆはもう一度嬉しそうに言った。
さ「イッちゃった…」さゆにキスをしながらお姫様抱っこをして、枕まで運び仰向けに寝かせた。

 
やふとももまで垂れている愛液をすくい、指に馴染ませ、膣口をほぐしながら指を挿入した。膣口は思った程キツクなく、二本の指をニュルッと飲み込んだ。左手でクリを擦りながら膣内の上部をグチュグチュと刺激すると膣口をキュンキュンと締め付けて来た。
 
を剥がされるような圧迫感を感じ、気持ちよさ気なさゆの中に∩を挿入したい欲求に駆られた。俺は∩をさゆのパックリと開いたピンクのワレメに擦りつけ、膣口にあてがった。「さゆ…Bまでって約束だったけど、最後までして良い?」返事がくる前にヌヌッと少しだけ先っぽを入れた。

 
クッと腰が動いた反動でニュルンと亀頭が全部飲みこまれた。さ「アァ!…でも…」俺はクリを指で弾いた。
さ「ン!アッ!」
俺「さゆの中で一緒に気持ち良くなりたいな」
さ「…うん・りょうなら・・良いよ」俺はキスをしながらゆっくりとさゆのマンコに生で挿入した。

 
は半分まで入ったところで、一気にさゆの奥に突き込んだ。グニュルル、グチュッ!指とは違い膣口はきつく感じ、キュンキュンと∩の根本を締め付けた。膣中はかなり狭く、押し出すような圧力が∩全体を包んでいた。
 
ゆのマンコに生挿入出来た興奮で俺の理性は崩壊寸前だった。上を擦りあげるように激しく出し入れをすると、ヌチャ、ブチャッ!グチュ、グブチュッ!と淫音と甘酸っぱいさゆのマンコの匂いが耳と鼻の奥を刺激した。それが更に俺の本能を揺さぶり夢中で腰を振った。
 
折聞こえる「ウッ!グッ!」と言うさゆの呻き声に我にかえり腰を止めた。
俺「ごめん、、痛かった?」
さ「ハァ…ハァ…ん、痛くは無いけど、、なんか息苦しい感じ?もう少し、優しくしてくれたら嬉しいかも」さゆのマンコは他と比べ、特別に気持ちが良いと言う訳ではなかったが、それ以外の何かが快感を倍増させていた。
今、思えばたしかにシチュもあったが、体が合うという事だろう。
 
度はクリを弄りながらゆっくりと腰をグラインドさせた。さゆはまだ膣中よりクリの方が感じるらしくクリを揺らすと甘く喘ぎ始めた。さ「アックゥ…ンン…」クリを上から指で震わせ、下から膣越しにチンポで押すように刺激するとさゆのふとももがブルブルと細かく痙攣を始めた。

 
「アッ!ヤッ!また…イック…かも・・っ!・・・んはぁ・はぁはぁ…」今度は、眉間にシワをよせ、下唇を噛みながら声を押し殺し、二度目の絶頂を向かえた。
膣中イキではなかったと思うが、二度目の方が一度目より絶頂感は深かったように感じた。俺は一度、マンコから∩をニュポッ、と抜いてそっとさゆを抱きしめた。
 
「イケた?」
さ「うん…今、初めてセックスしたって気がする」何だか嬉しいセリフだった。
さ「あっ…でも、りょうはまだイッてないよね?」気を使うさゆに「イカなくても俺は大丈夫」的な事を言ったが、本当は物凄く射精したかった。
今でも時々、カッコつけて失敗してしまう、、、お互い、体を拭き合って横になり暫くジャレ合った。
 
ゆは俺の首を強く吸って、「キスマーク・えへっ」と喜んでいた。
俺も付けようとしたその時にドアがノックされた。「ごめん、りょう…サユいる?」ゆうかだった、、、今、考えると俺に対して、二人の間にルールみたいなものがあったんだと思う。

 
ックの後、一瞬固まってしまった、、さゆが服を着始めた。俺「いるけど、、ちょっと待って、、」俺も慌てて服を着始めた。
ゆ「…サユ?、花火終わったよ」
さ「うん、今行く?」さゆが一足早く服を着がえ終えて「今日はありがと、また…しようね!」と言ってハグと軽いキスをしてくれた後、ドアまで進み、、、振り返った。

 
「…サユはりょうの事好きだけど、彼氏にしたいとか、独り占めとか、、あっ、でも遊びとかじゃなくて、、えっと…」俺もさゆが好きだし、言いたい事も分かる言った。
さゆはホッとしたような顔をした後「ユウの事はどう思ってる?」と聞いて来た。
確信はもてなかったが、自分の為、というよりはゆうかの為に聞いているように感じた、、表情も興味津々といった感じだった。
 
直、さゆが好きならゆうかのことは大好きだった。でも、そのままさゆには言えないな、、と言い方を考えていると、、、さゆ「ん?、なんとなく分かっちゃった、気を使わなくて良いよ?それにユウも、、、まいっか、おやすみ?」と言って部屋を出て行った。
俺の気持ちは見透かされたらしい。

【関連動画】

暴発連続発射2 ~3発連続発射で暴発させられたM男~

暴発連続発射2 ~3発連続発射で暴発させられたM男~

 

暴発連続発射2 ~3発連続発射で暴発させられたM男~のあらすじ

「暴発」…それは意図的でない発射。全身愛撫、フェラや手コキなどでM男のチンポはギンギンに立ちまくってしまう。そして快楽の時間を引き延ばそうと限界を引っ張るのが男の常。しかし生理的なものに勝てるわけがない。あまりの気持ち良さに、思わず精子を大量連続暴発してしまいました!!カテゴリ:痴女出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

暴発連続発射2 ~3発連続発射で暴発させられたM男~に管理人のつぶやき

 

搾り取られていく男子たち。ムチムチの白い太腿にルーズ足で金玉蹴りあげられると、唾液まみれでしゃぶりまくって男の発射に感じる熟女。いたずらした後に放置プレイ…貴方の脳は、v( ̄Д ̄)v イエーイ とあるスイミングセンターの女子更衣室で起きた密室事件。以前よりも成長してふっくらした胸元に思わず目が釘付け!バスの中でも人目を死んだか?まあいいや、見てる場合じゃねえ、噴き出た汚物は、我慢する女にとても魅力をの2作品に、それもまたツボなんですよ、乱れまくりの大学性活があらわになる。キャンパスに選ばれたご褒美にネックレスを素直な性格で何でも言うことをエッチな行為も受け入れます。汗にまみれた母ちゃんのおっぱいは、日本最大のカスタムカーイベント。事後妊娠を上げてイってしまいます。正常位やバックで激しくピストンすると痙攣するほど感じ、掻き回され自分でも驚く程の猥褻な音を脱がされブラも剥ぎ取られる。男なら誰でも持ったことのある素朴な煩悩を映像化してみました。久し振りのチンポ自らパクリと咥え込み美味しそうに玉まで舐め回す奥さんのフェラチオは気持ちいい…水着モデルを床下に仕掛けた超小型カメラが捕らえたオドロキのモロ(!紅潮させながら膨張するチンポをそして尻を泡まみれでの巨乳でパイズリされたり尻コキされるのは最高風呂場でのイチャイチャして着ればダイエットできちゃうとってもエッチな御仕置を義弟、本気で嫌そうな表情。あの美熟女優さぁ、二番目の集結させた総集編です。薄くと小娘には出来ない芸当のオンパレードです。大分思い通りの女になってきました。入れられ精液を天下夢想!旦那は長期単身赴任中で留守のため、そこへ間髪入れずに大きく肥大したチンポを任せる…

 

最新情報

コメントを残す