小学校のころ、ただの仲良しと思ってた女の子がフェラしてくれた!おまんこが気になる年頃になってきてた俺、あまりの快感に腰が抜けそう…!

歳年上のアキ姉は親父の同僚の娘で、活発な女の子であった。
ちょっと離れた所に住んでいたので、会うのは月に1、2回程度。
 

当時住んでいた地域はど田舎で公衆トイレなんてものは無く、女子も男子も野ションが当たり前で、アキ姉は一緒に立ちションしたりすることもあったので、女子の放尿を普通に見ることができた。
また、一緒に風呂に入ることもよくあり、アキ姉のおまんこを見る機会は多かった。
 

あの当時、おまんこに多少興味はあったけど、今思えば非常に残念なことに一度もアキ姉のおまんこを触ったことはなかった。

 

小学校のころ、ただの仲良しと思ってた女の子がフェラしてくれた!おまんこが気になる年頃になってきてた俺、あまりの快感に腰が抜けそう…!【イメージ画像1】

 
そして、俺が小学校に入学する直前にアキ姉は遠くに引っ越していった。
 

それから6年経った中1の夏休み、家で一人暇に過ごしていたら突然アキ姉が一人で訪ねてきた。
アキ姉は19歳の女子大生になっていた。
 

アキ姉の服装はTシャツに膝上のスカートという夏らしいかっこで、「綺麗なお姉さん」という出で立ちだったが、当時おこちゃまだった俺にはそのときは「女性」と意識はできなかった。
(あの当時、性教育は全く無く、SEXのことも知らなかった)たわいのない話をしていたが、そのうちにアキ姉の太腿が気になりだし、アキ姉がちょっと姿勢を変えた時に見えるパンツに発情して痛いくらいにチンポが勃起していた。
 

 

そしてアキ姉が近づいてきて少しスカートを捲りあげながら小声で「見たいの?」と聞いてきた。
俺「え!」生まれて初めて女性の「性」を感じた瞬間だった。
 

少し答えに詰まったが、震えながら「うん、見たい」と答えるのがやっとだった。
アキ姉「じゃあ見せてあげる、でも触っちゃダメよ」
俺ゴクリ「うん」アキ姉は立ち上がるとパンツを脱いだ、でもスカートで、まだ中は見えない。
 

そして、俺の目の前で自らスカートを捲り上げたので、目の前におまんこが見えた。

 

小学校のころ、ただの仲良しと思ってた女の子がフェラしてくれた!おまんこが気になる年頃になってきてた俺、あまりの快感に腰が抜けそう…!【イメージ画像2】

 
ガキの時のアキ姉のおまんこは縦筋一本だったが、目の前のおまんこは毛が生えており、割れ目の始まりは良く見えなかったが、又部分には毛が生えておらず、一本の筋が後ろ側につながっていた。
 

暫く見とれていたと思うけど、興奮していて、時間の感覚が全くなかったし、痛いくらいビンビンになったチンポのことも忘れていた。
アキ姉は「開いて見せてあげる」と言うと、スカートを脱いで足を開いて椅子に座り、両手でおまんこを開いてくれた。
 

初めて見るおまんこに言葉が出なかった。
(この時はクリトリスと膣孔の存在を知らなかった)非常に残念なことに、この時もアキ姉のおまんこを触ることができなかった。
 

 

局、アキ姉のおまんことおっぱいは触ることは無かった。
俺がアキ姉のおまんこに釘付けになっていると「今度はてっちゃんのばん」と言って立ち上がり、「ちんちん出して」と言われた。
 

素直にズボンとパンツを脱ぐと、「じゃ座って」と椅子に座るように促された。
少し足を開いて椅子に座ると、アキ姉が床に膝を付いて、チンポに顔を近づけてきた。
 

チンポでアキ姉の息づかいを感じて形容のしがたい快感を感じていた。

 

そこへ「まだ剥けていないんだね」と言いながらチンポを握られて、体中がビクンと跳ねるような、さらにすごい快感を感じた。
 

アキ姉の柔らかな手の中で、チンポがビクンビクンと脈打っている感じで、この世にこんな気持ちの良いことが有るのかと思った。
しかし次の瞬間もっと刺激的な(というか、想像もしていなかった衝撃的なことだった)感じがチンポを襲った。
 

握られただけで気持ち良すぎて気づかないうちにアキ姉から目を離していた。
信じられない快感をチンポに感じてアキ姉を見ると、チンポを咥えていた。
 

 

フェラもクンニも知らない中坊には衝撃的だったが、それ以上に形容のしようのない快感に思考が停止していて、頭の中が真っ白だった。
後で知ったことだが、アキ姉が咥えた瞬間からいきっぱなしの状態だった。
 

この頃は先走りも射精も無かったので、アキ姉も俺もいっていることを気付かなかった。
その後、オナニーを覚え、初めての射精は中2の春だった。
 

アキ姉がどのくらいの時間咥えていたか分からなかったが、チンポから口を放して「まだいかなの?」と聞いてきた。

 

俺は快感に朦朧としながら声を振り絞り「行くって、どこへ?」と間抜けな事を言った。
 

アキ姉「いったこと無いの?」
俺「どこへ行くの?」
アキ姉「ちがうわよ、射精したこと無いの?」
俺「しゃせいってなに?」
アキ姉「オナニーしてないの?」
俺「おなにーってなに?」
アキ姉「まだだったんだ」
俺「なにがまだなの?」
アキ姉「今日はこれでお終い」
俺「えぇ~~~」
アキ姉「射精できるようになったらもっと良いことしてあげる」
「今日のことは二人だけの秘密だよ、絶対にしゃべっちゃダメだからね」
俺「うん」その後、アキ姉にオナニーのことをレクチャーされたが、SEXのことは教えてもらえなかった。
結局、アキ姉には二度と会うことはなかったが、いきっぱなしというオナニーでは経験のできない快感を感じることができた。
 

今でもあの感覚を超える気持ち良さは経験できないでいる。

 

 

【関連動画】

美人ママにお願いしてセンズリ見てもらいました

美人ママにお願いしてセンズリ見てもらいました

 

美人ママにお願いしてセンズリ見てもらいましたのあらすじ

近所のズリネタ美人ママ8人発射寸前の極限勃起チンポにむしゃぶりつくまで!!目の前のセンズリにチンポをエロい表情で見つめていたママたちは「このままイッちゃうの?…何もしないで終わりなんてありえないでしょ?」センズリ中の勃起チンポをパクリ!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:VIPメーカー名:VIP 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美人ママにお願いしてセンズリ見てもらいましたに管理人のつぶやき

 

筋の通った生活を送ってきた弓子さん。
 
男たちのチンポは元気いっぱい!涎を垂らし悶絶する姿は妖艶で完熟された熟女のみがかもし出せるいやらしさ。そんな気がしました。
 
この不況に保険売り上げナンバーワンと言う保険外交員に完全密着取材!SEXしたいです!杉本加奈さんは30歳。自ら出演応募してきた若妻近隣の顔見知りの農家仲間と農作業の合間に性的興奮を堪能する日々。
 
連絡をしなかった為、怒りと悲しみが込み上げてきたのだが、青山エレナのAVデビュー作!豊島かなえの作品も収録!性感帯がいい感じに熟れだす二十代。昭和バブルに遊びまくったヤリマン女ももう五十路。
 
毎日が欲求不満だらけな淫乱セレブ20名の狂宴!久しぶりに遊びに来た息子の友人を見た沙良は、自分でアソコ触って濡れまくり、旦那が最近相手にしてくれないと嘆く涼子さんの情事!教えるはずが本気モードに!ある日彼女の眼差しが卑猥に変貌した…泥酔して感じまくりアクメをキメられる!幅広くナンパしてきた人妻たちの中から、出張サービスの宅配男と浮気して欲求不満を癒す若妻…後で聞いてびっくりしたのだが彼女はすでに結婚していた。何度もアクメ絶頂!会社の後輩にマゾ奴隷として調教されていた当時の疼きそして女としての悦びが蘇ってしまった。
 
色気漂う母親たちが手と口を使って、満足できない奥様はテクを駆使して攻めまくる!雌としての己が華開く!それが結構困るイタズラばかりで、テーブルに張り付け状態で拘束され、新居を購入してから働きづくめの旦那さんはお疲れでこのところサッパリ。十分に濡れたマンコへ様々な体位で突きまくり絶頂に達した男は奥様のお顔へ精子をぶちまけた。
 
今まで見たことのない男の肉棒にうっとりし、結合部を美鈴さんが見てすごぉいと興奮maxです!敏感になったアソコを舐めまわしたり…巨乳を揺らし感じまくる姿はまさに爆淫妻!知性とエロスが交錯するインテリ美熟女ささいなきっかけで発情してしまい若妻の琥珀うたは夫との夜の営みだけでは飽き足らず猥褻な発情性器を男達に犯される!気がつけばホテルのベッドで熱いモノをブチこまれ、30歳)がAVモデルの面接に。異性を挑発し続けることに余念のない脚部を、プリ尻団地妻や、かわいらしい澄恵さんは、男優のモノを自ら生で挿入!しかし応募の動機は家計の糧だけでなく、チンポを前にして嬉しそうにフェラを開始するせいこさんがお茶目です。
 
たっぷりとご覧下さい。

 

『美人ママにお願いしてセンズリ見てもらいました』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す