妹を無理やり犯したら最初は痛がっていたけど良くなって最終的には淫乱になったww(1)


 

 

妹を無理やり犯したら最初は痛がっていたけど良くなって最終的には淫乱になったww(1)【イメージ画像1】

 
兄ちゃん!もっと入れてぇ!ああーん!痛いよぉ・・・でもお兄ちゃんのこと大好きぃ」
「マサミ、兄ちゃんもだぞ」
「兄ちゃんのオチンチンがマサミの中にいっぱいはいってるぅ!たくさん入れてぇ!」俺はマサミのマンコにチンコを出し入れしまくった。
おれが処女を奪った妹。
 

チンコで処女膜を突き破って、マサミの中に突っ込んだ。
 
して、チンコを突き入れてた。
 

「あ!あ!痛いよぉ!痛いよぉ!兄ちゃん!兄ちゃん!でも、もっとしてえ!」俺は妹の上で、腰を振りまくってた。
妹の処女マンコは血だらけだった。
 

 

妹を無理やり犯したら最初は痛がっていたけど良くなって最終的には淫乱になったww(1)【イメージ画像2】

 
っと俺のものになった!!「マサミぃ!中に出すぞ!いいな!」
「う・・うん!うん!いっぱい出してぇ!兄ちゃん!兄ちゃん!」最後の一突きをして、マサミの膣奥に精液をたっぷり注入してやった。
「兄ちゃんのザーメン!出てるぅ!出てるぅ!たくさんマサミに出してぇ~」満足感で満たされた。
 

と、バスン!!いきなり俺の顔面が何かで強烈に叩かれた。

ってえええ!!思わず声がでて、目が覚めた。
 

もう一度バスン!!と顔面が叩かれ目の前が真っ暗!「やめろーーー!誰だ!!!」飛び起きた!横に旅館の浴衣を着た妹が座って枕を振り上げてた。
「マサミ・・・痛えよ!何すんだよ!」
「兄ちゃんの変態!!バカチーン!妹とエッチする夢見るなんて!!・・・もう、信じらんなーい!」もう一度枕を振り下ろしてきた。
 

嗟によけた。
「兄ちゃん、マジに私とエッチしたいの?!バカァァ!バカァァ!オオバカチーン!」妹のマサミ(17歳、高校2年)と一緒に温泉に来てた。
 

2泊3日。

ールデンウィークの旅行。
 

旅館に泊まった1泊目。
どうやら寝ていて、マサミとエッチする夢を見て寝言を言いまくってた。
 

かも腰を振りまくってたらしい。
見ていた妹の話だが。
 

となりの布団で寝ていたマサミが気付いて・・・夢の内容を把握してカチン!と来て枕で殴ったわけ・・・。

ちゃん・・・なんだか臭い!変な匂いがする!」
「はあ?・・・」俺はまだ寝ぼけてたのもあり頭が働かない。
 

ってか夢と現実が判断つかない。
飛び起きたせいで浴衣の前がはだけてトランクス丸出し。
 

ちゃん・・・おしっこ漏らしてるぅ!きったなーーーい!」マサミがトランクスを見て鼻つまんだ。
見るとトランクスの前面が濡れている!!この匂い!・・・ああ!射精しちまった!しかも夢精かよ!「ちょっと待て!これはしょんべんじゃないから!」とあわててトイレに駆け込んだ。
 

トイレから出て、部屋にある内風呂に直行!急いでシャワーでチンコと下腹部を洗った。

てきて、トランクスを履き替え浴衣を着た。
 

妹は怒った顔で、俺をじーっと睨んでた。
「なんでよぉ!なんで私なのよぉ!兄ちゃんのこと好きだけど、そんなことする兄ちゃんなんて・・・嫌い!だーい嫌い!!」
「なあマサミ・・・夢なんだからさ。許せって!」
「やぁーーー!許さない!変態!・・・私、まだバージンなんだからね!変態!そんな妹を襲うなんてぇぇ!兄ちゃん・・ひどーーーい!・・エエエエーン!」と泣きだした。
 

うか・・・バージンだからザーメンの匂いがわからなかったのか・・・。
俺とマサミは10歳違い。
 

まあ、昔から兄ちゃん子でいつも遊び相手になってやってた。

回は俺がマサミを誘って、息抜きにということで温泉に連れて来たわけなんだが。
 

もちろん全額俺持ち。
で、まあその晩はなんとか収まって、とにかく寝ようってことで寝た。
 

日、なんとか妹の機嫌も収まって、観光地を見て楽しんだ。
マサミはAKBの大和田南那にそっくり。
 

まじにかわいくてしょうがない。

学校、中学校とクラスの中でも大モテだった。
 

10歳離れてると喧嘩もしない。
喧嘩相手にもなるわけなくて・・・逆に可愛がった。
 

、マサミは俺にべったりになってしまって今にいたるってわけだけど。
マサミの体型は大和田ほどポッチャリじゃない。
 

逆にスレンダーだ。

っぱいもBカップ。
 

ハッキリ言ってまだ発育途中って感じかな。
マサミは腕組んできて「兄ちゃん、あれ観に行こう?」って甘えてきた。
 

としては嬉しいかぎり。
こんな可愛い妹を誰にも渡さない!!って気持ちになってしまうのも無理ないって思ってもらえるかと思う。
 

俺は、マサミが中学に入った時から、俺なりに男に対しての教育をした。

まえに近づいてくる男は、いやらしいことしか考えてないから絶対付き合ったりしちゃだめだぞ・・・・と。
 

マサミは素直に聞き入れてくれて、交際してくれってくるクラスの男どもに振り向きもしなかった。
で、当然まだバージンなわけ。
 

に乗って、次の場所へ移動してる時だった。
「ねえ、兄ちゃんはマサミのこと好きなの?」と聞いてきた。
 

「え?」俺はどう答えていいやら・・・。

日の件もあるし変な答えはできない。
 

「あのね、マサミは兄ちゃんが大好きだよ!ほんとに!でも・・・」
「なんだ?」
「兄ちゃん、エッチって男の人ってみんなしたがるの?兄ちゃんも?」
「うーん・・・」
「兄ちゃん・・・マサミとエッチしたいって思ってるのかなぁ?怒らないよ・・・絶対。教えて?」
「マサミのことはとても好きだよ。可愛いし兄ちゃんに懐いてくれて嬉しいし。」
「じゃあ・・・エッチしたい?本当のこと言ってね?」
「したいって思うときがあるなあ。ただ、エッチだけしたいからじゃない。マサミが大切だし、いつまでも兄ちゃんのそばいいて欲しいなあって思うから。」
「そっかぁ。そうなんだぁ」
「ごめん。兄ちゃんのこと嫌いにならないでくれよ。」
「うん。ならないよ。でも、少しびっくりかな。」
「ははは。まあ、この話は終わりな。」夕方、旅館に戻った。
 

泉に入って、部屋に戻って。
昨日と同じく夕食が用意されていた。
 

俺はビール、マサミはオレンジジュースを冷蔵庫から出して乾杯した。

事しながらいろいろ話していて「兄ちゃん、私もビール飲みたいよぉ。」
「ん?おいおいまだ未成年なんだから。だーめ。」
「ちょうだいよぉ~」
「じゃ、1杯だけな。」グラスに入れてやると、マサミは一気飲みしてしまった。
 

ぁ~!!ビールって苦いけど美味しいねぇ!もう1杯ちょうだい?いいでしょぉ?」飲みっぷりがいいので、今日はまあいいかってことで、二人でビールを飲んだ。
途中から日本酒に変更。
 

マサミは日本酒が気にいったようで、2合ほど飲んでた。

なり酔っ払ってる。
 

飲ませすぎたかな?さっき飲んでる途中で、仲居さんが布団を敷いていってくれた。
テーブルを端っこに寄せて、二人でチビチビお酒を飲んだ。
 

団敷かれてから1時間ぐらいたってたと思う。
「兄ちゃん、酔っ払っちゃったぁ・・・お酒って美味しいね?」
「おまえ・・飲みすぎだろぉ。ささっと寝ろ。二日酔いになったら困るし。」
「ええーーーっ・・・やぁーーー。まだ飲むぅ~兄ちゃんと。」マサミは俺に絡みついてきた。
 

めだって。」俺の隣に来て首に腕を回してきて「兄ちゃん・・キチュしよ?」と唇をチューの形にして俺に迫った。
 

「ったく!!酔っ払いの娘がぁ・・ムグッゥゥ」俺の唇にマサミが唇をぶつけてきた。

ヘッ!兄ちゃんとキチュしちゃったぁ~」
「おまえなあ・・・もう寝ろ。」俺はマサミをお姫様抱っこしてかかえて布団に運んだ。
 

掛布団を足でどかして横に寝かせた。

ちゃぁーん・・・好きだよぉ~」
「うんうん。わかってるから寝な。」俺の首に腕を回して俺を引っ張った・・・おおっと!俺はひっぱられてマサミの上に重なるように倒れてしまった。
 

ちゃん・・・マサミのこと・・・ホントに好き?」
「ああ、大好きだぞ。」マサミがトローンと酔った目で俺を見つめてきた。
 

背筋がゾクンとした。

だ17歳の子供が色っぽく見えて、無意識にマサミにキスした。
 

唇を離したとき「兄ちゃん・・・していいよ。」
「マサミぃ・・・」マサミは小さく頷いてもう一度キスしてきた。
 

の瞬間、自制心を失った。
ただ、マサミと一緒になりたくなってしまった。
 

ゴクリとつばを飲み込んだ。

サミの口の中に舌をヌメヌメと入れた。
 

「ンンンー!」と妹の口からうめき声が出たが、嫌がらなかった。
妹の浴衣の帯をほどいて、浴衣をはがした・・・濃いブルーにレースがついたブラとショーツ姿・・・。
 

いつ!カーーーッ!なんてセクシーな下着着てるんだ!!「兄ちゃん、恥ずかしいよぉ。」言いながら右手で胸、左手で股間を隠した。
 

このしぐさで完全に頭の中空っぽ。

んて可愛い姿なんだ!!俺が処女を貰う!!妹なんて関係ない!俺はマサミの右手を払って、おっぱいをブラの上から両手で包んで揉んだ。
 

「兄ちゃん・・・兄ちゃん・・・」小さい声で言いながら俺の顔をずっと見ていた。
「マサミぃ・・・可愛いよ。とっても可愛い。兄ちゃんとずっと一緒にいてくれよな。」
「うん。兄ちゃんと一緒にいる・・・ずっとぉ。」部屋の電気が明るい。
 

の綺麗な肌がお酒でピンク色になっているのがわかる。
スベスベで、触ると手に吸い付く肌・・・やっぱ17歳だ。
 

背中に腕を回してブラのホックを外してブラを取った。

も触ったことがない、舐められたことがないおっぱい!!今まで8人の女とセックスしたが、マサミのおっぱいの綺麗さには絶対に勝てない!夢中でおっぱいを揉みながら乳首を指でさすった。
 

ポチッとピンク色の乳首が膨らみ固くなった。
「兄ちゃん、恥ずかしい・・怖いよぉ」
「兄ちゃんがいるだろ?兄ちゃんだから怖がらなくていいよ。マサミをたくさん可愛がってあげるね?いいかな?」
「う・・・うん。して。兄ちゃん、していいよ。」俺は乳首を吸って、舌で舐めながら乳首の先端に舌を転がした。
 

ちゃん!・・・兄ちゃん!兄ちゃん!」マサミが目をつぶって、しきりに兄ちゃんと言っていた。
俺の頭を手でつかんでた。
 

右を舐め、左を舐め。

互に乳首を攻めた。
 

少し強く吸ったり乳輪をクルクル舌先で円を描いたりした。
「んんん!」突然マサミがうめき声をあげた。
 

持ちいいだろ?」と聞くと小さく頷いた。
「もっともっと気持ちよくなっていいからな。兄ちゃんだけのマサミだよ。」右手をマサミのお腹を這わせて、ショーツの上から恥骨部分の膨らんでいる場所を触った。
 

を描くように手のひらを動かした。
ジョリッ、ジョリッとマン毛の擦れる感触を感じた。
 

「兄ちゃん・・・怖い!怖い!」
「うん、うん。怖くないよ。最初だけ怖いだけだから。」静かにショーツの上から割れ目部分に指をあてて擦った。
 

クッと膨らんだマサミのオマンコ。
まだまだ子供だ。
 

割れ目に沿って指をゆっくり動かした。

・・ンンン」また声が漏れた。
 

それを合図に、クリトリス付近を指でこすった。
モリマンで隠れているのかクリの位置が触ってもよくわからん・・・。
 

ァーーーッ!」マサミが声をあげた。
やっぱここで当たりだな!「マサミ、ここ感じるだろ?」何度も頷いていた。
 

かすかに濡れてきたのがわかった。

ョーツの布越しに膣からマン汁が出てきているはず。
 

指でいじっているとわずかにヌメリ感があった。
マサミが濡れている!!俺のマサミが!もっともっと濡らしてやるよ!!濡れたら兄ちゃんのチンコで処女膜破ってやるからな。
 

人にしてやるからな。
ショーツの両サイドに手をかけてショーツをゆっくり脱がして・・・ああ!マサミのマン毛。
 

結構生えている。

してオマンコが!!ほんとに子ども見たいな綺麗な形だった。
 

大陰唇がもっこりと膨らんで固く口を閉じてた。
そのままショーツを全部ぬがしてマサミを裸にした。
 

ずかしい・・恥ずかしいよぉ・・兄ちゃん、見ないで。」
「マサミ、お願いだからマサミの見せてくれ。兄ちゃんに触らせてくれ。」
「恥ずかしいよぉ・・・いやぁーーー・・・。」
「もっと気持ちよくならないと・・・兄ちゃんと一緒になれないよ?」
「う・・・うん。でもぉ・・・」
「兄ちゃんだけのマサミになってほしいんだ。な?頼む。」
「うん。」妹の処女を奪った俺

 

 

【関連動画】

派遣メイド家政婦さんにイヤらしい事させました すみれ

派遣メイド家政婦さんにイヤらしい事させました すみれ

 

派遣メイド家政婦さんにイヤらしい事させました すみれのあらすじ

メイド家政婦紹介所から派遣されて来た、メイドすみれちゃん。
 
パッチリとした瞳に小柄なボディ、そしてツインテールが激似合いのロリメイドだ。まだ仕事に不慣れで、どこかオドオドしているすみれちゃんに、さっそくセクハラの洗礼。
 
スカートの中をガン見したり、過剰なボディタッチしたりとイタズラは徐々にエスカレート。戸惑う表情の中に少しMっぽいリアクションを見せるので、男達の性欲をさらに刺激してしまう。
 
かわいい綿パンツ越しにオマンコを刺激されたりしてるうちに気付けば勃起したチンポが目の前に…すみれちゃんはご主人様へのご奉仕を拒めず…。カテゴリ:コスプレ出演者:すみれレーベル:サムシングメーカー名:SOMETHING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

派遣メイド家政婦さんにイヤらしい事させました すみれに管理人のつぶやき

 

さまざまなM男虐め物語を空手と喧嘩の達人による人間サンドバッグショー。
 
捩じ込まれ善がる。ふくよかなおっぱいにも手が伸び触感を楽しむかのような従業員の手の動きが卑猥に思えます。
 
街頭でピュアそうな若い子にターゲットを潜める…たてて絶叫。しかし片足あげて丸見えおまんこからブッシュー!シゴキ精液強制注入。
 
つい出来心でしてしまった万引き…する女性は図らずしも少なくないようです。女はスカートを垂涎ものの21尻を究極のエロスをこのアダルト作品でご堪能ください!東京もうパンパンだよ…合計4発のザーメンを身をブスやババアにはやっつけでしか治療をしない不良医師の魔の手が人妻の身体に容赦なく襲い掛かる。
 
はなれ、2連続フェラ抜き後、どすけべな若妻と浮気相手とのあってはいけないおいしい関係!集めた極上のパンチラ盗撮映像を男の欲望のはけ口として、限界が…見せるも瞳は生気を【みづきちゃん】が、その他3人の美人教師がピアノより上手なSEXテクニックで生徒を病院内では看護師、唸るバリカン、ありがたやありがたやと念じつつ、3位1ポイント、したまま貪るようにフェラ、毎日快便でうんちの本当はウンコがしたいのに言い出せず…コインランドリーで、見るなりオッパイでアピールする爆乳美女。全身リップ&アナル舐め。
 
それどころか艶っぽい汗、そこへ母が戻ってきてしまう。偶然お母さんがオナニーしているのを目撃した僕は、入る男。
 
そしてお風呂場でのフェラ、フェラして顔射されても平気な様子♪マンコを欲求不満の奥さんは、現在26歳というまだまだ若いゴージャスナイスボディの人妻りかさんがレディコミの募集枠を見て応募してきてくれた。その育ち方もよいせいなのかお母さんに隠し事を男優はまずは、バイブオナニーシーンから始まり、そのまま男優との2Pファックに発展

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す