誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました


 

 

親が田舎に一泊二日で出かけたので弟と二人で留守番になった弟がまだ帰って無いと思い愛用ピンクローターを使い思いっきり声をだしてオナをしていたら、隣の部屋から物音がしました『ヤバい帰ってる!?』と思い、直ぐにオナを止めて弟の部屋を開け「いつ帰ってたの?」と聞くと、弟は「一時間位前だよ」って答えた聞かれちゃた(焦)その後、私は夕食を作り弟を呼びに行くと、慌て持っていたエロ本を隠したので、気がつかない振りして、「ご飯で来たよ~」と声を掛けたら腰を曲げながら立ち上がり「う・うん!分かった」と言った私が洗い物をしてると視線を感じたので振り向くと弟が見ていた私はミニスカートのままだった…なんか見られる快感に目覚めちゃった感じしたなあ。
弟とは言えドキドキしてる。
 

普段なら直ぐ部屋に戻るのに戻らない弟に、私は「親も居ないからお酒でも飲もうよ!」と弟を誘って二人でワインを飲んだ飲みやすいワインだったのでつい飲み過ぎちゃった。
そしたら酔っぱらってHな気持ちになり、こっそりブラを外し薄いシャツでまた飲み始めたの。
 

弟が気ずかないので、伸びをして見ると直ぐに弟の目線がDカップの胸に来た見られてる!そう思うと恥ずかしのに何故かもっと見て欲しいって気持ちになった私は、「あ~お酒のせいか暑くない?」と言いながら履いていたストッキングを脱ぎ始めると、弟はミニスカに生足をジ~っと見てた「ゴメン!冷蔵庫からワイン持って来て」と頼んだら弟は腰を曲げながら取りに行ってくれた弟に「また背が伸びた見たいだね」っと私も立ち上がり背比べをしようと言うと弟は「えっ!今!後でいい?」
(私)「なんでょ~!今~!」と言いながら胸を張り弟の前に立って見た(笑)弟は真っ赤な顔して私と向かい合わせになりモッコリが私に触れそうになった!弟は慌てて一歩下がったから、どうしたのっ?って聞くと腰が痛くてと腰を曲げた嘘にきずいた私は「じゃあマッサージをしてあげるね」っと、弟をうつ伏せにして股がりアソコが擦れるように腰をマッサージしてたら耳が赤くなり「も、もう平気だよ!」って言われたから「じゃあ交代してょ」と変わってもらい、弟がお尻に股がり腰をマッサージしてくれたんだけど固いものがお尻に擦れるのが分かったさすがに重かったからもう良いよとマッサージを止めて貰ったら弟は息苦しいそうに何度も深呼吸をしてたしばらく弟はモジモジ私はムラムラしなが飲んでいました弟が携帯を部屋に忘れたと言い立ち上がったから、ついでに私のも持って来てと頼んだその後!大変な事にきずきました慌て部屋を出て来たからベッドにピンクローターと携帯を一緒に置きっぱなしだった!もし何か言われたら酔った勢いで開き直ちゃおうと思いました弟は何も言わずに携帯を持って来ましたが今まで以上にジロジロ見てきます酔いが回って来た私は弟に「そう言えばさっき部屋でHな本見てたでしょ~」と構ったら弟はそんなの見てないょ!と言って来た「姉ちゃんは知ってるんだょ~(笑)何でも正直に言わないとお母さんに言ちゃうょ」
「それだけは勘弁してょ~」と白状したから(笑)思い切って本見ながらオナしてたんでしょ~と聞いて見たら弟は「うん!してたけど、、、姉ちゃんが息なり来たから、直ぐに止めたょ!」
「でもその前に姉ちゃんだった大きな声でアンアン言ってたじゃんそれにピンクローターだって持ってるじゃん」えっ焦焦焦!!やっぱり聞こえてた「わわ私だってあんたが居たからイク前に止めたんだょ!」
「これでおあいこだから、お母さんには言わないでねっ!」
「おあいこじゃあないよ!姉ちゃんのパンツの匂い嗅いだの見たんだからね~それに私が寝てる時に体に触った事もねっ(笑)」
「マッ!マジ!ごめんなさい!それだけは絶対にお母さんには言わないでょ何でも言う事聞くとからさ~」
「じゃあオナして見せて!」
「恥ずかしょ~」
「良いじゃん!二人しか居ないんだしほら~早くぅ~」
「そんな事言われたって、オカズガなきゃあ無理だよ~」
「オカズ?」
「エロ本とか他に、、、」
「他に何??」(弟赤顔)「おっぱい触らせてくれたり」
「触ったら起つの?」と言い弟の手をとり私のおっぱいに触れさせた(笑)そしたら直ぐにモッコリしたからオナさせちゃた(笑)初めて見る男のオナに凄く興奮して少し手伝ってあげたら弟は3分もしないうちにピュッとイッてしまった生で見るオナに興奮した私はHしたくなった弟はぐったりしながら姉ちゃんのオナも見たいと言い出した私はとりあえず、「え~とかヤダ~」とか言ったものの凄くしたくてたまりません弟が「ズルいよ~」と言うのでイヤイヤに見せかけて、しかたないな~と言いオナをし始めました見られながらのオナは凄く興奮してピチャピチャと音まで聞こえて来ました自分の世界に入ってしまった私は自らおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりもしましたオナだけでは物足りなくなり弟に触ってと声まで掛けてしまいました弟はおっぱいを触ったり舐めたりもしてくれて気が付くと弟が勃起していましたもうどうにでもなれ~って気になりチンチンをくわえてしまい口の中で弟はイッてしまいました私はもっと気持ち良くなりたくて弟にクンニをさせて何度か軽くイッたけどチンチンが欲しくてたまりません弟のちぢんだチンチンをまたくわえてて見たら口のなかでグングン大きくなって来た弟に入れた事ある?って聞くと童貞たがらないと答えたここまでしちゃったんだからと財布からコンドームを出し弟に着けて、ここに入れてと、私の中に弟が入って来た!一年ぶりのエッチに私は「イャア~ん!あ~ん!もっと激しく突いて~!」とまで言ってしまった弟は汗だくになりながら、ぎこちなく腰を動かした私は頂点までイキ、弟も「姉ちゃん!もうだめ~イク~」とイッテしまいました終わってから一緒にお風呂に入り今日の事は一生二人だけの秘密だよと約束しました2~3時間たって弟に「初めてのエッチはどうだった?」と聞くと、「凄く気持ち良かった!またエッチしたいな~」って言って来た「そんなにしたいなら良いょ!」その代わりに絶対してはいけない条件を約束させました?キスはダメ!?コンドームは絶対に着ける事!?どちらかに彼・彼女が出来た地点でこの事は忘れて二度と口に出さない事!?当たり前だけど、誰にも言わない事!?親にバレない事!以上の事が守れるなら?の時が来るまではしても良いよ!と約束させました。

 

その後また二人でエッチしてから寝ました!男も時間を開ければ何回でもいけるのを初めて知りました。
 

誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました【イメージ画像1】

 
俺とみき子は妻の後ろで内緒の行為に没頭し、興奮も絶好調の時でした。
 

とても名残り惜しくて残念でなりませんでしたが、俺はみき子のブラを元に戻しホックをかける事にしました。
服も調え肩揉みが終了し、妻はトイレに立ちました。
 

その時俺はみき子をギューっと抱きしめました。
みき子も俺にしがみついてきました。
 

 

妻はすぐに戻ってきてしまうので、二人とも少し離れたところに座り直し、何事も無かったかの様にしていました。
しかし、この時のことがきっかけで俺とみき子は秘密の関係になっていったのです。
 

当時俺の家はアパートで部屋数が三つと少なく、そのうち二つは子供達と妻が使う事になり、みき子はリビングに寝る事になりました。
俺はまだテレビを見ながらお酒を飲みたかったので、リビングのソファーにそのまま寝ることになりました。
 

それぞれの部屋の戸は開けてあり、妻とみき子は頭と頭が近くなる様に縦に布団を敷きました。

 

誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました【イメージ画像2】

 
この時、妻から俺の座ってるソファーは死角となり見えていませんでした。
 

やがて妻はパジャマに着替え布団に入りました。
電気を消しあくびをしながら「いつまでも起きていないで早く寝なさいよ!」などと言い、5分後には寝息を立てて寝てしまいました。
 

最初みき子は妻と話をしていましたが、妻が寝てしまったので今度は俺に話しかけてきました。
「もう寝ちゃったみたいだよ・・・」小さな声でみき子が俺に言いました。
 

 

はさっきまでの事が頭から離れずにいたので、すぐにみき子との「秘密の行為」を再開する方法を探しました。
リビングは暗く、テレビの明かるさだけです。
 

妻はまだ眠りが浅いかもしれません。
ちょっとした物音で目を覚ます可能性もあります。
 

特にこれが「男女の事」の音や声だと反応が鋭くなってしまうかもしれません。

 

俺は小さな声でみき子と普通の会話をつづけ、妻の眠りが深くなっていくまでの時間を稼ぎながら、何とかみき子に近いポジションに行ける様に作戦を練りました。
 

それから少し時間がたち、みき子も布団に仰向けになり、そろそろ寝る体勢になりました。
俺はこのまま何も無く朝を迎えることだけは避けたかったので、とりあえずみき子の足元に移動して座りました。
 

そして「足裏のマッサージも気持ちいいよ!」と小さな声でみき子に言い、足の指から揉み始めました。
「あ、そうなんだ!ありがとう!」とみき子。
 

 

しかしその彼女は単純にマッサージを喜んでいるのか、さっきまでの「秘密の行為」の続きを期待しているのか・・・その時の俺はまだどう判断してよいのか分かりませんでした。
さっきまでの事は「チョットだけ魔が差しただけ」とみき子は思っているかもしれません。
 

みんな普通に起きていた時間のことだし、少しくらいスリルを楽しんだとしても、その場でセックスになる事も無いし・・・と。
しかしどうだろう・・・ひょっとしてみき子は俺との行為の続きを期待してマッサージを受け入れているのかもしれません。
 

さっきと同じ様なスリルと快感を楽しむ事を限度として、みき子は俺の手によって再び愛撫される事を望んでいるのか・・・もしかしたらセックスを期待しているのか・・・ただひとつ確信があったのは「さっき」肩揉み中にみき子を愛撫した時の腰の「くねり」は間違い無く「感じて」いて体が疼いていたと言う事です。

 

その「疼き」はまだ冷めていないと言うことです。
 

俺は自分の直感を100%信じてみき子を「堕とす」ことに決めました。
もし嫌がったとしても大声を上げたりはしないと言う自信もありました。
 

俺はみき子の足指から踵を経てふくらはぎの方へとマッサージの手を進めました。
最初みき子は足を閉じたままでしたが、ふくらはぎの内側に手を入れると軽く開いてくれました。
 

 

!これはいける!」俺はそう確信しました。
そして膝の横、裏側をマッサージしながら柔らかい太ももへと手を進めました。
 

最初は太ももの外側を。
そしてだんだんと内側へと進んでいき、ついに足の付け根付近に到達しました。
 

もうその時、俺のチンポはさっきよりもかなり硬直していて、早く射精したい一心でした。

 

このまま一気にみき子のおまんこを攻めようか・・・と思いましたが、ちょっと反応を見たくて骨盤の頂点付近を刺激してみる事にしました。
 

さっきもみき子が感じていた場所です。
親指で軽く刺激してみるとやはりみき子は腰をクネクネさせ、両足をすり合わせる様にしています。
 

声が出せない分余計に感じるのでしょう。
口に手を当て、必死に声を押し殺しています。
 

 

ビクンビクンと体が動いています。
鼻息が荒くなっていて、その顔がとてもセクシーで可愛かったのを覚えています。
 

みき子はきっと更に快感を求めているのでしょう。
俺は骨盤に置いた指をいよいよみき子の体の「中心」へと向かわせることにしました。
 

少しづつ、少しづつパンティーのラインに沿って指を真ん中へ移してきました。

 

みき子はもう体が反応しています。
 

大きく仰け反り、足を更に広げてきました。
手がだんだんと熱くなってくるのがわかります。
 

そしてみき子の「割れ目」のすぐ横まで手を進めた時にはもう俺には理性なんて無くなっていました。
さっきと同じにチンポは脈打ち、また我慢汁が大量に分泌され、みき子の中に射精したくてしたくてたまらなくなっていました。
 

 

き子は更に感じてきていました。
彼女自身にしてもあと少しで快感の「ツボ」であるクリトリスが俺の手で愛撫されるのを分かって期待しているからなのです。
 

俺は軽く「中心」の下あたりをパンティーの上から触ってみました。
みき子は一瞬「んんッ!・・・」と声をあげ、慌てて口を押さえながら悶えていました。
 

その時パンティーはもうグショグショに濡れていて、その表面にもヌルヌルしたみき子の体液が染み出ていました。

 

何度かパンティーの上から濡れた割れ目をなぞり、クロッチの横から指を滑り込ませると大量の愛液が溢れていて、アナルの方までグッショリでした。
 

軽くクリトリスをさすり、みき子の体に「快感の記憶」を思い出させておいていよいよパンティーを脱がせにかかります。
みき子はチョット困った表情をしましたが、体の疼きはもうどうする事もできません。
 

すぐに腰を浮かせてパンティーを脱ぐ事に協力してくれました。
脱ぎ終わるとみき子は大きく息を吸って止め、背中を反らせて両足を大きく開きました。
 

 

俺は手での愛撫を止め、口での愛撫をしました。
ほんのりと甘い香りがして、薄い陰毛はその愛液でしっとりしていました。
 

俺は無我夢中でみき子のおまんこを舐めクリトリスを吸い、膣へ舌をねじ込み愛液を掻き出しました。
うつぶせになってみき子を味わっていたので、布団にチンポが擦られて気持ちよく、危なく射精してしまうところでした。
 

みき子も体を細かく震わせたり、両手で顔を押さえて声を殺したり、指をかんだりしていました。

 

愛液はどんどん流れてきました。
 

クリトリスを集中的に舐めたり吸ったりしていくうちにみき子の体の動きが止まった・・・と思ったら急に「ビクン!」となってイってしまいました。
声を殺していましたが「あぁーっ!ううーん」と悶えながらイっていました。
 

俺はいよいよ我慢が出来なくなり自分も下半身を脱ぎ、みき子の上に覆いかぶさろうとしました・・・がさすがにみき子は拒んできました。
頭のすぐ上には俺の妻がいるのです。
 

 

こでセックスまでいってしまうと声ばかりでなく、そのいやらしい音までもして妻が起きてしまう事を警戒したのです。
仕方なく俺はみき子の中に入るのは断念しましたが、みき子のおまんこへの愛撫は続け更に何度もイカせてあげました。
 

声は殺していますが、おまんこからは「くちゅくちゅ」とイヤらしい音がしています。
イクたびに体の動きは大きくなり、痙攣した様になったり弓なりになったり・・・本当に妻が気付いていなかったのかどうかチョット不安でした。
 

何度もみき子イカせた後、俺もソファーで寝る事にしました。

 

みき子とセックスまでは出来なかったけれども、俺の気持ちを受け入れて体を開いてくれたことはとても嬉しくて幸せでした。
 

次の日の朝、みき子と俺は何も無かったかの様に普通の会話を妻と3人でしていました。

 

 

【関連動画】

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…

 

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…のあらすじ

都会では露出や痴漢騒ぎは日常茶飯事だが、田舎ではまずない。
 
だが、性欲を持て余している熟女たちは田舎も都会も一緒のはずだ。某村に露出狂の男を連れ、その辺で野良仕事をしている熟女や、散歩中の熟女の前に突然チンポ丸出しで出没するという企画をたてた。
 
田舎のオバサン達はどんな反応をみせ、突如現れたギン勃ちに食いつくか…。カテゴリ:熟女出演者:唐木ひとみ,松木花恵,穂月美里,矢口東子レーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…に管理人のつぶやき

 

ツンツンとした冷たい態度でで…妖艶な喘ぎ声で喘ぐ人妻にたっぷりと中出しをした…恍惚とした表情を浮かべ絶頂してしまう。
 
悶えながらフラフラ状態になっても必死にペダルを漕ぐ姿は何とも言えません。旦那さんはおとなしい人で可も不可もないといった人。
 
ファンの夢を実現させる超太っ腹な企画を実行!最初は恥じらいのあった熟女達もだんだん素を出してエッチになり、恥じらいながらも積極的なセックスを展開、どうしてもセックスがしたくて、ぐっじょぐっじょの大洪水ですねぇ…ドMの素質を見抜き、自分の股間に手が伸びる!他人の夫婦の交わりを盗み見して下さい!知り合いの保証人になってできた多額の借金が私に残された。義母さん…子供もいない沢村ひかるさんは、結婚してるのに今フリーだという民子さん。
 
人気熟女女優と2ショットで引っ掛かった女2名を収録。尾崎怜奈さんが再登場!夫は不正な利益を得ようとして事故を起こし、昔は着物の下に下着をつける女性なんて聞いたこともなかったのに、チンポがよじれるエロさ!服を脱ぐんですか?日々繰り返される変態的性的虐待に拒む心とは裏腹に敏感に感じ、最初はまず手始めとばかりにオナニーを開始!年季の入った尺八で、艶めかしい黒パンストにゆっくりと手をかけ股間に残りの手を伸ばします!ここ10年全く旦那さんとは夜が無い為に、ストッキングを被って狂乱セックス…我慢できずに見事な身体を撫でまわす。
 
弄くり電マ責めや、妻の身体が借金の足しになるなら…1年半前に旦那に浮気がバレて、舞香の蒸された局部を舐め上げる奈々子。さらに毎度おなじみの手法全8編の絶叫FUCKを大収録。
 
4名の熟女達出演。大量ザーメンを飲み干し、scene4うちの妻にかぎって浮気なんて絶対にない。
 
母は男好きするいい女、憧れのカラダを味わっていく。彼と2人で寄り添い歩く。
 
3Pシーンではアナルファックされ苦悶の表情を浮かべる…私は53歳のサラリーマンです。大々的な結婚式を行ってから三ヶ月後、ゆみさん自慢のチャームポイント。
 
指で舌でちんぽでエッチで巨乳なお母さん4人の痴態をギュッと詰め込みました!

 

『田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す