【驚愕】妻の鏡台の引き出しをあけてみたら、妻の寝取られが映し出された画像データの入ったSDとDVテープが

妻の鏡台の引き出しをあけてみたら、妻の寝取られが映し出された画像データの入ったSDとDVテープが【イメージ画像2】

 

枚目のSDカードのファイルをパソコンに全てコピーし、画像閲覧ソフトで画像を開きました。
(近所の奥さん連中と遊びに行ったときの画像が入っているのだろう・・・)程度の軽い気持ちは、いきなり最初の画像で完全に裏切られました。
 

そこに写っていたのは、見覚えのないマンションのような一室で、体の大きな40代の男に肩を抱かれながらソファに並んで座っている妻の姿でした。

 

像を順番に見ていくと、よく似た画像が数枚続いた後、妻がシャツを脱ぎブラジャーが露わになった画像が出てきました。
 

横に座る男はブリーフ一枚で、しかも勃起したチンポがブリーフを押し上げた様を見せ付けるかのようにふんぞり返っています。
妻の手は男の股間に添えられています。
 

 

に対する強い怒りと失望を感じつつ、なぜか私のチンポも勃起してきました。
妻は身長が150cmに満たない小柄で、髪型も飾り気のない黒髪のショートと、遠目には少女のような雰囲気があります。
 

結婚当初はそんな少女的魅力に引かれ、ほとんど毎日のようにセックスしていましたが、この2ヶ月ほどは全くやってませんでした。

 

からといって浮気をするような性格ではないと信じていたのです。
 

男が手持ちで撮影した画像に変わりました。
(ソファでふんぞり返って座った男が撮影したのだろうか・・・。)床に跪く妻は、男の股間に頬を寄せています。
 

 

メラ目線の画像もありました。
いたずらっぽく笑う顔は確かに少女のようですが、誰にも見せない、本能のままに行動するメスの姿を見ているようで恐ろしくなります。
 

ここまで来ると2人の間の関係はもはや疑う余地もないのですが、私の妻に限ってそんなことしないはずだという思いも心の中に存在します。

 

かし、無情にも残りの画像は当然のようにして、男と女の本能の行動を映し出していました。
 

男のチンポが大写しに現れた画像は思わず顔を背けたくなりました。
妻が頬擦りをするように顔を添えているチンポは、確実に私の倍はある大きさでした。
 

 

に長さは軽く20cmを超えており、横に並ぶ妻の顔面がチンポより小さく見える様子はまさに異様です。
(ぬらぬらと濡れ光る亀頭は既に妻の口内の感触を味わった後なのだろうか・・・。)外人巨根にありがちな“太く長いが、亀頭は小さいチンポ“ではなく、それは血管が恐ろしくごつごつと浮かび、カリ首はグワッとエラが張っており、すべてがパンパンにはち切れています。
 

 

近、「カリ首のエラは膣の中の他人の精子を掻き出し、自分の精子を勝たせるためにある」と言う話を聞きました。
まさに、この男のチンポはこの役割を忠実にこなし、たとえ私が妻に中出しして膣内を私の精液で満たしていたとしても、ほんの一掻きか二掻きでその夫の精子を全て体外へ掻きだしてしまい、自分の精液で満たすと共に、妻にはこの上ない快感を与え続けるのだろう。
 

短小チンポしか持たない男にとって残酷すぎる事実であるが、妻はただオスとメスがもつ本能に従い、巨チンを求め続けているのだろう。

 

だ、そこに理性があるとすれば、たぶん浮気が継続している。
 

この数ヶ月の間に子供を宿していない、避妊に多少なりとも気をつけている、という事実だけなのか。
私の知っている妻は、フェラがあまり好きではありません。
 

 

にチンポを深く突き入れると決まって不機嫌になっていました。
しかし、次から次に出てくる画像に写る妻の姿は、天井を向くほど反り返っていきり立つチンポを前に、目の焦点も合わず完全にラリってしまった白痴状態です。
 

よだれなのか男の汁なのか、口の周りはべとべとで、顎からはダラーッと汁が垂れ下がっています。

 

さに巨大チンポの虜になってしまった様子です。
 

妻のブラジャーはだらしなくずり上がり、小振りの膨らみが露わになっています。
地味な妻は普段つけているブラジャーもシンプルなものばかりですが、画像に写っているブラジャーはいつの間に買っていたのか、私も知らない可愛らしいデザインです。
 

 

ぶん、この男の好みにだけ合わせて買ったのだろう。
汁でべとべとになった頬を見せながら、わざと胸に谷間を作るような可愛らしい仕草の画像もありました。
 

たぶん相手の男はパート先の工務店の主人です。

 

れは、舞台になっているマンションのような場所の一角にインテリア関係のパネルとか製図台が写っていることから推測できます。
 

画像のプロパティを見ました。
撮影日時は今年の4月。
 

 

間は午前10時台でした。
妻は私を仕事に送り出し、子供を保育園に届け、9時過ぎにパートに出掛け、事務所について早速、男のチンポに貪りついているという、あまりにも非情すぎる事実を意味します。
 

こういう関係になったきっかけは何だったのだろうか。

 

段、私の友人が家に遊びに来ても妻はあまり笑顔も見せず、はしゃぐ姿を見せることもありません。
 

そんな妻だから、自分から男を誘うことはありえない(そう信じたい)。
たぶん最初は誰もいない事務所で強引に犯さたのだろう。
 

 

は泣き叫びながら必死に抵抗したことだろう。
しかし、そのまま何度も何度も延々と犯され続け、諦めの心境になったころ、あろうことか男の巨根で本能のスイッチを入れられてしまったのか。
 

私のチンポでは届かない奥深くを、生まれて初めて突き上げられてそのスイッチは入ってしまったのか。

 

らにデジカメで証拠写真を撮られ、弱みを握られた上で男の浮気専用の奴隷に仕立てられてしまったのだろうか。
 

さらに画像が進むと、妻は床の上に仰向けに寝かされ、正常位で入れられようとしています。
お互いの下半身を写したその画像では、男のチンポは腹に届くほど上を向き反り返っています。
 

 

いてチンポを妻の腹に添えるようにして押し付けています。
それは、あたかも巨大チンポを妻に挿入すると、先端はへその辺りまで届いているんだということを確認するかのように腹に密着させています。
 

このあとの画像はファイル番号が所々飛んでいます。

 

のあとに何があってどんな画像が撮られていたかは考えるまでもないのですが、たぶん妻は自分が乱れている姿しか映っていない画像は消してしまったのでしょう。
 

ここまでの画像は、ほとんどが男のチンポが大写しになったものか、あるいは、セックス前の男女の甘い空気のツーショット画像しかありません。
たぶん妻は、この男としばらくセックスできない日が続く時などは、この画像を見て、寂しさを紛らして、体の奥底から疼くような切ない気持ちを静めているのでしょう。
 

 

然のように、この後の画像には、精液を噴出させたあとのチンポが大写しになっていました。
信じられないほど大量の、そして粘るような精液が妻の腹から胸元にかけてぶちまけられていました。
 

妻の乳輪は割とつるっとしており乳首も荒れた感じはなく、きれいな形です。

 

にとって宝のような妻のおっぱいも、全体が汗と男汁にまみれています。
 

男は妻の上に跨る様にして、射精後でありながらいまだに反りを保ち、硬直しているチンポを胸元に添えています。
妻は一体どれほどの白濁液をまんこから垂れ流したのだろうか。
 

 

のチンポは妻の汁で覆われています。
わずかに写る妻の様子は、顎を高く突き上げ、大きく反り返るようにして硬直しているようです。
 

同じような画像が続く中、妻の様子には変化が見られず、硬直したままです。

 

精後どれほどの時間が経っているのかわからないが、少なくとも夫のちんぽでは味わえない絶頂を迎え、その後もしばらくはピクピクと痙攣を繰り返しているのだろうか。
 

その後は、おそらく妻が撮影したであろう画像が続きました。
仁王立ちした男の足元に座るようにして撮影したのだろう。
 

 

像の撮影日時は、その日の射精後約4時間経っており、その日の夕方近くになっています。
再び力を取り戻し、天を向くようにそそり立つ男のチンポを見上げるように撮影した画像が何枚も何枚も続きました。
 

明らかに妻は、このチンポの虜になってしまった様子です。

 

頭だけをアップで撮った画像もあり、その尿道からは先走りの我慢汁がたらたらと流れています。
 

パートへ行くと言いながら、実のところ毎日のようにして朝から夕方までこの男と浮気を繰り返しているのだろう。
たぶんこの日も朝からセックスを開始し、男の射精を受け止めたのも一回どころではないだろう。
 

 

方5時前には急いで服を着て、何事もなかったかのようにスーパーで買い物をし、子供を保育園に迎えに行くのだろう。
もはや私は次から次へと続く妻の淫らな姿を詳しく見る気力もありませんでした。
 

画像閲覧ソフトの一覧表示で見る限り、その後も、日を変え、場所を変え、妻とその男の浮気は続いているようです。

 

りのSDカードにも同じような画像が入っているのでしょう。
 

妻の画像を延々と見続けたその日、妻が帰ってきてからも私の頭の中は混乱したままで、大した会話もなくいつものように妻と並んでベッドに入りました。
妻が寝息を立て始めたころ、突然ムラムラとした性欲が強烈に沸きあがってきました。
 

 

たままの妻の乳首にしゃぶりつき、小さいながらもカチカチに勃起したチンポをパンツ越しに妻のまんこに押し付けました。
いくらしゃぶり続けても、チンポを擦りつけ続けても妻は起きませんでした。
 

こんなセックスの始め方はこれまでほとんど記憶にありません。

 

しかしたらその日も、私がSDカードの淫らな画像を見ている時、その画像と同じような淫らな行いを一日中やって、疲れ果てていたのかもしれません。
 

妻の腰が細かく動き始め、そしてしゃくりあげるようにチンポに擦り付けてきました。
妻はたぶん夢の中で、浮気相手の男とのセックスを開始したのだろう。
 

 

んだんと息遣いが荒くなり、いやらしいあえぎ声を立て始めました。
今日見た中に何枚かあった画像と同じようにして、妻のパンツの股の部分をずらして、脇からチンポを挿入し始めたころ、少し目が覚め始めたのか、私にしがみつきながら激しく声を立て始めました。
 

それはわずかな時間でしたが、これまでの妻とのセックスではあまり見たことのない、激しい反応でした。

 

して、完全に目が覚めたとき、大きく目を剥き、私を見つめながら「何するのよ!」とびっくりしたように声を荒げました。
 

強引にセックスを続けましたが、その後の妻の様子は、いつもの私とのセックスでの反応に変わりました。
地味で控えめな反応です。
 

 

れは、あたかも自分の浮気がバレないように、演技しているかのようでした。
私は怒りをぶつけるように思いっきり深くチンポを突き刺し続けました。
 

子宮口のコリコリとした感触がありました。

 

のチンポでは子宮口に達するのが精一杯ですが、あの男のチンポはへその辺りまで到達していたはずです。
 

妻は経産婦なので、もしかしたら子宮内挿入になっていたのだろうか。
小さな体であんな大きなチンポをあてがわれた妻の子宮はどれほど破壊され続けていたのだろうか。
 

 

えているうちに訳もわからぬまま中出ししてしまいました。
しばらく重なったままで、沈黙が続きましたが、妻はぼーっと天井を見つめていました。
 

この瞬間も浮気相手とのセックスを考えていたのだろうか。

 

は久しぶりのセックスだったので、チンポを抜いた瞬間、妻のまんこから凄い量の精液が流れ出しました。
 

ブチュブチュと音を立てて流れ出す感触で妻も一瞬「フフッ」と笑顔になりましたが、またすぐにボーッとした表情に戻り、天井を見つめながら枕元のティッシュを取り、だらしなく足を開いて仰向けに寝た姿勢のままで、まんこから溢れ出す精子を拭き取り続けていました。
私もその様子を見ていましたが、我に返った途端、また怒りのようなものが込み上げてきました。
 

 

とのセックスはいつもコンドームを使っていました。
以前、中出ししたときは、妻は真剣に「妊娠したらどうするの!」と怒ってました。
 

でも今の妻は、そんなことも気にしてないのか、中出し汁を何事もなかったかのように拭いているのみです。

 

の男の奴隷になってしまった妻は、いつでも安心して中出しできるように、もしかしたら避妊リングを入れさせられたか、ピルでも飲み始めたのだろうか、という不安が頭をよぎりました。
 

先ほど妻のまんこから流れ出した汁も、実は帰宅直前までハメ合っていた浮気相手の汁が混じっていたのかもしれません。
その男は、私には届かないような奥深く子宮内に直接大量の精液を注ぎ込み、それが今になって、どろどろと流れ出してきたのかもしれません。
 

 

確実に言えることは、もう妻のまんこと心は完全にあの男の元にあり、私のものでは無いということです。
怒りもここまで高ぶって長引くと妻に対する愛情も冷めてしまいました。
 

 


■網民選10大童顏巨乳■

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す