自宅で性欲旺盛な巨根オヤジに寝取られた妻の浮気セックス現場を隠し撮り

1年半ちょっと前、平日の夜でしたが、帰宅後にソファーでライターを見つけました。
疲れた体をドサッと降ろすと、腰の所にある窪みに硬い物体があったんです。
 

何だこれ?と思い引っ張り出すと、見覚えの無いジッポライターが出てきました。
俺は煙草を吸いますが、自分のライターぐらい記憶してます。
 

「これ誰の?」と妻に尋ねました。
誰かが昼間に来て忘れていったんだろうなって軽く考えていたから。
 

妻は「あぁぁーあっ、水野さんかな?!」と近所の奥さん仲間の名前を言ってました。
その時は「あぁ~そうなんだ、ここ置いとくから」と何も考えていませんでした。
 

それから2~3ヵ月ほどした頃だったと思います。
仕事の都合で19時頃に帰宅した日がありました。
 

普段は早くても21時頃にならないと帰れません。
早く帰る事は途中でメールしていたので、いつも通りに帰宅しました。
 

リビングに入った瞬間、微かな煙草のニオイを感じました。
「誰か煙草吸ってたんか?」妻は俺に煙草は外か換気扇の下で、といつも言います。
 

煙草を吸わない妻には耐え難いニオイのようで、リビングでは吸った事すらありません。
妻はまたもや奥さん仲間の名前を口にし、言い出せなかったなどと言い訳をしていました。
 

毎日我慢させられてる身としてはイラッとしました。
でも不貞腐れたぐらいで特に喧嘩もありませんでした。
 

思い出してみると、この2点が怪しかったんじゃないかなと思っています。
普段とは違った些細な事を思い出してみると、この2点しか見受けられないので。
 

話を続けます。
1年前後前の日曜日、俺はお付き合いで草野球に行ってました。
 

同じ市内の人達で作ったお遊びチームですが、急遽人が足りなくて呼び出されたんです。
終わってから恒例の飲み会となり、そこで同年代の旦那さんから奇妙な話を聞きました。
 

「吉井さん浮気しまくってるらしいよ~」という話。
同じ市内の人妻さんや、その草野球に来てた旦那さんの奥さんとかと。
 

そんな事ありえないでしょ~と初めは半信半疑でした。
吉井という男は、50代のハゲオヤジです。
 

駅前で小さな居酒屋を経営していて、草野球にも何度か顔を出している男。
俺は見てないけど、胸毛ボーボーで50代にしてはムキムキ系らしい。
 

無類の女好きだと昔から知る人達には有名で、2回の離婚経験あるみたい。
その全てが吉井の浮気が原因だという。
 

見た感じは全くモテそうなオヤジではありません。
どちらかというとちょっと小賢しい顔をしたヒヒオヤジ系です。
 

俺も何度か野球で会った事のある20代の旦那さんがいたんですが、その奥さんと浮気をしていたという噂でした。
でもまだ旦那さんにはバレてないようで、周りが止めているっていう話。
 

過去にも引っ越した人達もいて、知っているだけでここ数年で4人と浮気してたとか。
あのオヤジがねぇ~と半信半疑で聞き、その場はそのままお開き。
 

それでその話はすっかり忘れていました。
事態が急激に動き始めたのは、それから1~2ヵ月ほどした頃。
 

とてつもなく体調が悪かった日がありました。
でも重要な会議があったので、会議だけ終わらせて14時頃に帰宅したんです。
 

高熱で会社を出たのも記憶が曖昧なほどで、最寄駅に着いた時に妻に電話しました。
妻は妙にソワソワした口調で「どうしたの?」と早口でした。
 

体調が悪くてもう駅に着いてるから云々を伝えて電話を切りました。
いつもなら6分ほどで辿り着く家に、フラフラしてたので10分以上は掛った筈。
 

やっと近所の住宅が見えてきた・・・と安堵しながら家の門に手を掛けると、突然玄関の扉が開いて男の背中が見えました。
扉まで少しの距離があるのでぶつかる事はありませんでしたが、振り返った男を見てキョトンとしてしまいました。
 

それがキャップを深々と被った吉井だったんです。
「あぁー旦那さん、大丈夫ですか?」俺を気遣う言葉をアレコレと並べてた吉井。
 

挨拶を済ませた後「どうしたんです?」と尋ねると、後になれば怪し過ぎる焦りっぷりの口調で、「スーパーで奥さんと会って、荷物を運んであげたんです」と言ってました。
直後に「そうなの、重たいの持って頂いて」と妻。
 

「それはどうも有難う御座いました」なんてお礼を言いつつ、今にもぶっ倒れそうだった俺は、「失礼しますね」と横をすり抜けて家に入りました。
高熱で歩いたせいか喉がカラカラだったので、水を飲もうとリビングへ直行しました。
 

ドアを開けて中に入った途端、部屋に充満するニオイにやられ、俺はキッチンへ掛け込んで嘔吐してしまったんです。
妻は「大丈夫っ??」と駆け寄ってきて、いつの間にか窓を全開にしてました。
 

その後トイレに入ってまた吐き、それから2日間高熱にうなされ続けました。
回復していましたが、大事を取って3日目も休みました。
 

もう頭もスッキリしていたので、やっと不自然な事に気が付き始めたんです。
浮気しまくりという吉井の話を思い出し、ハッ!としてリビングのニオイを思い出しました。
 

煙草のニオイとあの生臭いようなむわっとする独特なニオイ。
思い出した瞬間、点が繋がり始めました。
 

あのハゲオヤジと嫁が浮気してるなんて・・・情けないですがパニクりました。
落ち着け、落ち着け、そんな事ありえないだろ、自分に言い聞かせました。
 

でも考えれば考えるほどドツボにハマって行きました。
「そういえばさぁ~」何気なく妻に吉井が来ていた事を尋ねました。
 

「具合悪過ぎて記憶が曖昧なんだけど、吉井さんいたよね?何だっけ?」妻はあの日と同じ事を言ってきました。
「そっかぁ~、でもお前って吉井さん知ってたの?店行った事あったっけ?」妻は奥さん仲間と何度か行った事があると言ってた。
 

よくスーパーでも会うとも言い、吉井の奥さんとも知り合いだとかも言ってた。
俺は興味無さそうな態度に徹していたが、妻の動揺は手に取るように分かった。
 

これはもう完全に黒だなと直感しました。
それにしてもあんなハゲオヤジと浮気だなんて、そう簡単には信じられません。
 

もしかしたら吉井に言い寄られてて妻が拒否しているのかも、なんていう都合の良い考えまで浮かんできました。
そのぐらい有り得ないと思っていましたから。
 

今更ですが妻のスペックを書きます。
当時33歳で子供は無し。
 

160cmでDかEカップ、抱き心地の良いムチっとした体型。
26才の時に友達の彼女が食事に連れてきて出会い、そのまま付き合って29歳で結婚。
 

自己申告ですが、俺以外では過去に2人としかセックス経験無し。
顔は一般レベルだと思う。
 

誰に似てるとかは無いかなぁ。
話を続けます。
 

黒だと感じた俺は、その日のうちにネットで「浮気」に関する情報を調べました。
興信所や探偵などに頼んで決定的な証拠を掴む必要がある・・・とか、相手に慰謝料をきっちり貰うとか、いろんな事が載ってました。
 

でもまだ信じられなかったんです。
仮に吉井と浮気をしていたとしても、あんな50代のオヤジとどんなセックスをしているのか。
 

ハゲオヤジのチンコをしゃぶり、キスして舌まで絡ませているのか。
今までに感じた事の無い感情が湧き起こってきたんです。
 

見てみたい、本当に吉井と浮気しているのであれば、どんなふうにセックスをしているのか、どんなふうに感じているのか、どうしても見たくなりました。
浮気の情報を見ていたはずが、気が付けば撮影できるカメラの情報を見てました。
 

その日からいつも「妻が他人とセックスしている現場を撮影する」方法を考えるようになり、最終的には秋葉へ行って店の人に教えてもらいました。
書いちゃまずいかもしれないので詳細は書きませんが、選んだのは置時計タイプです。
 

大きなメモリーカードを入れると10時間前後は撮れるし、とにかく想像以上に高画質で音声も綺麗に拾ってくれるカメラでした。
妻がいない時を見計らい、設置する場所をいろいろ試しました。
 

2つ買ったので、リビングと寝室に設置する予定で。
見た目は普通の時計に見えるが、ちょっと洒落た感じには見えない。
 

「同僚に貰ったから」といって隅っこに置き、何度も何度も撮影テストを繰り返しました。
設置してから毎晩のように中身をチェックしましたが、浮気現場は映っていません。
 

やっぱり俺の取り腰苦労かなーと思っていたのに、設置した次の週に映っていました。
もう見た時は衝撃的過ぎて、本当に失神するかと思いました。
 

スーッと意識が遠退いていくのを、必死に椅子を掴んで耐えたぐらいです。
忘れもしない水曜日の昼過ぎ。
 

妻は携帯でメールをしながらパタパタとしていました。
そこに映る妻を見て、心臓がバクバクと踊りました。
 

普段はジーパンなどの色気のない普段着なのに、その日はミニスカート姿だったから。
どこかに出掛けるのか、それとも・・・そんな事を考えて見ていると、遂にその時は来ました。
 

インターフォンが鳴り、妻は早足でリビングから出ていきました。
でもしばらくしても戻ってこないんです。
 

そのまま出掛けていったのかと早送りしていると、不意にドアが開きました。
急いで早送りを止めると、スピーカーから妻の喘ぎ声が出てきて焦りました。
 

とにかく焦りました。
今まで聞いた事も無いような、AVみたいな喘ぎ声を出してるんです。
 

でもそれ以上に絶望的な映像が写り込んできました。
少しヒザを曲げた妻が、吉井に立ちバックで突かれているんです。
 

妻の両肩を掴んで上半身を反り返らせ、スパン!スパン!とリズミカルな音。
その音と合わせるかのように、妻は卑猥な喘ぎ声を上げていました。
 

失神しそうな自分を奮い立たせ、その一部始終を見続けました。
それはもう地獄のような時間でした。
 

立ちバックで突いたりクネクネ腰を揺すったりする吉井。
妻は俺が見た事も無いほど喘ぎまくり、我を忘れている様に見えます。
 

しばし腰を振っていた吉井は、突如チンコを引き抜きました。
50代とは思えないほどそそり立つチンコを見て絶句です。
 

黒々隆々としていて、明らかに太さも長さも俺のとは桁違い。
あんなのが入ってたのか?!と背筋がゾッとしました。
 

引き抜かれたチンコの前にヒザをついてしゃがんでいた妻は、頭を掴まれて振り向いたかと思ったら、そのチンコにしゃぶりついたんです。
根元を握って小刻みに動かしているのか、舌をベロンベロンと出して亀頭から竿までを丁寧に舐め上げているんです。
 

ベローンと舐めながら上目遣いで吉井を見、しっかりと見つめ合っている様な映像。
咥えようとしても半分も口に入らないらしく、妻は呻きながらフェラチオしてました。
 

唖然と見ていたのですが、気が付けばなぜか泣いていました。
涙が流れてきて気が付いたぐらい、何も考えずに無心で見ていたようです。
 

妻がお風呂から出てくる音が聞こえたので一旦打ち切り、その日からまた新たにメモリーを増やして撮影を続行して行きました。
次の日、仕事の合間を見て満喫へ行き、ヘッドフォンをしながら全ての映像を見ました。
 

妻はフェラチオの後、自ら進んでテーブルに手を付き、ケツを出して「入れて」と懇願。
口を手で押さえつつも喘ぎ声は漏れていて、初めて見る妻の絶叫しながらの昇天。
 

床にへたりこむ妻を置いて、吉井はソファーへ悠々と移動。
座ると妻が這いながらやってきて、またもやフェラチオが再開された。
 

玉袋まで顔を突っ込んで舐めているようで、吉井はその間に煙草まで吸い出してた。
俺にはあんなに文句を言う妻が、何も言わず必死にフェラチオをしていたんです。
 

煙草が吸い終ると吉井の「おいで」という声がして、妻が対面座位の形でチンコに跨って自ら握って挿入していたんです。
結合部まで鮮明には見えませんでしたが、妻の仰け反る姿で入っていくのが分かりました。
 

妻は初めこそ大人しく、次第に激しさを増していき、最後にはグラインドさせてました。
吉井とキスをしている様な動きをしながら、首に抱き付き腰を激しくグラインド。
 

最後の方で吉井に腰を掴まれて激しさを増していくと、妻は抱き付いたまま叫ぶように昇天していきました。
でも動きを止めようとしない吉井に、勘弁してくれ、もう許して、お願いもうダメ、と何度も何度も懇願していました。
 

でもその後激しく体を震わせたような動きの後、妻は脱力してグッタリしてしまいました。
説明が下手なので本当はその時の映像を見せたいのですが・・・それは出来ないので似たような映像を探してみました。
 

妻はもっと激しく腰を振っていましたが、映像は似たような感じです。
映像を見ていて気が付いたのですが、妻は知らぬ間にパイパンでした。
 

数週間見てない俺もどうかとは思いますが、妻は恐らく吉井の為にパイパンだったんです。
しかもですよ、しかもどう見ても吉井はゴムなんてつけてません。
 

妻がしゃぶる映像を見てみても、ゴムなんてしてないのがハッキリと分かりました。
ハゲオヤジのデカマラを、生で挿れられてイキまくっている妻の姿。
 

前日は違って妙な興奮を覚えてしまい、勃起している自分の気が付きました。
自分に腹が立ち、コーヒーを飲んで煙草を吸ってから再度確認しました。
 

でもグッタリした嫁を吉井がお姫様抱っこして、リビングから出て行ってしまいました。
その日はリビングのメモリーカードしか持って来ていなかったんです。
 

泣く泣く俺は満喫を後にしました。
家に帰ってさっそく寝室にあるカメラのカードを確認しました。
 

当然と言えば当然ですが、吉井と妻はベッドでセックスをしていました。
吉井は入れてはしゃぶらせるを何度も繰り返し、何度も妻は昇天しています。
 

ベッドを横から撮影していたので、妻がキスを自ら求める姿さえも映っていました。
俺は見た事が無い顔をした妻が、ハゲオヤジの舌にしゃぶりつく姿。
 

最後の方なんて自らヒザの後ろに手を回して大股開きになり、最悪な言葉を連呼してた。
「中に出して!」「中に頂戴!」と。
 

あぁぁ・・そういえばピル飲んでたっけ・・・まだ子供は欲しくないという妻の意向をくんで、2年ほど前からピルを飲んでました。
妻が目の前でハゲオヤジに中出しされてる。
 

中に出した後も吉井はまた動いたりし、最後には白く泡立った物体の付着したチンコを妻の顔に近づけ、妻は躊躇する事無く舌で綺麗にし始めました。
玉袋の裏側まで丁寧に舐め、最後にはチュポッン!と音を立てて尿道を吸ってました。
 

「あぁぁ~ん、中から出てきちゃうぅ~」妻は楽しそうに甘えるようにそう言い、アソコにティッシュを当てていました。
その横で吉井が寝ながら「指ですくって舐めろよ」とか笑いながら喋っている。
 

指ですくって味見をする様な感じで舐めている妻。
もう現実の物ではなく、赤の他人の映像を見ているようでした。
 

吉井はしばし休憩した後、すぐに帰ったようです。
妻は吉井がいなくなると寝室へ入ってきて、シーツなどを新しい物に取り変えていました。
 

コロコロで最後まで綺麗にする姿を見て、本当に複雑な思いでした。
吉井とセックスをしていたベッドで寝るのは屈辱的でした。
 

でもなぜかもっと妻の醜態を見たいと思い、隠し撮りを続行していきました。
自分でも信じられない奇妙な感覚でした。
 

別にそれを見てシコるわけでもないのに、もっともっと見たいと思っていたんです。
吉井は決まって水曜か木曜日にやってきていました。
 

毎回玄関へ迎えに出る妻は、戻ってくる時には挿入された状態でした。
いつも立ちバックで入ってきてテーブルを使ったりし、妻は1回は昇天している。
 

微かに聞こえる妻の声には、驚愕する言葉がありました。
「吉井さんのオチンチン好きなの」「旦那のより気持ち良いわぁ」「オチンチン好き、あなたのオチンチンが好きなの」「もっとしてぇもっと、もっと」「あなたのオチンチンでイキたいの、イカせてぇー」卑猥過ぎる言葉の数々。
 

もちろんそんな事を口走っている妻を俺は知りません。
ソファーでいつも腰を振り、最後は失神している様な妻。
 

その後抱き抱えられて寝室へ向かい、やはり最後は懇願して中出し。
終わってからも仲の良さそうな2人を見て、本当に現実味がありませんでした。
 

ただ、今でも心に突き刺さっている光景があります。
「旦那とはセックスするなよ」と吉井に言われ、少し困っていた妻。
 

困惑している妻に「約束を守れないんだったら、もう挿れてやらねーぞ」と言う。
すると吉井に抱き付き「しない!旦那とはしないから」と言っていた妻。
 

勝ち誇ったような表情の吉井は、舌を妻にしゃぶらせてご満悦そうでした。
ちなみに俺と妻は本当にセックスをしていません。
 

いつもそんな雰囲気になると、手を出せない様な雰囲気を作られて何もせぬまま。
それが吉井からの命令だとは・・・言葉になりません。
 

それからもう1つ。
2人の行動パターンが読め始めてきたある日、狙って電話した事がありました。
 

妻は信じられない事に、挿入されている真っ只中で俺の電話を出ていました。
吉井に出ろと言われ、俺と喋りながら腰を振っていました。
 

時々口を抑えて頭を振り乱しながらも、必死に俺と喋ろうとしていました。
喋っていた俺は気が付かず、後に映像を見てそれを知りました。
 

ホント屈辱的です。
長くなったので最後のオチを手短に書きます。
 

妻とは離婚しました。
弁護士をたててその映像を元に、吉井から慰謝料の請求もしました。
 

詳細は省きますが、途中で吉井の父親まで出てきて、現ナマを積まれました。
父親は土地持ちらしく、本当に申し訳ありません!と土下座までされました。
 

土地を売却したのか驚くほどの現ナマを渡され、隠密にお願いしますという話です。
マイホームも売却し、残ったローンも慰謝料で返し、今はマンションを購入しています。
 

吉井の奥さんは何も知らないので変化は無しですが、妻は実家に帰りました。
弁護士から聞いた話、実は離婚する前の数カ月間、妻はピルを飲んでいなかったとか。
 

「あなたの子供が欲しいの」と映像で言っていたのは知っていますが、本当にそれを望んでいたとは弁護士ですら絶句していました。
俺の子供として育てようとしていたのでしょうかね。
 

驚いた事に、吉井との不倫はなんと2年ちょっとあったようです。
越してきたのが結婚直後だったので、越してきてから割とすぐに不倫が始まったようです。
 

随分と立ち直るまでに時間が掛りましたが、慰謝料のお陰で最近はイイ生活を送っています。
でもしばらくは結婚とかはしたくないですw

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す