弟の若妻の嫁を寝取った体験・いけない秘密の肉体関係で浮気性交編

30歳の夏に2人目が誕生、翌日の土曜午後に里美が居る産院へ行くとエレベーター前で、「あら?!お義兄さん、今度は可愛い女の子で、おめでとう御座います!」弟の妻加奈とバッタリ!「あ、来てくれたの?!」「2人共元気よ!」「雨、降りそうだけど?」「あら?いやだ、どうしょう」「時間良かったら、送るよ!」「じゃあ~、お願いしよう。又戻るの変だから此処で待ってるわ!ごゆっくりね」3Fの産室へ妻と乳児の優に会いに上がった。
 

昨日も来た事で30分位で1Fロービーへ戻ると、週刊誌を読み加奈が待っていた。
「あら、早い?もう良いの??」と、ビックリ顔の加奈に、「友人が祝盃してやると、言って早く出たんだ!」に、「あら?悪い旦那さんね!」と笑う。
 

やはり雨が降り出していた。
義妹と駆け足で車へ、少し濡れた加奈のブラウスに透けた色物のブラジャーをチラリ。
 

母乳を与える妻の胸と同じ大きさの膨らみにゴックンの俺だった。
「傘もって無くって、助かったわ!お友達の所は遠いの??」「里美には悪かったがウソだよ、それにお袋は無事に出産済んで安心し、バスツアーに出かけて今夜は俺一人なんだ」「じゃあ、お礼に夕食は私の処でね!」と、「良いのかなあ??」「あらっ、弟の家で遠慮する兄は居ないわよ」加奈が笑う。
 

隣市に転勤した弟が1戸建を買って昨年春から住んでいた。
2~3回母から頼まれて弟に野菜を届けに来て場所もすんなりの俺だが、義妹を乗せては初めてだった。
 

「直ぐ支度(夕食の)するから、義兄さんシャワーしたら?」に、「ああ、借りるよ」蒸し暑い日で汗ばんだ体、シャワーを全開し股間に当てて遊んでると、「義兄さん、着替えを置いておきますね!」引き戸を少し開け顔を出し加奈が言った。
「アッ!」と思ったときはもう加奈は外に・・「見られたか?」全開した音で聞こえなかったので加奈は戸を少し開け知らした様だが少し膨らんだ肉棒はモロに見えていたはずだ。
 

シャワーから戻り、未だ外は明るさがあり、「加奈ちゃんもシャワーしたら?」「じゃあ~、サッと流して来ますね」加奈がシャワールームへ・・。
シャワーから戻った加奈は、ワンピース姿「徹(弟)は帰る時間遅いのか?」加奈に尋ねると、「何時もはもう帰る時間なの、でも昨日から広島に出張なの明日の夕方には戻るんだけど、休日出張だ!と言ってブツブツ言ってたわ。最近出張が多くってね」今日来た事は、ちょっとヤバイかな?いやっ、チャンスかも?以前から可愛いロリ顔で鼻筋が通ったアイドル風の加奈に徹を羨ましく思って、一度チャンスがあればキスしてみたい願望を持っていた。
 

「風呂上りはやっばりこれね!義兄さん!」グラスと瓶ビールが、「おいおい!俺車だぞ!」「義兄さんアルコールは強いから、少し位は平気でしょ?!」そして、「あ~っ!おいしい!最高!義兄さんゆっくりしてってね!」更にもう1本を抜く加奈。
「義兄さん!子供は男の子と女の子を上手に作っちゃって羨ましいわ!」加奈は目を少し赤らめて言う「加奈ちゃんも頑張れば出来るよ!」俺の励ましに、「徹、最近疲れ気味なの、出張にも時々言っちゃうし」加奈は少し欲求不満かな??豊かな胸の膨らみを良く観ると乳首の位置が良く判る、ノーブラかな??短い裾も上がり白い腿が見える、再び唾をゴックンの俺だ。
 

夕食が済み、俺はTVのナイター観戦を、だがキッチンで洗い物の後ろ姿の加奈の尻と白い生足に視線が走る。
弟が留守で前からの願望のチャンス到来、酔っている事も手伝って洗いを終え居間に戻った加奈を見つめ、「どうしたの?義兄さんそんなに見つめて?!」更に近寄り、「加奈ちゃん!キス位は良いだろ??」「え・えっ?義兄さん!」肩を掴み、その場へ倒し顔を近づけ、「加奈ちゃん!!」「いやーあ!だめっ!義兄さん!ううう~ん」成功だ!簡単に加奈の薄い唇に押し付け、片手で胸の膨らみを撫ぜるとプリンプリンの豊乳に乳首が、やはりブラなしだ!「止めて~ぇ!ダメッ!」力を出し俺を突き放した加奈。
 

後ずさりしながら、「私達兄妹よ!!そんな関係になっちゃいけないっ!」その時の加奈は真剣顔で抵抗した。
だが、俺はもう股間が反応、禁欲中のチンポは出来上がっていた。
 

「世間には親子や姉弟が抱き合っている人だっているんだ!俺たちは義理の中で普通の男女なんだ!一度で良いんだ!ねえ?加奈ちゃん良いだろう?徹と思えば良いんだよ!」「そんなぁ!ダメっ!だめ、ダメェ!」壁に背が当り後ずさりが出来無くなった加奈、少しレイプ気味にワンピースを剥ぎ、色スリップの肩紐を抜き豊乳を揉みながらキス。
「ううう~ん、あ~んいやあっ!いけないわ!義兄さんこんな事は!」と、まだ抵抗。
 

居間の端で押さえ込む様に重なり、俺は全裸になり加奈はパンティ姿だった。
片手で乳首、片手はパンティの上から割れ目を刺激し、太いチンポを加奈の腿に擦り、やがてパンティ横から2本の指でオ○○コにタッチ、「加奈ちゃん濡れてるよ!」「いやあん!そこダメェ!」漸く感じ始め身を反らす加奈は若妻の色気充分だった。
 

遂にパンティを剥ぎ取り、身を重ね唇に吸い付き3度目のキスに加奈は次第に抵抗を弱める。
「加奈ちゃん!俺の興奮を判ってよ!一度で良いんだ加奈ちゃんが欲しい証拠だよ!」加奈の手首を取りチンポを触らせたが、嫌がって直ぐ避ける。
 

俺は指でオ○○コを拡げ、クリも刺激には、「イヤあ!ダメ!そこダメ!」悶え始める若妻の加奈。
濡れた指を見せつけ、「加奈ちゃん!こんなにアソコ濡れてるよ!」「だって、義兄さん止めてって言っても続けるんだもの!」「いいだろ?入るよ!」「ええっ!!どうしよう??」もう俺はヤルしかなかった。
 

硬く閉じた生足を拡げ「いやん!」の声も聞かない事にして、弟の嫁のオ○○コに挿入。
「はあ~あ~ん!う・うん」顔は横向け加奈は喘ぎ声を殺す様に恥ずかしく。
 

まだ未産のオ○○コの感触は、妻里美よりは当然締まりが良い。
禁欲中の俺は直ぐ快感し、「良いよ!加奈ちゃん締まりあるから、オレ気持ち良いよ!」加奈の腹に出し、豊乳と首元のまで白い汁を飛ばし満足の俺に「絶対内緒よ!義兄さん!」と問いかける加奈に、「当たり前だよ!2人の秘密だ!」起き上がった加奈はスリップを着始めたが「奥はベットルームだね!」の俺の動きに「あそこは。ダメよ!」と阻止したが、肩と両足を持ち上げ、「此処は寝る部屋だろう?なぜ、ダメなんだよ?」「だってぇ、散らかしてるもん!」「今夜は俺が亭主だ!」加奈を抱き上げ寝室へ。
 

「ええーーっ?」「帰らないよ!そして、もっと加奈ちゃんと燃えるんだ!」「そんなあ!」ビックリ顔にも少し笑みも・・。
他の場所の灯りを消して、加奈を再び抱きしめると、「義兄さん、アレ強いのね!」もう抵抗無しの加奈、簡単に抱き合い舌を入れ合うキス。
 

「触って良いよ!」に、加奈はチンポを握り「義兄さんの、硬くて太いわ!」さっきの、抵抗はウソの様な別人の若妻に変身の加奈は、「私も前から義兄さんに抱かれたら良いなあ~、なんて思ってたのぉ!」嬉しくなり「ホント?」と、キス。
チンポを股間に近づけると、開脚する徹の嫁に2度目の差し込みを・・・。
 

「ああ~ん!義兄さん、いいわっ!すごい!太くって壊れそうぉ!」「加奈ちゃん!キンチャクみたいで気持ち良いよぉ!」お互い義理兄妹を忘れ、恋人の様に燃え上がり、「ああ~あん!イクッ!」同時の快感を得て生出し、その後はグッタリの2人は腕枕で全裸で抱き合い朝までぐっすり。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す