同じ職場の大人の色気むんむんの巨乳人妻さんと飲み会の帰りに熱いカーセックスしたったw


 

 

かいのデスクのパートの主婦38歳柔らかい巨乳の吉野さんに飲み会の時にハメてしまってから僕の中ではどんどん欲望が募ってきてました酔ってたことや外出ししたこと、仲が良くなっていたこともあり、許してもらえましたというか巨乳の人妻が笑顔で話しかけるから、勘違いしてしまうんです先日、5時に吉野さんが退社し、6時に僕が退社し駐車場に向かうとバッタリ遭遇車を置いて近くで買い物をしていたらしい吉野さん、何か運命的な出会いを感じますね」
「なにそれ?」
「ちょっとだけ僕の車乗りませんか?見せたいものがあるんです、なにもしませんから」
「絶対変な事するでしょ?もーー、乗るだけだからね」ドアを閉めたら目を見つめ続け、唇を近づけていくと「ちょっと何もしないんでしょ」
「まだなにもしてません」手のひらで実際には触らず空気を揉むように仕草をしたり、乳首をツンてやる仕草をしたりしてると、触ってないのに「あっ、だめっ、あっやだっ、あっ、ちょっ、あっ」とビクビク反応してます絶対濡れてると思い「何もしない予定だったんだけど、もし吉野さんがアソコを濡らしていたらどうする?もし濡らしていたら吉野さんが誘ってるってことだから何かしないとね、確認させて」
「いやっ」
「なんで?濡れてるから?」
「違う、今日はダメなの」
「なにが?」
「・・・・・」
「僕ね、これを見せたかったんだ、コンドーム、これがあれば問題ないでしょ?」ちょっと吉野さんの顔が緩み「このままいったら本気で好きになっちゃいそうで怖かったからダメって言っちゃったの」ってなんて可愛いんだと思いました本気にさせたいけど、家族がいるし、僕も本気になっちゃいけないなと気づきましたそれで「凄いこと思いついちゃった、嘘で好きになればいいじゃん、ねっ?そうでしょっ?」戸惑いながらも頷いた僕はすかさずズボンを脱ぎ、勃起度を見せつけた「なんで若い人ってそんなに元気なの?」
「吉野さんが元気にさせてるんだよ」
「嬉しいけど、ヤりたいだけでしょ?」
「でも、嫌いだったらヤりたくない」
「もー、しょーがないなぁ」っていいながら、フェラを始めてくれた街灯の明かりが差し込む車内で僕のをくわえた吉野さんの顔はものすごくエロティックだったついつい携帯で写真を撮ってしまった連写で正面から横顔まで消してと言われたのでSDカードにコピーしてから、消すとこを見せたコンドームの出番が来たお尻をつき出させ、スカートを捲りあげパンストとパンティを膝まで下ろしオおまんこを少しいじり、周りを濡らしてからコンドームをはめる振りして挿入キュウキュウ締め付けるし、生の罪悪感で興奮が極みに達しすぐ発射、一番奥に突き刺したままチンポをビクビクさせておっぱいを揉み揉みこれで終わったらあまりにももったいないので頑張って二回戦楽しさと気持ち良さと罪悪感でまたすぐに興奮の極みに達し発射ここではじめてイッたように声を出し、小刻みに動かし続けすべてを出しきった抜くと同時にコンドームを装着すぐオおまんこにティッシュを当てて白濁液を拭き取る「吉野さんまだ興奮してるの?お汁がどんどん垂れてくるんだけど」と言いながら、流れ出てくる精液をこぼさないようにすくいとるコンドームをバチンと外しティッシュの山にくるめて一緒にごみ袋へあっという間の出来事だったけど興奮が治まらず笑みが込み上げてくるパンストを戻し、最後におっぱいが吸いたくなって服を捲りあげ、乳首をチュパチュパ満足してから服を整え見送ったそれにしてもいい体だなぁと思います、一度でいいから裸と裸で重なり合いたいです。
 

同じ職場の大人の色気むんむんの巨乳人妻さんと飲み会の帰りに熱いカーセックスしたったw(イメージ画像1)

 
当方も幼稚園ママとエッチした訳ですが。
 

 
最初は幼稚園行事の打ち上げで、父母と先生達で飲む機会がありました。
 

同じ職場の大人の色気むんむんの巨乳人妻さんと飲み会の帰りに熱いカーセックスしたったw(イメージ画像2)

 
いつも挨拶位しか交わさぬママさんとも仲良くなり意気投合して、3次会にはみんなバラバラになり、僕と裕美さんと和江さんに美佳先生の4人で居酒屋の掘りコタツの席に座りました。
 

 
始めは園児の話や誰々さんの悪口に花が咲いていましたが、徐々にエッチな話になっていき、しまいに「旦那さんはどんなSEXが好きなの?」なんて下ネタ話になりました。

 

酒の勢いもあり気持ち良く口が開き「女房とは普通のSEXなんだけど、本当は攻められたいんだよね、赤ちゃんプレイじゃないけど、甘えてみたいんだ」なんて言ってみました。
 

 
すると、「じゃぁ私と相性がいいわよ、私、男の感じる顔見てるとすっごく感じるの」正面に座ってる和江ママがいいながら足を僕の股間に押しつけてさすり出しました。
 
隣の裕美さんが「じゃぁ今夜家に来ない?私も和江ママに攻められたいし」何だかビックリするような展開に美佳先生が「和江ママはバツイチだから体が疼くでしょ?」笑いながら核心を付くような話で、完全にみんな欲情した感じになり、さっさとタクシーで裕美さんの家へ来てしまいました。
 

 
すると和江さんが「今夜は朝まで飲みましょうよ」なんて期待した僕をムシして酒盛りが始まりました。
 
しかし徐々に和江さんが僕の股間をスリスリ「期待してたんでしょ、本当はHしたかったんでしょ?坊や」
「坊や」と言う言葉にだんだん素直になり「はい、Hを期待してました」自分でも不思議なくらい素直になっていきました。
 

 

美佳先生は僕より2つ年下ですが「ダメでしょ、イイ子にしてないと」なんてからかいながらイヤらしい顔付きに変わって来ました。
 
「裕美さん、坊やがいい子になったからご褒美を上げて」するとブラウス越しに豊満なおっぱいを出し「はい、ご褒美よ、好きなだけ舐めてごらん」母乳プレイで乳首にむしゃぶり付くように僕は裕美さんのおっぱいを舐めていると、和江さんと美佳先生も入ってきて、あっと言う間に裸にされ仰向けに寝かされて代わる代わるおまんこを舐めさせられフェラされて騎乗位でイカされました。
 

 
夢のような人妻と保母さんとの赤ちゃんプレイしつつのハーレム体験もう後は美佳先生が僕のアナルをいじったり裕美さんが顔に乗ったりと、和江さんは逆に自分のアナルを僕に舐めさせたりと、自分達の欲求処理に使われて4回位イカされました。
 
一人帰り二人帰って裕美さんと二人になったら「たまにこうして誰かを連れてきて3人で遊ぶのよ」と聞かされました。
 

 
そして「あなたまたしたい?」
「もっもういいです。」精も魂も尽き果てた僕はゆっくり起きて服を着ようとしたら「何だかまたしたいわ」と僕のを扱きだし半立ちのまま上に乗って来て自分だけいってしまい、そのまま僕の顔に跨り両足でがっちり顔を押さえ顔面騎乗したまま放○しだし、無理やり飲まされました。
 

 

飲○までさせる淫乱人妻達しょっぱくて酒臭くて喉を通らずに息も出来ず死にそうになりましたが、その顔を見るのが好きだと言ってました。
 
僕は放○はイヤですがおっぱいが大きくてお尻も丸くて愛くるしい顔の裕美さんは好きなので、もし二人っきりならまたSEXしたいなぁと伝えて帰って来ました。
 

 
幼稚園ママは丁度女盛りなのか、アブノーマルで変態プレイをガンガンやる変態奥さん達だらけなんですよ。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す