ばぁさんキラーの俺が60代の義母を誘惑して頂いた生暖かくまとわりつく中出しまんこ

42才、妻39才、息子17才、義母63才の4人家族です。息子はクラブの寮生活で、義母と夫婦共働きの3人暮らしです。

 

とのSEXは、週3~4回ぐらいでしょうか。先日、とうとう、越えてはいけない一線を越えてしまいました。

 

母とSEXをしてしまいました。と言うより出来た!と言った方が正直な気持ちです。

 

り行きは多くの方々が経験されたように、二人で酒を呑んだ勢いのようなものでした。その日は、妻が4日間の出張で外泊。

 

の終業後に義母と買い物に出掛け、そのまま食事も外食で済ませました。車の為、食事だけで酒も呑めませんでした。

 

晩、晩酌する私は帰宅後、義母がウイスキーを出してくれました。義母もいつものように缶ビールで乾杯です。

 

は、昨年の秋の職場異動で少し昇進し出張するようになりましたが、今回のように3泊4日も家を空けるのは初めてです。当然、義母と二人っきりの4日間は初めてです。

 

在は63才の義母ですが、私は実家を離れ義父が他界して14年、義母が49才、私は28才の時に同居しました。意識するのには十分な年齢(熟年齢*熟女)です。

 

かに妻以外、更なる欲望のはけ口に、義母の脱ぎたてのショーツにお世話になりました。正直今も、いや今でも時々、お世話になっています。

 

夜もこっそりとショーツのクロッチにタップリ出して洗濯機に戻しておきました!義母は意外と下着には凝っている感じがします。この一件以降、更に下着にハマったようで、私も意識するようになりました。

 

日は仕事も非番で、その気楽さもあり、いつもより私は上機嫌での晩酌になったようで、義母も上機嫌で付き合ってくれました。仕事の話、息子の学業の話、夫婦の話と・・・。

 

だ、義母は夫婦の話の時は、根掘り葉掘りと普段の事から、夜毎の事を“チクリ”と刺しながらも興味津々で聞いてきました。要は“人の気持ちも考えろ”ってな事のような話です。

 

り身の辛さでしょうか・・・。私も酒の勢いで義母に思い切って聞いてみました。

 

った勢いとは言え、鼓動・血圧も上昇です。私「義母さんは、僕たちの営み、気になる?」本当は“SEX”と聞きたいところですが、余りにもストレート過ぎるようで、“営み”としか聞けませんでした。

 

「何、聞くのよ・・・夫婦の事だからね~」ビールのせいか、話の内容のせいか、顔と耳たぶは真っ赤々です。私「そうか・・・声が聞こえるんだ。アイツは凄いから義母さんの部屋まで聞こえるんだ。仕方ないです。お互い好きな方だと思います」母「羨ましいことだね~。仲のいいってことは良いことよ。私はお父さんが早く逝ったから、今でも淋しいわよ」私は思い切って聞くことにしました。

 

言うより、言わせてみたい衝動に駆られました。今度はズバリ聞きました。

 

「義母さんは出来るなら、SEX・・今でもしたいですか?」心臓が張り裂けそうでした。もう、頭の中は義母とのSEXの事しか考えられていませんでした。

 

「何、突然言い出すのよ!今日は酔ってるんじゃないの?馬鹿なこと言いなさんな。私はそんなことないわよ!」明らかに動揺してるようでした。

 

も、本心じゃないと自分に言い聞かせ、こうなったら行くとこまで行けってな感じです。私「義母さんはどうか知らないけど、僕は義母さんといつもしたいと思ってますよ。義母さんのショーツで今も時々、お世話になってるよ。興奮するんだ!」母「えっ!?」義母は驚いていました。

 

「義母さんのショーツで時々オナニーするんです。◯◯には悪いけど、義母さんとのSEXを想像してやってるんです。義母さんのレースのショーツがたまんないです。僕じゃダメですか?」母「何、言ってんのよ。もうこんな歳なのよ?酔ってるんじゃない?」私は思い切って、椅子から立ち上がり、義母の背後から抱き付きました。

 

母のポッチャリとした身体を抱き上げ、抱き合う形で唇を重ねました。少し抵抗がありましたが、義母は覚悟を決めたのか、それとも逆に求めてきたのか濃厚なキスになりました。

 

くも興奮し過ぎて爆発しそうでした。義母のセーターを託し上げると、63才とは思えないレースのフルカップの淡いブルーのブラジャーにEかFは有ろうか、まだ張りのある巨乳が!後は、獣の如くです。

 

カートのファスナーを一気に下ろし、ストッキングも一気に両足同時に足首まで下ろしました。先日、洗濯機から拝借した時のショーツ。

 

揃いの淡いブルーのセットです。義母は「ア~ン、ダメよ」と繰り返すだけで、それ以上何も言いません。

 

子に座らせ、思いっきり足を広げさせました。ショーツのおまんこの部分はすでに直径3cm程のシミが出来ていました。

 

「義母さん、もうこんなに濡れてるよ。14年ぶり?そんなことないよね。何時もオナニーしてるんでしょ?僕達の声、聞きながらしてるんでしょ?」母「ダメ!ダメ!ダメ!お願い~ア~」(ダメなのか・・・?!良いのか・・・!?)私「今日は絶対、義母さんとSEXするからね。ずっとこうしたかったんだよ。義母さん、入れるよ!僕のチンポ。義母さんのおまんこに入れるからね」この歳で無我夢中でした。

 

まで義母のオリモノで汚れたショーツを嗅ぎながら、嫁の目を盗んではオナニーのお供にしていた義母のショーツ。それが、今は目の前に濡れたおまんこがあるわけです。

 

にかく夢中でした。リビングのソファーに寝かせ、義母のオメコに舌を這わせ、思いっきり吸い付きました。

 

明の液がお尻の穴まで流れ落ちていきます。義母も諦めたのか、感じだしたのか・・・。

 

願い、いいのよ、いいのよ。いっぱい。オ~オ~」後は言葉になっていませんでした。

 

気にペニスを突き入れました。妻との感触とは全く違い、生暖かくまとわりつく感じで、すぐに射精感が強烈に襲ってきました。

 

「義母さん、ゴメン。もう良すぎて逝きそうです。このまま逝っていい」母「いいわよ。心配しなくて。このまま出しなさい」思いっきり出しました!妻にもここ10年以上中出しなんてした記憶がありません。

 

つもコンドーム使用でした。義母のおまんこから流れ出る精子を見て、快感に感動さえ湧いてきました。

 

母にたっぷり口で後始末までしてもらえました。結局、この晩はシャワーを二人で浴びもう一戦交え朝を迎えました。

 

との3日間も思いっきり楽しみました。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す