BBAのくせに性欲まみれのド変態義母に毎日逆レイプ気味にザーメン搾り取られるんだがw


 

 

の母との秘密をお話したいと思います。
私は33歳で結婚しております。
 

 

(イメージイラスト1)

 

妻は29歳、子供4歳の3人家族です。
妻の母は妻が小さい頃に夫を病気で亡くしており、3ヶ月前からアパートの家賃を払うのも大変なので私たち家族と同居することとなりました。
 

 

ちょうど家を建てたばかりで1部屋使ってない部屋があるので、ちょうどよかったのでそう決めました。
妻の母はまだ50歳をすぎたところですが、まだまだ40代にしか見えず、妻と親子とは思えないくらいの若さで、再婚も考えているみたいですが、なかなか相手が見つからない状態です。
 

 

(イメージイラスト2)

 

んな妻の母の痴態を目撃したのはちょうど同居4ヶ月目に入る寒い日のことでした。
私は前日出張から帰ってきて、その日は会社に少しだけ顔を出してすぐ帰宅したのですが、時間は10時半で、久しぶりに家でゆっくり過ごしたいと思い、朝からビールとつまみを買ってきて帰宅しました。
 

 

妻の母はパートに出ているのですが、その日は休みで、私は妻の母が休みであることを知らずに帰ってきたわけですが玄関を開けると、静まりかえった家の中で、変な声が聞こえるのです。
そうです。
 

 

喘ぎ声です。
まさか妻が浮気?と思いながら、静かに家に入ると、どうも聞こえてくるのは妻の母の部屋からなんです。
 

 

0歳をすぎて、まだエッチするのかな、と思いつつドアに耳をつけて聞いてみると、間違いなく妻の母の喘ぎ声に間違いはありません。
私は急に武者ぶるいというか、信じられない声につい聞き入ってしまいました。
 

 

しばらくして私は気付かれないうちにいったん家を出ました。
帰ってきているのが見つかると妻の母も気まずいだろうと思ったからです。
 

 

仕方ないので1時間くらい近くの公園で暇をつぶして家に戻ると、妻の母は何もなかったかのように、台所で茶碗を洗っていました。
「あら~、雅人さん今日は早かったのね」
「あ、はい、有給を取りましたので・・・」妻の母の表情はすごく晴れやかに見えました。
 

 

っぱりオナニーをしていたのだと確信しました。
「何か食べる?」
「い、いや、いいです」なんか妻の母と結婚したみたいで、妻の母のタイトスカートから細くきれいな足を見ると私も今の時間から家にいるという非日常の時間で朝から少しムラムラしていたが、さすがに妻の母のきれいな足を見ると、股間が熱くなってくるのを感じました。
 

 

妻であればおそらく後ろから抱き付いていたでしょう。
「雅人さん、あなたたち夫婦は仲良くしてるの?」
「ええ、たぶん、でもどうしてですか?」
「聞こえないから・・・!」
「え、何がですか?」
「夜よ、夜の声よ」妻の母はニタっとして私に聞いてきました。
 

 

「もう何年か一緒に生活してますから」
「そんなものなの、もしかして風俗とか行ってるの?」
「いえ、そんなところには・・・」実は月に1回くらい私は風俗に行っていました。
妻とは月に1、2回しかセックスをしていなくて、いつも拒まれることが多かったのですが、さすがに行ってますとは言えません。
 

 

ら、亜紀は男がわかってないわね」
「まあ、そうですね」妻の母は興味深く何でも聞いてきます。
「それじゃ、雅人さんは1人で抜いてるの?」
「いや、そういうわけでは・・・」
「まあ、夫婦の問題だからおばちゃんが口出しすることでもないわね」妻の母はニコっとして、かたずけを終わらせていきました。
 

 

「私、お風呂に入ってくるね」
「え、昼間からですか?」
「ええ、そうよ、気持ちいいわよ」私は妻の母の裸を思い浮かべ、あの洋服を脱がせてみたいと思いましたが、妻の母です。
血はつながってなくても義理の母ですから、いやらしい気持ちを切り替えようと必死でしたが、妻の母の入浴を少し覗いてみようと思いました。
 

 

妻の母は鼻歌まじりで、すでにお湯をためてある風呂へ向かいました。
私の心臓はバクバクと動いており、覗くかどうか、迷っておりました。
 

 

もどうしても気持ちが押さえられず気付かれないようにそっと風呂場へ向かいました。
まず風呂の引き戸を気付かれないように開けると、妻の母のパンティがありました。
 

 

母のパンティは黒で、しかもブラも黒。
もう私は気持ちを押さえきれず、風呂のドアの空気の出し入れをするところから、そっと覗いてみると、「おお、す、すごい、年の割りにすごくきれいだ」
「おっぱいも少し垂れてはいるが、きれいだ」私のペニスはすでに勃起しており、もう片方の手でズボンの上からペニスをシコシコとさすっていました。
 

 

とりあえず気付かれないうちに、部屋に戻りました。
まだ心臓がバクバクして、妻の母の裸は、年上好きな私にとって、強烈なストレートパンチでした。
 

 

し気持ちを落ち着かせてから、1階に降りていくとえええ~、という光景が・・・。
妻の母はバスタオル1枚で台所でビールを飲んでいるではありませんか。
 

 

「昼真っからビールですか?」
「あら、いけない?」妻の母のニタっとした表情が、私を抱いてもいいのよって言っているようで、でも、どうして今日に限って風呂に入ったり、ビールを飲んだりしてるんだろうか?男から見ると、どうしても誘っているように感じる。
またまた私のペニスは勃起し始めています。
 

 

「私、まだいけるかしら?」
「何がですか?」
「私の体よ、ちゃんと見て」私は自分の顔が真っ赤になってるのがわかったが、バスタオル1枚の姿で体のことを聞かれると、ムラムラしない男はいないでしょう。
それが50歳を過ぎた女性でも。
 

 

、え~、いけると思いますけど・・・」
「そうかな~、体のどこがいけると思う?」
「いや、そ、その~、足とか・・・」
「雅人さんは私の足を見てたのね」
「いや、そういうわけでは・・・」
「雅人さんも飲まない?」妻の母はビールを私の方に投げてきました。
「今日は休みだから飲みます」ビールを開け、半分くらい一気に飲むとさっきよりムラムラとし始め、妻の母が急に女性に見えてきました。
 

 

もう私の下半身は最高に勃起していて、ジャージの上から完全に盛り上がっているのが見えます。
すると妻の母はそれを見つけたのか、「雅人さんのアソコ盛り上がってるわよ、まさかエッチなこと考えてるの?」
「い、いえ、あ、そ、その・・・」
「私ってそんなに魅力的?」もうだいぶ我慢できなくなってたので、「もちろんですよ」ついに言ってしまった。
 

 

やはり今日は休まないほうがよかったような気持ちと、いや、妻の母でも血はつながってないから大丈夫、という二つの気持ちが入り乱れて、ついには私は妻の母のほうへ歩き始めていました。
妻の母がコップをゆすいでいる後ろから、がばっと抱きついてしまった。
 

 

ゃっ、どうしたの雅人さん?」
「いや~、もう我慢できなくて」
「雅人さん、お・ち・つ・い・て」妻の母は、一瞬母親の表情になって子供をあやすように私の両肩をつかみ、「待ってたのよ、雅人さん」そして妻の母はやさしくキスをしてきました。
温かい、キスをした瞬間、妻の母の唇がやわらかくて、久しぶりに味わったキスの感じでした。
 

 

そして私は妻の母を抱き寄せ、2人とも舌をからませ合いディープなキスをしていました。
お互いの舌をからませ合い、ずっと前から好きだった男女がようやく結びついたような、そんなドラマのような濃厚なキス。
 

 

私はすでに我を忘れており、とにかく妻の母がほしい、妻の母とセックスがしたい、おまんこを舐めたい、おっぱいにむしゃびりつきたい、縛りたい、バイブを入れたいバックから思いっきり攻めたい、SMもおもしろそうといろんなことが頭をよぎっていました。
「雅人さん、愛してたのよ」
「お母さん、僕もですよ」お互いの気持ちを確かめ合いながらのディープキス。
 

 

は本来の常識を破る、妻の母との禁断の扉を今、こじ開けてしまいました。
妻の母の手が私の硬直したペニスをジャージの上からやさしく上下運動をはじめ、私はバスタオル1枚を剥ぎ取り妻の母は全裸になり、少し垂れ下がっているおっぱいを下から上へ持ち上げるように揉み、キスを止めた妻の母は私のジャージを手際よく脱がし、勃起したペニスを口に含むと妻の母の温かい舌がやさしく亀頭を舐めまわし、唾液でベトベトにしてから片方の手でペニスを握り、シコシコとゆっくりゆっくり上下運動を始めた。
 

 

「ああ~、気持ちいいですよ」
「亜紀と私はどっちが気持ちいいの?」
「も、もちろん、お母さんですよ、比べ物になりません」すると妻の母のバキュームフェラはさらに勢いを増して、まるでタコかなんかに吸い付かれているような、今まで経験したことのない快感を感じていました。
私は妻の母からフェラチオをされている時も、頭の片隅には妻の亜紀のことも考えていたが、男はこんな状況でいけない関係とは思っても、今の現実が最高の快感を感じている以上、どうしてもそれが優先するもので、妻の母が亀頭部分を集中して、カリの部分まで丁寧に、時には激しく、フェラチオしている姿を見ていると、私のペニスはこれ以上大きくならないくらいに硬直し、妻の母とのいけない関係を思うと、さらに燃えてきて、もう早く妻の母のおまんこにペニスをぶち込みたい衝動にかられ、もう我慢できなくなっていた。
 

 

「お母さん、もう入れていいですか?」
「まだよ、雅人さん、慌てないで」
「でも、もうイキそうですよ」
「いいわよ、口の中に全部出していいのよ」
「ああっ、だめです、イクっ、イクっ、ああああ~っ」私は半月くらい溜まっていた精子を一気に妻の母の口の中へ放出してしまった。
「いっぱい出たわね」
「気持ちよかったですから」すると妻の母は、一気にゴクリと音を立て、放出した精子を全部飲んでしまった。
 

 

しぶりだわ、こんな濃い精子を飲んだのは」
「どのくらいぶりですか?」
「もう何年もセックスしてないのよ」私は本当に満足だった。
でも妻には申し訳なく思ってもいた。
 

 

しかし親子でこんなにフェラチオの内容が違うのには驚いた。
妻のフェラチオやセックスは少し淡白な感じで、決して濃厚という表現ではない。
 

 

いっぽう妻の母のフェラチオというかエッチに関しては、終わりがないような感じで、非常に動物的である。
「少しソファに座って休憩しましょう」
「そうね、でも服は着ちゃだめよ」私達はワインを出してきて、お互いの気持ちにズレがないことを確認し合い、乾杯をした。
 

 

して2階の寝室に行き、また抱き合い始めた。
私は妻の母を押し倒し、荒々しく抱き、グチョグチョになっている妻の母のおまんこに硬直したペニスをねじ込むように突くと、「ああああ~っ、す、すごい、あああっ、こ、これ、待ってたの~」
「お母さん、すごくいい、いいですよ」
「ああ~、も、もっと突いて、そう、そうよ、ああっ、だめ~っ」私は妻の母の両足を持って、思いっきり開き、正常位で、一心不乱に腰を振り、思いっきり突きまくった。
 

 

「ああ~っ、す、すごい、こ、こわれる~っ、ああ~っ、もう・・」
「イキそうですか?」
「も、もうだめ~っ、つ、突いて、もっとっ、もっと~っ」
「あああ~、いい、すごくいい、僕もイキそうです」
「だ、だめ~、い、いっしょに~、あああ~、いくっ、いっちゃう~」妻の母と私は同時に絶頂を迎えた。
もちろんおまんこに中出しです。
 

 

気がつくと夕方だった。
妻の母も横で寝ていた。
 

 

互い全裸で毛布をきていた。
ふと我に帰り、急に妻に申し訳ない気持ちが沸いてきた。
 

 

なんてことをしてしまったんだ、とりあえず見つからないようにしておこう、でも母は最高な体と最高のセックスだった。
妻の母もようやく気がつき、「雅人さん、よかったわ、最高よ」
「あ、は、はい」
「また抱いてくれる?」
「・・・・」我に帰った私は返事ができなかったが、妻の母は毛布にもぐりこみ小さくなっていたペニスを口にくわえると、またフェラチオを始めた。
 

 

しかし体は正直である。
ペニスはまた硬直し始めた。
 

 

がもうすぐ帰ってくる時間になるが、それでもお構いなしにまた妻の母と私はセックスを始めた。
妻の母の体は、いい感じの肉付きで、非常にいやらしく、熟女という表現がよく似合う体と性欲であった。
 

 

妻の母の性欲にはほどほどまいった。
今度は妻の母が上に乗り、騎乗位で腰を振り始め、少し垂れたおっぱいが上下にゆっさゆっさと揺れ、私は妻の母のおっぱいをギュっと掴むと、「あ~ん、も、もっと、強く~っ、そ、そうよ」私も興奮し始め、もう妻が帰ってきて見られてもいいと覚悟を決め、妻の母の要求されるままに、むちゃくちゃにしてあげた。
 

 

「そ、そうよ、雅人、す、すごいわ」
「お母さん、これでいい?」
「そ、そうよ、ああっ、ま、またいっちゃう~っ」
「いいよ、その喘ぎ声もっと聞かせて」
「ああ~っ、だめ~っ、もうだめ~っ、ああああ~っ」妻の母は勢いよく絶頂を迎えた。
そして私は妻の母を休憩もなく、四つん這いにして、バックから突いてやると、「あ~っ、こ、これもいい、雅人すごい~っ」
「うう~っ、お母さん、いくっ、いくっ、あああ~っ」またも中出ししてしまった。
 

 

してそのままの体位で、お互いがベットに倒れ込んだ。
「愛してる、お母さん」
「ほんとに、愛してる?」
「ああ、また抱きたいよ」
「毎日でもいいわよ、雅人のこと愛してるわよ」だいぶ時間がすぎただろうか、私達はそのまま、キスしながら愛撫しながら、抱き合い続けた・・・。
 

 

このままいったら、妻に見つかってしまうのは時間の問題のような気がしています。
もし見つかったら、いったいどうなってしまうのか・・・それを思うと不安がこみ上げてきます。
 

 

といって、妻の母との関係は当分やめられそうにありません・・・。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す