大学時代の友人と温泉旅行に行って、お互いの妻を交換してスワッピングセックスした話

学時代の友達とその奥さん、私と妻の4人で温泉旅行に行きました。私と友達は39歳、友達の奥さんは37歳、私の妻は36歳です。

 

れぞれ顔見知りで、時々家によんだりよばれたり、気のおけない友達付き合いをしていました。旅行は1泊2日で、友達の車に同乗し、秘湯と噂の温泉宿へ宿泊しました。

 

事も済ませ、再度温泉に入り、さあ寝ようかという時になり布団に入ろうとしたら、なんと友達夫婦のセックスの時の声が聞こえてきました。奥さんは、清楚で細身の守ってあげたくなるタイプの美人です。

 

れが、あんな淫らな声をあげてよがっているなんて・・・。)私のペニスは固く勃起し、妻の浴衣の胸元をはだけさせると、妻のオッパイにむしゃぶりつきました。

 

「ダメよ、ここあんまり壁が厚くないみたいだし。お隣にAさん夫妻がいるのよ。恥ずかしい」私「なに言ってるんだ。向こうだって見せつけるようによろしくやってるじゃないか。こっちだって」そう言って、私は妻のパンティを引きずり下ろしました。

 

「いやっ」身体をくねらせましたが、アソコを触るともうぐちょぐちょになっていました。私「お前だってこんなにおまんこを濡らしているじゃないか。このスケベ女め」部屋の電気も消さずに妻の足をまんぐり返しの姿勢で大きく広げると、クリトリスを中心にベロベロ舐め回しました。

 

「あーん気持ちいい」そう言って、妻はうっとりしていました。続けて舐め回していると「あなたのもしゃぶりたい」と言うので、ペニスを思う存分しゃぶらせました。

 

のペニスははち切れそうに大きくなりました。妻「お願い、入れて」私「何を入れたいんだ?」妻「ちんぽよ、ちんぽ。あなたのちんぽをおまんこに入れたいの」私「本当にすけベだなあ。じゃあ上に乗って思う存分腰を振りなさい」私は騎乗位を命令しました。

 

段、妻が上になることはないので私はメチャクチャ興奮し、すぐにでもイキそうになりましたが、我慢し、妻を後ろ向きにさせると更にいきり立ったペニスをブチ込み、激しく腰を振りました。もう限界が近づいてきたので、妻の巨乳を鷲掴みにしながら、「いいか、もうイクぞ。いいか」と声をかけると妻は、「私もイキそう。出してー。思いっきりおまんこにザーメンをかけて!」と言いました。

 

「そんなにザーメンが好きか。お前は本当に中出しが好きだな」妻「好きよ、好き。大好き。あなたの熱いザーメン奥の方にいっぱいかけて!」その言葉にたまらなく興奮した私は、妻のおねだり通り奥の方に思いっきり精液をぶちまけました。

 

も同時にイき、ぐったりしつつも満足そうな顔で横になっていました。その時です。

 

ックもなく部屋へ友達夫婦がやってきました。そして友達が「聞かせてもらったよ。二人のセックス。エロいなー。こっちも我慢できなくなっちゃってさー。奥さん交換して、もう一発やろうぜ」と言ってきたのです。

 

「変なこというなよ。お前の奥さんだって困ってるだろうが」友「困ってないよ。スワッピングしたいと言ったのはカミさんのほうだぜ、俺、前からお前の奥さん気に入ってたしな。可愛いし、ムチムチしてやらしそうな顔してるし、なんたってすごい巨乳だしな。Gカップ?たまんねえな」そう言うと友達は妻のほうへ行き、そのGカップの胸を揉み、口を大きく開け乳首だけでなく乳輪から吸い付きました。

 

「奥さんのオッパイたまんねえな。揉み応えあるし。たれ気味で大きいし。乳首も黒くて大きくて吸われなれたかんじ。やらしい身体してるよなー」そう言い、吸い舐めしています。

 

「あーん。あーん。オッパイ気持ちいい。もっと吸ってー」そして今度は、友達の奥さんが俺のところへ来てキャミソールを捲り上げると、オッパイを丸出しにして「私にもして」と迫ってきました。

 

直、友達の奥さんは胸が小さくBカップぐらいでしたが、楚々とした美人なので、たまらず吸い付きました。乳首を舌で転がしてやると「もっといじめてー」とヨガってきました。

 

段セックスなんて興味なさそうな奥さんが迫ってきたので、興奮した私は、さっき一発発射したばかりだというのに、ペニスはギンギンになっていました。私は、たまらず自分が上でシックスナインの体勢をとると、奥さんのおまんこを大きく広げて舐め回しました。

 

さんのおまんこはとても綺麗で、あまり使い込んでおらずピンク色をしています。私「きれいなおまんこだね」奥「いや。恥ずかしい」そう言いながらもフェラチオを小さなお口で一生懸命してくれます。

 

わずイキそうになりました。隣を見ると、友達は妻のおまんこを舐めまくり、ときどきオッパイも吸っています。

 

「我慢できないーチンポ入れて!」大きな声で言っています。私も隣で妻が友達におまんこを弄られているので、興奮はMAXです。

 

達の奥さんを押し倒し、足を肩の上に乗せさせ深く貫きました。友達の奥さんは、ものすごい締まり方で、キューッとペニスを締め付けてきます。

 

は奥さんを焦らすため、ゆっくりゆっくりペニスを抜き挿ししました。色々、体位を変えながら可愛がってやると・・・。

 

「もうダメ。イキそう。気持ちよすぎる!キスしてー」キスをせがんできたので、濃厚なディープキスをしたあと、「俺もイキそうだよ、中に出していい?」と聞きました。

 

「私には主人がいるから、外に出して」妻のほうを見るとやはりクライマックスのようで、妻の片足を大きく広げさせ腰をズコバコしていた友達が、妻の胸を揉み乳首に吸い付きながら・・・。友「いいだろ、このまま生中出し、いいだろ?」妻「うん。私、中出し大好き。いっぱいおまんこの中に出してね」そう言っているのが聞こえ、理性を完全に失いました。

 

達の奥さんに「イクよ、中でいくよ。おまんこにたくさんぶちまけてあげる」と言い、精液をおまんこに流し込みました。

 

さんも自分と同時にイッたようでした。そしてペニスをゆっくり引き抜くと、私の精液が奥さんのおまんこからタラーッと流れ出てくるのが見え、私のペニスはまたを勃起しました。

 

さんは、それを見て優しくフェラチオしてくれました。妻の方はというと、すでに2回戦が始まっていてバックでペニスを挿入されているところでした。

 

達は私の方を見ると、「うちのカミさん。締まりがいいだろ。こんな顔してドスケベだから可愛がってくれよ」と言いました。

 

して奥さんは、「私にもバックで入れて」と言うのでバックで挿入しました。奥「私は胸が小さいから、奥さんが羨ましい。あの人巨乳が好きだから、興奮してすごく喜んでいるみたい」私「小さいけど、形がきれいだからいいじゃん。おまんこもうちのとは比べ物にならないくらい、よく締まるし」そう言ったら嬉しそうでした。

 

なみに友達は、ペニスが私よりも太く長いので妻は大変喜んでいるようで、何度もイキまくっているようです。妻「おまんこ気持ちいいーポルチオにあたってるー。こんなの初めてー。イクー、イクー」そう言っているのが聞こえました。

 

は、それを聞いてさらにまた興奮し、奥さんのおまんこに2回目の精液を注ぎ込みました。そして、2日目も朝早くから自分の妻と一発、友達の奥さんとは2発の計3発をしました。

 

達も同じです。帰りに別れるとき4人で約束したことは、『今後、月に一回くらい自宅やラブホなどでスワッピングを楽しもう』ということです。

 

かに妻よりも友達の奥さんとの方が体の相性が合うようなので、このような約束ができたことは嬉しい限りです。しかし、友達の奥さんを抱いた後は、友達に抱かれた妻にも興奮してしまい、再度セックスしたくなります。

 

欲が以前よりずっとずっと強くなりました。スワッピング最高です。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す