地味で貧乳な奥さんは騎乗位で悶えて不倫セックスにハマる秘密の情事

ガリガリも良いとこ。
派遣の根岸さん。
 

48歳。
ゲットするまでは、料理やらカクテルやらいろいろと金がかかったが、一度落ちたら病み付きらしい。
 

旦那は出向で東北へ行ってるらしいし。
まあ、子供もそろそろ自分の稼ぎで車を乗り回しているらしい。
 

地味だよ。
いつも茶色とかグレーの色しか見かけない。
 

ブラなんかいらないんじゃないか。
バスト80cmなんて言うが、それさえ疑うほどまっ平。
 

その分、尖塔の乳首のでかいこと。
ここだけで感じるらしく、それとも、旦那がここしか責めなかったのか。
 

異様にでかい。
ホテルで「根岸さんでかいな。これ」と5回目あたりでささやいてやると、顔赤らめて「そこが一番なの」だと。
 

うそ付け、騎上位が好きで、乗ったと思えばすぐこすりつけてくる。
スレンダーだが腰使いの激しいこと。
 

毛と毛がすれて、あの赤い突起が擦られるのがたまらんらしい。
よく見ると、ガリガリのくせして、サネだけは指で剥かなくても、すぐ自分から飛び出してくる。
 

はじめのころ、丁寧に吸いついてやったら、「もう、何年かぶりかしら、いじってもらったの」「そう、それなら今日はたっぷりサービスするぜ」あのころは、根岸のまんこを吸いたくて、吸いたくて。
俺も我慢がなかったな。
 

舌先で、円を描くように転がし、たまに膣口を吸ってやると、自分から指でハマグリ広げて眉間にしわ寄せて、片方の手で、胸のでかい乳首をつまみ、顔を真っ赤にさせて腰を高々と上げたとおもったら、5分もしないうちにイッちまいやがった。
今は、人前でクソとしょんべんが出来る女へしこみ中だ。
 

やっと、俺の前でクソが出来るようになってきた。
「見ないで、見ないで」とぎゃーぎゃー騒いだが、回数を重ねて後のねっとりとした花弁へのサービスと引き換えだとわかるとイヤイヤながらでも、俺の望むことをすれば、後のご褒美がもらえるとわかったらしく、「このぐらいでいいの、ねえ、いいの」「だめだ、もっと尻を突き出して、尻の穴を人様にお見せするように高々と尻あげろ、しょんべんを撒き散らせ」「おい、富士山のように、尻の穴が開いてるぞ」「いや、言わないで」いろいろと、注文している。
 

かわいい奥さんだ。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す