今の嫁のお母さんと実はセフレだった俺……誘惑され性欲に負けてついぶち込んじまったエロ体験


 

 

とは、3年交際して結婚した。
 

今の嫁のお母さんと実はセフレだった俺……誘惑され性欲に負けてついぶち込んじまったエロ体験(イメージ画像1)

 
交際して半年ぐらいたったとき、彼女に旅行に行こう、と誘った。
 

 
そうしたら「母がうるさいから…」といってカモフラージュに自分の女友達も一緒に連れて行くという条件で、3人で1泊旅行に出かけたんだが…帰宅してから義母さんから、ちょっと話があるからきてほしい、というので彼女の自宅に出向いた。
 

今の嫁のお母さんと実はセフレだった俺……誘惑され性欲に負けてついぶち込んじまったエロ体験(イメージ画像2)

 
お義母さんは早くに結婚して妻を産んだので、当時まだ44歳。
 

 
小柄で、少しぽっちゃりして、胸も結構大きい、顔も整った顔立ちで目が大きくてカワイイ感じだ。

 

「娘に内緒で来て」ということだったので学校に行ってる昼間の時間に行くとお義母さんが夏のサマーワンピのような短い丈のスカート姿で、光の当たり具合で下着が透けて見えてドキっとした。
 

 
(上はノーブラぽい)話はこの前の旅行の事だった。
 
娘がまだ学生だから結婚するまでは、エッチはガマンしてほしい、という内容。
 

 
「もちろんです、結婚まではガマンしますよ」というと、お義母さんが笑いながら「でも、若いからすぐたまってくるんでしょ……どうやってるの?」と聞いてきた。
 
ソファに向かい合って座っているので、お義母さんの下着が見える。
 

 

「えー、そんなん聞くんですか。恥ずかしいなあ、かおりさん(妻の名前)には内緒にしてくださいよ」と断り、エッチな本とか見ながら自分でやっていることを告白した。
 

 
恥ずかしすぎて死にそうだった。
 
「あら、風俗とかは行かないの?」
「いやあ、ああいうところはどうも苦手で」
「へー、どんな風にやるのか見たいわ~」
「いやーそれはちょっと……」
「ふふ、冗談よ」と言いつつもまんざらでもない様子。
 

 
さっきから下着が丸見えで、気分がエロくなってきていたので、「見たいならいいですよ。でもなにかオカズがないと……お義母さんの下着見せてくれませんか」と思い切って聞いてみた。
 

 

「ええ……何言ってるの、そんなの無理よ」とお義母さん。
 
最初向かい合って座っていたソファから、お義母さんの横に座りなおして、ズボンを下着ごとおろして、固くなったチンポを見せつけた。
 

 
「いやあ……すごい、ギンギンね」お義母さんんお腕をつかんでチンポ握らせる。
 
「はああ……かたい」肩を抱き寄せてキスしてやると、チンポ握りしめつつ、舌をからめて応えてきた。
 

 
下着の中に手を入れ、指でクリ、オメ子、触りまくってやると、お義母さんのため息がもれてくる。

 

ャワー、浴びてから……ね」こうなればあとは頂くだけ。
 

 
風呂場でチンポを洗ってもらって、ギンギンに反り返ったチンポをなめまわしてもらう。
 
風俗嬢のような上手さで、たまらずお義母さんを壁に向けて尻を突き出させ、そのまま立ちバックで熟いおまんこに挿し込んだ。
 

 
狭い風呂場で味わったあとで、風呂場から寝室へ移動。
 
布団を敷いてもらい電気を消し、お義母さんのおまんこをたっぷりなめまわしてあげると「ああ……ああ、あ、いい……すごいあ、そこ……いい、クリ気持ちいい、すごいわー」と体をビクンビクンさせて何回もイっている。
 

 

こちらもチンポ挿入し、ガンガン突きまくると「アグー、、イクイクいクー!!!」とまたイッた。
 
女性上位、バックと体位を楽しんで、最後に正常位。
 

 
で、中に出してもいい??と聞くと、「あ、待って」とタンスからゴム。
 
お義母さんに装着してもらい、もうヌルヌルになったおまんこに再び挿入。
 

 
今日はいっぱいイったから出していいわよ、と、お許しが出たので、「あー、出る出る出る」
「来て、、、いっぱい出して~!!」と同時にイって大量に射精しました。

 

ゴム外して、ぶらさげて、「うわーすごい、こんなに出た!若いわー」と満足げなお義母さん。
 

 
それからは週1~2回やらせてもらい、結婚してからもずっと続いています。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す