やっぱスポーツやってた人のマンコすげえわw元国体選手の人妻の名器マンコで搾り抜かれた話


 

 

年の夏、俺は新入社員だったんだが、先輩の家で夕食をご馳走になったときの話だ。
 

やっぱスポーツやってた人のマンコすげえわw元国体選手の人妻の名器マンコで搾り抜かれた話(イメージ画像1)

 
家に呼ばれたのは俺ともう1人、同期の女子社員・裕美。
 

 
裕美はいかにも「ギャル」な可愛い子で、細身の体をくねらせながら「もう、飲めませぇ~ん」なんてシナを作るタイプだ。
 

やっぱスポーツやってた人のマンコすげえわw元国体選手の人妻の名器マンコで搾り抜かれた話(イメージ画像2)

 
正直、俺の好みじゃないんだが、先輩はお気に入りらしい。
 

 
その子だけ招待するのは不自然なんで、ついでに俺も呼んだんじゃないか・・・と、今でも思ってる。

 

まあ、俺は飲めれば満足なんで図々しくお邪魔したが、初めてお目に掛かった先輩の奥さんを見て、正直びっくりした。
 

 
「先輩より9歳下」とは聞いてたが、こんなに美人とは。
 
奥さんは美由紀さんといって、32~33歳くらい。
 

 
茶髪を縦巻きにした「いかにも女の子」な裕美とは真逆で、目鼻立ちがきりっとした宝塚男役風の美人。
 
薄化粧で、綺麗にまとめた黒髪がいかにも活動的な雰囲気だ。
 

 

結構ガタイが良くて、165cmはありそうな上背に広い肩幅。
 
聞けば学生時代は水泳選手で、国体候補にも選ばれたそうだ。
 

 
もっとも、引退して長いせいか、肌は白くてそれなりに肉も付いてる。
 
と言っても弛んでる感じじゃなくて、体育会系というか骨太な印象。
 

 
袖なしワンピースだったが、服越しにも胸や尻はかなりのボリュームだと分かる。

 

ズバリ俺の好みで、会った瞬間チンコがピクンとした。
 

 
美由紀さん、性格も男っぽいというかサバサバした姉御肌だった。
 
俺や同期に気を使わせないよう、酒や料理を切らさぬよう、時折覗き込む息子(5歳くらい)の相手もしながらテキパキ動く。
 

 
「A君(←俺)もどうぞ~」・・・なんて、テーブル越しにビールを注いでくれたんだが、前屈みになるとボタンを2つ外したワンピースの胸元からEかFはありそうな巨乳の谷間が・・・。
 
暑かったせいだと思うけど、目のやり場に困るというか思わず凝視しちまった。
 

 

輩は奥さんの様子に無関心らしく、夢中で裕美と談笑してる。
 
さすがに美由紀さんは気づいたらしく(ガン見してたから当たり前だけど)、料理を置きながら俺の隣に来ると耳元でそっと・・・「こらぁ、どこ見てたの~?」笑顔だったし怒ってる風じゃなかったが、恐縮するしかない俺。
 

 
妙に色っぽいアルトボイスに、身を縮こまらせながらも股間はしっかり充血し始めてた。
 
宴席は進み、子供を寝かしつけた美由紀さんも本格参戦した。
 

 
この時点で先輩はかなり出来上がってて、真っ赤な顔でグラスを空けてた。

 

時間を気にし始めた裕美に「ん~?明日は休みだ。泊まってけ!」と命令。
 

 
美由紀さんも「いいのよ。A君も泊まってらっしゃいな」と屈託ない。
 

 
お言葉に甘え、腰を据えて飲み始めたんだが・・・美由紀さんは強かったな。

 

俺も酒は相当強いんだが、美由紀さんは焼酎ロックをグビグビ空ける。
 

 
そのうち目はちょっとトロンとしてきたが、口調はしっかりしてて、早くもヘベレケ状態の先輩とは大違いだ。
 
その先輩、奥さんが目の前にいるってのに裕美にべったり。
 

 
肩に手なんか回して馬鹿笑いしてるが、既に呂律は回ってなかった。
 
裕美もかなり回っててキツいらしく、本当は嫌なんだろうが先輩の手を振り払う気力もないみたいだ。
 

 

「うちの人、飲むといつもこれなのよねぇ」美由紀さんは諦めてるというより、隠れてコソコソ浮気してるわけじゃないし・・・って感じか。
 
どっちにしても、できることじゃないよな。
 

 
先輩は基本裕美と喋りたいらしく、俺は聞き役しながら美由紀さんとお話。
 
時折「なぁそうだろ、A?」と先輩に振られたら、「はい、そうっスねえ」なんて相槌を打つが、話の中身は耳に入らず、ついつい視線は美由紀さんの大きな胸元に向いちまう。
 

 
最初は普通に談笑してた美由紀さんだが、再び俺の耳元に口を寄せて・・・「こらぁA君、また目線がエロいぞ~」そっと囁く低めの声が堪らないっス。

 

やあ、だって・・・どうしても・・・ねぇ」酔いで気が大きくなった俺が小声で返すと、ニヤリと笑って「ふう、暑いわねぇ~」ワンピの第3ボタンを外し、襟元を摘んでパタパタし始めた。
 

 
サービスのつもりか?おおっと身を乗り出し、体は正面を向きながらも横目で凝視する俺。
 
淡い青ワンピの襟元はかなりはだけ、巨大な肉丘の深~い谷間がモロ見えだ。
 

 
わずかに覗くブラはライトグレーだったな。
 
しかも美由紀さん、体を寄せながら、ごく自然に俺の太股に手を置くし・・・。
 

 

後で聞いたら飲んだときの癖というか、深い意味はなかったそうだが、俺は一気に酔いが回るというか醒めるというか、身を硬くした。
 
ついでに股間もさらに硬くなった。
 

 
(もしかして・・・誘われてんのか?)心臓バクバクの俺は、なるべく自然に手を美由紀さんの膝へ置いてみた。
 
いや、今から考えたら、どう見ても不自然だったけどな。
 

 
ワンピの裾は膝上で、夏だから中は当然むっちり生足だ。

 

思ったより硬めだったけど、スベスベの肌に興奮が高まる。
 

 
目の前じゃ、泥酔から酩酊へ移りつつある先輩と目も虚ろな裕美。
 
今にして思えば、とんでもない大胆な行為だったな。
 

 
「あらぁ?」俺の予想外(?)のお触りに、美由紀さんが少し驚いたように体を起こす。
 
俺の太股に置いた手が動いて、指先が偶然股間に触れた。
 

 

ビクッとする俺の耳元に、美由紀さんが顔を近づける。
 
「ふふ・・・何か手応えがあったわよ~」悪戯っぽくて妖艶な笑みに、俺の興奮がグッと高まった瞬間、ドテッという音がして、目の前で先輩が仰向けに倒れた。
 

 
酔い潰れってやつだ。
 
ギャル裕美は既に、ちゃぶ台に突っ伏してる。
 

 
「あ~あ、仕方ないわねぇ」美由紀さんは呆れ顔だ。

 

はおずおずと聞いてみた。
 

 
「ええと・・・旦那さん、どこかに運びましょうか?」
「いいのよ。この人、こうなるとテコでも動かないんだから」美由紀さんは立ち上がると隣の部屋からタオルケットを持ってきて、畳でいびきをかき始めた先輩にかけた。
 

 
いかにも手慣れた感じだったな。
 
さすがに裕美を雑魚寝させるわけにはいかず、俺が隣の部屋に運んで寝かせた。
 

 

もう爆睡状態だった。
 
「さあ、飲み直そ!」あっけらかんと俺の隣に座る美由紀さん。
 

 
とんでもない酒豪だな。
 
旦那が寝て気が大きくなったのか、それとも単に暑いだけなのか、いつの間にか襟元のボタンは4つ目も外され、豊かなオッパイを包んだブラが丸見えになってた。
 

 
堪んねぇ~。

 

「A君てさぁ、彼女とかいるの?」美由紀さんが小声で訊ねてきた。
 

 
手はやっぱり俺の太股の上だ。
 
「いえ、今はいないっス」
「あらぁ、若いのに勿体ないわねぇ」手を進めた彼女の指先が、再び股間にタッチ。
 

 
さっきは偶然っぽかったが、今度は意図的・・・のような気がした。
 
「ふふ・・・だからここも張ってるのかな」ズボン越しに美由紀さんの指が勃起をなぞり始めた。
 

 

酒が入ると勃起力が衰えるって話をよく聞くが、俺は飲む量にもよるけど、それほど影響ないな。
 
むしろ飲んだら性欲にギアが入るくらい。
 

 
確かに感度は鈍くなるかもしれんが、このときはチンピクに影響するほどの酔いじゃなかったし。
 
股間をまさぐる美由紀さんの指に力がこもる。
 

 
先輩は高いびきだ。

 

は少し気を大きくして、彼女の太股に手を置いて指を滑らせてみた。
 

 
裾から手を差し込むと、素足の太股は滑らかな手触りだった。
 
「んふっ・・・」美由紀さんは股間のファスナーを摘んでジジジ・・・と引き下ろすと、手を差し込んで、愛おしそうにトランクス越しにチンコを撫でた。
 

 
「うわっ・・・硬い・・・」息を飲む美由紀さん。
 
もう一方の手でボタンをさらに外すと、ワンピの前が完全にはだけた。
 

 

俺は誘われるように、太股を撫でていた手を離し胸元へ。
 
むぎゅ~っ。
 

 
ブラジャー越しにも柔らいオッパイは、手に収まりきらないボリューム。
 
自然と鼻息が荒くなった。
 

 
「もう~・・・見かけによらずエッチよねぇ」俺の見かけはともかく、美由紀さんは俺の手を取りブラの中に差し込んだ。

 

指先に広がるむっちりした肉の質感と、先端に少し硬い乳首の感触。
 

 
「あ・・・ん・・・」美由紀さんは目を瞑って低い声を上げながら、もう一方の手でトランクスの前を押し広げてチンコを引っ張り出した。
 
当然フル勃起だ。
 

 
「うおっ・・・」大きめの手で肉棒を握られた瞬間、思わず声が漏れちまった。
 
もう旦那が目の前で寝てるのも忘れて、美由紀さんの白い首筋に唇を這わせ、ブルンブルンの巨乳を揉みしだく。
 

 

「ああ・・・いいぃ・・・」喘ぎ声を押し殺しながら、チンコを握った彼女の手が上下に動いた。
 
「太い・・・硬いわぁ・・・」竿に添えた手の動きを速めながら、美由紀さんがつぶやく。
 

 
「あぁ・・・そんなに激しくすると・・・」悲鳴のような声を上げる俺の口を手で押さえると、美由紀さんは身を屈めて天を突くチンコをパクリと咥えた。
 
勃起を包み込むヌメッと暖かい感触。
 

 
腰が抜けそうだ。

 

ゅるる・・・じゅるる・・・。
 

 
口紅を引いた唇から太い竿が出入りするたび、股間から全身に快感が広がる。
 
目を開けると大口を開けて寝てる先輩の姿。
 

 
焦って気持ちが萎えそうになるが、美由紀さんのフェラテクが勝った。
 
「うう・・・出ますっ・・・」情けない声を上げた次の瞬間、チンコの先端から生暖かい液体が噴出した。
 

 

「んがっ・・・んぐっ・・・」俺の腰はガクンガクンと上下動した。
 
しばらく股間に顔を埋めてから、ゆっくりと顔を上げた美由紀さん。
 

 
満足そうな笑顔で立ち上がると、何も言わず俺の手を取って立たせた。
 
放心状態の俺は、萎えかけのチンコ丸出しのまま彼女に続いて部屋を出た。
 

 
連れて行かれたのは風呂場の脇にある洗面所だ。

 

美由紀さんは洗面台でザーメンを吐き出すと、「もう~、いきなり出すんだもん。それもあんないっぱい・・・」そのまま俺に抱きついて唇を押し付けてきた。
 

 
差し込んだ舌が俺の口内をかき回す・・・。
 
(ううっ!ザーメン臭い。)それでも興奮しまくりの俺。
 

 

唇を押し付けてヨダレを交換しながら、はだけたままのブラウスの襟に手を差し込んで巨乳を揉み揉み。
 
たっぷり放出して半勃起まで後退しかけたチンコは、予想外の展開に再びグイッと頭をもたげた。
 

 
若さというか・・・たまたま5日ほど禁欲してたせいもあるんだけどな。
 
美由紀さんの肉厚なガタイを抱き締めてオッパイを揉みながら、もう一方の手で彼女の尻をまさぐる俺。
 

 
おおっ、こっちも半端ねえ重量感だ。

 

ンピのスカートをたくし上げ、パンティーに包まれた巨尻の感触を楽しんだ。
 

 
美由紀さんも興奮したらしく、そのまましゃがみこんで再び勃起をパクリ。
 
勢い良く顔を前後させたら、チンコはすぐにフル勃起に回復した。
 

 
とはいえ、2回も口内発射する気はさらさらない。
 
俺は美由紀さんの手を取って立たせる。
 

 

彼女もその気らしく、洗面台に手を付いて尻を突き出してきた。
 
そのままスカートを捲くり上げ、ブラとお揃いのグレーのパンティーをずるり。
 

 
足首まで下ろしたところで、彼女が自分で小さな布を取り去った。
 
下半身裸にして尻肉を開くと、肛門の下にピンクのアワビがパックリ開いてる。
 

 
いや、今どきアワビって表現もどうかと思うが、本当にそんな感じだった。

 

指でなぞるともうビチョビチョ。
 

 
下の毛は濃くて、色っぽさ3割増量だ。
 
目を血走らせた俺、人差し指と中指でアワビ全体を刺激してみた。
 

 
「あああぁ~、すごいぃ~」エロい声を上げてヨガる美由紀さん。
 
お汁の量が一段と増えた。
 

 

大粒のクリが、早くも包皮から顔を覗かせてる。
 
親指の腹でクリを揉みながら2本指を出し入れすると、透明な液体が大量噴出。
 

 
どうやら潮噴き体質らしい。
 
「ねえ・・・A君・・・入れて・・・」切なげな声で美由紀さんが懇願する。
 

 
頼まれなくてもこっちはその気だ。

 

いを定めてギンギンの勃起を差し込むと、思いっきり腰を突き出した。
 

 
「あああぁ~」洗面所に響く美由紀さんの呻き声。
 
旦那に聞こえたらどうしようとか、もう完全に頭から飛んでたな。
 

 
それ以前に、ゴムがないとか考えもせずに挿入しちまったし。
 
ニュプ・・・ニュプ・・・最初はゆっくり、徐々にリズムをつけてチンコが出入りする。
 

 

さすが元国体候補生・・・だからかどうかは知らんが、経産婦の割に締りが良い。
 
「ああ・・・はあぁ・・・はあぁ・・・」パンパンと肉のぶつかるリズミカルな音が室内に響くたび、美由紀さんの口からエロい声が漏れた。
 

 
調子に乗った俺は、そのまま両手を前に回し美由紀さんの巨乳を掴んでみた。
 
はだけた襟元を広げブラを押し下げると、推定E~Fのオッパイがポロン。
 

 
鏡に映った乳首は濃いピンクで、さっきより肥大化してた。

 

俺はオッパイを揉み指先で乳首を刺激しながら、腰の動きを早めた。
 

 
「や・・・やだっ・・・」乳首の感度が良いらしく、美由紀さんの声が高くなった。
 
俺の我慢も限界に近づいてきた。
 

 
腰振り速度もMAXだ。
 
「もう・・・もうダメっス・・・奥さん・・・」さらに情けない声を上げた俺。
 

 

美由紀さんは洗面台に突っ伏したまま、「出して・・・中に・・・」え?いいんスか?などと冷静に考える余裕もなく、というかこの時点で初めて『あ、ナマだった』と気づいたんだが、もう手遅れだった。
 
膣に突っ込んだままのチンコの先端からザーメンがドピュッ!はい、中出しっス。
 

 
すんません。
 
しばらく洗面所でぐったりしてから、思い出したように身づくろいして食事部屋へ戻ったら、先輩はまだ畳で仰向けになって爆睡中。
 

 
念のため隣の部屋を覗くと、裕美もスヤスヤ寝息を立ててた。

 

ゃ、A君・・・あとでね」俺の頬にチュっとすると、1人寝室へ向かった美由紀さん。
 

 
後を追いたかったが、さすがにそれは危険・・・と考える冷静さは残ってたな。
 
美由紀さん相手ならあと1~2回出来そうな気もしたが、大人しく先輩と同じ部屋で雑魚寝した。
 

 
「こらぁA、いつまで寝てんだぁ?」先輩に起こされたとき、とうに夜は明けてた。
 
「お前、最初にダウンしたらしいなぁ。裕美ちゃんより弱いとは情けねえ奴だ、ハッハッハ」何でも最初に俺、次に先輩がダウンしたんで、裕美を隣の部屋に寝かせて自分は寝室へ引き揚げた・・・と美由紀さんが説明したんだと。
 

 

すげえ女だ。
 
「いや~、面目ないっス」俺は頭を掻くしかなかった。
 

 
結論から言えば、先輩も裕美もあの夜に起きたことは気づかなかったらしい。
 
無防備な先輩より、実は裕美が気づいてて後で脅されるんじゃないか・・・と密かに警戒してたんだが、大丈夫だったみたい。
 

 
後日談だが、先輩は飲み会後、部下でもある裕美に本格的に関係を迫った。

 

裕美にその気はなかったらしく、人事のセクハラ相談窓口に持ち込んで発覚。
 

 
先輩は首こそつながったが、閑職へ異動になった。
 
馬鹿だねえ・・・。
 

 
まあ、もともと仕事ができる人じゃなかったけどな。
 
裕美は結局、その年度末で退職したんだが、先輩相手に慰謝料請求の裁判を起こすって脅してきたらしい。
 

 

結局、先輩側が何十万円かの示談金を払って決着したそうだ。
 
いや、ベッドの中で美由紀さんに聞いたんだけどな。
 

 
その美由紀さん、旦那の不始末に怒り心頭・・・かと思ったら「チンチン細いくせに、若い子を口説こうとか身の程知らずなこと考えるからよ」なんて言ってのけるのは、さすがと言うべきか。
 
先輩、こんなできた奥さんなんだから大事にしなきゃ・・・。
 

 
なんて思いながら、シフトの合間を見つけては美由紀さんとハメてる俺も俺だけどな。
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す