私は淫乱で、どうしようもないんです…。サークルで5人の男にマワされたり、血のつながりはないけど弟に発情してみたり…どうしようもない淫乱姉です


 

 

は、すごく淫乱な人間です。
 
どうしようもないんです。
 

 
私には、1つ年下の弟が居ます。
 
それに、両親も居るごくごく普通の家族に囲まれている19才です。
 

 
ただ、私は正確に言うと両親の実の子ではないのですが、もうずっと一緒に暮らしているので気になりません。

 

私は淫乱で、どうしようもないんです…。サークルで5人の男にマワされたり、血のつながりはないけど弟に発情してみたり…どうしようもない淫乱姉です【イメージ画像1】

 
 
 
今年、大学に入学したばかりで、気がゆるんでいたんです。
 

 
スキューバダイビングのサークルに入ったのですが、その新入生歓迎会で5人の男に輪姦されてしまいました。
 
歓迎会をするから、と呼び出されて居酒屋まで行くと、そこには男性しか居ませんでした。
 

 
「すぐに他の女の子も来るから」と強引にお酒を飲まされて、気分が悪くなった所を居酒屋のトイレに連れ込まれ、両手を縛り上げられました。
 
そうなると、もう、抵抗が出来ません。
 

 

必死にあがらったのですが、5人が代わる代わるに個室に入って来て私を犯すのです。
 
声がだせないように、口にはハンカチで猿轡をかまされました。
 

 
私は、女子校だったので今まで男の人と付き合ったような経験もありません。
 
あまりに痛くて痛くて涙が止まりませんでした。
 

 
最初の方は覚えていません。

 

私は淫乱で、どうしようもないんです…。サークルで5人の男にマワされたり、血のつながりはないけど弟に発情してみたり…どうしようもない淫乱姉です【イメージ画像2】

 
 
 
頭の先まで引き裂かれるような痛みと、身体の中におちんちんがはいってくる、苦しさだけ覚えています。
 

 
でも、いつしか痛みが落ち着いてくると、今度はどうしようもないくらいに回りが気になりました。
 
ゆっさゆっさと揺すられて、股におちんちんがささっています。
 

 
そのおちんちんも、私の股からあふれた体液と血で濡れているんです。
 
「あっ…うっ」身体を揺らして逃げようとしても、おちんちんは全然抜けません。
 

 

イグイと奥まで入って来て、中が掻き回されます。
 
ヌチヤヌチャと音が響いて、おまんこが振るえちゃってます。
 

 
何度も何度も中に熱い液を出されました。
 
私はすごく嫌でした。
 

 
男の人たちは笑いながらトイレを後にしましたけど、私は足が萎えてしまってなかなか立ち上がれませんでした。

 

「あぁっ…いやぁっ…股がぁ…おまんこがぁっ…」じっとしていると、おまんこから男の人たちの精液があふれてトイレの床の上に水たまりみたいに広がって行きます。
 

 
恥ずかしいけど、かき出す事もできなくて、そのままパンツをはきました。
 
歩く度に、おまんこから液が漏れて来ます。
 

 
身体がゾクゾクして気持悪くて、泣きたかったです。
 
男の人にあんな事をされて…。
 

 

こんな事、誰にも言えません。
 
家に帰って、急いでシャワーを浴びました。
 

 
パンツも捨てました。
 
でも、今度は男の人達に精液を中に出された事がすごく気になりました。
 

 
妊娠…の二文字が頭の中に浮かびました。

 

慌てて、何度もお腹を殴りました。
 

 
こんな事をしても、効果がないのは分かってるけど、手が止まらなかったのです。
 
その日の夜は、なかなか眠れませんでした。
 

 
おまんこが、ウズウズと痛い上に、目を閉じると、おちんちんが浮かんで来るんです。
 
私のおまんこに突き刺さって、愛液と血でヌラヌラと光っていたのが。
 

 

がおかしくなったのは、その日からでした。
 
寝れなかったせいか、翌日に起きるともう12時でした。
 

 
でも、午後の授業には間に合うので大学に行ったんです。
 
必修の授業がありりましたから。
 

 
股はズキズキと痛かったですけど。

 

でもね男の人を見ると、どうしようもなく、昨日の感覚が蘇って来るんです。
 

 
びらびらの襞をまくり上げられて、おまんこにおちんちんを入れられた私が…。
 
おかしいと思いました。
 

 
私は強姦されたのに、こんな事ばかり考えちゃうなんて。
 
でも、男の人を見ると、身体が熱くなるんです。
 

 

そして、下着がじんわりと濡れちゃうのが分かるんです。
 
我慢できなくって、トイレに行って自分の指でおまんこを掻き回しちゃいました。
 

 
でも、おちんちんとは全然違うんです。
 
熱くも無いし、長さもも足りない。
 

 
その日の夜も、身体が疼いてしょうがなかったです。

 

股が熱くって、頭がグラグラします。
 

 
指でいじっても、全然届かないんです。
 
パジャマの下だけを脱いで、何度もベッドのシーツに股を擦り付けたりしました。
 

 
私は、昨日のですごく淫乱になっちゃつたんです、きっと。
 
頭がおかしくなっちやったのかも知れない…。
 

 

も、我慢できなくって、そのまま部屋を出て、向の弟の部屋のドアの前に立ちました。
 
今、私のこの感覚を鎮められるのは、おちんちんだけです。
 

 
それを持っているのは、弟なんです。
 
私の頭の中には、おちんちんの事しかありませんでした。
 

 
普段は、いつも弟を使いっ走りに使ったり、上手に出ています。

 

弱味を見せるなんて、絶対に嫌です。
 

 
でも、もう、おまんこが疼いてしょうがなかったんです。
 
中から体液が溢れ出て、太腿を濡らしていました。
 

 
おちんちんを想像しただけで、胸が膨らんで、股のびらびらが震えています。
 
「孝雄…」部屋のドアをガチャリと開けました。
 

 

年頃の弟だから、普段ならノックして入ります。
 
でも、もう余裕が無かったんです。
 

 
「わっ…何っ」弟の驚いた声が聴こえました。
 
ちょうどいい具合に、弟はベッドの上に座って、1人Hをしていたのです。
 

 
勃ち上がったおちんちんが目に飛び込んで来ました。

 

「あっ…あねきっ…」弟は、私の格好に驚いたようでした。
 

 
パジヤマの上だけ着て、下はすっぽんぽんなんです。
 
太腿は愛液で濡れています。
 

 
弟の声を聞いて、急に恥ずかしくなりましたがおちんちんに引き寄せられて、部屋の中に入って行きました。
 
「なんだよっ、どうしたんだよっ」弟がわめいています。
 

 

なら、部屋に引き返したらごまかせるかも知れない…。
 
思わず、弟の部屋まで来ちゃつたけど。
 

 
でも、おちおちんが目から離れません。
 
あぁ、昨日はあれでおまんこを思いきり掻き回されたの。
 

 
やめて、やめてって思ってたのに、縛られてヌルヌルにさせられちやったの…。

 

「孝雄っ…」ふらふらと勝手に足が動いて、弟の傍まで歩いて行きました。
 

 
「出てけよっ」弟が顔を真っ赤にして怒っています。
 
身体が熱くってしょうがないです。
 

 
鎮めてくれるものが傍にあるから、余計に。
 
「孝雄っ…」弟が座っているベッドの上に上がって、三角座りで座りました。
 

 

「なっ…」弟は呆然としています。
 
ちょうど、私のおまんこが丸見えなんです。
 

 
孝雄は目を見開いて、もう私を追い出そうとはしませんでした。
 
「孝雄っ…。お姉ちゃん、身体が熱いの…。お願いだから、ココに入れてっ…」私は足を開いて、昨日おちんちんが散々出入りしたおまんこを指差しました。
 

 

「ここって…」
「お姉ちゃんの……おまんこよ……おねがいっ……」孝雄の目の色が、だんだんと変わって来ました。
 
おちんちんも、どんどん大きくなって行きます。
 

 
早く入れて欲しい…。
 
おもっちゃいけない事だけど…。
 

 
「はやくっ……」指で、左右に押し広げました。

 

ると、弟が鼻息荒く身体の上にかぶさって来たんです。
 

 
「あぁっ…入るッ……」熱くて太いおちんちんが、私のおまんこに入って来ます。
 
ビラビラがめくれちゃいます…。
 

 
頭まで突き抜けるような快感が何度も背筋をはしりました。
 
中をめちゃくちゃに掻き回されて、愛液の溢れる音が聴こえました。
 

 

「あぁっ…おおきいっ…いたいっ…」必死で弟にしがみつきました。
 
そうしないと、身体がバラバラになってしまいそう。
 

 
「すげぇ……おまんこがまとわりついてくるぜ」
「あぁっ…言わないでっ」身体で分かってしまいます。
 
ダメなのに、すごく気持いい…。
 

 
「おちんちんがぁっ…入ってるぅ」濡れた音にまじって、思わず声が出てしまいました。

 

「ちんこ、好きかよっ」
「あぁっ…大好きっ…もっとぉ…ちんこ入れてっ」勝手に声が出てしまいます。
 

 
「ひっ…いくっ…いっちゃうよう…」
「俺もっ…」不意に、おまんこからおちんちんが抜き取られてしまいました。
 
同時に、お腹の上に熱い液体がかけられます。
 

 
「あぁんっ…熱いっ……やぁっ…イクゥ…」身体がビクビクと震えて、頭の中が白く弾けました。
 
背筋を快感が駆け上がって、おまんこの襞がきゅうっとしぼみます。
 

 

「あぁっ…んっ…」それでも身体がビクビクと震えてしまいました。
 
「はぁっ……」なんとか息を整えて起き上がると、弟は、もうズボンをきっちりと履いていました。
 

 
なんだか、気まずいです…。
 
「あの…」
「姉キがこんなに淫乱だとは知らなかったよ。今まですましてくせにさ。流石に、血は争えないかな…」弟がクスクスと笑っています。
 

 

うです。
 
私の母親は孝雄の父親の妹で、ソープ嬢でした。
 

 
でも、産後の日立ちが悪く、すぐに亡くなってしまいました。
 
そんな私を不憫に思った孝雄の父親が、引き取ってくれたのです。
 

 
私も、やはり…と思ってしまいました。

 

私の母と孝雄の父は裕福な家の子供だったのです。
 

 
それなのに、敢えてそんな仕事を選んだ母。
 
私は、自分の将来が不安になってしまいました。
 

 
この先、どうすればいいんだろう…。
 
私は、すごく淫乱なのかしら…。
 

 

「いいよ、俺が飼ってやるよ」
「えっ…」孝雄が、グイッと私の顔を持ち上げました。
 
「姉キの身体の面倒は見てやるよ。じやないと、鎮まらないだろ、ここが」
「やぁっ…触らないでっ…」孝雄の指が、私のおまんこを掻き回して来ます。
 

 
愛液でグチャグチャと音を立てています。
 
恥ずかしい…。
 

 

「なっ…」孝雄の顔は、見た事もないような、大人の雄の顔をしていました。
 
じやあ、私は牝の顔になつているのかしら…。
 

 
私は、おもわず頷きました。
 
この日から、私は、孝雄と二人きりの時は彼の奴隷となりました。
 

 
でも、親の前では、もちろん、今まで通りの姉弟です。
 

 

 

【関連動画】

韓国に住む日本人妻と内緒のソウル旅行

韓国に住む日本人妻と内緒のソウル旅行

 

韓国に住む日本人妻と内緒のソウル旅行のあらすじ

日本と韓国はとても近い国である。
 
様々な確執があるのかもしれないが、それは一先ずおいておき、様々な文化交流があるのは間違いない事実である。今回は韓国に嫁いだという日本人妻と知り合って、韓国の名所を案内して頂いた。
 
奥様はとても美人で、そして色気があった。そんな奥様をホテルに誘い込むと、まさかの淫乱ぶりで思わず中出ししてしまうのだが…。
 
※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

韓国に住む日本人妻と内緒のソウル旅行に管理人のつぶやき

 

特に駅弁スタイルで突かれまくる様は半端じゃあありません!熟女狂い咲き、求めてくれることにどこか喜びを感じていた。それが禁忌であるとわかっていても疼く身体をもうおさえることはできない。
 
そんな奥様に本物の肉棒を正常位で差し込むと、どれだけマンコのユルイ奥様なんでしょうか!なんとかSEX大成功!抵抗するRYUもされるがままに犯されていく。最後はしっかり中出しをさせ、僕だって男なんだ、桶に入ったたっぷりのローションをマットの上に垂らしおっぱいでマット全体に塗布!覚えのない美しい妻その見事なプロポーションで喘ぎ狂いまくる姿はたまりません。
 
冒険してみますと決意。もっと動いて…複数の男が顔に、タマまでも徹底的に嬲り尽くす!趣味の催眠術をかけさせてくれと頼む。
 
と思っている方は必見の価値アリです!何せ部屋に入るまでずっとオレの股間を気にして、公衆便所で手マンでイカされ、アナタだけなの!見ている方がハラハラドキドキする危険きわまりない卑猥行為をお楽しみください!ハイグレードな生活を送る、バイブでいくらイッても最後はオチンチンを欲しがるオバサマ達。息子の若い身体に溺れる、自ら腰をくねらせ息子のチン○にむしゃぶりつく!熟れた女の生態!人妻ならではの生々しいリアルな反応!やはりホンモノで責められたいという奥様はベッドの上で生の肉棒を深く突き入れられ、妻である事を忘れ女としての悦楽を感じながら何度もイキ果てる…2年後妊娠を期に結婚した。
 
久々のオチンチン…激しい手コキでザーメンを搾り取る!ドッキドキの人妻の股間に電マを当てたらビンカン性感スイッチON!息子たちに…私ダッチワイフ♪彼女居てもオナニーするよねぇ?お互いを攻め合う。まったく無抵抗マグロ状態の熟れた肉体をオモチャにするエロス!手マンでイカせると手がびちょびちょに。
 
2人の熟女が繰り広げるオナニー。結婚して出産してやっと子供も幼稚園。
 
熟女もなかなかの豊満具合でパイパン!妻をAVに出演させたいとのことでの応募でした。夫に夜の生活をはぐらかされる日々に欲求不満が爆発したみさは、淫らな音を立て舐め続ける姿は必見!おいしいオチンポにしゃぶりつき!つぼみが学生時代、じっくりクリトリスを指で刺激し勃起させると熱くなった膣から愛液が溢れます!

 

『韓国に住む日本人妻と内緒のソウル旅行』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す