すげえ色っぽい四十路の人妻さんが誘惑してきて生セックス→きゅんきゅん締め付けてくる名器マンコが最高すぎた


 

 

あるお菓子や雑貨を取り扱うディスカウントショップのバイトをしてる大学生です。
 

すげえ色っぽい四十路の人妻さんが誘惑してきて生セックス→きゅんきゅん締め付けてくる名器マンコが最高すぎた(イメージ画像1)

 
仕事は休日以外は夕方からのシフトで週4で入ってます。
 

 
付き合って4年になる彼女にこの冬は何か旅行をプレゼントしたくてお金がほしくて夏の間はバイトを多めに入れて平日も昼から頑張っていました。
 

すげえ色っぽい四十路の人妻さんが誘惑してきて生セックス→きゅんきゅん締め付けてくる名器マンコが最高すぎた(イメージ画像2)

 
メインはレジ打ちなのですが、お客が少ない時は品出しもやります…。
 

 
毎日何かしら安い店なのでお客は引切り無しで基本的に毎日忙しいです。

 

夏休みも当然忙しくて、連日子供連れの主婦の方を中心に狭い店の通路が埋め尽くされるくらいお客が増えます。
 

 
そんな中で頑張っていたんですが、2週間目位である事に気がつきました。
 
毎日来るお客さんの中に30~40代くらいの女性がいるのですがこの女性は必ず僕がレジしている所に会計に来るのです。
 

 
見た目は、髪はロングで緩いウエーブ、眼は、パッチリしてて背は高めで胸もオシリも結構大きい大体ジーンズでラフな格好が多い何となくHな雰囲気の人です。
 
最初は偶然かなと思っていたのですが、品出しをしていると良く眼が合います。
 

 

毎回眼が合うと意味ありげにニコッと笑うので凄く気になってきていました。
 
ある時レジに僕しか居なくてお客が少ない時がありました。
 

 
そこへその人がやってきます。
 
「松田君って言うんだよね」レジにガムを一つだけ置いてその人は言います。
 

 
「はい松田です。」店員はみな名札をつけているのでお客さんの中には名前を覚えてくれている人も多いです。
 

 

「君バイト今日は3時までだよね」
「えっ・・あはい・・そうですけど・・」ガムのバーコードを読み取りながらなんでバイトの終了時間まで知っているのかと一瞬疑問に思いました。
 
「ねっバイト終わったらよかったらお茶に付き合ってくれない?」
「えっ・・いや・・それは・・」
「ねっお茶だけでいいからお願い」
「終わったら連絡してね。」そういうと小さい紙に自分の携帯の番号を手早く書いて僕に渡すとお店を出てきました。
 

 
正直如何しようかと思いました。
 
何となく怪しい雰囲気で行ってはいけないと思いましたが正直変な期待感があった僕はバイトが終わると直ぐ電話してしまいました。
 

 

号を入れてコールすると直ぐに返事がありました。
 
「はい」
「あの、松田と言います・・さっき・・」
「ああ松田君ね、お店の裏側の駐車場で待ってるから」僕の言葉を最後まで聞かずにそう言って切ってしまいます。
 

 
言われるまま駐車場へ行くと一台の軽自動車が僕の前で止まります。
 
「さあ、乗って」
「あの・・何処へ行くんですか?」少し怖くなって聞くと「何処ってお茶する約束でしょう?」
「あ・・そうですね・・」ココまで来てまだグズグズしていると思われるのも嫌だったので大人しく助手席に・・・「この所ずっと眼があってたでしょう?」車を運転しながら女性が言う「はい・・なんでですか?」
「なんでって。可愛い子だなって思ってたのよ、それで声をかけたの」
「ええっ・・」
「何言ってるの、ココまできて大体貴方もそのつもりだったんじゃないの?」
「あ・・まあ・・」図星だった。
 

 

喫茶店に入ると簡単な自己紹介をする事になった。
 
女性の名前は真矢さん、年は37歳主婦子供無し旦那さんは自営業「松田シロウです。大学2年一応彼女が居ます。」
「シロウって言うんだ。彼女が居るのは知ってるよ何度かバイト先に来てたよね」
「あの、さっきから気になってたんですが、なんでバイトの終わり時間とか、彼女の事知ってるんですか?」
「あっごめんなさい、そういえば一寸気持ち悪い話よね。」ちょっとうっかりしたな、というお茶目な表情で真矢さんは笑う「はい・・正直・・」緊張で苦笑いの僕「さっきも言ったように君の事気に入って良く見てたのよ」
「ぶっちゃけ、一目ぼれって奴かな。可愛いなって思って、話をしたいなってタイミング見てたのよ」
「それで貴方がバイト終わる時間とか、調べてるうちに彼女とかも見かけたりしたわけ」
「あ・・そうだったんですか・・いや・・はは参ったな・・」
「真矢さんこんな事良くやってるんですか?」
「はじめてよ」即答だった。
 

 

「そんな感じしませんね・・」
「そう?これでも結構緊張してるんだよ?」
「さっき携帯の番号渡した時だって手が震えたんだから。」ふふっという感じで色っぽく笑う「でも、シロウ君も・・あっシロウ君って呼んでいいかしら?」
「はい・・」
「君はどうして電話くれたの?可愛い彼女が居るのに、私みたいな叔母さんに興味あった?」
「いや、おばさんって・・真矢さん十分綺麗だし・・その色っぽかったから・・僕も気になっていたし・・」
「嬉しい。」そういうと僕の手の上に手を置いて笑う、笑うと眼がHな感じに見える「本当、シロウ君って学生時代に好きだった人にそっくりなのよね」僕の顔をマジマジ見ながら懐かしそうに言う。
 

 
真矢さんは僕を見つめながらもどこか遠くを見ているように見えた。
 
「その人とはどうなったんですか?」
「うん、相手には彼女もいたし、結局私の片思いでね、一応その時私も今の旦那と付きあってたから」
「その人大学卒業して直ぐ交通事故で亡くなっちゃったのよ」
「そうだったんですか・・」
「それが理由で今の旦那と結婚したわけでもないんだけど」
「シロウ君みてたらなんだか急に昔の気持ちがわいてきちゃって。」
「そういうわけで、年甲斐もなく逆ナンパなんかしちゃった。」テヘッって感じでコーヒーカップを両手で持って飲みながら眼だけで笑う真矢さん「でも・・旦那さんに悪いんじゃ・・」
「あら。本当に悪いと思ってたら貴方もホイホイついてこないんじゃない?」
「・・・・・・」痛いところを突かれる「貴方も共犯なんだからその辺は今は言いっこなしよ」
「それにね、あの人も今ごと職場の子と楽しくやってると思うわよ」
「浮気って事ですか?」
「そう。・・もう3年くらいかな貴方と同じ年くらいの可愛い子に夢中なのよ」
「どうも、セックスの相性が悪いみたいなのよ私達」
「結婚して8年になるけど今だに子供できないしね」
「あっ・・・やめましょうこういう話」
「はあ・・」
「貴方もそのつもりだったんだし、貴方が気にする事じゃないわよ」
「ソレより学校の事とか話して聞かせてよ、せっかくだし、楽しい事とか」
「そうですねぇ」そんな調子で1時間位話をして真矢さんに代金を払ってもらって喫茶店を出る「久しぶりに楽しかったわ、最近人と話せてなくて」車に乗ってエンジンをかけながら真矢さんが言う。
 

 

さっきまで天気が良かったのに、空が曇っていて雨が降り出してきていた。
 
それにあわせて急に冷え込んできた。
 

 
「貴方にいう事じゃないけど、最近旦那のお母さんとも上手く行ってなくて。」
「家に居てもつまらないのよ。」ちょっと寂しそうに苦笑いする。
 

 

矢さんに同情心がわいて来る「あんな、話でよかったら・・・」そういいかける僕に真矢さんが急に抱きついてきてキスしてくる。
 
僕はそのまま真矢さんを抱きしめる。
 

 
真矢さんの舌が口の中に入ってきてコーヒーの味がした。
 
「ごめんなさい・・寂しくて・・」
「いえ・・」
「もう一回キスしていい?」
「はい・・・」彼女とは違うボリュームのある唇と押し付けられる胸の感触。
 

 
狭い車内で人妻とディープキスしてるなんて全く想像もしなかった状況だった。

 

「シロウ君ってキス上手だね・・」2人一端はなれて一息つく「そ、そうですか?」
「うん。旦那よりずっと気持ちよかった。」ハンドルに寄りかかりながら此方を見る真矢さん。
 

 
雨はいっそう強くなってきていた。
 
「どう・・・私と続き・・する?」
「・・・・・・・・」僕は黙って頷いていた。
 

 

真矢さんはそんな僕を確認すると静かに車を走らせて直ぐ近くのホテルに入った。
 
受付を済ませて2人部屋へ入る「旦那と昔良く来たのよねココ」
「・・・僕も彼女のたまに利用します・・お金ないからたまにですけど・・」
「そっか。学生だもんね。」
「シャワー先に使うね」そういうとシャワールームへ真矢さんが入り直ぐにシャワーの音がしだす。
 

 
すると急に携帯が鳴る見ると彼女からだった。

 

一度廊下に出てから電話に出る、何も知らない明るい声が僕の罪悪感を煽った。
 

 
そして僕は、バイトは終わったが友人にあって少し相談を聞くために喫茶店で話をして帰ると嘘をついた。
 
彼女は何の疑いもせず、早く帰ってきてねとだけ言って電話を切った。
 

 
彼女の性格だと、おそらく2時間はもう電話をかけてはこないだろう「シャワー空いたよ」バスタオルを巻いて濡れ髪のままの真矢さんが出てきた。
 
白い肌に艶っぽく湯気がたってエロさが増している。
 

 

矢さんに入れ替わりでシャワーを浴びる。
 
シャワーを浴びて部屋に戻ると電気が薄暗くしてあり、既に真矢さんはベットに入っていた。
 

 
ドキドキしながらそのベットに入る「緊張してる?」真矢さんが聞いてくる「はい・・」
「私も緊張してる・・」
「ねえ・・キスして・・」言われるままにキスすると真矢さんの手が僕の首に絡んでくる。
 
舌がいやらしくお互いの口の中をうごめく。
 

 
真矢さんの体が僕の体に絡んで、ボリュームのある胸がじかに押し付けられてつぶれる。

 

真矢さんの手が胸から臍へ徐々におりていき、下腹部をさすりながらとうとう僕のペニスに触れる「すご・・熱い・・・」溜息のような呟きだった。
 

 
そのまま優しく握り形を確かめるように細い指先で上下にゆっくりとしごく「・・凄く固いね・・」
「・・・・・・うっ・・」
「それに凄くビクビクしてる・・凄い・・」
「あんまり上手くないかもしれないけど・・」
「見ないでね・・・」真矢さんはそういうと薄手の掛け布団に潜り込んでいく。
 
ペニスを這い回る手が二つになり、程なく先端が暖かくヌメルものに包まれる「うっ・・」気持ちよさに声が漏れる上手くないかも?・・・凄い上手いじゃないか・・と思った。
 

 
少なくとも彼女に日ごろしてもらっているものとは比べ物にならない、ネットリといやらしいというのがぴったりのフェラチオだった。
 
ゆっくりと先端を口に含み舌と頬唇全部を使って情熱的にしゃぶってくる。
 

 

まるで意識をもった女性器のように細やかに動きネットリとペニスをくわえ込んでくる。
 
「ああっう」自分でも情けないくらい女の子のような声が出そうになる。
 

 
その声を聞くたびに真矢さんの動きが的確になって、僕の快感を確実に引き出していく。
 
「ああっでる!!」思わず真矢さんをどけようとしたが、真矢さんはイヤイヤするようにして離れず、口を離すどころかよりいっそうストロークを深く早くして、搾り出すような動きになる。
 

 
「あっでる!でる!!」腰が浮くほどの快感で真矢さんの口の中に思い切り射精する。

 

大量の精液が勢い良く真矢さんの口の中に当たるのを感じる。
 

 
真矢さんはそのまま吸い出す用にして全てを飲み干し、尿道に残った精液も綺麗にした。
 
「よかった?」
「はい・・凄いです・・こんなの初めてでした。」
「ふふよかった。」嬉しそうに笑って抱きついてくる重みのある胸がまた僕の胸板の上でつぶれる「まだ固いままだね・・」
「真矢さん・・今度は・・・」
「うん・・今日はゴム要らないから・・そのままきて・・・」そういうと騎乗位の格好になって準備する。
 

 

ップと胸の割りに引き締まった腰を掴み、反り返ったペニスを真矢さんのアソコに擦りつける。
 
「あっ・・」こすり付けるたびに真矢さんが少しだけふるえる「私やばいかも・・・今日凄く感じすぎるかも・・」真矢さんの入り口の周りは既にドロドロヌルヌルになっていて、固くなったクリトリスがこすりつけるたびにコリコリとペニスにあたる。
 

 
「んっ・・!!」一気にヌブッという感触で突き入れると真矢さんは一瞬大きくそりかえりガクッと倒れこんできた。
 
ギュギュっと中が痙攣するのを感じる。
 

 
「ふふ。入れただけでイクなんて初めて。」そういうと軽くキスしてくる。
 

 

「シロウ君の好きに動いていいよ・・」僕の動きに合わせて真矢さんもゆっくり腰を動かしてくれる。
 
徐々に早くしていくと真矢さんも息を合わせて腰を振る。
 

 
パンパンと真矢さんのオシリが当たる音にまぎれて、ヌチャヌチャと嫌らしい粘膜のこすれあう音がする。
 
真矢さんの大きな胸がゆっさゆっさと上下に大迫力で弾む。
 

 
2人汗だくになりながら出し入れを繰り返す。

 

「ああっ・・いい・・」
「真矢さん・」
「きもち・・・ぃい」
「はぁ・・はぁ・・」真矢さんの肌に大粒の汗が宝石のように現れ、それがポタポタと僕の胸に落ちてくる。
 

 
乳首が固くなった両手であまるほどの胸を掴み、体を支えつつ腰を打ち付け合う。
 
真矢さんの眼がトローンとして、ペニスが奥に当たる度に真矢さんの意識が宙を舞うのが解る。
 

 
「真矢さん・・・そろそろ・・」
「きて・・シロウ君・・・・・中に・・・あっ!!」
「うぐっ!!」二回目とは思えない量が先端から噴出すのを感じる。
 
勢い良く真矢さんの膣壁に当たり、真矢さんの体液と混ざり合って中でドロドロになる。
 

 

「抜かないで・・このまま・・で」倒れこんできた真矢さんを抱きしめながら、抜かずにゆっくり前後させているとまた固さを取り戻してくる。
 
抜けないように体制をかえ、真矢さんを横にしてゆっくり動く。
 

 
「あっ・・また固くなってる・・あっ・・・凄い・・・」後ろから真矢さんの乳首を、指先で弾いたり軽くつねったりしながらもてあそぶ。
 
「ふううっう・・・」真矢さんが首を捻ってキスをもとめて舌を伸ばしてくる。
 

 
その舌に吸い付くようにして自分の舌を絡めながら、ペニスをヴァギナにゆっくりと突き入れる。

 

ち上げた太ももの付け根がピクピクと震えて感じている。
 

 
「あっ・・凄い!!ふぐっつううう!!」そういうとピーンと真矢さんの体中に力が入り、すぐにまたグタッとなる。
 
そのまま突き続け。
 

 
真矢さんはその後たて続けにいき続ける。
 
「あっ凄いまたイク!!凄い!!ああっ」最後には大きく痙攣して失禁するほどだった。
 

 

「凄かった・・」一息ついて、僕のペニスをお掃除フェラしながら真矢さんが満足げに言う。
 
「僕も凄く気持ちよかったです」
「ありがとう。」愛おしいげに、ペニスを丁寧に舐りながら真矢さんの眼が優しく僕を見つめる。
 

 
ホテルをチェックアウトして途中まで送って貰う。
 
アパートの近くで車を降りる事にした。
 

 

「雨降ってるけど・・」
「大丈夫です。雨に濡れて帰ったほうが色々誤魔化しやすいし。」
「あ、そうだね。私もそうしよう。」
「また、したくなったら連絡してね・・いつでもしてあげるから・・」真矢さんが笑う。
 

 

「はい・・」真矢さんの車を見送り僕は濡れながらアパートに帰った。
 
さて、次はいつ電話しようか・・・
 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す