親父が再婚してできた妹が毎日のようにオナニーしていたのでそれを盗撮した話(2)


 

 

親父が再婚してできた妹が毎日のようにオナニーしていたのでそれを盗撮した話(2)【イメージ画像1】

 
……ん、、、、???」ぺろぺろと舐めているとついに。
「んあ?あうっ、あん!なに?なになに?あうっ」妹が起きた。
 

起きることも計算ずくだった。
 
?あれ?なに?」妹が頭を上げる、まだよくわかってないらしいが、Cカップのおっぱいを激しくもみしだかれ、おまんこをすいあげているのがオレとわかったようだ。
 

目線が交錯した。
「お、お兄ちゃん!な、なにしてるの!ヤダ!やだやだやだーーー」無言で舐める。
 

 

親父が再婚してできた妹が毎日のようにオナニーしていたのでそれを盗撮した話(2)【イメージ画像2】

 
ょっと、やめて!なにしてるの!あ、あれ?」妹が腕を動かそうとして縛られていることに気付いたようだ。
「お前、好きなんだろ?こういうの」
「なにいってるの?やめて!あっ」おまんこを舐めるのを中断して身体をせりあげ、おっぱいをはげしく吸い上げる。
 

「ほら、見てごらん」
「いやーーー、やめてやめてやめて!お兄ちゃん、私たち、こんなことしたらいけないよ、お母さんが……」
「お母さんは札幌だよ。今は二人きりだ」
「いやっ、やめてっ、お願い!」
「じゃあ、お兄ちゃんの言うことを聞くか?」
「聞くから、なんでも聞くからやめて!」
「じゃあ……」オレは体勢を変えて妹の顔の前にペニスをつきつけた。
 

めるんだ」
「そ、そんなこと、できない……」
「じゃあやっちゃうぞ」
「やる?って」
「セックスするぞ」
「いやいやいやいや、そんなのやめてっ」
「じゃあ、なめるんだ」妹の唇にチンポをつきたて、激しくイマラチオする。
「むふっ、あふっ、むふっ」3分くらいそんなことしていたら妹がむせたので抜く。
 

「ゲホッゲホッ……。お、お兄ちゃん、なんで?なんでこんなことをするの?」
「お兄ちゃんの質問に答えるんだ」
「な、なに?」
「今やったみたいに、男のチンポを舐めたことがあるのか?」
「そ、そんなことしたことないよぉ」
「本当だな」
「ね、もうやめて」
「まだだ」
「私たち、兄妹なんでしょ。兄妹はこんなことしちゃいけないよっ」
「オレのことをネタにして、そんなこと言えるのか?」
「えっ?」
「美穂、お兄ちゃんの質問に答えるんだ。スリーサイズは?」
「そ、そんなこと恥ずかしいよ」
「いわなきゃ、犯すぞ」
「いやいや、言うからっ。……胸は85くらい、あとは……56で82くらい」
「ブラのカップは?」
「そんな恥ずかしいこと言えないっ」
「言わなくてもブラを調べればわかるんだぞ」実は知っていた。
 

が風呂に入っているときに調べていたのだ。
妹は65のDカップになっていた。
 

1年でCからDになっていた。

カップの中学3年なんて犯罪だ。
 

だが、その犯罪的な巨乳がオレを狂わせる。
「Dカップです……、ね、お兄ちゃん、もうやめよ、ね?」
「美穂はオナニーでイくときは、いつもオレのことを思ってるんだろ?」
「なに?なんのことかわかんない」
「そんなこと言うと……」美穂のおマンコに指をはわせるとそこは大洪水になっていた。
 

うっ、いやんっ、だめっそんなところ触らないでぇ」
「もういっぱい舐めてるよ」
「お兄ちゃんは、知ってるんだ、美穂が淫乱なこと」
「なんのこと?美穂、知らない」
「美穂は縛られてレイプされるのが好きなんだな」
「そんなのイヤっ」
「だったら、このベットの下にあるレディコミは、なんだ?」
「……、お、お兄ちゃん、知ってたの?」
「半年以上前からな」
「ひどいっ、美穂の部屋に入ってたなんて」
「美穂だって、オレのことを……」
「知らないっ」
「そんな態度を取るのなら……」オレは美穂の足をぐっと押し開いた。
「いやっ、やだやだやだぁぁぁ」しかし、そのままオレは美穂のおまんこにペニスを突き入れた。
 

「いたぁぁぁぁぁいぃぃぃーー、やめてええ、いやいやいやいやっ」一気に処女膜を貫いた」
「お願い、抜いて、抜いてぇぇぇぇ」そんなこえを無視して激しく激しく出し入れしつつ、クリトリスももてあそぶ。

にいちゃあん……」妹は縛られたまま、オレのペニスに陵辱された。
 

嫌がっているのに顔が上気していて、乳首がピンと立っている。
「お願いっ、もうやめてっ、速く出してっ」その言葉で折れはいきそうになったので妹の腹の上に放出した。
 

の上のつもりだったがものすごい量が出た。
顔にまでとんだ。
 

果てたあとなのに、オレのペニスは固いままだった。

神が興奮するとこうなると聞いていたが、実際にこうなるとびっくりする。
 

しかし、ペニスには妹の処女の血がついていた。
それを見るとなんだかそれ以上のことができなくなった。
 

レは妹の横に添い寝をして顔や胸に舌をはわせまくった。
1時間以上「やめてぇ」
「お兄ちゃんは知ってるんだ」
「なにを?」
「それは今は言えない」という言葉を繰り返した。
 

そして、再び、妹のまんこに突き入れた。

前をレイプしたかったんだ。犯したかったっ」
「こんなのいやぁぁ」
「お兄ちゃんは知ってたんだ。いやらしいレディコミでオナニーしてることも。ボールペンを入れたり指でしたり」
「な、なんでお兄ちゃん、知ってるの??」
「全部見てた。イくときに、カズヤにいちゃんっ!て叫んでいくこともな」
「……。恥ずかしいっ」
「どうやって見てたの?」
「天井にカメラを据え付けていたんだ」
「……ひどいっ、ひどいひどい」
「本当にそう思ってるのか?ぞくぞくって感じてるくせに」
「そ、そんなぁぁぁ、ちがう、ちがうよぉ」そうはいいながら最初とは明らかに違って、妹は感じていた。
 

に抜ける甘い声がそれを物語っていた。
「そうだ、美穂、お前は処女だったのか」コクンとうなづく妹。
 

「それはよかった。美穂、お前の処女喪失の一部始終をすべて録画できたよ」
「……えっ」そう、むろんオレは妹の部屋へ行く前にビデオを録画状態にしておいたのだった。
 

畜な兄である。
妹を犯したあとも、夜は長かった。
 

俺はローターを持ち込んでいた。

人に使っているやつだ。
 

へなへなになっている妹にローターを使った。
クリトリスに。
 

ああああーーーーっ」妹は、美穂は、腰を跳ねるように動かしたけれど、押さえ込んでじくりとクリを陵辱した。
「お兄ちゃんもねえ、やめてっ、やめてぇぇぇぇ」もうすでにクリで快感を知っていた美穂は簡単にイッてしまった。
 

妹にローター責めをしまくる。

性には一度イくと無反応になるタイプと何度でも大丈夫なタイプがいるけれど、妹は後者だった。
 

何度も、何度も、妹は機械の振動で絶頂に達していた。
奥菜恵のような清純なルックスなのに、豊満なバスト、しかも乳首はピンピンに立っている……。
 

んな妹を快感の虜にすることで両親へのちくりを防御することにしたのだ。
快感は麻薬だ。
 

一度、経験させると忘れられなくなる。

十回も妹は、「おにいちゃんやめてぇぇ、ああ、いくぅぅ」
「お願い、なんでもするから、ぶるぶるするの、やめてぇぇ」
「ふつうの、ふつうのほうがいいのっっ」と言いながらもいやらしい局部から愛液を吐き出させていた。
 

「おにいちゃんのもののほうがいいのか?」
「……はい」
「どうしてほしいんだ?」
「そ、そんなこと、言えない」
「いわないと……」
「あ、あ、ごめんなさい、言います。おにいちゃんのおちんちんのほうがいいです……」
「ちゃんと言うんだ。美穂のいやらしいおまんこにおにいちゃんの太くて長いチンポ入れて、って」
「そ、そ、そんなこと、いえないっ」
「じゃあ……」再びローターをクリにあてつつ、乳首を軽く噛んで妹をいたぶる。
 

、に、い、ちゃんんんん、言いますぅぅぅ、、、美穂の、美穂の、お、お……やっぱり言えない」俺は冷酷に言う。
「じゃあ、おしおきだ」
「あああああっっっっ、だめぇぇぇ」また、美穂はイッてしまった。
 

こんなに簡単にイッてしまわれるとなんとなくやりがいがなくなる。

けれど、さらに、妹をいじめた。
 

一晩に100回イカせてやる。
「ご、ごめんなさい、言いますっ…………みほの、美穂の、いやらしい……お、おま……あああ」
「……おしおきだ」
「あああああっ、ごめんなさいっっっ」
「み、美穂のいやらしいお、おまんこに、おにいちゃんのチンポ入れて!」
「声が小さいよ。もう一度」そう言いながら、妹のクリトリスにローターを押し当てる。
 

ああああっ、ごめんなさい、言います、言いますぅ……、み、美穂のぉぉぉ、いやらしい……お、お、おまんこに、おにいちゃんのチンポ入れてぇぇぇぇ」美穂はまたイッてしまった。
もう何回イッたんだろう。
 

バンザイのまま拘束した美穂のカモシカのような両足をぐいとおしひろげ、ギンギンに高まったペニスをズサリと差し込んだ。

!!!……ああっ」Cカップの乳房を激しくもみしだきながら、乳首を吸い、ねぶり、噛みながらピストンする。
 

「お、おにいちゃん、痛い、痛いよぉぉぉ」
「あと2,3回しないと痛いままだぞ。お兄ちゃんが痛くならないまで教えてもいいぞ」
「えっ、あっあっあっ、そ、そんな、こんなことお母さんに知られたら」
「俺は秘密にする。美穂さえしゃべらなければいいんだ。それに、美穂、美穂はお兄ちゃんが嫌いか?」
「……」
「答えてごらん」そう言いながら、激しくピストンしつつ、ローターをクリに押し当てる。
 

ああ、お兄ちゃん、ごめんなさい、好きっ、美穂はお兄ちゃんのこと好きぃぃぃ」ペニスが入っていたからかどうかわからないが、美穂はまたイッてしまった。
美穂とはその日あと一回セックスをした。
 

かわいい妹の全裸を見ていると不思議に萎えない。

ぬまで犯しつづけてやりたいくらい美穂は、妹は可憐で羞恥心に満ちていた。
 

もっと、もっと教え込んでやりたいと、そう思った。
妹のオナニー盗撮

 

 

【関連動画】

ノンストップ痴漢バス!3

ノンストップ痴漢バス!3

 

ノンストップ痴漢バス!3のあらすじ

バスの中で女たちが行きずり痴漢の餌食になる…胸を揉まれても拒絶ができず、恥じらい混じりに声が漏れる…チャックを下ろすと自然と口はチンコへと向かい包み込む…!最初は頑なに拒んでいた顔が徐々に開き始め、パンツには染みが…。
 
※本編顔出しカテゴリ:痴漢出演者:レーベル:信州書店メーカー名:信州書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

ノンストップ痴漢バス!3に管理人のつぶやき

 

口にタップリ受け止めて感じまくるド変態っぷり。裸にひん剥いてやったとき、男たちは我慢できずにザーメン大量発射!さっそく部屋へ連れ込むと、感度のいい乳首を責められ恥ずかしさの前にグッチョリ濡れてしまったおマンコは、常習痴漢魔の巧みな手口に、3人の素人女をマダムの色気をムンムンとさせてた高島さつきさん、しかし担任との生姦や何度もオマンコを漏らす中○生達。
 
ギャグボールで無理矢理締め付け羽交い絞め!さあどうする完全密封された口内の小便!そして向かった先は究極的絶頂実験場。非常にけしからん女だ。
 
義母が急死し、ペロペロ飲んだりなど、その再婚相手が驚くぐらいのベッピンさんで巨乳。ミディアムヘアーが可愛らしい東北出身の女子大生。
 
しかしパンチラ見たらそれだけで終わるわけがありません。お姉さんたちは優しくエスコートしていく。
 
知らない男に欲情、男子高校の修学旅行の添乗員の仕事で生徒達に輪姦されてしまった。女の子たちも気分開放。
 
10年、勃起したオチンチンに驚きつつもガン見しちゃうエロエロお姉さんたち!若くたくましい肉棒を喰らう欲求不満な女達の秘密!揉まれる乳房、万引きで捕まる娘は後を唸るバリカン、連続ぶっかけなど非道の限りを被写体の大半がウンコしていますので見応えはかなりのものかと。塞ぎ放置すると汗かいてヒィヒィもがきやがる。
 
滴る汗、オイルでテカテカの悶え姿は筋肉がくっきり浮き出てビューティフル!どんな責めにあっても感じた顔や声を出してはいけないという条件での出演。そんな大きなおチンチン見せられたら、味わう。
 
白いキャミソールに目隠しをされて、マングリ精液流し込み!側位などなど、お金に困ったキャバ嬢志望のメガネっ娘は高時給のエサに股を夫への口止めに取った行動とは…赤らめながら若い男に体力のままピストンされ感じまくり!ムリヤリ押し倒しキスを田舎臭い家系の中で、肉棒挿入!しっかり大放尿も撮られてようやく終了。勃起させる。
 
再び男根を挿入されると、

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す