雀荘スタッフの色気むんむん巨乳お姉さんがおちんちん優しく抜きぬきしてくれたエロ体験(2)


 

 

まりませんでした。
 

雀荘スタッフの色気むんむん巨乳お姉さんがおちんちん優しく抜きぬきしてくれたエロ体験(2)(イメージ画像1)

 
どんどん奥さんとの距離が、セックスへの距離が近づいているのを感じていました。
 

 
あのTシャツを盛り上げる胸を、ブラの下にあるおっぱいを揉める日が近づいていると思いました。
 

雀荘スタッフの色気むんむん巨乳お姉さんがおちんちん優しく抜きぬきしてくれたエロ体験(2)(イメージ画像2)

 
もうすっかり奥さんのことが好きになっていました。
 

 
しかし童貞の俺はここからどうやって攻めればいいのか悩みに悩んでいました。

 

むりやり押し倒しても、きっと奥さんなら許してくれる。
 

 
そうは思うのですが…万が一拒絶されたら、この楽しい奥さんとの時間が無くなるかもしれないと思うとふんぎりがつきませんでした。
 
そんなある日のことでした。
 

 
いつものように、奥さんの透けブラを眩しく見ながら作業していましたが、雷が鳴りだし雨の気配がしてきました。
 
「どうしよう傘ないよ」
「僕も持って来てないです」
「掃除まだ途中だけど、終わりにして早く帰ろう」急いで帰り支度をしたのですが、間に合わず雨が降り出してきます。
 

 

「僕が駐車場まで走って、車持ってきますね」
「いいよ、私も走るよ」止めたのですが、言うことを聞いてくれず、2人で走り出しました。
 
しかし猛烈に雨足が強く、すぐに引き返して店に戻りました。
 

 
「すごい雨ね」
「すごいですね。でも天気予報で雨って言ってなかったからすぐ止むと思いますよ」
「そうだといいけど・・・。すっかり濡れちゃった・・・」奥さんがカーディガンを脱ぎだします。
 

 

Tシャツが濡れていて、濃紺のブラジャーが完全に模様まで見えています。
 
薄いTシャツがぴったり張り付いて、いつも以上に透けています。
 

 
「これで、拭いて」奥さんが、おしぼりとタオルを探して渡してくれました。
 
「すごい濡れちゃったねえ。シャツもズボンもびしょびしょ」
「体にくっついて気持ち悪いですね」奥さんが、拭いているのをちらちら見ながら自分も、Tシャツを脱いでハンガーにかけて乾かし、体を拭きます。
 

 

の人は、こういう時楽でいいよね」
「でも、奥さんだって乾かさなきゃ、風邪引いちゃいますよ」
「うん、そうだけど・・・ここじゃ脱げないでしょ、おにいちゃんいるしw」Tシャツの下にタオルを入れて拭きながら話しかけてきます。
 
おっぱいが弾むように揺れています。
 

 
少しいたずらっぽい目をしているように思いました。
 
「着てる意味ないくらい透け透けになってますよ」思い切って言ってみました。
 

 
「えーwそんなに透けちゃってる?」
「貼り付いてすごいです」
「やだw恥ずかしくなっちゃうでしょ」
「でも、いつも透け透けだし」
「もうw」奥さんは少し照れたような顔をしていました。

 

外からは、土砂降りの雨の音しか聞こえません。
 

 
少しの沈黙の後「それじゃあ脱いじゃおうかな」奥さんがTシャツに手をかけました。
 
白いお腹が見えてきます。
 

 
頭がくらくらしてきて、ごくっと生唾を飲み込んでしまいます。
 
「後ろ向いててよwあんまり見ないでね」慌てて、後ろを向きます。
 

 

「張り付いてて、脱ぎにくい」
「足にくっついてて脱ぎにくいな」後ろで奥さんの脱いでいる気配が伝わってきます。
 
(まさか・・・まさか奥さん、ズボンまで脱いでるのか?)(この音の感じは絶対脱いでる)振り向きたくてたまりません。
 

 
見てみたくてたまりませんでした。
 
(見たい。見たいけどさすがに怒られるかな)(でも、こんなチャンス二度とない)(透けブラは見せてくれた。大丈夫奥さんなら怒らない)頭の中にはいろいろな考えが浮かびます。
 

 

フル回転です。
 
Tシャツを干している気配になりました。
 

 
見てみたい誘惑に勝てませんでした。
 
思い切って振り向きました。
 

 
奥さんがすぐそばにいます。

 

い身体に濃紺のブラジャーとパンティーだけです。
 

 
憧れの奥さんの、ものすごい姿です。
 
「こら、後ろ向いててって言ったでしょ」
「あんまり見ないでねって言ったから、少しならいいのかなって・・・」
「バカね」奥さんが笑ってくれます。
 

 
怒っていないようです。
 
「だって直に見るの初めてだし」
「もうw少しだけだからね」すごい光景でした。
 

 

タオルで拭く小さな動きなのに、おっぱいが揺れ動きます。
 
胸の下の辺りを拭いています。
 

 
おっぱいが持ち上げられて、すごいことになっていました。
 
ブルンブルン揺れ動きます。
 

 
おっぱいが大暴れです。

 

目が離せませんでした。
 

 
「おにいちゃん見過ぎだよ」少し赤い顔になっています。
 
「すごい・・・奥さんのおっぱい暴れてる」
「もうw」飲み込んでも飲み込んでも生唾が出てきます。
 

 
息が荒くなってきます。
 
痛いくらいに勃起していて、触らなくても出てしまいそうでした。
 

 

「ブラまで濡れちゃってる。はずして拭けたらな」奥さんがこっちをちらちら見ながら言います。
 

 
からかうような口調でした。
 
「でも、Hな目で見て来るし」
「じゃー後ろ向いてます」
「またすぐこっち見ちゃうんでしょ?」じっと見ていても、奥さんはかまわず身体を拭き続けています。
 

 
長い時間に感じました。

 

際は大した時間ではなかったと思いますが。
 

 
拭き終わった奥さんが、タオルを置きました。
 
すごい色っぽい表情で言います。
 

 
「おにいちゃんじっと見すぎw」
「たまりませんでした」
「たまらなかったの?ふふwたまっちゃったんでしょ?」
「え?」
「そこ・・・ズボンの前・・・すごいよ」見るのに夢中になりすぎて隠すのを忘れていました。
 
「おにいちゃんもズボン脱いで乾かしたら?窮屈そうだよ」目をじっと見て言ってきます。
 

 

今脱いだら勃起してるのばれる。
 
いやもうばれてるから関係ないのかむしろ見せた方がいいのか。
 

 
奥さんとセックスできるのかベルトに手をかけてゆるめました。
 
濡れて脱ぎにくいなと思いながら脱いでいきました。
 

 
恥ずかしいなとも思いましたが、勃起を隠さないようにしました。

 

むしろ奥さんに見せつけるような姿勢をとりました。
 

 
「すごいね・・・テント張ってるみたい・・・」
「だって奥さんが色っぽすぎる・・・」
「もうwそんなことないよ」奥さんはじっとパンツの盛り上がりを見たまま目を離しません「奥さんのこと考えただけで・・・」
「考えただけで?・・・考えただけで、おちんちん大きくなっちゃうの?」
「なっちゃう。透けブラたまらなかった。いっつも勃起してた」
「うん・・・わかってたよ。おにいちゃんいっつもズボンの前パンパンにしてた」自分の声も興奮でかすれ気味になりましたが、奥さんの声も同じようにかすれ気味になっています。
 

 

(奥さんも興奮してる。セックスする。今日こそセックスできる)「でも、奥さんだって」
「ん?」
「奥さんだって、透けブラ見せてくれてた・・・」
「うん・・・見せてた。おにいちゃんに見られてうれしかった」もう喘ぎ声のような感じでした。
 

 
「だっておにいちゃん、すごい目で見てくるんだもん・・・」
「だから見せてくれたの?」
「うん・・・わざとおっぱい揺れるように動いたりもしてた・・・」
「すごい揺れてたよ。ゆっさゆっさしてた・・・」
「ああ、見せたかったの。おにいちゃんが大きくしてくれるのがうれしかったの・・・」奥さんは立っているのがやっとなくらいクネクネ身体を動かしていました。
 

 

っぱいが小刻みに揺れ動いています。
 
「今だってそうなってるよ」
「うん・・・わかるよ、パンツの前すごいよ・・・」2人の荒い息と、雨の音しか聞こえません。
 

 
「奥さんのおっぱい見たい」
「ああ・・・うん」奥さんが手を後ろに回してブラジャーをはずしていきます。
 
締め付けから解放されたおっぱいが、あふれるようにでてきました。
 

 
「すごい・・・」
「あん・・」
「思ってたより、ずっとすごい・・・ずっと見たかった・・・」
「ああ・・・おにいちゃんに見せたかった・・・見てほしかった・・・」荒い息で苦しそうに呼吸しています。

 

喘いでいる奥さんにゆっくり近づきます。
 

 
奥さんは上気したような、うっとりした表情でこっちを見ていました。
 
両手でおっぱいを鷲掴みにしました。
 

 
ものすごい柔らかさです。
 
ものすごい重量感で、指の間からあふれ出るようでした。
 

 

思う存分揉みまくります。
 
「すごい・・・奥さんのおっぱいすごい・・・すごすぎるよ・・・」
「ああ、ああん」
「ずっと触りたかった・・・揉みまくりたかった・・・」
「うん・・・はあん・・・触って・・・いっぱい触って・・・」
「奥さんのおっぱい・・・でっかいおっぱい揉みまくるよ・・・」
「ああ・・・ああん・・・気持ちいいよ・・・おっぱい気持ちいいよう・・・」喘ぎながら、身をくねらせている奥さんたまりませんでした。
 

 
ずっと夢見てきた瞬間でした。
 
喘いでいる奥さんに、むしゃぶりつくようにキスしました。
 

 
奥さんも激しく応えてくれます。

 

舌をこじいれ舐めまくります。
 

 
奥さんの舌を吸いまくります。
 
「はあん・・・おにいちゃん・・・大好き・・・おにいちゃん大好き・・・」
「俺も・・・俺も奥さんが大好き・・・美幸さん大好き・・・」
「ああ・・・おにいちゃんのどうなってるの?・・・おちんちんどうなってる?」
「硬くなってるよ・・・やばいくらい硬くなってるよ・・・」
「見せて・・・ああ・・・おちんちん見せて・・・」ゆっくりパンツを脱いで裸になりました。
 

 
奥さんもパンティーを脱いで裸になってくれます。
 
痛いほど勃起した息子を奥さんに見せつけました。
 

 

まで反り返るほど勃起しています。
 
「ああ・・すごい・・おにいちゃんのすごい・・・触わらせて・・・触りたいの・・・」奥さんの手がのびてきて、勃起を握ってきます。
 

 
「ああ・・・硬い・・・すごい硬くなってるよ」
「奥さんが・・・奥さんが色っぽ過ぎるからだよ・・・」
「ああ・・・うれしい・・・硬いおちんちん好き・・・」すごい快感です。
 
憧れ続けた奥さんがうっとりして触ってくれるのです。
 

 
「いっつもしてたでしょ?・・・おちんちん擦ってたでしょ?」
「してたよ・・・奥さんの事考えて擦ってたよ・・・毎日擦ってたよ・・・」
「どんなこと?・・・どんなこと考えて擦ってたの?」
「セックスすること・・・後ろからおっぱい鷲掴みにして・・・セックスすること・・・」
「ああ・・・したい・・・おにいちゃんとしたい・・・して・・・セックスして・・・」
「するよ・・・今からするよ・・・奥さんとセックスするよ・・・」たったまま、奥さんを後ろ向きにして雀卓につかまらせます。

 

初めてなのにバックでうまくできるか不安だったのですが、奥さんが後ろ手に掴んで導いてくれます。
 

 
ほんの少し抵抗を感じたと思った瞬間、ぬるっとした感触がしました。
 
「ああ・・入ってきた・・・おにいちゃんのおちんちん入ってきた・・・」
「やってる・・・セックスしてる・・・奥さんとセックスしてる・・・」
「うん・・・セックスしてるよ・・・おにいちゃんとセックスしてるよ・・・」
「すごい・・・奥さんの中気持ちいい・・・ぬるぬるしてる・・・すごいぬるぬるしてる・・・」
「ああ・・ああん・・・硬い・・・奥まで・・・奥まで入ってる・・・」
「いっぱいする・・・奥さんとセックスする・・・やりたかったこと全部する・・・」
「そうして・・・ああ・・・セックスして・・・いっぱいセックスして・・・」後ろから手をまわしておっぱいを鷲掴みにします。
 

 
あの憧れ続けた奥さんを、想像の中で何度も犯し続けた美幸さんを、自分の勃起が刺し貫き喘がせているのです。
 
本能のまま、おっぱいを揉みまくり、腰を振りまくります。
 

 

「ああ・・・すごい・・・おっぱい気持ちいい・・・」
「奥さんのおっぱい・・・美幸さんのおっぱい・・・俺のだ・・・俺のおっぱいにする・・・」
「うん・・・おにいちゃんのだよ・・・おにいちゃんのおっぱいだよ・・・」
「おまんこも・・・美幸さんのおまんこも・・・俺のにする・・・」
「はあん・・ああ・・・おまんこも・・・美幸のおまんこも・・・おにいちゃんのおまんこだよ・・・」
「全部・・・全部俺のにする・・・美幸さん全部俺のにする・・・」
「うん・・・ああ・・・そうして・・・おにいちゃんの女にして・・・おにいちゃんの女になりたい・・・」興奮と快感で頭の中が真っ白になってきます。
 
憧れ続け、オナペットにして空しく精液を出し続けた奥さんを、あの美幸さんを自分のものにできたのです。
 

 
ものすごい征服感と充実感でした。
 
初体験の自分が、そんなに長く持つはずもなく、限界はすぐそこに近づいていました。
 

 
「いきそう・・・・奥さんの中すごい・・・気持ちよすぎる・・・」
「ああ・・・うん・・・外に・・・ああ・・・外に出してね・・・」
「え・・・出したい・・・奥さんの中に・・・中で出したい・・・」
「え・・・あ・・・うん・・・ああん・・・そうね・・・おにいちゃんなら出してもいい・・・」
「いいの?・・・ほんとにいいの?・・・中で出してもいいの?」
「うん・・・ああ・・・中がいい・・・おにいちゃんの中でだして・・・中にほしいの・・・」おっぱいに掴まるようにしてラストスパートに入ります。

 

頭のてっぺんまで快感が突き抜けていくようです。
 

 
「いくよ・・・奥さん・・・いくよ・・・」
「いって・・・いっていいよ・・・いっぱいだして・・・美幸にだして・・・」
「うん・・・でるよ・・・ああ・・・奥さん・・・美幸さんの中にだすよ・・・」
「きて・・・ああ・・すごい・・・おっきくなってる・・・でそうになってるのわかる・・・」
「美幸さん・・・ああ・・・美幸・・・でそう・・・でる・・・」
「ああ・・・あああああ・・・」思いっきり奥まで突き入れました。
 
すさまじい射精感でした。
 

 
びゅっびゅっと精液の出る音が聞こえそうに思いました。
 
「あああ・・・でてる・・・おにいちゃんのでてる・・・」
「あああ・・・美幸・・・美幸・・・」
「ああ・・すごい・・・いっぱいでてる・・・精液、中にいっぱいでてる・・・」気を失いそうな快感でした。
 

 

高の初体験をしたと思いました。
 
気が付けば、満足と疲労を感じながら、奥さんに覆いかぶさっていました。
 

 
奥さんも、はぁはぁ荒い息をしています。
 
奥さんを支えて、ソファーに座らせます。
 

 
2人でキスしながらしばらく抱き合っていました。

 

「奥さんすごかった。すごい気持ちよかった」
「うふふ、しちゃったね。セックスしちゃったね」
「うん、したかった。奥さんとずっとしたくてたまらなかった」
「いっつもおちんちん硬くしてたもんね」
「だっておっぱいがすごすぎて」
「いつ襲ってきてくれるか楽しみに待ってたんだよ」
「襲いたくてしょうがなかったけど、奥さん人妻だし・・・こっちは童貞だし」
「その人妻に中出ししちゃったくせに」マスターとはもう何年もセックスしていなかったこと。
 

 
掃除の時も、帰りの車の中でもいつ襲われるか期待して濡らしていたこと。

 

メールしながら、奥さんもオナニーしていたこと。
 

 
セックスの時に、美幸と呼び捨てにされてうれしかったこと。
 
いっぱい白状させました。
 

 
恥ずかしそうに告白する奥さんにたまらず、明け方まで店の中でセックスし続けました。
 
その後も、大学を卒業するまで関係が続きました。
 

 

いつまでも色っぽく素敵な女性で飽きることなくセックスしました。
 
巨乳でのパイズリもたまらない気持ちよさでした。
 

 
何リットルの精液を奥さんに搾り取られたのか。
 
奥さんは軽いM気があり、透けブラさせたまま接客をさせてみたりもしました。
 

 
「美幸ちゃんブラジャー丸見えだぞ」
「でっけーなぁ。メロンみてえだw」
「1回でいいから揉ませてくれやw」とからかわれていました。
 

 

んな日は、いつも以上に乱れてくれ何回もセックスを求められました。
 
おかげですっかり年上好き、巨乳好きになってしまいました。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す