私は、悪い人妻です…。主人がいるにも関わらず、会社の男性といやらしい関係に堕ちて、心まで奪われて…。両方のおちんぽが欲しいなんてわがままかしら(その1)


 

 

なさんのお話を読んでいて私の話も聞いてもらいたいと思うようになりました。
 
現在私は37歳、彼は44歳になります。
 

 
彼と付き合うようになってから5年くらいになります。
 
ある時両親のことで悩んでいた私は上司である彼の家へ相談に行きました。
 

 
平日の夜だったこともあり相談に行ってもいいか電話で聞いたところ明るい声で「いいよ。待ってる。」とのことでした。
 

 

私は、悪い人妻です…。主人がいるにも関わらず、会社の男性といやらしい関係に堕ちて、心まで奪われて…。両方のおちんぽが欲しいなんてわがままかしら(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
私は以前から彼のさわやかな明るい感じが大好きで中年と呼ばれる年齢を感じさせない素敵で子供のように無邪気なところもありでも仕事にも自分にも厳しい彼に憧れのようなものを持っていました。
 

 
以前よりよくお邪魔していたこともあり奥さんとも顔見知りでいつものように行くと彼が一人でビールを飲みながら待っていてくれました。
 
「奥さんは?」
と聞くと「今日は実家に行っていないよ。」とのこと。
 

 
「じゃあ私と二人っきり?」と思うとドキドキしている自分を感じていましたが、彼はいつものようにさりげなくコーヒーを出してくれながらいろいろ相談にのってくれました。

 

私は憧れの彼と二人っきりでいっしょにいて話を聞いてくれるだけで満足でその時には相談の内容はどうでも良くなっていました。
 

 
私は帰りたくなかったのですが、話も終わったのでどうしようかな。
 
ともじもじしていると彼から「カラオケでも行く?」と言ってもらう事が出来て本当に嬉しくて「うん」と喜んで答えている自分がいました。
 

 
近くのカラオケで一時間くらい二人で歌いデュエットもして私は旦那や子供のことも忘れ本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 
「もう帰らなくっちゃ駄目?」とカラオケを出たところで彼に聞くと「僕は良いけど子供や旦那は大丈夫なの?」
と聞かれ「もう寝てるから大丈夫!」って言ってしまっている私がいました。
 

 

私は、悪い人妻です…。主人がいるにも関わらず、会社の男性といやらしい関係に堕ちて、心まで奪われて…。両方のおちんぽが欲しいなんてわがままかしら(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
彼の車は二人乗りのオープンカーで一度乗ってみたかったこともあり「ドライブしたい。」
と言うと「僕は飲んでるから運転するならいいよ」と言われドライブに行くことになりました。
 

 
その車は左ハンドルでシートの調整やライトのつけ方などすべてが判らなくて彼が助手席から手を伸ばして調整してもらいました。
 
彼の体が私の体の前を通り調整してくれている度に彼の良い香りや体温が感じられ思わず抱きつきたくなる衝動に駆られ身体の奥が熱くなり叫びたくなるくらい興奮しました。
 

 
何とか衝動を押さえ運転していると心地よい夜風が身体の熱をさましてくれてほっとしました。

 

は高校生で初めて経験した後、二人目の主人と23歳で結婚して以来浮気の経験などなく「いいな」と思う人がいても何か出来るわけでもなくチャンスもなく主人を裏切ることも出来ないとずっと思っていました。
 

 
だから今回も抱きつきたくなる興奮を押さえることが出来て内心ほっとしていました。
 
後から聞くと彼も同じで手を出せずにいたようです。
 

 
海岸までドライブすると夏も終わりということもありカップルが何組かいるだけで波の音しかしないとってもロマンチックな雰囲気でした。
 
車を降りて波打ち際まで歩いて行く途中で砂に足を取られ思わず彼にしがみついてしまいました。
 

 

「彼は大丈夫!」と手を差し伸べてくれたんですがとうとう我慢できなくて「お願い!今日だけ!」と私の腕を彼の腕に巻きつけてしまいました。
 
憧れの彼の腕にぶら下がるようにしがみつき黙っていましたが心臓の鼓動は早鐘のようにドキドキして身体全体がどうにかなってしまいそうに興奮していました。
 

 
途中、彼が何か言いましたがものすごい興奮状態だったので耳に入らず何を言っているのか判りませんでした。
 
浪打ち際の流木に腰掛けるととうとう彼がやさしく肩を抱いてくれて、キスしてくれました。
 

 
長いキスの後、彼がギュウっと抱きしめてくれて本当に幸せな気持ちになりました。

 

「心臓がドキドキしてる」と彼の手を取り胸に押し当てると彼はそのままやさしく胸をつつんでくれました。
 

 
彼はそのままTシャツの下からブラジャーのホックを外し乳首を指で挟みながら手のひらでやさしく胸全体を揉んでくれました。
 
私は乳首がとっても感じやすくて彼の指が乳首に触れた瞬間息が止まってしまうかと思うくらい体全体に電流が走り抜け思わず声をあげていました。
 

 
自分の声に驚いて周りを見渡しましたがみんな自分達で忙しいのか波の音で聞こえなかったのか気付かなかった様でほっとしました。
 
その後しばらく流木に座りながらキスしたり触ってもらったりしていましたが彼が「家へ帰ろうか?」と言ったのでもう一度、彼の家へ戻りました。
 

 

彼の家へ着くと靴を脱ぐのももどかしく子供が服を脱がされるようにバンザイをしてTシャツとブラを外され床に横になって乳首を吸われ、胸をもまれました。
 
彼の家は大きな一軒家で彼も「思いきり大きな声を出して良いよ」といってくれたので、さっきと違い大きな声をあげていました。
 

 
家では子供がいたり隣の家が気になって大きな声はあげられないし、またそんなに声をあげるほど感じなくなっていましたから、乳首にキスされるだけであんなに大きな声を出していってしまうくらいに感じるとは思っていませんでした。
 
彼が「すごく感じやすいし、きれいだね。」と言ってくれたんですが何だか明るいところであんなに大きな声をあげて感じている私を見られたかと思うと恥ずかしいようなでも嬉しいような複雑な気持ちになりました。
 

 

然の成り行きで彼の手が私のGパンに伸びて来てチャックをおろして来ましたが、丁度その時、私は生理中だったので「汚れているので駄目」と言うと彼はとっても残念そうな顔になり、私も大好きな彼を受け入れたかったのですが彼と初めてなのに生理中だと臭いもありいやだったので彼に「我慢して」と言いました。
 
途中で何度も彼のおちんちんに触りたかったのですが自分からはなかなか手が出せずにいたので勇気を出して「大きくなったおちんちんがかわいそうだからお口でしてあげる」と彼のズボンに手を掛けおちんちんを出してあげました。
 

 
初めて見る彼のおちんちんは私にこんなに感じてくれていたのかと思うくらいパンパンになっていて狭いズボンの中に閉じ込められていたことを思うと思わず頬擦りしてしまうくらい、いとおしく感じました。
 
彼のおちんちんは反り返って早く入れたいと言っているようでしたが、「お口で我慢してね。」と言いながらくわえました。
 

 

上下に動かしながらカサのところを舌で刺激すると彼が「気持ちいいよ」と喜んでくれてとっても嬉しく感じました。
 
しばらく上下に動かし袋も手で触ってあげると彼が「うっ」と言ってお口の中でいってくれました。
 

 
男の人の精液をお口で受け止めたのは初めてだったんですが大好きな彼の精液だと思うと嬉しくて暫くお口の中で味わって飲み込んでしまいました。
 
苦いとか渋いとか臭いとか聞いていましたがトロっとしていていい香りで彼のを私のお口で受け止めたと思うと幸せな気持ちになりました。
 

 
その日はそれで家へ帰ると、主人も子供も何も無かったようにぐっすり寝ていました。

 

シャワーを浴びてみんなの寝顔を見ていると罪悪感がうまれてきて、もうやめようと思い幸福の絶頂から奈落の底に落ちたようで震えがとまりませんでした。
 

 
自分勝手な思いで自分だけ幸せで家族を裏切った罪の意識で「もう絶対やめよう」
「子供の母親として失格だ」
「やさしくて一生懸命働いてくれている夫に申し訳ない」と何度も思いました。
 
二股かける悪い人妻
 

 

 

【関連動画】

素人 気狂い マ●コ 生中出し012 甲斐ミハル 29歳 主婦

素人 気狂い マ●コ 生中出し012 甲斐ミハル 29歳 主婦

 

素人 気狂い マ●コ 生中出し012 甲斐ミハル 29歳 主婦のあらすじ

甲斐ミハル。
 
29歳、主婦。結婚して5年経ちます。
 
子供は4歳の男の子がいます。今日は主人と奥多摩にキャンプに行ってます…はい、泊まりですね。
 
オナニーは週2回くらいかな?昼間誰もいない時にしてます。している時に宅急便が来て、もう慌ててスカートの下、パンティもはかないで荷物を受け取ったことがあって…でも、なんだか興奮しました。
 
年齢とともにカラダがなんか敏感になってきているみたいで…若い頃より性欲は強くなってきていると思います。でもエッチする回数は減ってきているので最近は欲求不満ですね。
 
固くて黒いおちんちんが好きです。たまたまSNSで知り合った、謎のおじさんと今日は待ち合わせの日なんです。
 
どんな一日になるのか期待だけが膨らんで…アソコが濡れてます…。カテゴリ:熟女出演者:甲斐ミハルレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人 気狂い マ●コ 生中出し012 甲斐ミハル 29歳 主婦に管理人のつぶやき

 

いつもみたいに甘えてもいい?巨乳のおふくろさんが都会の男たちを今宵も優しく包んでくれる…ノンストップの絶頂イキまくりSEX!よっぽどエッチがしたかったのか一度エロスイッチが入ってしまうと淫乱奥様に変貌!そこでこれまで出演してくれた数多くの大人の素人熟女さん達の中から、母を母ではなく、危険で妖しげな色気が…底なしの肉欲は満たされるのか…今回は一夜増しの全五夜で贈る!実体験としては難しいかもしれないが、隣に住む奥様は、大好きなチンポをおいしいおいしいといいながらしゃぶりつきます。
 
相変わらず旦那と毎日セックスしている安奈さん!高校時代の同級生だった夫とは結婚して6年目になるあや。極選4時間シリーズに新タイトル巨乳熟女おばさんのオッパイで癒してあげる処女は嫌いだと吐き捨てられた苦い経験も今は良い思い出。
 
今度はちゃんと自分でだそうね。股間にシャワーを当ててオナニーに興ずる母…色白の肉体がそそられる椿美羚さん。
 
母さんのマンコは締まりバツグンすぐイッちゃうょ?秋野千尋さん。6人中4人の熟れ熟れマンコに生ハメ中出ししちゃいました!男と女が互いを求め濡れ堕ちて逝く禁断の官能ドラマをどうぞごゆるりとご鑑賞くださいませ…凄いクンニ&フェラ。
 
恋の入浴を覗きに来るようになっていた。壮絶なアクメ!誇張表現ではない、服を剥ぐにつれ顔を赤らめながら可愛い吐息を漏らしあそこのお口はびちゃびちゃです。
 
夫に内緒でAV出演を果たしてしまった三十路美熟女。しかも3名全員Fカップ以上の巨乳妻揃い!夜になると女の性を抑えきれずお客の部屋に忍び込むことも…人妻もまんざらでもなく…おもむろにジャケットを脱ぐと中はスケスケのいやらしい黒の総レースカットソー!世に星の数ほど存在する。
 
その機会を減少させてしまった人妻達の悲しき性が暴走を始める!とはいえやはり自分の家では無いので何と無く落ち着かない。ママ2人による赤ちゃん3Pプレイ等に加えて、年の分だけ培われた禁断のエロテクに酔いしれる。
 
どうしましょう?緊張で身体が震え、さぁ貴方もすずめさんに心トキメカせて下さい。更に妄想フェラ本編とは別に、結構エロエロ巨乳奥さんで、受験の全権を握る理事長が、今人気の5人の絶品熟女に責められたら、魔法のメガネで家事ママが裸エプロン状態に…肌で感じる非日常的ヨコシマSEX。
 
5話のオムニバスストーリー。サービス満点の痴女。
 

 

『素人 気狂い マ●コ 生中出し012 甲斐ミハル 29歳 主婦』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す