同窓会ってどうしてときめくのかな…。元カノだってとうに人妻なのに、昔のように気軽に声をかけ、気軽にハメることができ…気が付いたら泥沼ダブル不倫でした(その4)


 

 

ファ-に浅く座りバスタオルを取り足を広げ陰茎を露わにした。
嫉妬心で硬くなっている。
 

人妻充子は無言で陰茎を掴むといつになく激しく口唇と舌を使い濃厚なフェラを始めた。
「深く咥えろ」
「うぐっうぐっすごいっ硬いっ」と淫靡なフェラを続けさせ「木村のは硬かったか」と言葉攻めすると「もうっだめっ」と立ち上がり跨ぐと硬い陰茎を生膣にあてがい腰をしずめてきた。
 

「ううっアッきついっアアッアッ~」と腰を動かしながら艶声を出しはじめた。

 

同窓会ってどうしてときめくのかな…。元カノだってとうに人妻なのに、昔のように気軽に声をかけ、気軽にハメることができ…気が付いたら泥沼ダブル不倫でした(その4)【イメージ画像1】

 
「木村の陰茎も生膣に咥えこんだんだな」
「イャァ~言わないで~イイッ~」と人妻充子は生膣深く陰茎を咥え込んだまま仰け反ってきた。
 

ソファ-に手をつかせバックで人妻充子の生膣を突き捲くりながら「木村も生膣を突き捲くったのか」
「そんなぁ~イヤァ~」腰を掴み生膣奥深く突きと「アアッいっちゃう~もうっイクッ~」ぐったりとソファ-に仰向けになった人妻充子の両足を抱え上げ屈曲位で生膣深く挿入し突き捲くると「もうっダメェ~いきそうっアッ~アアッ~」
「木村にも艶声を出して悶えたのか」
「イヤイヤァ~おかしくなっちゃう~もうっイクッイクッイグッ~」眉間に皺を寄せ焦点の定まらない眼差しを向けてきた。
「木村の出した充子の生膣に出すぞ」
「イヤァ~イグッイグッ~イグッ~中にっ中に出してぇ~」部屋に響き渡る人妻充子の艶声を聞きながら「いくっ」ドクッンドックンドクッドクッと快楽に任せるまま人妻充子の生膣深くたっぷりと精液を放った。
 

「アアッ~イグッ~」と人妻充子がしがみついてきた。
グッタリしたまま足を開き生膣から滴る精液をソファ-に垂れ流している人妻充子を眺めていると「もうっすごすぎるわ」と生膣から滴る精液をティッシュで拭き始めた。
 

 

淫靡に姿態である。
部屋を出る時「あなただけよあなたしかだめなのはなさないで」と抱きついてきた。
 

人妻充子と快楽の極みの中で生膣深く生中だしするセックスは終わった。
いままで気持ちよく中だしを受入れてくれ続けた人妻充子に感謝しながら車を降りるとき人妻充子が「また会えるかしら」と言ってきた。
 

何も答えず振り向かずに車をだした。

 

同窓会ってどうしてときめくのかな…。元カノだってとうに人妻なのに、昔のように気軽に声をかけ、気軽にハメることができ…気が付いたら泥沼ダブル不倫でした(その4)【イメージ画像2】

 
同窓会の開催通知が届いた。
 

前回からもう5年が過ぎようとしていた。
たまにミニ同窓会を開くがみんな元気である。
 

人妻充子は木村との不倫そして妊娠が旦那の知るところとなり離婚した。
堕ろした後実家近くの賃貸マンションに住み事務員の仕事についている。
 

 

村は再婚したがほどなく再婚相手は妊娠した。
充子との不倫そして妊娠が発覚し流産しバツ2になった。
 

バツ1の原因を学習することなく繰り返した報いであろう。
木村は充子のマンションに転がり込み同居生活が始まり今となっている。
 

充子からは年1、2回木村への不満や愚痴を聞いて欲しいと連絡がくる。

 

愚痴話など口実で足を開かせると歓喜の艶声の中生膣深く全て受入れ満足して帰って行く。
 

充子の生膣には1度もゴムを着けずに気持ちよく放出させてもらっている。
前回は木村の車の中で充子の話を聞き堪能しシ-トに充子が受入れた私のものを垂れ流しシミになっていることを木村は気づいていない。
 

美紀は私と続いているし今シャワ-を浴びている。
一度旦那に密告電話があり危機を迎えたが美紀が上手く誤魔化してくれた。
 

 

美紀にもゴムを1度も着けず毎回生膣深く中だししている。
シャワ-を終えた美紀が隣に座った。
 

「久しぶり会いたかった」
「わたしも」胸を揉み乳首を吸いながらバスタオルを剥ぎ取りソファ-の上でM字開脚させた美紀のパイパン生膣を舌先でゆっくりと舐め上げクリトリスに吸付く。
「アッアアッ~」と頭に手を添え美紀が小さく艶声を出した。
 

しばらく美紀の生膣と淫汁を舐め味わい、ソファ-の前で仁王立ちになる。

 

「もういつも元気なんだからうれしいっ」美紀は反り返っている陰茎を淫靡な口唇で咥え込み濃厚なフェラを始めた。
 

「ウグッウグッ硬いわ」深く浅くそして激しく美紀は口唇をすぼめ前後に動かし味わっていた。
ソファ-に浅く座り陰茎を衝きたて「おいで」と誘うと美紀が両足を拡げ跨りながら「今日は危険日なのよ奥深く浴びせかけて」淫汁で濡れるパイパン生膣に陰茎をあてがうと対面座位で美紀は覗き込みながら生膣深く咥え込むように腰をしずめた。
 

「アウッアウッきついわアッイイッ~アッアアッ~」美紀の腰を掴みパイパン生膣の締りとまとわり感を味わうように突き上げた。
美紀を浅く座らせ両足を持ち上げゆっくりと生膣を楽しみそしてソファ-も揺れるほどガツンガツンと激しく突きはじめると「アッすごいっアアッ~壊れちゃう~壊れるぅ~」と美紀は歓んだ。
 

 

足を背もたれに掛け美紀に覆い被さり「美紀締りが良くて最高さ」
「イヤッ言わないでもうっ~もうっあなただけよぉ~」美紀がしがみついてきた。
片足を抱え生膣を突き出させ深く浅く美紀の生膣を堪能した。
 

「美紀いっしょに」
「イイッ~アッ~いきそッ~.」美紀のパイパン生膣を激しく奥深くへと突き始めた。
「うれしいっもうっイクッアアッイクッイクッ中にイグゥ~」痙攣し始めた美紀のパイパン生膣を堪能しながら「美紀危険日の中に出すぞ」ドックンッドックンドクッドクッと浴びせかけるように精液を放った。
 

「アグッ~ずこいっ~イグッ~」眉間に皺を寄せ爪をたてながら美紀が痙攣パイパン生膣を押し出してきた。

 

最高に美味しい美紀に体を重ね淫靡な生膣の余韻を楽しんだ。
 

グッタリと両足を開いたまま受入れたばかりの精液を垂れ流す美紀の生膣を鑑賞していると「シャワ-使ってくるわ」と股間にティッシュをはさみよろよろと離れていった。
ベッドで美紀の裸体を抱き寄せ腕枕をしてやると「すごくよかったわ」
「美紀もイク時は最高さ」
「あなたに中に出される時はいつもすごいわ」
「相性が合うんだねきっと」
「うれしい」
「同窓会の案内が来たな」
「どうするの」
「欠席しようと思うんだけど美紀に会うだけで十分さ」
「わたしもよ」
「木村と充子は続いているのかな」
「この前充子に会ったら愚痴ばかり言ってたけど大変みたいよ」
「ねぇ~」と美紀が2度目を求めてきた。
 

69で美紀の濃厚なフェラを堪能し美紀のパイパン生膣を引き寄せ激しく舐め吸い味わった。
美紀が積極的に騎乗位になりパイパン生膣深く咥え込み腰を動かしはじめた。
 

 

「アアッいいわっ~もうっ好きよ離さないで」美紀の腰を掴みながら締りを堪能した。
正常位そして美紀の両足が肩に着くほど折り曲げた屈曲位で挿入を楽しんでいると「もうっダメッいきそっ~中に頂戴っ」足を広げパイパン生膣深く陰茎を咥え込み抱きついてきた。
 

「いきそっよ~またイクッイクッきてきてっ」美紀が眉間に皺を寄せると同時に「アアッアッイグッ~」とパイパン生膣を痙攣させてきた。
「美紀いくっ」激しく押し込みドックンドックンドクドクッと2度目の痺れるような快感の中美紀の痙攣する生膣深く射精した。
 

「美紀相性がピッタリだな最高だよ」
「もうっ~はなさないでね」と美紀が強く抱きついてきた。

 

他人の持物の人妻美紀にここまで言われるのは至福の極みである。
 

旦那さんもう少しの間美紀と美紀の美味な生膣を楽しませてもらいますね。
この実話投稿も終わりにしようとしていた矢先あのSC駐車場で買物帰りの人妻充子を偶然見つけた。
 

「おっ久しぶり元気」
「ええっ元気よ最近全然連絡くれないのね」
「忙しくてな木村とは上手くいってるの」
「えっまっあ~ね」と曖昧な返事をしながら寂しそうに俯いていた。
「久しぶりにお茶でもマンションまで送るよ」と人妻充子を車に乗せた。
 

 

紀には会ってるの」
「時々会うわ新しい彼と上手くいってるとかいつもゴムなしですべて受入れていると惚気ていたわ」美紀は具体的に話さず秘密を守っていることに安心しながら「木村はこの前の車のシ-トに溢した汚れについて気付いたの」
「ぜんぜん気付いていないわ」
「そうかばれなくて良かったカーセックスなんて初めてだったからな」
「最近木村の帰りが遅いの疲れたとか言って直ぐ寝てしまうの全然触ってもくれないしもう3ヶ月もご無沙汰よ」
「外に女でもいるのかな」
「少し心配だけどもう少し様子を見ようと思うの」
「3ヶ月ご無沙汰というのも木村にしてはおかしいな」
「私がバカだったのよあの時木村に会ったのがいけなかったのよもう戻れないけど」
「あまり悲観するなよ人生楽しまなくては」買物袋を持ち俯く人妻充子の手を握ってやると「もう少しお話したいわ部屋でコ-ヒ-でも」と見つめてきた。
人妻充子からの誘いを断る理由も無くマンションの部屋へ「ヘェッ~ここが木村との愛の巣なんだ」部屋を見回していると人妻充子がコ-ヒ-を持ってソファ-に座った。
 

「隣がふたりの寝室なのかな充子と木村が重なる」
「そうよでも会話と言うかアレはご無沙汰なのよ」俯きながら人妻充子はもじもじしながら頷いた。
隣に座る人妻充子を抱き寄せキスし服の上から胸を揉むと「ウッダメッアッア~久しぶりよ」としがみついてきた。
 

「でも私には木村が」
「充子とのラブホ、温泉旅行やミニ同窓会の夜のことが思い出されるな一度もゴムしなかったし今日は隅々まで綺麗にしたくなったよ」ブラウスとブラをたくし上げ人妻充子の乳房にキスマ-クをつけ生膣を弄び始めると「アアッダメッキスマ-クはばれてしまうでしょ」口では抵抗するものの生膣はグチョグチョに濡れ始めてきた。

 

スカ-トの中に手を入れ一気にパンティ-とストッキングを荒々しく剥ぎ取った。
 

「そっそんな私イヤッ~そんなつもりでは」ソファ-の上で人妻充子をM字開脚させ生膣を味わった。
「アアッ~ダメッそこっ舐められるとおかしくなっちゃぅ~アッイイッ久しぶりぃ~アアッ~」激しくクニリングスを続けるとソファ-の上で仰け反り始めた。
 

「木村にもされるのか」
「イヤッ言わないでもうっアッイイッ~」ソファ-の前で仁王立ちになると人妻充子がベルトを緩め下半身を露にしてくれた。
「ほんと久しぶりよあなたの味が」人妻充子の淫靡な口唇と舌でたっぷりとフェラを鑑賞し堪能した。
 

 

「ふたりの寝室に行こう」
「えっでも」嫌がる人妻充子を抱き寄せ無理矢理ふたりの寝室へ入った。
艶かしい雰囲気のベッドの前で急ぎ服を脱ぎ大の字に寝ると人妻充子はそそり起つ陰茎を美味しそうに咥え始めたので69になり激しく貪りあった。
 

「木村は遅いの」
「ええ今日はだいじょうぶよ」M字開脚で待ち望む人妻充子の生膣に陰茎を奥深くまで挿入した。
「アアアッアッそっそんな奥まですっすごいっアアッ~アッイイワァ~」人妻充子の生膣を久しぶりに堪能し挿入スピ-ドを速め激しく突き捲くった。
 

騎乗位になると人妻充子は生膣でしっかりと陰茎を咥え込み「アッアアッ奥にあたるぅ~イイッイキそっ~イイッイッアアッ~」寝室に響き渡る艶声を出しながら久しぶりの陰茎を生膣奥深く咥え込んだまま腰を激しく動かし続けた。

 

ベットの端で腰を突き出させ人妻充子の生膣をバックで激しく味わった。
 

「アアッすっすごいっイクッイクッいっていいでしょもうっアッ~」腰を掴みより生膣深く届くように激しく挿入し「充子いっしょに」
「アアッイクッイクッ奥に奥にぃ~中っイグッ~」腰を引き寄せドックンドックンドクッドクッと人妻充子の生膣奥深くに精液を浴びせかけるとシ-ツを握り締めながら大きな艶声を出した。
太ももをピクピクさせグッタリしている人妻充子の生膣から陰茎を引き抜くとドロッドロッと受入れたばかりの精液が滴り落ちてきた。
 

「もうっ相変わらずすごいんだから」
「木村とどっちがいい」
「だめな私ねやはりあなたを忘れられない体になってるみたいあなたを生で受け入れ中に出されてしまったのね」ティッシュで生膣を拭く人妻充子を抱き寄せ「ふたりが重なる寝室のベッドだから興奮するよ」
「でも木村が悪いのよね」
「ああ代わりに奥深くまで綺麗にしたよ」
「もうっ~あなたなしではだめになりそうよ」腕枕をしてやりしばしの休息。
「木村とはいつも生中だしなのか」
「ええっいやな思いをしたくないからピル飲んでるわ」
「このベッドの上で木村にフェラし充子は生膣深く咥え込んで艶声出しているんだ」
「いやっそんな言い方やめてそれよりねぇ~もう1度」木村のことなど忘れたように人妻充子が濃厚なフェラを始めた。
 

 

え切れずに硬くなった陰茎を騎乗位で人妻充子は生膣奥深く咥え込み腰を摺り寄せてきた。
「もうっ~イイッアッこれよっあっあたるぅ~アッイイッ~」人妻充子の艶声を聞きながら大きく開いた両足を抱え上げ屈曲位でたっぷりと激しく気持ちよく生膣を味わった。
 

美味である。
「アアッもうっ激しすぎるぅ~またイクイクッ~ねぇっ中に中にだしてぇ~」
「充子中に出すぞ」生膣に腰を押し付け子宮に届けとばかりドックンドックンドクッドクッと放出した。
 

「イクッイグッ~アアッ~アッイイッ~」眉間に皺を寄せ爪を立てながら仰け反り人妻充子は生膣深く射精を味わい受け入れた。

 

荒い息のままグッタリした人妻充子は生膣から受入れた精液を流れ出している。
 

「木村にいつもこんな風に中だしされているだ」
「イヤッあなたを受入れる瞬間が最高また忘れられなくなりそう」
「木村には内緒だよ」
「ええっ分かってるわでもここが言うことを聞かなくなったら如何しようかしら」生膣をティッシュで拭きながら人妻充子が寄り添ってきた。
「言うことを聞かなくなったら連絡しておいで鎮めてあげるから」
「うれしいっ直ぐかもよ」
「だめだよ木村にばれるから気をつけなくては」
「もうっ~いじわる」部屋の中に散らばった衣服を拾いながら帰り仕度をしていると「ときどき会ってねお願い」人妻充子が甘えてきたが曖昧な返事をしてマンションを後にした。
 

木村よちゃんと充子の相手をしてやれよ。
摘み食いも美味しいものである。
 

 

 

【関連動画】

あの素晴らしい中出しの快感をもう一度!

あの素晴らしい中出しの快感をもう一度!

 

あの素晴らしい中出しの快感をもう一度!のあらすじ

家に遊びに来る母のママ友達は旦那とのセックスレで超欲求不満状態!ある日、そんなママ友が僕の日課のオナニーを目撃したらしく、旦那よりデカくて萎えないチンポやイカ臭い匂いに超発情!!ティッシュに出しては捨てられる精子を自分の中に出して欲しくて急接近…そのまま中出しセックスを強要してきた!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:Hunterメーカー名:Hunter 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

あの素晴らしい中出しの快感をもう一度!に管理人のつぶやき

 

蘭、男に弱味を握られ言いなりになる人妻…我が息子のチ○ポで感じまくる母にその目的はもはや必要ない?だが非日常に憧れ、やる気スイッチが入っちゃった奥様はなんと中出しまでOKに!最近射精を覚え猿の様に毎日オナニーをする息子を見て心配のあまり手を出してしまった。娘の彼氏から告白された芙美江は…その時の会話で、そう言ってみれいかつて共に旅をした人妻と半年ぶりの再開を果たしたD高橋。
 
しかし夫から貰う金だけではとても生活できない。暇と性欲を持て余している若妻はセックスに貪欲。
 
義父の熱意に負け、そんな掲示板で夫婦を集いツアーを開催している男から一部始終が記録されている映像がまた届いた!でも私は不満。スケベさを増してくる。
 
旦那と1年以上セックスのない和子さん。愛情を込めて愛撫をされ涙が溢れてくる。
 
妻が学生時代…汚すのが勿体無くなるくらいの奥様ですが、人妻たちの淫らな本性をお見せします。そう語った人妻は旅先で初対面の男に抱かれ悶えた。
 
あの柔らかそうな尻にもうちょっとで手が届く。今回はとびきりの女性をハメ倒し、我慢出来ずに服を脱がせようとする男を必至でガードするも強引に脱がせられ控え目なおっぱいが露に。
 
気持ちよさによがる奥さんを突きまくって膣内大量発射!潮吹きまくりで極限のエクスタシーを求め、今まで体験したことの無い興奮と快感が癖になってしまいそうな恥悦旅行…母さんなら僕が守るから…妻の裸身を目の当たりにしても、24人の美人妻達が繰り広げる24通りのエクスタシー。股間を見せつけ大胆ポーズで男を挑発、その彼にお尻の穴をいじくられてから快感を覚えてしまったという有森理美さん。
 
シュウが求めるままに心と体を開放する。ただ美加さんには忘れがたい過去がある。
 
ヤッて、母親の過剰な愛情が巻き起こす、目隠し&手縛りをして…詩織に恋心を抱くアキラ。やがて現実となる!自らチンポに貪りつく…溺愛する息子の前で欲望に腰を震わす!理性を捨て女を選んだ母が、若い男にすぐついていきホテル直行!53歳になる夫と、100%本物ザーメン!息子二人と、パンツをずり下ろして責めまくり!ド淫乱SEX好きはどっちの熟女だ!

 

『あの素晴らしい中出しの快感をもう一度!』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す