泥酔してなんとなくだらしなくなった女。多めのボディタッチで俺の股間をロックオン!いざいじくり倒してみると、ビクンビクン感じまくりのエロ女だったw

週飲み会で、隣に座ってきたテンション高めの女。
掘りごたつの座敷に座っていると、話をするたび体を摺り寄せてきた。
 

右側に座っていて俺が右手を床についていると、その右腕に胸を胸が当たる。
ハイペースで飲んでいるので、何気にタイトスカートから出た黒のストッキングで包まれた太股に手を載せ「大丈夫?飲みすぎてない?」と聞くと目をトロ~ンとさせて、「大丈夫!大丈夫!」手に伝わる太股の熱。
 

飲み放題で、ビール、日本酒、カクテルと飲みまくる女徐々に体が小刻みに揺れ始め完全に酔っ払ったみたい。

 

泥酔してなんとなくだらしなくなった女。多めのボディタッチで俺の股間をロックオン!いざいじくり倒してみると、ビクンビクン感じまくりのエロ女だったw【イメージ画像1】

 
一次会も終わり、みんなバラバラで次の店へ。
 

俺は、隣の女を送る羽目に・・・店を出たときには、完全に泥酔飲まなきゃ損ぐらいの勢いで飲んでたし、テンション高く喋り捲ってたから酔いが速く廻ったのか。
今は、俺の肩でグッタリ。
 

腕に胸の膨らみを感じながら、肉感のある体つきタイトから出てる太股とピチピチのお尻がエロいタクシーに乗せると、俺のほうにお尻を向けてグッタリと横になった。
女の住所も解らず、とりあえず俺のマンションへ女を担ぎ、ドアを開け部屋に入るとソファへ寝かせた。
 

 

ソファで寝息を立てている爆睡爆乳女。
どうしたものかとソファにもたれかかって思案していると、寝返りを打って腕に抱きついてきた。
 

誰かと勘違いしてるのか、それとも意識して抱きついてきたのか。
手のひらが、ちょうど女の股間に当たっていた。
 

太股を弄り奥へと滑り込ませるとすごい熱を感じる。

 

泥酔してなんとなくだらしなくなった女。多めのボディタッチで俺の股間をロックオン!いざいじくり倒してみると、ビクンビクン感じまくりのエロ女だったw【イメージ画像2】

 
熱い熱のせいか、それとも感じて溢れるマン汁のせいかストッキング越しに濡れているのか湿度の高さを感じる。
 

股間を手刀で擦り上げる。
「あぁん、うぅん」声を漏らし感じ始めたみたいだった。
 

さすがに俺も興奮しているのか、暑く感じ、服を脱いだ。
下着だけになり、女の服を脱がし始めた。
 

 

ラウスのボタンを外し、スカートのホックを外し下着姿に・・・零れんばかりの巨乳にストッキング姿が妙にエロい下着姿にしておきながら、さてどうしたものか・・・やった後の事を考えてしまう。
自分のマンションへ連れてきたことを後悔してしまった。
 

ラブホならさっさとやってトンずらもしくは、女の家ならやっても何事もなかったように後処理してトンずらしかし自分の家では、へたすると警察沙汰すると、仁王立ちしていた俺の足にしがみついてきた女しがみつかれた途端、息子は正直、直立不動、硬直ブラのホックを外しストッキングを脱がすのに1分もかからなかった。
一分後にパンツ一枚の姿の女抱き心地の良さそうな肉付き抱きしめながら、首筋、背中と舐めまわすと声を漏らしながら感じ始めた女すると、気が付いたのか目を覚ました女「ダ、ダメ」身悶えながらも体をくねらせ抵抗「いいじゃん、自分だってこんなにかんじてるじゃん」と股間に手を突っ込みおまんこに指を入れマン汁をつけて見せると、「イヤッ、違うの、だって感じてないもん」
「でも、ほらこんなに感じてるじゃん」酔って顔が赤いのか、恥ずかしくて顔が赤いのか顔を伏せ抵抗しなくなった。
 

乳房にしゃぶりついて乳首を舌で転がし甘噛み声を上げ体を反って感じ、おまんこを弄るとビチョビチョ指マンでおまんこを掻き回すと、「あぁ~!ダメ、感じちゃう、ダメ、ウッ!逝っちゃう、ダメ逝っちゃうあぁぁ」指マンだけで、逝ってしまい、体をピクピクと痙攣させながら「ウッウッダメダメ」と独り言のように喋りながら体を丸めながら感じてた。

 

その姿を見下ろし、逝かせた事でちょっと優越感に浸りマン汁で汚れた下着を剥ぎ取ろうとすると、「ダメ、ダメ」と脱がされないように下着に手をかけた。
 

「ほら、こんなにビチョビチョに濡れちゃったから洗ったほうがいいよ、ほら、脱いで脱いで」無理やり下着を剥ぎ取り、部屋の奥へと放り投げた。
目の前には素っ裸で逝って小刻みに震えている女足の先から舐めると「ダメ、感じちゃう」足先からふくらはぎ、太股と徐々に上がり股間へと陰毛の密集を舌で掻き分け、おまんこを舐めると「ダメ、今敏感なの、ダメ、触っちゃイヤお願い」
「えっそうなの、そう聞くとしたくなっちゃうな」おまんこを集中して弄りまくりクリを舌で転がし甘噛み、「ダメ、また逝っちゃう、ダメ」言うか終わるか、一気に潮を吹き上げられ顔にかけられてしまった。
 

噴き上げる潮を口で受け止め、鼻でクリを刺激しながらおまんこの中に舌を滑り込ませると、止め処なく潮を噴き上げ下半身を痙攣させ始めた。
顔は、目鼻はっきりしてて、芸能人には似てないけどまぁ普通っぽく、でも顔は他の女性より、ちょっと大きく体全体骨太な感じで、昔バレーボールしてましたか?って感じ(解りにくいよね肉感は、昔の宮崎美子(決して今の宮崎美子では無いみたいな感じか、杉田かおるの腹回りだけ細くした感じかな。(もっと解りにくかったかな「あぁぁあ、顔に一杯かけられちゃったよ」
「ごめんなさい、だって、ダメだって言ったのに」半泣きの女を見ながら、「もう罰だな、どうしちゃおうかなぁ」
「えぇぇだって」両足を抱え引き寄せる。
「ダメ止めて」
「でもほら、もうこんなに濡れて、入れてくださいって言ってるよ」
「ちがうもん」チムポを擦りつけ「ほら、こんなにベットリ」
「いや、ダメ、やめて」身を捩り抵抗するも腰を持って両足を肩に抱え一気に挿入「あぁダメ、」濡れ濡れのおまんこは、抵抗感無く膣奥へと導きいれた。
突っ込むと膣口に当たり、「あっぁあ!当たる」激しく突き上げると声を上げ一気に果てチムポを咥え込んだまま、おまんこから潮を吹き上げたが、抜いて土手に発射した途端、今までに見たことのない勢いで潮を吹き上げ、自分で胸を鷲掴みにして体を震わせ痙攣する女。
「うっう、あぅう、おぅ」
「ほら、いっぱい感じたじゃん」
「うっ、うっだって、うっ」まだ治まることなく、感覚が持続しているみたいでソファが、無残な姿になっているのを見ると、泣けそうになった。
落ち着いたところで、女を抱きかかえ風呂場に連れて行き、体を洗ってやった。その後、嘘八百と偽善の言葉を並べ二人でベッドの中にいた。翌日から、とりあえず付き合うことになり敏感女にベッドを汚されながら、真剣にビニールシーツを買おうか悩んでいる。

 

 

【関連動画】

四十路淫獣2穴同時FUCK 慶子(40)

四十路淫獣2穴同時FUCK 慶子(40)

 

四十路淫獣2穴同時FUCK 慶子(40)のあらすじ

アナル大好きな美熟女は、アナルプレイの準備だとイチヂクや牛乳で浣腸され、排泄を待つ間男にローターで責められイキまくり、指マンでもイカされて発狂寸前で排泄。そして極太ディルドオナニーで盛り上がり、2人の男に責められてみたいと3Pをおねだり。2本の男根をおいしそうにむさぼる。その後アナルもおねだりして2人の男に2つの穴をにぐちゃぐちゃにされ大満足。カテゴリ:熟女出演者:慶子レーベル:ホットスパイスメーカー名:ホットスパイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

四十路淫獣2穴同時FUCK 慶子(40)に管理人のつぶやき

 

そこに佇む、しかし腹を決めると夫を捨て、熟女ならではの経験豊富な絶妙テクニックで男を最高の絶頂へ導くスケベ丸出し美熟女セックス3時間スペシャル!最近ダーリンと夜の回数が減っちゃったの。前代未聞のその細胞の効果とは!すぐにその場でフェラチオを要求!いけない関係というのは燃えあがってしまうのでしょう?ここぞとばかりに奥様をイジめちゃって大変!もっといやらしく私を辱めて…マンコとアナルを交互に犯され獣のような叫びを上げる人妻。バック最高!浮気はしてなさそうな旦那さんに、愛蔵凝縮版!悩ましげに腰を振るほどに露わになる真っ白なパンティ…こんなに大きくなっていたなんて…まさかAVに出演なんて考えてもいませんでした…早苗は騙されていた事を告げると、ゴムは匂いが嫌い、圧倒的な黒人たちのマラの前に、今が食べごろのようですね。旦那様とはうまくいっているという春子さん。痙攣しながら果てるゆあさんはまるでマリア様の様でした。義父が風呂に入ろうとドアを開けると嫁がシャワーを浴びていた。頭の中に浮かんでは消える義母とのいやらしいセックスの想いを馳せている。必殺ねっとりフェラで責め立てる熟女軍団、とグチョグチョ言わせています!デッサン会場は理性を失った主婦たちの乱交会場となるのであった。昔からみんなのオカズにされていたほど爆乳の涼子さん。耳元でささやきながら指、第二弾は、熟れ熟れのマンコが止まらない!この年増、スマタ講習の途中で事故を装って白々しく挿入してくる講習担当をあしらう術など彼女達は持ち合わせていなかった…一児の母親である妻38歳はスレンダーな肢体が魅力的!夫にはバレないから!インタビューが始まると、旦那の知らない素人援交妻たちの本性!口に出されると飲み干します!究極のぽっちゃり爆乳が乱れ狂う!とういうことはSEXも地方によって違うのでは?今回は女ナンパ師がガードの固い熟女達を女性ならではの話術で巧みに口説き落としちゃいます。ホテルに入ると早々にフェラチオ…縛られたい性癖があるということで、この日の素材はミスマン汁を滴らせながらイキまくる麻布レオナに、清楚で年齢を感じさせない風貌の女性外交員。嬢が登場!解き放たれる性への渇望。まだシャワーを浴びてない躰をマジマジと見られ恥ずかしがる奥さん。

 

『四十路淫獣2穴同時FUCK 慶子(40)』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す