ネガティブな性格ではあるが従順でクールビューティな若妻を俺専用の肉便器ザーメンポケットとして飼っている話


 

 

ネガティブな性格ではあるが従順でクールビューティな若妻を俺専用の肉便器ザーメンポケットとして飼っている話【イメージ画像1】

LINEでナンパしたんだが、俺にはクールビューティな20代後半の若妻のセフレがいる。
最初はいちいちラブホに行ってHしたんだが、一回ホテル代の5、6000円の出費が重く感じるようになり、自宅に若妻を呼ぶようになった。
 

その奥さんも住んでいる場所は車で10分、徒歩で30分ぐらいの距離で、ヤリたくなったら電話する性処理道具に使っている。

 

の若妻は、引っ越してきたばかりでまだ近所に友達が居ないようで、いつ電話しても必ずつかまる。
 

ほんとに都合の良い女だよ。
こう書くとオレが彼女をないがしろにしてるようだけど、そんなことはない。
 

 

ネガティブな性格ではあるが従順でクールビューティな若妻を俺専用の肉便器ザーメンポケットとして飼っている話【イメージ画像2】

まにこの人妻とデートした時は良いレストランでランチしたりとおごっている。
ちなみにセフレのスペック20代で、小柄の低身長の細身体型。
 

Bカップの綺麗な貧乳で乳輪や乳首をピンク色。

 

して顔や髪型、雰囲気があの人気アニメ作品の綾波レイに似てる・経験人数は初体験が夫でオレが2人目という今どき珍しいウブな美人奥さん。
 

LINEで良くナンパ出来たと我ながら強運が恐ろしい何でホイホイ俺についてきたかと言うと旦那に浮気されて復讐目的だったらしいスタイル抜群ってわけじゃないが、ちょうど良い感じの体。
顔は整った感じで可愛いのに、性格が暗めのせいで損してる。
 

 

こにうまく付け込んだのがオレ。
エッチしだしてからもう半年近くたつのだが、最近では生で中出しが当たり前になってる。
 

生理不順だか生理痛だとかで、低容量ピルってのを処方されてんだと。

 

の日、久々に時間ができて、溜まってたんで、彼女を電話で呼び出した。
 

綾波レイに似てるから、以降レイとする。
家に着くなり、玄関で即ハボ。
 

 

んぽ出してレイにしゃぶらせ唾液でヌメらせる。
そのままレイがはいていたミニ丈のボックススカートに手を突っ込み、パンツの股の部分だけをずらしてバックから挿入。
 

ひとしきりピストンした後、挿入したままリビングを通ってベッドへ、徐々に服を脱がせ、お互いに全裸になって、正常位で一番奥に突き入れて膣内射精。

 

んぽの先に、ぷりっとした子宮口が当たっているのがわかる。
 

おれの精液がレイの子宮の中にどくどくと注ぎ込まれていく。
妊娠しないってわかってても気持ちいい。
 

 

れでもオレのちんぽは萎えない。
30代半ばだけど、下半身は若いwwそのまま2回戦に突入。
 

2回目は、レイをイかせることに専念してピストンする。

 

位を変えるごとに1回はイかせる。
 

途中、喉が渇いたので、レイを抱えて挿入したまま冷蔵庫へ。
腹も減ってきたので、バックからレイに挿入したまま携帯でピザを注文させる。
 

 

文中もピストンは止めない。
店員さん聞き取りにくくてすみませんw2発めの射精を終えて、挿入したまま余韻を味わっていると玄関のチャイムが鳴った。
 

ピザが届いたのだろう。

 

イにオレのTシャツを着せて取りに行かせる。
 

シャツの下は当然ノーパンノーブラだが、従順なレイは素直に玄関に向かう。
男もののシャツだからレイの尻の下まで隠れているが、乳首が立っているのは丸分かりの格好だ。
 

 

レはドアの隙間から、玄関の様子を伺う。
制服を着た若い男性配達人は、レイの姿を見て明らかに動揺しているw保温ケースからピザの箱を取り出しながら商品の説明をしているが、彼の視線はレイの胸元に集中している。
 

一方のレイは冷静そのもので、何事も無いかのように支払いをしようとする。

 

達人は札を受け取り、ウエストポーチから釣銭を取り出そうとするが、緊張してか、わざとか、小銭を玄関にぶちまけてしまった。
 

狭い玄関スペースのあちこちに硬貨が散らばる。
レイはすぐに足元の小銭を拾おうと手を伸ばす。
 

 

ろから見ているオレには、レイの尻穴から大陰唇までが丸見えだった。
一方、配達人には、シャツの襟元からレイのおっぱいが丸見えだったに違いない。
 

一瞬固まったあと、彼もすぐにしゃがんで小銭を拾い出した。

 

のとき、レイはくるりと彼に背を向け、自分の背後に落ちていた小銭を拾った。
 

配達人には、さっきオレが見た光景が、至近距離で見えていたことだろう。
そのときレイと、隙間から覗いているオレの目が合った。
 

 

女はちょっと照れたように微笑んだ気がした。
小銭を全部拾っても、配達人は立ち上がらなかった。
 

多分、勃起して立てなかったんだと思う。

 

のまま、釣銭の確認をしてレイに手渡す。
 

と、そのとき、彼女の股間からさっきオレが中出しした2発分の精液がとろとろと流れ出してきた。
なんというタイミングの良さwレイの太腿をツーっと伝って、オレのザーメンが糸をひくように流れ落ちる。
 

 

の感触に気づいたレイは「えっ?あー」と少し驚いたような声を発した。
卵の白身のような粘り気のあるオレの精液が、レイの足元に小さな水溜りを作る。
 

しゃがんだままの配達人には、さぞ衝撃的な映像だったろうww彼はありがとうございましたと丁寧に頭を下げると、へんな中腰の格好でドアを開けて出て行った。

 

の恥辱&羞恥プレイの光景に異常に興奮したオレは、レイに歩み寄ると、レイの右足を抱え上げ、立ったまま正面から挿入した。
 

ピザそっちのけで腰を振り、ディープキスをしながら、オレの精液でヌルヌルのレイの膣内に、この日3度目の射精をした。
恋愛感情の無い、ただ快楽を求めるだけのセックスってのは本当に良い。
 

 

互いにそれを分かっているから、いろんなプレイで楽しめる。
レイとは長い付き合いになりそうな気がする。
 

こんな相性の良いパートナーに出会えて、本当にラッキーだった。

 

互いにそう思ってるんだぜ。
 

そしてある日オレは、残業で一人会社に残ってた。
仕事が片付き、帰ろうかと思ったとき、ふとココでエッチしたらどうかと思いついた。
 

 

計を見れば22時過ぎ。
社内には間違いなくオレひとり。
 

レイに電話をかけてみる。

 

0コールくらいしてやっと出た。
 

抑揚の無い声で「今から?」と聞いてくる。
旦那が帰宅してたら無理かなと思ったが、大丈夫らしい。
 

 

社の場所を大まかに伝えて、あとは電話で誘導。
30分後には、レイはオレの職場に立ってた。
 

オレの仕事場は、20人くらいの営業所。

 

務所内には6~8台ごとのデスクの島が3つ。
 

各デスクの間は低いパーテションで仕切られている。
応接室にソファーはあるが、やはり普段仕事をしてるところでセックスしてみたい。
 

 

により、疲れていたから、さっさとやって帰ろうと思ってた。
エッチ、というか射精するためにレイを呼んだような感じだ。
 

オレはズボンとパンツを脱ぐとデスクに腰掛ける。

 

も言わずともレイはオレの脚の間に入り、椅子に座ったままフェラを始める。
 

レイの唾液でちんぽをがヌルヌルになったところでレイを立たせ、机に手をつかせるスカートをたくし上げ、パンツをずらし、バックから挿入した。
もちろんゴムは着けない。
 

 

かな事務所に、オレの腰を打ちつけるリズミカルな音が響く。
レイは最初、まっすぐ机に手をついて尻を突き出しオレからの攻めを受けていたが、次第に机につっぷすような体勢になっていく。
 

レイが声を上げて感じている時、オレは同じ事務所の若い女の子のことを考えてたその子はスタイルの良い美人で、レイと違って元気な女の子だった。

 

げさに言えば社内のアイドル的存在だ。
 

オレはレイに挿入したまますぐ近くのその子のデスクに移動する。
そこにレイに手をつかせ、腰の動きを再開する。
 

 

の女の子は同僚のイケメンと付き合ってて、社内公認のカップルだ。
オレにとってはヤリたいけど絶対ヤレない女。
 

今はその女のデスクでセックスをしている。

 

の女とヤッているつもりでレイのまんこにちんぽを出し入れする。
 

レイの上げる声もその女の声に脳内で変換されてたw唐突に快感の波が押し寄せ、我慢することなく射精が始まった。
レイが来てから10分もたってない無遠慮にレイの膣内へオレの精液が注がれていく。
 

 

ァハァと息を荒げるレイを尻目に、ふと女の子のデスクを見ると、可愛いペンスタンドの横に飲みかけのコーヒーのペットボトルがあった。
レイのまんこからちんぽをヌルリと引き抜き、そのペットボトルを手に取る。
 

ミルク入りの甘いタイプの500mlのコーヒーだ。

 

身は半分くらい。
 

そのキャップを外し、飲み口にオレのちんぽをあてがうと、尿道に残る精液をペットボトルの中に搾り出す。
ポタポタとコーヒーの中に白く濁ったしずくが糸をひくように落ちていく。
 

 

度はそのペットボトルをレイのまんこの下にあてがう。
しばらくすると、逆流した精液がドロドロとペットボトルの中へ流れ込んでいく。
 

時間をかけて、全部が流れ出るのを待つ。

 

ットボトルを見ると、明らかに分離した液体が浮いているのが分かる。
 

匂いを嗅いでみたが、コーヒーの匂いしかしない。
キャップを閉めて、全力でボトルをシェイクする。
 

 

イは椅子に座ってそんなオレの様子を面白そうに見ていた。
30過ぎのおっさんがフリチンでペットボトル振ってんだもんな。
 

ひとしきり振り終わって見てみると、やたら泡立っているキャップを外し、ボトルをレイに手渡す。

 

イは何も言わず口をつけ、一口含んでオレに返す。
 

オレが「どう?」と尋ねると、ゴクリと飲み込んだ。
「すこしとろみがあるような気がするけど、味はよくわからないわ」それを聞いたオレはなぜか、安心したようで残念な気持ちになった。
 

 

の後、エッチした痕跡を残さぬよう片付けをし、二人で事務所を出た。
レイに旦那はまだ帰ってないの?と訊くと、「家に居る」と返ってきたのにはちょっと驚かされたなあ。
 

翌日、例のコーヒーは一晩たって泡は消えてた。

 

して、女の子には普通にゴクゴク飲まれていた。
 

ちょっとした征服欲が満たされた気がした。
彼氏でもない男のザーメンを飲まされた女。
 

 

かも他の女の膣内から出てきたザーメンをだ。
これからは彼女やその彼氏を見るたびに密かな優越感に浸れそうだ。
 

また遅くまで会社に残るときは綾波レイ似の若妻を呼び出して、即ハボ&悪戯をしてやろうと思う。

 

かしこのセフレは何を考えているがわかならい本当に従順過ぎてたまに怖い時もあるw

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す