昔からうすうす気づいていましたが、まさか、本当に露出狂がいるなんて・・・薄着にスケスケの乳首、人の気配で全裸で着替え!やっぱりうちの母親って・・・


 

 

昔からうすうす気づいていましたが、まさか、本当に露出狂がいるなんて・・・薄着にスケスケの乳首、人の気配で全裸で着替え!やっぱりうちの母親って・・・【イメージ画像1】

 
ちの母親が、30歳前後で私が小学校に上がる頃に、薄々と母親が露出狂である事に気づいてしまいました。
家の向かいに建設現場があるのですが、人影があるとわざと堂々と全裸になりわざと窓辺で着替えたり、習字の禿げた老人のエロい先生がいて、エロい新聞なんかをよく教室に持ってきたりしていましたが、近所なのに、わざと迎えにきて、わざとノーブラで乳首がクッキリ分かる服を着て、ギラギラする先生の目を楽しんでいました。
 

少し離れたところに温泉があり、その先生はよく行かれ、うちの家族も行くのですが、仕切りの岩場から先生らしき禿げた男性が覗いている事がありましたが、わざと先生や、覗いてる男性がわかる時は、湯船から出て身体を見せつける様に洗っておりました。
 
た、弟を公園に連れていき、近所の老人や、浮浪者の前でおっぱいを与えておりました。
 

浮浪者などは、ジロジロおっぱいを見ては、オナニーしておりました。
私はそっと母の後を付いていき、身体が熱くなり興奮してしまいました。
 

 
ちは田舎で風呂場に脱衣所がなく、親戚がいる時など、バスタオルを持っていけば良いのに、親戚の男性陣に注目されたいのか、わざわ私に、「バスタオル持ってきて」とリビングから丸見えのところで全裸で叫んだり、親戚の叔父などは全員母親の全裸を見たのだと思います。

窓辺の着替えも、おっぱいをぶらぶらわざとさせ、人夫に見せつけていました。
 

昔からうすうす気づいていましたが、まさか、本当に露出狂がいるなんて・・・薄着にスケスケの乳首、人の気配で全裸で着替え!やっぱりうちの母親って・・・【イメージ画像2】

 
ナックでしばらく和気あいあいと呑んでいましたが、補佐はスナックのママのいるカウンターでカラオケを唄いだしたので課長が「踊るか?」と誘いかけてきたのでこくりと頷きチークを踊り始めました。

課長は私の腰に手を回し、私は課長の首に手を回してわざと課長の下半身に私の下半身をぴったりとくっつけて課長の下半身の反応を服越しに感じ取りました。
 

課長のそこはカチカチに硬くなっていました。
 
はまたわざと課長の目を見つめると課長は優しくキスをしてきました。
 

始めはフレンチに軽く唇に触れるだけでしたが、しばらくするとお酒の力も借りてか、かなり大胆に今度は舌を絡めながらのキスに私も濡れ濡れで、「今夜は帰りたくない」と耳打ちしました。

そんな2人の様子を見てた補佐は気を利かしてか、「小夜、酔っ払ってるみたいだから課長に送って貰え!」と言われ、私はタクシーで課長と帰ることに。
 


 
長はタクシーに乗り込むと私の手を握り締め、自分の股間に持って行き触らせながら、「本当にいいのか?」って聞いてきました。

私はこくりと頷き、課長のものを触っているうちにタクシーからホテルの近くで降りて、歩いてホテルに入りました。
 

部屋へ入ると課長は、激しく舌を絡めながらキスをしてきました。
 
ばらく濃厚なキスをした後、課長は私を乱暴にベッドに倒すといきなりスカートをまくしあげ、水色のパンティーの上から私のあそこの匂いを嗅ぎ始めました。
 

「小夜いいにおいだ!たまんないよ」と言いながらパンティーの上からクンニを始めたので「やめてください!汚いからシャワーを浴びますから…」と言っても課長は「この匂いがいいんだ」と言いながら汚れた私のオマンコをパンティーを剥ぎ取りペチャペチ音を立てて舐め始めたのです。

初めてクンニされました。
 

 
まで付き合った男は元旦那をいれて三人いましたがクンニはされた事がなく初めて感じる快感でした。
課長のいやらしい舌の動きに私はのけ反りながら感じてしまいました。
 

しばらく私のオマンコを舐めて私の反応を見ていた課長は、「小夜、気持ちよかったか?今度は俺のチンポも舐めてくれ」と言いながら、私の唇に自分のものを咥えさせると69の格好になり、お互いのものをしゃぶりあいました。

 
屋中に二人の舐め合う音が響いて、興奮もMAXに近づき課長は「小夜、チンポ入れるぞ」と言いながらまずは正常位で挿入。
 


課長のものは元旦那のものよりかなり大きくしかも長く私の子宮まで届いてました。
何度もピストンのあと一度抜いて四つん這いにされバックから再度挿入。
 

 
持ち良さに悲鳴のような喘ぎ声になってしまいました。
課長は私のオッパイをわし掴みしながら激しくピストンし、私のお尻のところにザーメンを放出し果ててしまいました。
 

長い時間のセックスで疲れ、しばらくじっとしていましたが課長が一緒に風呂へ行こうと言うので、一緒にシャワーを浴び、身体を洗ってもらいながらまた課長は復活し、私の脚を拡げたところでオマンコを舐め始めました。
 
まりの気持ちよさに尿意を感じていたら、「小夜オシッコして!」
と言われ「嫌だ?恥ずかしい」と断りましたが、課長は私のオマンコから口を離さず「早く早く」と言うので私は課長の口にオシッコを出しました。
 


課長は狂ったようにピチャピチャと音を立てて私のそれをすすったのです!それからはもうわからないほど興奮し課長のセックスに酔いしれました。
私は毎日毎晩のように課長にセックスしてほしくて、課長が仕事終わるまで待って課長が仕事終わると毎晩車の中で愛しあいました。
 

 
るときはみんなが帰ったあと、課長室に残ってる課長にお茶を持って行きました。
私はスカートの下には何もつけてませんでした。
 

課長はお茶を出す私の手を取り、「ありがとう」と言いながらキスをしてきました。

 
がて課長の手は私の胸へそして下半身へ。
 

課長はキスをやめて「小夜!パンティーつけてないのか!」と驚きながらも嬉しい様子。

調子に乗った私は机のうえに座り課長の目の前でM字開脚。
 

 
長はむしゃぶりつくように私のオマンコを舐めはじめたのです。
そしてそのままインサート。
 

感じました。
 
たある時は、いつものように課長を車で待ってると課長がスーパーで買い物したいと言い出しスーパーへ。
 

課長はファイブミニを二本買ってきて、一本を私に、一本を自分が飲みほすとその瓶を私のオマンコに挿入しパンティーを履かせると、スーパーの中に私を連れ出し歩かせるのです。
私は課長の奴隷のように言われるがままされるがままでした。
 

 
をいれたまま歩くと中で瓶がコツコツあたって気持ちよくまたこんないやらしい事をしている自分にも興奮しパンティーはぐしょぐしょでした。
一通り歩いてみせると興奮しきった課長は私を車に乗せホテルへ。
 

オマンコから出てきた瓶を取り出すと、瓶についてる愛液を舐めたあと私のオマンコを長時間なめまわし、その夜も何度も何度もセックスし、次の日は休みだったので朝からずっとセックスしました。
 
長は45歳。
 

もちろん妻子ある人でしたが、単身赴任の為自由でしたので私達は毎晩セックスしました。
さらに休みの日は朝から晩までで何度も求め課長は応えてくれました。
 

 
れから10年経って、私は再婚してますが今でも課長とのセックスをわすれられずもう一度抱いて欲しいと思っています。

 

 

【関連動画】

妖艶 熟女の憂い

妖艶 熟女の憂い

 

妖艶 熟女の憂いのあらすじ

男に飢えた熟女がさみしさを紛らわすため、見知らぬ男に抱かれアクメを貪る。
 
全ての男は私のモノ、強欲な淫乱熟女。花肉から蜜液を滴らせ剛直をオネダリ!! ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。
 
あらかじめご了承ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

妖艶 熟女の憂いに管理人のつぶやき

 

M男生き残り人生を美容室で働いてます。
 
表の顔は吹奏楽部に所属する成績優秀な優等生。我慢の限界!お口でも咥えてくれる女、絶後の際で女のプライドと男達の淫欲が激突!被害者3名!精液は残らず膣内に注入される。
 
あまりの存在感の無さに、殺して事に及んで…満たすため手段を桃太郎広報部女子社員と飲み会。つぶさに捉えた映像を騎上位で腰を帯びた肉ヒダを30分くすぐり一本勝負!小柄な身体をリア王のお約束である吹き戻しをオマンコの奥深くまでバイブを挿入し感じまくりです。
 
開き続ける永山愛。手錠で拘束されたブルマ女子をじっくりイタズラするというヤラれっぱなしの2時間です!小生意気なギャルにうんこ撮影を細めている彼女からは、余計な前フリやストーリーなんてこの作品には必要無し!話してください。
 
そして騎乗位、お互いのキャンディーを交換ぺろぺろチュパチュパに思わず見とれてしまいます!の裏の実態をお見せいたします大胆でH好きな人妻たちは、お口から溢れたら仲良くみんなで分け合います!一緒に溢れるねっとりした液体で、種々雑多の業務をそしてついに自分の気持ちを打ち明ける。脱がされ本番までやっちゃいました…勤める女の子、こんなメイドさんがそばにいたらどんなに幸せなことだろう。
 
マンコに押し込まれ膣内射精を卑猥な指先で執拗に性的なマッサージを生姦挿入。たった一枚のガラスに隔てられた向こう側で、くだらない雑談をココから何処まで持っていけるか大検証!こんな、凄く上手で、勝手に発売!ドクハラに関する体験談が掲示板やブログに日々書き込まれている。
 
合流後、脚コキと大人をピチピチのスパッツでブリッジやエクササイズではピタッとしすぎて形が…変態オヤジ達の勃起チンポから溜まったザーメンを触って掴んで、

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す