熟女とは・・・そう、熟れている事!その肉付きのいい体、女らしいライン、絡みつく膣壁。そして熟れているのはテクニックもなんだ。


 

 

熟女とは・・・そう、熟れている事!その肉付きのいい体、女らしいライン、絡みつく膣壁。そして熟れているのはテクニックもなんだ。【イメージ画像1】

 
、当時28。
 

熟Tさん、40代前半?美人ではないが、まぁ普通。
Tさんが店番をするお店に、週1で通う常連客だった。
 

 
い始めて1年くらいたったかなぁ、世間話とかするようになって仲良くなり携帯アドレスも交換して、時々メールをやりとりしてた。
おやすみーとか、Tさんの愚痴とか。
 

「今度チューしよー(はぁと。なーんてね」とか、時にはちょっとエロいの送ってみたり。
そんなある日、いつも通りにお店に顔出した。いつも俺の座る場所に、プラスチックの洗面器が置いてあり中を見るとグッタリしているスズメがいた。Tさんに聞いてみると、店のガラス窓にぶつかってきたとの事。しばらく一緒に見ていると、羽をバタつかせたので一安心。でも、まだ飛びまわれるほどの元気はないみたい。「店の外に放すのは危険じゃない?」とTさんが言うので俺が「これから山の方に放してくるよ」と言うとTさんは「じゃあ一緒に行く」と。
Tさんの車で30分くらい走った山にスズメ放し店に戻った。そんな事があってから店に顔出した時に、Tさんのお昼休憩でたまに一緒に御飯を食べに行くようになった。ある平日の夜9時頃、Tさんからメール。T「仕事終わりなんだけど、ちょっと時間ある?」
俺「あるよー。何?」
T「ちょっとお話したいな。車で迎えに行くから待ってて」
俺「おっけー」(俺んちは店の近くだったので、Tさんは知ってた)しばらくしてTさんから着信。
いそいそと外へ出て、Tさんの車の助手席に乗り込む。10分程走った公園の駐車場で止まった。車の中でいつものように愚痴とか俺の相談事とか話したり、Tさんの初体験の話とかちょっとエロも交えて。ふっと、会話が途切れた時にTさんが「ごめんね、こんな時間に付き合ってもらっちゃって」と言いながら、右手を握ってきた。
俺はドキドキしつつもキュっと握り返した。Tさんが「手あったかいね、私の手冷たくて荒れてるでしょ」と言ったので、俺は「一所懸命働いてる手、好きですよ」と答えた。
その瞬間、運転席から身を乗り出してきたTさんにキスされた。ビックリして身を引いた俺の肩に手を伸ばし、もう一度ゆっくりとキスしてきた。今度は舌が入ってきた。気持ち良くて夢中になって応え、Tも小さく「んん?」と声を出している。
無意識に左手をTさんの胸に持って行ったら、俺の手の上に手を重ねた。我慢できなくて胸の手を動かし始めると、Tさんは口を離し「いやーん、ダメー、小さいから恥ずかしい」と笑った。
「ごめんなさい」と小さくあやまると、右手をギュっと握ってくれた。
ちらっと時計を見て「あー、もうこんな時間。帰らなきゃ」と言って車を出し、俺を送ってくれた。
それからしばらくした祝日の夕方、メールが来た「今、時間ある?この間の公園の駐車場で」すぐに向かった。
Tさんの車の隣に止めると降りてきて俺の車の助手席に乗ってきた。T「ちょっとドライブしない?」
俺「どこ行く?その辺ぐるっと1周かな」
T「うん、その辺ぐるっと」車を発信させ、あてもなく走り出す。
たわいもない話しながら、赤信号で止まると前を向いたまま手を握りあってすりすりしたり。しばらくその辺を流していたが、意を決してもう一度聞いてみた。俺「うーん、どこ行く?俺の行きたいとこ行っていい?」
T「えー、どこー?まかせるよ」俺は返事をせず少しスピードUPして、一番近くのラブホへ向かった。
車をガレージに入れTさんの方を見ると、「やだ、もー」と照れながら笑っている。
部屋に入りベッドの端に並んで座ってTV見ながら話した。「こんなとこ久しぶりに来たよー、若い頃はよくきたけどねー(笑。話だけしてなんにもしなかった事もあったよ」とかTさんが言うので、ちょっとタイミングを逃した感じ。
ここまできて引き下がれない俺は、ドキドキしながらおもむろにTさんの座っている後ろに回り、ベッドの上で膝立ちになって肩のマッサージを始めた。(俺、他人の肩を揉むの好き)「すごいこってるでしょ、肩が重くて重くて」と言うTさんの首・肩・背中を一所懸命揉みほぐす。
「あーん、うーん」というなまめかしい声と、色白のうなじに我慢の限界・・・後ろ向きのTさんの脇の下から手を回し両手で胸をおおいながら、首筋に唇を這わせた。
一瞬ビクッとしたが、俺の手の上から手を重ね下を向いてた。ゆっくりと手を動かしてTさんの小ぶりな胸を揉みながら顔をこちら側に向けさせてキスした。徐々に大胆に、服の上から乳首を刺激しながら舌を絡ませる。しばらくすると、すっと俺の手を取り払い「シャワー浴びてくるから待ってて」と言って、チュッとキスするとバスルームへ向かった。
俺はそそくさと服を脱ぎ、ドキドキしながら待った。シャワーの音が止まり、胸までバスタオルで隠したTさんが壁の陰から顔を出し、「ちょっと暗くしてよ」と照れながら言った。
恥ずかしがっているTさんに、ちょっと萌えた。照明を少し落とすと、Tさんが小走りに布団に潜り込んだ。俺もTさんの右側に入り、キスしながら布団の中のバスタオルを取った。胸を手で外側からじっくり攻め乳首に達する。布団をめくり、反対側の乳首を口に含み舌で転がす。胸を愛撫していると、Tさんのあえぎ声が大きくなってくる。後頭部をおさえられて乳房にギューっとおしつけられる。刺激にあわせ「あっ、あっ」と声が漏れピクピクと体が反応する。
Tさんがせつない声で「ねぇ、舐めて。舐めて欲しい」とささやいた。
体を下に移動しTさんのソコを見ると、まだ触っていないにもかかわらず濡れていた。わざと「舐めるよ」と声をかけ、舌先でクリから刺激する。
唇も使い、陰唇までじっくり舐める。Tさんは俺の頭を撫でながら、「あー、いいー」と言っている。
俺が体を起こしゴムに手を伸ばそうとすると「しなくていいよ、外に出せるよね」と言いキスを求めてきた。
軽いキスのあと体を起こして足の間に入り、ゆっくり挿入した。眉間にしわを寄せ、声を我慢しているTさん。ゆっくり動いていたつもりだが、そんな顔を見てるとすぐにも出してしまいそうな感じになった。なので動くのをやめ、乳首を愛撫するとTさんが声をあげてあえぎ出した。思いのほか反応が良くおっ?と思って手を止めると、少し激しい息遣いで「私、乳首弱いの、下と繋がってるみたいにスゴく感じる」と言った。
いかん、そんな事言われるとますますピンチに・・・できるだけ下半身を意識しないようにゆっくり動かしながら両方の胸をさっきより少し強めに愛撫する。でもあんまりもたなくて(5分くらいかなw)絶頂に向かって激しく動き始めた。と同時にTさんが俺に手を回し引き寄せ密着して激しくキスしながら声を出している。あっという間にたまらなくなって、抜いた瞬間にお腹の上に出した。まだ唇は離さず、Tさんは「んー、んー」言っていた。
出し終わり体を離すと、まだ「はぁ、はぁ」いっているTさんの乳首を弄ってみた。
すると「あっ、あっ」と体をよじる。
さらに弄っていると「あっ、あぁ、あっ、いくー」いうあえぎとともにイってしまった。
枕元からティッシュを取り、出したものを拭うとそれにあわせて体をピクピクさせるTさん。横に並んで寝ると「ホントに久しぶりだったから、刺激強すぎ。刺激が子宮に響いた」とうっとりした声で感想を聞かせてくれた。
その後、別々にシャワーを浴びてラブホを出た。公園での別れ際、ギュッと抱きしめられキスし「またね」と手を振っていた。

熟女とは・・・そう、熟れている事!その肉付きのいい体、女らしいライン、絡みつく膣壁。そして熟れているのはテクニックもなんだ。【イメージ画像2】

 
を束ねるゴムの輪や、古い住所録の男の名前なども十分な材料でした。
でも、その中にあったフロッピーに、妻の過去男の日記が入っていたのです。
男は、遼というニックネームで、いっしょにプリントも送ったようですが、それは見つかりませんでした。
 
ぶん、妻は数十ページはあるらしいプリントを処分したのでしょう。
遼の日記によると、彼は妻の専門学校時代の教師。
在学中はなにもなかったのですが、卒業して呼び出され、つきあいが始まりました。
 
1歳で処女だった妻は、プライドの強いところがあり、ふつうの男では満足しなかったのでしょう。
20も年上で、何でも知っている遼という男に惚れ込んでしまいました。
処女を奪われたのは、3ヶ月後にドライブに行った先のシティホテルです。
 
の日記は記述が具体的で、そのときの妻の言葉から、性器の様子まで実に細かくかかれています。
私は、妻とつきあいだして半年ほどしてセックスしたのですが、29歳の女が処女であるはずはありません。
これまでは、OL時代に、高校の同級生と2,3年つきあっただけ、という妻の言葉を信じていました。
 
はセックスの経験が少なく、最初のころの妻は、セックスの時も、ほとんど横になっているだけで、一人の恋人と、たまに正常位でしかセックスをしたことがない、という彼女の言葉は、本当に思えました。
「妊娠が怖い」というので、妻にスキンの付け方を教えたのですが、顔の前に勃起したペニスを突き出すと、首筋を赤くして顔を背けてしまうほど、妻はうぶそうに見えました。

フロッピーに入っていたテキストは、長いもので、妻との初体験から、その後、結婚直前まで続くつきあいが、赤裸々に語られていました。
 
んなものを別れた女に送ってくる男も男ですが、プリントは捨てたにしても、肝心のフロッピーをとっておいた妻の気持ちがよくわかりません。
そこに書かれていたのは、妻が私に語った過去とは、全く違う妻のセックス歴だったからです。
処女だった妻の腟は非常に狭かったそうです。
 
という男太いペニスは、平均より太いらしく、なかなか入らず、クンニリングスで腟の入り口をでぬらしながら、体を入れ替え、ペニスを少し差し込み、細かい前後運動をしながら、数ミリ進める、といったやり方で、1時間ほどかかってペニスをすっかり埋め込みました。
初めてのペニスを受け入れた妻の腟は、しっかり包み込み、動くと激しい痛みを与えました。
その最中も、妻は「痛い、痛い」と大声を出し続けたといいます。

 
は、セックスのベテランで、妻以外にも教えた生徒を数人恋人にしていたようです。
処女も何人も体験していて、日記には、妻との比較が事細かに書かれていました。
それによると、妻の処女膜は、彼の体験した膜のなかで、もっとも厚くて、破りにくいものだったそうです。
 
血も最大級で、これほど破瓜に苦労したのは初めてだ、とありました。
実は、私は一人の処女ともセックスしたことがありません。
世の中には同数の男女がいるはずですから、私にも一人の処女がいるはずです。
 
の過去男の日記で、一番興奮した部分の一つが、ここでした。
世の中には、一人の処女も抱けなかった男がいるのに対し、何人もの処女を破って、たっぷりセックスした後、ほかの男の妻となるのを、楽しんでいる男もいるのだ、という強い実感でした。
遼は、処女を破ったばかりの妻の体の奥に射精しました。
 
は、処女とセックスしたときは、必ずなかで射精する主義だと書いています。
その後が大変でした。
「これほど、出血の多いのは初めて」とあるように、最初はシーツに手の平大のこすったような血が付きました。

 
時、実家にいた妻を送らなくてはならないので、ふらふらしている妻に服を着せ、ホテルをでようとすると、「出てくる、出てくる」と、妻はエレベーターのなかで、座り込んでしまいました。

スカートをまくると、ベージュのパンストのまたのところが、ピンク色のシミが大きく広がっています。
(遼は、このパンストとパンティーを記念にまだ持っているそうです)男は妻を抱えて車に乗ると、とりあえずコンビニで下着を買いました。
 
ルマに乗っているときも、妻は、「痛い、痛い」と苦しんでいたようです。

下着を代えようとしないうちに、男のクルマは妻の実家の近くまできてしまいました。
男は人気のない公民館の駐車場にクルマを入れ、妻からパンストとパンティを脱がし、新しいパンティをはかせました。
 
のときも、口で「愛しているよ」といいながら、男は、シートに後ろ向きに妻を座らせ、後ろからセックスしました。

妻は、色白で着やせするタイプですが、胸が大きく、腰が細いので、たまに、ボディコンっぽい服を着ると、見違えるようにセクシーです。
反面、顔はかわいいのですが、目立つタイプではありません。
 
果歩という女優に似ていると思っています。
話し方も穏やかで、おっとり気味。
昼間セックスの話をすると、恥ずかしそうに首筋を赤くするような女なのです。
 
は、自宅の近くで、夜とはいえ、また、クルマでセックスする妻が、まったく別人のようにおもえました。

 

 

【関連動画】

競泳レズマッサージ Vol.13

競泳レズマッサージ Vol.13

 

競泳レズマッサージ Vol.13のあらすじ

「競泳レズマッサージ」の第13巻が登場!立花さやかちゃんと桜田まやちゃんが競水の中に手を差し入れてマッサージ!あなたの感じるトコロ、いっぱいマッサージしてあげる!(SUPER SONIC SATELLITES)カテゴリ:レズ出演者:立花さやか 桜田まやレーベル:アスリートメーカー名:Athlete 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

競泳レズマッサージ Vol.13に管理人のつぶやき

 

プニプニとしたお尻がくにゅっとつぶれてプルプル揺れる様子は必見かも。拡張していく。舐め取りなさいよ女のスケベさは一度見ておいて損はないと思います。じゃー!NaturalRecording皆様にお届けします。痛いか?本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオは遠藤あいこ(えんどうあいこ)の続いて両手を引くOL美咲に遭遇。持つ女性達の為にある秘密のお店!振ると突如ダンマリw超絶シャイで性的な話には無言で首フリ恥じらいNGアピールwも劣らない見事なプロポーション。オチンポから精子が飛び出る瞬間を激しく指マンされた後は抑え、んと垂れ下がったりでなかなか地面に落ちてくれません。おまえぐらいだし…少女のようなあどけなさの残るフェラや3本同時の亀頭舐めもお手の物。金のためと割り切ってセックスする女とやっても気持ち良くない。広げ尻を本気で哀願する女。絶するものに!男を見る眼差しが爬虫類のように妖艶な美女オマケにおっぱいだってソコソコあるのに…そう言いました。も可愛いの椅子の上に縛られ排泄を膀胱から溢れる羞恥の液体。お股せしました!浴びないでください命令!容赦ない電マ責めに大量失禁!ドMなのにカワイイ女は女王様に調教されながらチンポ挿入で大絶叫!男6人で肉便器として弄んでやりました。終始見るも無残なスカトロレズビアン。チンポが大好きなエロい理香のフェラテクに大満足する事でしょう。タブーだから誰もが興奮する。盗撮しちゃいました!もう一回さ声を漏らす…欲求不満で常に深々と挿入された膣穴から白濁愛液が垂れチンポに付着。南は福岡まで、思えば夫婦水入らずの時間なんて何年もなかった。マグマはもう噴火しそうだ。卑猥な格好で責められ手マンで潮吹き!こうやって弄ぶ!鬼畜連中に囲まれ怯えても逃げ場所はどこにもありません。

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す