旦那しか知らない貞操な人妻を寝取って背徳情事でセックスする秘密の体験


 

 

旦那しか男を知らない人妻を犯す事に非常に興奮する。
しかもだんなや子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちをかんじとるのが非常に好きだ。
 

たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。
俺はかなりの寝とられ好きだが、他の人妻を寝とりその気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。
 

もちろん、旦那しかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。
俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。
 

その時会ったひとづまの名前は千秋、その頃36歳だった。
ちなみに俺はその時40歳。
 

千秋とであったのは、書道教室だった。
俺は長年通っていたのだが、千秋は旦那の出張で引っ越してきたらしく、新しく通い始めたんだ。
 

初めて千秋を見たとき衝撃が走ったのを覚えてる。
実際顔はどこにでもいるような主婦なのだが、タレントの優香に少し似ており、背も150前半と低くかわいらしいかんじで、胸が異様ににでかいのだ。
 

優香をふっくらさせた感じだ。
初めて見たときの彼女の服装は書道教室にあった地味なジーパン、濃い青色の薄手のカットソーだったのだが、胸はぱんとカットソーを持ちあげており、ジーパンはぴちぴちと少し大きめの尻を強調していて何とも言えない30代の人妻の色気が満載だった。
 

雰囲気はかなりおっとりとしたかんじで、いかにも読書や書道が好きそうな文学主婦?という感じだ。
書道教室は生徒が少なく、同世代は数人しかいないという事もあって俺はあった初日に千秋に話しかけられた。
 

はじめまして、とか、どれぐらい続けているんですか、とか他愛もない会話だったと思う。
ただ、俺の意識は話よりも千秋の身体のエロさや人妻らしい色気に集中していた。
 

書道教室の時間は土曜の午前中だった事もあり、同世代が私しかいなかった事もあり、千秋と一緒にたまに昼食をとったり、子供の話をするようになった。
千秋はかなりおとなしくシャイで昼食程度でも二人きりだと人の目や旦那を気にし、尻ごみするようなそぶりを見せていた。
 

ただ、千秋の自宅から書道教室は遠いのと(車で30分ぐらいかかる)、私の押しの強さに負けて書道教室の後、私が誘うとしぶしぶ?昼食をとるようになった。
千秋と初めて会ってから3カ月ほどたった初夏に、書道の後に昼食を取りに行った。
 

その時は居酒屋のランチタイムとかいうのに行ったのだが、そこは半個室の作りであり少し他の席とは隔離されたような感じが合った。
少し照明が暗めであり結構いいムードの居酒屋だった。
 

夏という事もあり千秋はTシャツを着ていたのだが、それが少し小さめであり、かなり胸が強調されていた。
しかも、胸の大きい人にありがちだがブラのレースの形がTシャツ越しにくっきりと浮かび上がっていたのだ。
 

その日はなぜか非常にムラムラしていたのを覚えている。
ランチセットを食べながら千秋の胸ばかりに注目していた。
 

また、かなり興奮していたのでその日は少しHな話をいやらしくない程度にしようと決心していた。
私は千秋の男性歴を少しずつ聞いていった。
 

恥ずかしがったりしてなかなか話してくれない事もあったが。
千秋によると旦那とは大学一年生の頃に出会い、付き合い始めたそうだ。
 

大学を出て2年たったときに結婚したと言っていた。
そこで、ふと疑問がよぎった。
 

旦那しか知らないんじゃないか、と。
そこで千秋に「高校生の頃につきあったことは無かったの?」と聞いてみた。
 

「旦那が初めての彼なんです。~略~5年付き合って結婚したんです」。
 

私はこの言葉を聞いた時、何かどす黒い欲望が身体の中で沸き起こったような感覚を覚えた。
もちろん、付き合っている時、結婚してから他の男とセックスをした可能性もある。
 

だが、私は千秋の性格上そんなことは無いはずだと断定していた。
旦那の身体、ペニス、テクニックしか知らない千秋をおかしてみたい。
 

旦那のペニスしか入った事のない綺麗なヴぁぎなに私のペニス、精子をながしこんでみたい。
何よりも旦那に染められた千秋の心を私色に染めてみたい・・・。
 

そう言うよくぼうが私の中で渦巻き始めていた。
そして決心していた。
 

この女を犯そうと。
だが、どんなに考えても千秋を上手く犯す考えは浮かばなかった。
 

無理やりするのは嫌だったからだ。
しかたなく、直接的にアプローチをかける事を考えた。
 

全てを正直に話し、お願いしようと。
失敗したら書道教室をやめればいいのだ。
 

長年通った書道教室をやめるのは少し気がひけたが、それだけ千秋を犯したかった。
実行の日、私はいつものように千秋を昼食に誘った。
 

私の車で出かけ、その日はパスタを食べに行った。
なぜかその日は千秋のテンションが高く戸惑ったが、その日彼女がきていた紫のTシャツの胸に目が行き、ムラムラを抑えきれなかった。
 

その日までほとんど下ネタらしい下ネタは話した事がなかった。
昼食の帰りに車を走らせて、ちょうど良い休憩所が合ったので車を止め千秋に思い切って聞いた。
 

「旦那とは仲いいの?」「仲は良い方だと思いますよ」「そうなんだ・・・・・。千秋さんのところは夜はどれぐらいある?」思い切って聞いた。
 

千秋はびっくりしたような顔をこちらに向け「えっ」と言ったが、ようやく私の言葉の意味を理解したらしく、はにかみながら「そんなこと聞かないで下さいよー」とほほ笑んでいた。
たぶんこういった話は苦手なんだろう。
 

露骨にいやな感情を表に出さないのが千秋らしく、こういったところが好きだ。
私は続けた「正直な話、うちはもうほとんどなくて・・・」千秋は笑いをやめうつむいている。
 

私は千秋の手をつかみ早口で言った。
初めて千秋を見たときから好きだった。
 

心の底から君を愛していてどうしようもないぐらい苦しい。
お互いパートナーがいるのは分かっている、でも気持が抑えきれない。
 

君と一つになりたい、君が愛してくれなくてもいい、とにかく一つになりたい。
君も旦那しか知らないなんてもったいないだろう、絶対にヒミツを守るから私の彼女になって欲しい。
 

もし断られたら書道教室を辞める覚悟もある。
と早口で千秋に告げた。
 

千秋は非常にびっくりしたような顔で、私から離れるように身体をドア側にずらした。
どんな事を考えているのかは分かりかねた。
 

ただ、うつむいているだけだ。
私は思い切って手をスカートをはいている下半身にずらし、太ももを触ろうとした。
 

しばらく千秋は悲しそうな顔で触られていたが、やさしく私の手をどけた。
しばらくして、彼女の車が置いてある書道教室の近くに行くと彼女は何も言わずに降りた。
 

こちらを振り返ることなく降りていった。
私は完全に振られたんだろうと思った。
 

彼女に振られた翌週、私は書道教室に顔を出した。
千秋がいる。
 

私はどんな顔をされるんだろうと少し緊張していた。
だが・・・。
 

千秋は私と眼が合うと、少し笑いかけてくれた。
私は猛烈に感動した。
 

また千秋と話ができる。
それだけでも嬉しかった。
 

ただ、私の心の中としては彼女を愛するというよりも彼女を犯したいという気持ちの方が強かったのは事実だ。
ナンセンスかもしれないが、書道教室が終わった後、私は千秋をまた食事に誘った。
 

彼女はちょっと戸惑っていたが、了承してくれ私の車に乗り込んだ。
だが車の中、行った店の中では全く会話は無かった。
 

お互い緊張していたのもあるだろう。
今日の彼女はなんだか、人妻の色気が一層強いように感じる。
 

店から出た後、私は車を書道教室とは逆の方に走らせた。
ラブホテルに向かうためだ。
 

私の頭の中はそれしかなかった。
千秋がどんな顔をしていたのかは知らない。
 

ただ、彼女は何も言わなかった。
ラブホテルの駐車場に着いて5分ほど車を止めていた。
 

何をするでもなくお互い前を向いていた。
私はおもむろに彼女の手に触れる。
 

なにも反応がない。
顔はいつものようにうつむいているだけだ。
 

手をスカートの方にずらす。
なにも反応がない。
 

「良いってことだね」私は聞いた。
彼女の反応は無い。
 

私は車を降り、助手席のドアを開けた。
千秋は少し戸惑っていたが、車を降り私についてホテルに入ったのだ。
 

私は勝利を確信していた。
ホテルに入るなり彼女の肩を抱く、尻を触る等のいたずらをするが、彼女はうつむいたまま恥ずかしそうな顔をするだけ。
 

だがその顔が私を一層興奮させる。
このうぶな女が私の身体を知るのだと・・・。
 

一番高い部屋を取った。
ベッドがシモンズ製とかいうかなりでかいやつらしい。
 

彼女の尻を触りながらエレベータに乗った。
エレベーターの中でおもむろに聞いてみた。
 

どうしても聞いてみたかった事を。
「旦那以外の人とHしたことあるの?」千秋は黙っていたが、しつこく聞くと顔を横に振った。
 

私の考え通りである。
その清楚で自分の体を守ってきた千秋に異常に興奮し、後ろから抱きしめてしまった。
 

柔らかい体でるとこが出ているので気持ちいい。
千秋は身体を小さくし、何かに耐えている。
 

さぁ、部屋はもうすぐだ。
部屋に入ると少し高いブティックホテルらしく、あまりいやらしい雰囲気はない。
 

黒と白で記帳された洗練された部屋だ。
ただ、少し暗かったので私はベッドがら最も遠い窓のカーテンを開けた。
 

まだ2時前という事もあり日差しが部屋全体を明るくする。
私は冷蔵庫から有料のミネラルウォーターを出し、ベッドに腰掛け飲み始めた。
 

シャツを脱ぎ、上はタンクトップになる。
一方千秋は、部屋の入り口でハンドバックを前で下げたまま立ち尽くしている。
 

うつむいている顔はなぜか悲しそうであり切なそうな様子を見せ、落ち着かないのか少し震えているようにも見える。
このリアクションが最高なのだ。
 

おそらく、罪悪感、恐怖心と戦っているんだろう。
本当にこんなことをしていいのか、今やめてと言えばまだ引き返せるんじゃないか、と。
 

それが私の心をよりくすぐる。
私は千秋の後ろに回りかたをだいてベッドの方へといざなった。
 

千秋はうつむいたまま何か言いたそうに口を動かそうとするが何も言えないようだ。
千秋を私の横に座らせ、またミネラルウォーターを飲み始める。
 

ひどく緊張しているのか、千秋は私の横でうつむいたまま深刻そうな顔をしている。
明らかに罪悪感を感じ後悔しているようだった、私と一緒にここに来た事を。
 

せいこういをするための場所であるらぶほてるにきたことを。
私に「やっぱり無理です」といいたいのが見え見えだった。
 

まだ、千秋のどこかに後戻りできるという思いがあったのだろうか。
だが私はそれを打ち崩す。
 

「シャワー浴びてきたら?」と残酷に聞いた。
うつむく角度が増し、千秋の後悔の念がさらに強くなったように思えた。
 

私は彼女とは対照的に彼女の鎖骨や綺麗で柔らかそうな腕を見て興奮していた。
後悔しながらこのきれいな千秋が私にだかれるのかと・・・。
 

千秋は動か無いまま30秒ぐらいが過ぎた。
そして、何か言おうと口を開きかけたが私はすかさず彼女の首をだきキスをした。
 

千秋はびっくりし、何か言おうとしたが私が口を使いそれを阻止した。
舐めまわすようなだ。
 

自分で自分を変態だとおもった。
ファンデーションの味と匂いがする。
 

その後、すかさず千秋の後ろに回り、右手を襟元からのカットソーの中に侵入させ、ブラのなかに直接手をいれた。
温かく豊満な胸だ。
 

てのひらに収まりきらず、あふれている。
緊張のためか少し汗をかいているがつやつや、むにむにとした柔らかい感触が伝わってくる。
 

左手は同時に千秋の背中這わせ、ブラのホックをはずした。
支えを失った胸が少し下がったように感じた。
 

両手で後ろから千秋の胸をゆっくりモミはじめる。
千秋はうつむいたままされるがままだ。
 

外側から徐々に内側に手を這わせ乳首に到達したときに、千秋の体が少しびくっと動いた。
やはり感じているのだ・・・。
 

もう顔は真っ赤で一生懸命に目をつむっている。
そのあとちあきの横に周り乳首を音を立ててなめ始めた。
 

2人の子供を育てた乳首、旦那と二人の子供しか舐めたことのない乳首を他人である私になめさせている。
少し大きめの乳輪がひじょうにいやらしく、甘噛をすると身体をびくんと動かしている。
 

これだから他の男を知らない女はいい。
一生懸命、自分の中の理性と戦っているんだろうか。
 

しばらく舐めた後、私は千秋の前に立ち服を脱ぎ始めた。
はっきり言って私の身体は美しくない。
 

むしろ、醜い方だと思う。
腹は出ているし、だらしない体である。
 

ただ、自分的にはこんな醜い男におかされる女の気持ちを考える興奮するのである。
パンツは黒のビキニをはいていて、ペニスはギンギンに勃起していた。
 

千秋の目の前でパンツに手をかけ脱いだ。
千秋は伏目がちで私のペニスは見ていない。
 

私のペニスは大きさは普通だがカリが他の人よりも大きいと自覚している。
「見てよ」と私は千秋に声をかけた。
 

顔を上げ見たと思ったら顔をそむけるしぐさがまた可愛い。
興奮状態が最高に達していたのでもちろん先っぽからはがまんじるがだらだら出ていた。
 

きとうをこするとぐちゅぐちゅ音がする。
そのあとちあきが思い切ったように声を出した「やっぱり、やめたらだめですか・・・」。
 

うつむいて思いつめたような顔をしている。
千秋を見るとまくりあげた胸が見える。
 

いわゆるロケット型という形だ。
私の唾液で濡れていて非常になまめかしい。
 

私はたまらなくなってちあきをおしたおし、どうじにカットソーを脱がした。
いやっと声にならない叫び声をあげたが、ちあきの大きなむねが二つ並び重力でつぶれている。
 

このとき気付いたのだが改めてみると非常に色が白い。
ちあきは胸を右手で隠そうとするが完全に隠れていない。
 

私はちあきのうえに馬乗りになりキスをした。
いやらしい大人のキス、ちあきは恥ずかしがっていたが抵抗などはせず身体を固くしていただけだった。
 

柔らかい唇に私の舌が触れ入り込もうとする。
だが千秋はその侵入を許さない。
 

私はちあきの身につけているスカートとパンツが邪魔になり、スカートに手をかけた。
このときは本気で抵抗されたのを覚えている。
 

ただ、私は男でちあきは女。
この腕力の差はどうにもならず、私は敗れるような力で乱暴に下着をはぎ取ると仰向けになっている彼女のまたの間に顔をうずめた。
 

明るい部屋なのであそこの形がよく見える。
ちあきは片手で顔を覆い、右手で私の頭を押さえつけなめられないように抵抗している。
 

子供を二人も生んでいて年も30後半なのに結構きれいなあそこ。
陰毛はかなり薄くやわらかい毛があそこを守るように申し訳なさそうに生えているだけである。
 

シャワーを浴びてないからかすこし汗と女の匂いがする。
あそこはもう熱くドロドロに濡れていて、千秋が興奮しているのが分かる。
 

初めての浮気、旦那以外の初めての男に触られて、みられて興奮しているんだろう。
「とても濡れているね」。
 

私がささやくと両手で顔を覆って固まってしまった。
千秋の体勢は出産のときの格好だった。
 

あそこに口をつけなめ始めるといやらしい女の味がした.また、千秋は感じ始めた。
どうやら入口の横あたりが感じるらしく、そこをなめるとんっふっと声にはならないが息遣いが変わる。
 

おそらくクンニぐらいは旦那にもされているだろう。
でも、旦那とは違う舌使い、攻め方に新鮮さを感じドキドキしているはずである。
 

ときどき、「だめ」と声を出す。
もう後戻りはできないと自分でもわかっているはずなのに・・・。
 

クンニで十分舐めた後、私はもうたまらなくなってペニスを入れようと思った。
私が一番興奮するのは、旦那しか知らない人妻に自分の性器の味を知ってもらうことだから、たまらなく興奮していた。
 

フェラやアナルなめ等もしたかったが、初めてでは無理だろうと思ったのもあった。
ちあきの股の間にぐいと入り込むと、ちあきは何かを察したのか覆っていた両手をどけ、私の方を見た。
 

おそらく、ちあきの目には私のギンギンになって先からだらだらと我慢汁が出ているペニスが写っただろう。
千秋の表情は少しおびえており切なそうな顔であったが少し覚悟を決したような表情でもあったように思えた。
 

旦那以外の初めてのペニス、旦那、子供を裏切り他人である私の肉体の一部を身体の中に受け入れるのだから生涯私の事を忘れられないだろう。
私は右手でちあきの腰を持ち、左手でペニスを持ってちあきのあそこに導きそして、そっとあそこに接触させた。
 

きとうとちあきのあそこを接触させるとお互いの粘膜でくちゅくちゅと音がでる。
「だめ、、、お願い、、、」ちあきが声を出した。
 

だが、もう抵抗するようなそぶりはない。
たぶん、旦那や子供に対する罪悪感で自然と出た言葉なんだろう。
 

身体はもう完全に私のペニスを受け入れる状態になっている。
なんて可愛いんだろう。
 

少し腰を前に出すと、ちあきは腰を引く。
「だめ。」ともう一度言ったときに、ぐいと腰をつきちあきのあそこに私のペニスがわずかな抵抗で入っていった。
 

ちあきはびくんと身体を揺らし、ふぅーと大きなため息をついた後、諦めたように力を抜いた。
私のペニスがちあきの中に入った瞬間にちあきは他の男を知ってしまった。
 

これは彼女が死ぬまで消えることがない事実なのだ。
千秋はどんな気持ちだったんだろう。
 

他の男の生殖器が自分の中に入ってくるのだ。
旦那や子供とも仲が良いはずなのにそれを裏切って・・・。
 

気づけばちあきの胸のあたりの色がピンク色に変化している気持が興奮し高揚しているのだろう。
私は入れたまま動かずにべっとりと身体をちあきの上に預け、キスを求めた。
 

だが、口を閉じて私の舌を受け入れてはくれない。
私は腰をゆっくりと大きく動かし始める。
 

感じる場所を探しながら・・・。
どうやら入口の上の方が感じるらしい。
 

大きな声は出さないが両手でシーツをつかみ我慢しているようにも見える。
私は感じるポイントに重点を絞り、徐々に早く動き始めた。
 

ちあきは泣きそうな顔で何かを我慢している・・・。
私にはなぜかわからなかったが、感じないようにして旦那に少しでも誠意を示そうとしていたのだろうか。
 

平日の昼下がりの木漏れ日にちあきの体はいやらしく映っている。
「声を出しても良いよ、旦那とは違う感覚で気持ちいいでしょ」あえて旦那の事を思い出させるような事を言った。
 

そのとたん、彼女がせきをきったように声を上げ始めたのだ。
おそらく我慢してたんだろう、甲高いそそる声で感じ始めた。
 

「旦那とは違うでしょ」意地悪にそう囁くと膣がしまる。
罪悪感に興奮してるんだろう。
 

30秒ぐらいだろうか、腰の動きを一定に保っているとちあきが顔を枕にうずめるように横を向き、身体を4度5度びくびくっとさせた。
足もピンとそっている。
 

膣も少し締まるような感覚だった。
私もかなりびっくりしたのだがわずか1-2分でちあきは逝ってしまったのだ。
 

私の中にものすごい優越感が生まれた。
旦那以外の男にペニスを入れられて身体を思い通りに感じさせられているんだから、、、。
 

ちあきの顔は赤く高揚している。
私も興奮していたがまだまだ射精までには余裕があったので、より早く突きはじめた。
 

ちあきはもう恥じらいもなく声をあげている。
何度ちあきは逝っただろうか。
 

私は少し疲れたというのもあり、またべったりとちあきの胸に身体を預け、キスを求めた。
完全に私に支配されたちあきは私の舌をなんなくと受いれ長い長い大人のキスをした。
 

キスを許すということは完全に私に心を奪われたということだろう。
私は千秋を四つん這いにし、後ろから突きはじめた。
 

私はこの体位が好きである。
女を完全に支配している気になるからだ。
 

動物本来の交尾の気がして、妊娠・・・受精する事を許した者のみとする交尾の感覚に陥る。
たぶん千秋もそのような事を考えていたのだろう。
 

後ろから突くと嘆かわしい声を出して鳴く。
千秋は尻が少し大きいので肉の感触がたまらなく良かった。
 

そのまま動いていると少し射精感が出てきたので、体位を正常位に戻した。
本当は心の底から中出しをしたかったのだが、最初という事もあり、ちあきの大きな胸にかけた。
 

その時の精子は濃くドロドロとしていたのを今でも覚えている。
その後、2時間ぐらい寝て一緒に風呂に入り、お互い家に帰った。
 

起きてシャワーの時は二人とも無言で、千秋はちょっと思いつめたような顔をしていたよ。
やってしまった、みたいな。
 

それもまた興奮したんだけど。
ただ、服を着ると元の清楚な千秋。
 

でも私はいやらしい彼女を知っている。
彼女の体の隅々を知り、私の性器で彼女を絶頂までのぼらセ、身体を支配した。
 

どんな顔をして子供と会うんだろう、どんな気持ちで旦那に抱かれるんだろう、そんな事を想像するとぞくぞくしてたまらなかった。
その後も彼女を俺色に染める為に千秋に何度もあった。
 

またそれは需要があれば書こうと思う。

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す