夫の留守に義弟に抱かれ濃厚セックスで膣内中出しされる兄嫁の背徳情事


 

 

去年28歳で私は結婚した。
見合い結婚だった主人は、クンニやフェラチオといったオーラルセックスを好まなかった。
 

いたって淡白なセックスは、気持ちよさなんてなくて、ただの子作りのための運動という感じだった。
だから、主人の弟の豊に強姦されるまで、私は女としての悦びを知らなかった。
 

線の細いインテリの主人とは対照的な豊は、筋肉質でたくましいカラダと強引さを持っていて、私は抵抗らしい抵抗ができなかったのだ。
ある昼下がり、大学が休講になったからと、主人の留守中に豊がやってきたとき、私はなんの疑問も持たずに、家にあげてしまった。
 

廊下から居間に案内する私を後ろから抱きしめた豊は、私の耳元で、「はじめて見たときから好きだったんだ。留美子姉さんは兄貴にはもったいないよ。」とささやいた。
 

力強い腕は私の身じろぎをものともせずに、がっちりと私のカラダにくいこんで、若い男の汗の匂いとお尻に押し付けられている硬く勃起したちんぽの感触が私の抵抗する力を奪った。
「留美子姉さんが兄貴に犯されてるのを想像して、何度もオナニーしてたんだ。」豊は私の耳をしゃぶりながら、低く押し殺した声でいやらしいことをささやく。
 

左手で腰をしっかりと押さえたまま、右手で服の上からおっぱいを揉みしだいた。
「だ、だめ・・・いやよ・・・。」「俺、兄貴とは同じ血液型だから大丈夫。誰にもいわないから。」豊は私の首筋を舐めあげながら、右手で太ももを撫でた。
 

「ずっとこうしたかったんだ・・・。留美子姉さん・・・。」箱入り娘のまま見合い結婚した私は、こんなにあからさまな欲望をぶつけられたことがなくて、うかつにもときめいてしまった。
 

強引に振り向かされて、唇を奪われた。
兄弟なのに、唇の感触もキスも全然違う。
 

ぽってりとした豊の唇は柔らかくて、ぬるりと舌が入ってきたときには、思わず、悲鳴を上げてしまった。
豊の舌が私の舌を追い回し、歯の裏をなぞられ、口腔を舌でくすぐられ、口の端からよだれが垂れるくらいに蹂躙されたあと、やっと舌が出ていった。
 

はあはあと息をついて、顔を上気させている私に、ちゅっと触れるだけのキスをして、豊はにっこりと微笑んだ。
「留美子姉さん、かわいい・・・。めちゃくちゃに感じて乱れるところがみたいな。」完全に力の抜けた私は、居間までずるずると引きずられていき、カーペットの上に、押し倒された。
 

両足の上に、体重をかけないように跨られて、身動きがとれなくなった。
豊は私のシャツのボタンをゆっくりと外し、ブラジャーのホックをとった。
 

「留美子姉さんって、着痩せするよね。おっぱいけっこうでかいんだ。」嬉しそうに両手でおっぱいを包み込み、やわらかく揉んでいる豊は、無邪気な子供みたいで、憎めなかった。
 

ちゅぶちゅぶと乳首をしゃぶり、指で乳首をいじられていると、今までに感じたことのない疼きが湧き上がってきた。
豊が私の足の上から退いて、私のスカートをたくし上げても、パンティを下ろしても、もう抵抗する気力は残ってなかった。
 

豊は私の足をゆっくりと開いて、おまんこに顔をよせた。
「すっげぇ!留美子姉さんのおまんこって、めっちゃキレイだ!」興奮した叫び声をあげた豊は、そのまま、私のおまんこをレロレロと舐めはじめた。
 

「だ、だめよ!そんな、汚いわ!」おしっこするところを舐めるなんて、信じられなかった。
「汚くないよ。俺、留美子姉さんのなら、おしっこだって飲めると思うよ。」クリトリスをしゃぶりながら、そんなことをさらっといわれて、カラダが熱くなった。
 

「留美子姉さんのおまんこ、おいしい・・・。愛液が溢れてきてるよ。」豊はヒダや膣口、アナルまで丁寧に舐めながら、クリトリスを指でくすぐっている。
 

「は・・・あんん・・・。」私は口からヘンな声がでてしまって、あわてて両手で口をふさいだ。
 

「嬉しいよ。感じてくれてるんだね。どうされるのが好き?どうしたら気持ちいい?」犬のようにレロンレロンと舐めまくりながら、うっとりした声で豊がきく。
 

「わ・・・わかんない・・・そんなの知らないわ・・・。ん・・・。」はじめてされるクンニは強烈に気持ちがよくて、頭の中がぼんやりする。
 

「じゃあ、気持ちよかったら、いいって教えて?」豊はクリトリスをしゃぶりながら、舌先でつついた。
「ああ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」舌はワレメをそっとなぞりながら、アナルまで到達して、またクリトリスに戻ってきた。
 

「あんっ・・・いや・・・いいっ・・・。」ちゅぷちゅぷといういやらしい音が響いて、私はクンニの気持ちよさに溺れていた。
 

ふふ・・・とおまんこに唇をつけたまま、豊が笑うと、振動がおまんこの奥まで響いて、ぞくぞくする。
「留美子姉さんは敏感で、淫乱なんだね・・・。兄貴がうらやましいよ。」豊は私のおまんこにごつくて太い指を入れて、ぐちゅぐちゅと動かした。
 

「ごめん。もう我慢できない。」指が抜かれたと思うと、私のおまんこをいっぱいに押し広げて、豊のちんぽが入ってきた。
 

「すごい・・・気持ちいい・・・留美子姉さん・・・好きだ・・・。」いつも主人がするのと同じ正常位なのに、おまんこにちんぽが入るだけで、とても気持ちがいい。
 

豊がちんぽを動かすたびに、私の口からはあえぎ声がもれてしまう。
「あ・・・ああ・・・あん・・・。」おまんこの中に入れたまま、三度も射精されて、おまんこから精液を溢れさせながら、私はセックスの快楽を体に刻み込まれたのでした。

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す