産後のセックスレスの若妻は欲求不満で他人のチンポを咥えて浮気情事する

俺は単身赴任の35歳。
今年の4月から若夫婦が俺の隣に引越ししてきました。
 

日曜日は旦那が仕事らしく、いつも乳母車に乳児乗せて散歩してるところを見てました。
俺も暇だし、隣で顔見知りだから公園で話すようになりました。
 

その女は21歳のサキです。
先日突然の雨で俺もサキもびしょ濡れになってしまいました。
 

公園の滑り台の下で雨宿りしてサキを見ると、塗れたノースリーブから赤のブラが透けて見えます。
そして薄い白のスカートからも赤のショーツが見えて、俺はいろいろ想像して勃起してしまった。
 

雷も鳴り始め激しい雨の中俺たちは小走りでアパートに帰り、俺が乳母車を押していきました。
サキのアパートに乳母車を押して入り、帰ろうとしたら、サキがバスタオルを持ってきて渡してくれました。
 

サキは子供を寝かしつけてから、俺にシャワーしていってくださいといい、早々とシャワーをして出るとサキの旦那のパジャマ(新品)を渡され、サキも濡れた服を脱ぎシャワーをしにいきました。
俺の頭は、これはひょっとすると???と思いました。
 

サキはバスタオルを巻いただけで俺の前にきて、目がうつろ状態です。
ソファーに座ってる俺にそのままの格好で寄ってきて、俺の手を持ちサキのあそこに誘導してきました。
 

サキのあそこは濡れてました。
俺は肩を引き寄せキスをすると舌を絡ませてきました。
 

バスタオルを剥ぎ取り、ソファーに寝かせキスから胸、あそこに舌を這いずらせて愛撫すると体をくねらせながら喘ぎ声。
あそこから物凄く愛液が溢れ出てきてサキはいったらしい。
 

数秒するとサキは俺のパジャマを脱がし咥えてきてむさぼるように舐めてはしゃぶってきました。
それから抱き寄せ挿入・・・。
 

1回目は胸に出すとサキは微笑を浮かべティッシュで拭き、また俺のを咥えてきました。
2回目の挿入はサキの要望で口出しをしました。
 

サキは余韻に浸ってるように手を口に入れて精液と戯れる様にしてました。
お互い裸のまま話すと、子供が生まれてから5ヶ月旦那とはエッチなくて、公園で俺が勃起したのを見て感じたらしいのです。
 

今は日曜のたびにサキの部屋に行き、若いサキの体で遊ばせてもらってます。
突然の雨に感謝です。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す