【近親相姦】夏休みにラブホで母と初体験セックスで秘密の筆下ろし体験

私38歳、夫46歳、子供高1の男の子16歳の3人家族です。
夫は仕事の為、一足先にお盆に私の実家に子供と2人で帰省しました。
 

車で三時間位かかります。
私が運転、息子(哲哉)は助手席に乗って出発しました息子は、夫とは日頃から余り話しません。
 

私には友達、学校の事など何でも話してくれます。
車の中で哲哉が友達の話しを始めました。
 

「お母さん、同級生の○○知ってるでしょ、母親見たことあるよね」「喋った事ないけど顔なら知ってるわよ」「あいつのお母さん、ちょっとケバいと思わない、この前遊びに行ったんだよね、そしたらさ、ジュース持って来てくれたの、胸元の開いたTシャツ着てさ、俺の前でコップ置こうと前屈みになったら、おばさんのオッパイ丸見え、ノーブラだったんだ、そんなに大きく無いけど、乳首まで見ちゃた」「やだ、本当、やらしい」「そのあと、何事も無い顔して、ゆっくりしてってねって部屋出て行ったんだよ、○○にお母さんノーブラだったぞ、オッパイ見えたよって言ってたら、気にするなよ、いつもああなの、わざとだよ、見られて若い子が恥ずかしがったりすると興奮するんだって」「そうなの、○○君平気なの、怒ったりしないの」「全然平気だよ、それよりもっと凄いこと聞いちゃた、聞きたい」「別にいいわよ」「いいって、聞きたいんだよね」「違うわよ、反対」「いいや、どっちでも、話すから、お母さんの信じられない事」「信じられない事って」哲哉は本当に信じられない話しを始めました。
「○○ね、中1の時お母さんに童貞奪われて、今でも週3エッチしてるんだって、凄い過保護で中学生になった時、チンチン見せなさいって言われて、皮まだ被ってる、そんなんじゃ女の子喜ばせないわよ、お母さんに任せなさいって、チンチン吸い出して、こうすれば大きくなるから、それから毎朝フェラしてくれて、精子飲んだんだって、2ヶ月位したら本当にチンチン大きくなって、そろそろこっちで鍛えるかって、オマンコに射れられて、だから、3年間オナニーする暇も無いって、俺なんか、オマンコも見たことないし、おばさんのオッパイ思い出しながら、オナニーしてるのに、その事、○○に話したら、オッパイでもマンコでも見せてって言えば、喜んで見せるし、やらせて下さいと一言言えばやらせるし、いいよ俺は何とも思わないからだって」「黙って聞いてたら、哲哉とんでもない事言って、嘘でしょ、お母さんは信じられないし、それより、どさくさ紛れにやらしい事言ってるし」「俺何かやらしい事言ってた、何って言ってた」「お母さんは、恥ずかしくて言えない言葉よ」「なんだよ、言えないって教えてよ」「だから、オナニーとか、おま・・とか」「なんだよ、はっきり言えばいいのに、俺、○○のお母さんより、お母さんの見たい、ダメならおばさんに頼もうかな」哲哉は運転してる私に、「お母さん、見えてる太もも色っぽいよ」と私の左足を触りだして、「オッパイもお母さんの方が大きいし」「危ない、何してるの、事故起こすわよ」哲哉は、服の上から胸を揉み出して、「お母さん、思ってた通り大きいね」「怒らない内に止めなさい危ないし」左手で哲哉の腕を払うと、手首を持たれて、オチンチンの所へ引っ張られて、「ほら、こんなになっちゃた、どうしよう」明らかに勃起してるのが判りました。
 

「俺、我慢できない」ズボンのファスナー下ろして、オチンチンを出したのが判りました。
哲哉の方を見ると、勃起したオチンチンが目の中に飛び込んできて、頭の中で一瞬の内に、ずいぶん立派、いや何してるのとダメよこんなことと思いながら、私の左手はオチンチンを握らされいました。
 

硬くて暖かく左手は哲哉の両手で押さえられて、そのまま上下に動かし出して、「お母さんが握ったチンチン気持ち良いよ」車を路肩に停めました。
「止めなさい、哲哉、こんな事いけない事なの、分かるでしょ、それぐらい」「俺どうしようもないくらい、お母さん好きだよ」「いい、ここは高速道路、危険なの」「わかった、もし、お母さんのオマンコ濡れてなかったら諦める、濡れてたら次のインターで降りて、ホテルに行くこと」「ダメよ、そんなこと、約束出来ません」「じゃいい、ここで降りて死ぬから」「バカな事言わないの、この事は忘れましょう」「いやだ、俺は本気、もういいよ」車から降りようとしたので、「わかったわよ、濡れてなければ、今までのまま、それでいいわね」オマンコが濡れているのは分かっていました。
 

でもどこかで知らない女にやられるより、哲哉が私でいいのならと許す気持ちになっていました。
「いいわよ、触ってみて、濡れてなければそれで終わりよ」「約束する、ごめんね、変な事言い出して」スカートの中に手が伸びて、パンティの中に入ってきました。
 

「お母さん、初めてで良く分からないけど、ビチャビチャしてるよ、これ濡れてるんでしょ、オマンコ見たい」「そう、濡れてるの、あんなことされたら、普通濡れるものなの、嫌いじゃなければね、わかったわよ、後悔するなよ」「するわけないじゃん、いいんだね」次のインターで降りて、ホテルを探して、入りました。
部屋に入ると、私に抱きついて来て、服を脱がそうとしました。
 

「焦らないの、もう覚悟決めたから、気持ち良くなろうね」「早くオマンコ見たい」「良く言えるね、おまんこなんて、お母さん恥ずかしくて言えないのに」「言ってるじゃん、お母さんが言うと凄くやらしい、もう一度言ってみて」「わかったわよ、おまんこ、私のおまんこ見てください」2人で全裸になると、哲哉のオチンチンはビンビンに起っていて、「哲哉、成長したね」「お母さんの裸、オッパイ大きい、綺麗だね」「オマンコ見たいんでしょ、ベッドに横になりなさい」哲哉の顔の上に股がり、腰を下ろすと、「お母さん、良く見える、こんな風になってるんだ」「好きにして良いのよ」「これがクリトリス、もっと小さいと思った」クリトリスを触り出し、開いて指を膣の中に射れてきて、「暖かいね、中、ヌルヌルだよ、舐めてみたい」オマンコを顔に押し付けると、舐めだして、私は我慢しきれず喘ぎ声を出し始めてしまい、「あん、気持ちいいよ、もっと舐めて、お母さんも、哲哉のオチンチン舐めるよ」シックスナインの状態で、オチンチンを握って口に含みました。
先走り汁が出ていて、少ししょぱく、久しぶりと言うか、私の体験で一番若いオチンチン、大きくも無く、小さいも無く、これぐらいの大きさ大好き、少し強めに吸ったり喉の奥まで射れると、哲哉の動きが止まって、「ダメ、お母さん出ちゃう出ちゃう」「良いのよ、出しなさい、みんな受け止めるわよ」もう一度、口に含み動かすと、ピクピクとしたと思ったら、大量の精液が口の中一杯に放出されて、溢れ出す精液を手で押さえながら、全部飲みました。
 

「お母さん、フェラチオ気持ちいいよ、オナニーと比べ物にもならない、ありがとう」「お母さんだって気持ちいいよ、一度お風呂入ってから、初めから教えて上げるから」2人でお風呂に入って、お互いに身体を洗い再びベッドへ。
「お母さんを気持ち良くできるかな」「任せてよ、色々調べてあるから、実戦は初めてだけど」胸を優しく揉み出して、乳首を舐め始めて、吸ったり噛んだり転がしたり、本当に初めてと思うほど上手で、私は感じてしまいました。
 

「お母さん、オマンコ準備オッケーみたい、射れて大丈夫?」「いいわよ、お母さん妊娠の心配ない薬飲んでるから、安心して中に出してもいいからね」哲哉のオチンチンの先が膣口の場所に来て、「そう、そこよ、ゆっくり射れて」オマンコの中に入ってきました。
「気持ちいい、お母さんの中に入った、今までで一番気持ち良いよ」「おめでとう、上手じゃない、本当に初めて、お母さん騙したんじゃないの、騙されてもいいや、気持ちいいし、逝かせられるかな」しばらくすると哲哉の腰の動きが激しくなって、「アッ、アッ、イッチャウ、イッチャウ、イク、イク」私が逝くのと同時に哲哉も果てました。
 

「哲哉、良かったよ、久しぶりにイッチャた、哲哉もこれで一人前かな」「お母さんありがとう、これからもよろしく」と言うと私に抱きついてきて、「お父さんと、してるの?」と聞いて来ました。
「たまにね、でもお父さん自分だけイッタら終わりなの、ちょっと不満かな」「許せない、これから俺が一杯イカせてあげるから、いいでしょ」「それなら、お願いしちゃおうかな、お母さん、セックス大好きなんだ、何のために薬飲んでるのかわからないし」「そうなの、ほかに男居るんじゃないの、不倫とか」「ないわよ、結婚してから一度も、哲哉が初めてになるのかな」「そうだね、浮気だよね、亭主以外と寝れば」「お母さん、もう一回してもいい」「いいわよ、何度でも、おばあちゃんの所は明日にして、今日はここに泊まろう」一度許したら、私の方がしてもらいたい気持ちで一杯になってしまいました。
 

でも本当に有るんですね、近親相姦。
もう夏休みも終わりますけど、これからも哲哉との関係は続けていきます。
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す