知り合ってから10年くらいの長い付き合いの熟女さんとついにセックスするに至り思わず種付け中出し

知り合ってから10年くらいの長い付き合いの熟女さんとついにセックスするに至り思わず種付け中出し【イメージ画像1】

10年近く友達付き合いしていたバツ2と久しぶりに飲んだときのこと。
娘18歳が妊娠、結婚してまだ40半ばにもなってないのにお婆ちゃんになると愚痴ってました。
 

彼女も2年ほど前に、再婚して新しい旦那と週3ペースで励んでいるのに、娘に先を越された、きっと旦那のたねがないんだわ、とベロベロに酔って夫婦生活の話を聞かせました。

 

10歳以上年上のせいか、付き合いが長いのに今迄男女の関係にならなかったけど、俺もすっかり興奮して…酔って彼女をホテルへ連れ込み、ズボンを剥ぎ取ると見事なパイパンが…こりゃ、旦那とやりまくってるなと嫉妬しました。
 

無毛の割れ目を広げて、唾液でたっぷり濡らしたあと亀頭を押し込むと、これまでイヤイヤと唸ってるだけの彼女がハッキリと言いました。
「だめ、あんた新婚でしょ」そう、今日は俺の結婚を祝ってくれたのです。
 

 

知り合ってから10年くらいの長い付き合いの熟女さんとついにセックスするに至り思わず種付け中出し【イメージ画像2】

かし俺は「そうだよ。もうアキさんも不倫してる」俺は彼女の名前を何度も呼びながら激しく彼女の貫き、初めて触れる柔らかい身体に唇を這わせました。
 

嫌がってた彼女が次第に落ちて、快感に喘ぐ姿をスマホで何度も撮影し、彼女の中に三度も射精しました。

 

内の精液が漏れないよう、挿入したままシャワーを浴び、そのまま彼女に下着を履かせました。
 

「ヤバイって、出てきてるもん」彼女は携帯に入ったたくさんの着信履歴と、下着に染み付いた牡の印に泣きそうな顔をしながらも、俺のハグを拒みませんでした。
俺も正直、危ない橋を渡った実感がありましたがお互いなんとか誤魔化し、しばらく大人しくして先日ようやく、半年ぶりに逢いました。
 

 

のときのペナルティとして、彼女にプレゼントを買ったあと、ホテルへ。
今度は最初から、互いにそういうつもりでした。
 

彼女からアナルも開発済みと聞いていたので、アナル童貞を捧げたあと、一緒に風呂に入りそこでもセックスしました。

 

では一晩に二発もすれば、がんばったほうですが、彼女では何度でも出来て、再現なく精液を注ぎこんでいます。
 

旦那ともいっぱいやってるらしいので、そのうち本当に子供が出来そうですが、きっと俺の子だろうなとゾクゾクしています。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す