33歳になってもまだ童貞を卒業できない男が若い子は苦手と熟女系性感マッサージ店に行った結果

33歳になってもまだ童貞を卒業できない男が若い子は苦手と熟女系性感マッサージ店に行った結果【イメージ画像1】

は魔法使いになりましたはい、ヤラハタととっくに超え、33歳の真性童貞なんです。
しkし、そんな僕も絶頂体験をした事はあるんす仕事では、生の女性と話す機会が数週間に1回程度。
 

そんな僕でも、そろそろ風俗に行って童貞は捨てないまでも女性の身体を知っておかなくてはと思い、初風俗でもハードルの低いマッサージのお店を選びました。

 

ぐにPCで京都の風俗を調べました。
 

さすがに風俗で童貞を失うのには心理的に抵抗もあって、性感マッサージをしながら最後にはヌイてくれるお店にしたんです。
2chの風俗スレで興味を持ってお店に電話して大丈夫そうなところを選びました。
 

 

33歳になってもまだ童貞を卒業できない男が若い子は苦手と熟女系性感マッサージ店に行った結果【イメージ画像2】

のお店は障害者や外国人の方でも遊べるお店という事で懐の広さを感じました。
30年以上もの間女性と手も握った事がないくらいピュアな自分。
 

公衆トイレでアソコに不備がないかを確認し、興奮を抑えながら初めてなのでこの時が1番ドキドキでした。

 

定の待ち合わせ場所へ。
 

自分の好みにぴったりの女性が。
年下、若い子だと自分がリードしないといけないと脅迫観念があるので四十路の熟女にお願いしたんです。
 

 

れなら安心して、身を委ねられると自分は、完全に童貞をこじらせているんですよねそれで、性感エステにいきました「今日はありがとうございます」と色気のある声で胸を揺らせながら近づいてきました。
自分はテンションが上がってしまい「触っていい??」といきなり聞いてしまいました。
 

だが本心であったのは確かだ。

 

は驚いた顔していて「もう~エッチなんだから」と言って返してくれました。
 

僕としては失敗したかなと思っていたので、彼女の切り返しに安心しました。
と同時に優しさも感じました。
 

 

テルに入ると「シャワー浴びましょうね」と声を掛けてくれて、僕の着ている服を全て脱がしてくれました。
「ガッチガチね!」と嬉しそうにチャックを下ろして息子とご対面。
 

もう僕のアソコはギンギンに硬くなっていました。

 

の時点で暴発寸前でした。
 

その熟女はサワっと僕のアソコに触れた瞬間に出てしまい、そのまま顔射をしてしまいました。
「あ~もう出ちゃっって」とそんな不躾な僕を許してくれました。
 

 

貞?」って聞いてきました。
童貞なので恥ずかしかったですが正直に答えました。
 

素直に話すと、「お店のルールの範囲内で最高に気持ちよくしてあげるね」と言ってくれました。

 

はり年上の熟女を選んで正解でした自分の失態も優しく包み込んでくれるんですそれからは夢見心地でプレイの事をあまり覚えていないというか、とにかく全てリードしてくれるので、僕みたいな何も知らない童貞野郎でも安心して利用できました。
 

僕の絶頂体験はこの熟女の何でも許してくれる母性に包まれていたあの時間全てでした。
ホテルから出た後、熟女が僕の女神に思えるくらいでした。
 

 

直風俗初体験だったから、これが普通なのか最高なのか分からなかったが、自分の中では天国の心地と女神様との幸せな時間でした。
またやらしく母性のある熟女と会いたいなあ~と思う日々ですね。
 

あれから性感エステにハマって自分のオナニーにも取り入れているくらいです。

 

感帯って進化するものなんですね。
 

今では身体のそこら中を触るだけで、今までは何も反応しなかった部分が気持ち良く感じられるようになりました。
僕みたいな人間でもそうなれたんで、皆さんも今まで以上に感じやすい身体になるために性感エステに行って開発されてみたらいいと思いますよ。
 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す