私は上司におもちゃにされ、陵辱されて悦んでいるド変態インモラルOLです・・・

私はとある地方の会社で経理の仕事をしている23歳のOLです。実は会社の常務のオモチャになっています。今も残業と称して常務に命令されながら重役室のパソコンでこのカキコをしています。今、私の背後には常務がいて、後ろから抱きつかれブ、ラウスの上から痛いほど強くオッパイをもまれています・・・そして、パソコン画面のこの文章をチェックしています。きっかけは半年ほど前の事。私はブランド品ほしさに経理という立場を

続きを読む

スキーバスツアーに乗り合わせたJDと仲良くなって車内でイチャって結局恋仲にw

冬休み、友人たちと信州にスキーに行きました。まだ21歳の学生なので、お金もなく安いバスツアーです。スキーは初めてでしたがなんとか滑れるようになり、同じバスツアーの女子大生グループと仲良くなることもできました(彼女たちが一つ年上)。しかし民宿形式の宿だったため、あまり発展することはなく、帰途につきました。最終日は夕方まで滑り、車中一泊のパターンです(翌早朝に帰る)。僕の右隣の窓際には、グループの中で

続きを読む

嫁との離婚を済ませたあと、まだJKの義理の妹とエッチなことをしてしまいました。

うちの義妹の話。俺と嫁は大学で知り合い、二人姉妹の長女だった嫁の素早い行動で、婿養子となり学生結婚した。嫁の両親は俺に相当気を遣ってくれる。義父の少々頑固なところを差し引いても、いい人だった。義妹と初めて会ったのは義妹が中学生の時。おっとりしていて無口だけど、発言は天然だった。ちょっと不思議ちゃん。親には反抗期のような態度も取りながらも、妹特有の甘えも見せる。嫁とは友達みたいによく話していた。とら

続きを読む

契約社員OLがエロかったもんだからつい手を出して不倫セックスしちゃったw

何度となく彼女とは、職場のグループで飲みに行ったりしてました。夏のある日、2次会で行ったカラオケで財布を忘れてしまい、僕がなぜか預かって彼女に返す事に。次の日、無事職場で財布を返すと「お礼に飲み代を奢る」との事で、次の週行く事に。それほど美人ではなかったけど、身長が低くて、今時珍しく黒髪ストレート。お互い酔いも回ってきたので、帰る事に。地下のお店から階段を上ってる途中、彼女がよろめいたため胸をムギ

続きを読む

田舎が同じというだけで、女ってこんなに無防備になっちゃうんだな…故郷のちんぽ懐かし人妻セックス!ってな!

俺が横浜の大学に入学してから一年がたった。始めはまったくなじめなかったけど、バイトやらサークルやらの日々をすごすうちになんとかやっていける自信もつき、東京出身の彼女も出来た。さて、彼女が出来てみると、免許がいる。無計画だった俺は高校卒業から大学入学までの暇な時間をダラダラしてすごし、教習所に行き損ねた。下宿しているワンルームマンションから歩いていける教習所に申し込みに行き、書類を揃えて翌日早速入学

続きを読む

初めてエッチをしたのは、中学生のときにした保健体育の実習だった。

僕は中学校2年の時、同じクラスの女の子に手コキしてもらってました。彼女たちとの関係は、放課後の教室で、よくエッチな話をしていたことが発端でした。エッチな話と言ってもその内容は今からすると可愛いものでした。思春期を迎えた自分たちの体に起こる変化と、色々と見聞きする体や性についてが話題の中心でした。そんなある日、N子がこんなことを言ってきました。「男の人って生理になる時、オチンチンが膨らむって本当?」

続きを読む

レイプの苦い記憶。抵抗するもかなわず、部長に無理やり犯されて、イカされて・・・

26歳の会社員です。私は、結婚していて夫がいます。でも、いつも男の人たちは、私が結婚していることを知ってて誘おうとします。「人妻」というのは、一つのブランドなのですか?男の人たちは、若い子が好きだと思っていましたが、「人妻」というのは後腐れなく遊べるという、そんな気楽さの対象なのですか?私は、上司に犯されました。部長は私が結婚しているのを知っていて、私に関係を迫り、犯したのです。私は、仕事で新しい

続きを読む

実の妹と挿入はないけれど、擬似的なセックスをして愛を育んだ話

子供の頃、歳の離れた妹のお願いや、おねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。兄妹仲が良いと言うより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。もちろん俺も色々と付きまとってくる妹に満更でも無く、親のお使いなんかでも二人揃って買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入して“性“に目覚め、父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借す

続きを読む

女の子が色んなものをぶっしゃーと漏らしちゃうのが大好きなフェチ男の俺が実姉を救う物語

「まだかな?サービスエリア・・・」焦れた感じで姉(志織)が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織・・・」母(絵里)が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫・・・」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ・・・)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も

続きを読む

新聞受けの隙間から漏れ聞こえてくる喘ぎ声に興奮が止まらないわけでして・・・

新築マンションに2年間一人暮らしで住んでいた。部屋は6畳のワンルームと2畳のキッチンがあるマンションだった。とても閑静な住宅街で住み心地は抜群だった。最初の半年くらいは仕事が休みの時はずっと近所をブラブラ歩き回ったり、どこに、どんなマンションがあるのか確認しながら入念なチェックをしながら歩いていた。(実際は色んな洗濯物やら見てたけどね。近所の若妻とかも)オイラが探しているマンションはもちろんワンル

続きを読む