工場勤務の男だが、この前資材置き場で人妻さんがバックでハメられていてやばかったんだが


 

 

めまして、私は、某県の工場でコンビニに出している惣菜工場の工場長をしています。
 

工場勤務の男だが、この前資材置き場で人妻さんがバックでハメられていてやばかったんだが(イメージ画像1)

 
今から話す事は、10年前から働きに来ている久美子と言う人妻が、どういう訳か同じ職場の男に弱みを握られ、セフレにされていた、という話です。
 

 
まず、久美子の事から話します。
 

工場勤務の男だが、この前資材置き場で人妻さんがバックでハメられていてやばかったんだが(イメージ画像2)

 
彼女は、私の工場がある場所の隣の市に住んでいます。
 

 
久美子の家は、その市の土地成金で、言って見れば、金持ちです。

 

久美子は、看護婦をしている時に、知り合った今の旦那と23歳の時に結婚し、現在は、2人の子供の母親をしています。
 

 
さて、出会いからですが、今から10年前、当時、私は、まだ工場長では無く、課長を務めていた時に、求人広告を見て働かせて欲しいと電話をして来た、久美子が面接に来ました。
 
当時、33歳の久美子は、テニスの伊達公子似の美人で、娘の踊りの月謝を払う為に、働かせて欲しいと言う理由で、面接に来たと言っていました。
 

 
ちょうど、夜勤に何人か人手が足りなかったので、私は、即採用しました。
 
工場では、弁当・調理部・サンド製造部とあり、サンド製造部に久美子を入れました。
 

 

夜勤では珍しく、若い女性が入った事で、久美子は、ちょっとしたアイドルになっていました。
 
また、50代の方々と違って、若い為か、物覚えが良く、仕事もテキパキとこなしていました。
 

 
私は、久美子を採用して良かったと思いました。
 
久美子が働き出して、3年程経った時でしたか?立川と言う男が面接に来ました。
 

 
彼は、昼は、自営業をしていたのですが、家族を養うのにお金が必要だった為、夜勤で働かして欲しいと面接に来ました。

 

30代後半でしたが、体格も良かったので、ちょうど作り終えたサンドの運搬や仕分けの仕事をしてもらおうと、サンド製造部に入ってもらいました。
 

 
仕事ぶりも真面目で、何より話し上手で、特に年の近い久美子と仲が良くなり、2人は、サンドに必要な人材になっていました。
 
ある日、久美子から残業させて欲しいとお願いされました。
 

 
聞けば、旦那が借金をしてしまい、お金が必要と言われ、その頃には、自分も工場長になっていたので、弁当のケース出しを2時間残業して貰う様にしました。
 
ケース出しは、製造する弁当の個数分ケースを出す仕事で、久美子は、正確にケースを数えて出していました。
 

 

だ、久美子も厨学生の息子と娘の弁当を作らないといけない為、立川を補助につけ、7時には、帰れる様にしてあげました。
 
それから、半年位でしたか?その日は、特注で注文が多く、製造が終了したのが、5時を回っていました。
 

 
久美子と立川は、ケース出しをそれからやっていました。
 
次の日は、日曜日だったので、朝勤が来る9時までにケースを出して貰う様に、2人に頼みました。
 

 
ケース出しの仕事場は、工場の一番人の出入りが少ない資材置き場にありました。

 

7時を過ぎた頃でしたか?2人の手伝いをしようと資材置き場に行くと、2人がいませんでした。
 

 
おかしいと思い、捜して見ましたが、2人は、何処にも見当たらず、資材置き場の更に奥の資材管理室に行きました。
 
そこで、目にしたのは、信じられない光景でした。
 

 
久美子が、机に手をつき、制服の帽子を外し、髪を振り乱しながら、下半身を露にして、何と立川に、後ろから貫かれているではありませんか。
 
気付かれない様に、そっと覗くと、2人は何とSEXをしていました。
 

 

「立川さん、お願い。もう止めて。誰か来ちゃうわ。」
「何、言ってるんだ。自分の立場が分かっているのか?俺のチンポで喘いでいる、メス豚のくせに。」そう言うと、立川は、久美子の上着も脱がし、全裸にして、久美子を机に座らせました。
 

 

「おまんこを開いて、俺のチンポを咥え込む準備をしな。」久美子は、半べそをかきながら、「許して、出来ません。
そんな女じゃありません。」そう言うと立川は、「写真をばら撒かれたいか?旦那や子供にばれるぞ。
お前が、俺に何度もぶち込まれている事が。」久美子は、黙りやがて観念したのか、まるで強要された台詞の様に「分かりました。
久美子のおまんこに、立川さんのチンポを入れて下さい。久美子は、貴方のメス豚です。」半泣きでそう言うと、久美子は、自分の指でおまんこを開き、立川に見える様に、一杯に広げていました。
 

 

のおまんこは、自分でも分かる様に、奇麗なピンク色で、とても2人の子供を生んだとは思えない程、奇麗でした。
 
一方の立川のチンポは、女性経験が豊富と思わせる程、黒光し、何よりでデカかった。
 

 
「仕事もあるから、直ぐに終わらせてやるよ。大きい声を出すなよ。バレルからな。」そう言うと、両足を持ち上げ、久美子に分かる様にチンポをゆっくりとおまんこに挿入し、根元まで入ると、いきなり、腰を激しく動かしていました。
 

 

久美子は、立川のチンポが良いのか、口を半開きにし、「あっ、あっ。そんなに激しくしないで。壊れちゃう。もっと、優しくして。」
「早く済ませないと、帰れないぞ。今日は、安全日だろ。中に出してやるからな。」そう言うと、久美子にキスをし、バスト82位のおっぱいを揉みながら、乳首を吸っていました。
 

 

「あっ、いい。」
「やはり、根っからの淫乱だな。」そう言ってから、久美子の尻を持ち上げ、アナルに指を入れ立ったまま、「おまんこから、だらだらと汁が出てるぞ。
久美子。アナルに指を入れたら締りがもっと良くなったぞ。」
「あっ、だめ、いきそう。一緒に来て。」
「仕方ないな。いくぞ、くらえ久美子。」そう言って、立川は、久美子のおまんこの中に出していました。
 

 

事が終わると、久美子は、だらしなく股を開いておまんこから、精子を垂れ流しながら、床に倒れていました。
 
「さっさと、服を着て、仕事するぞ。疲れたからな。」私は、気付かれない様に、慌ててその場から離れました。
 

 
事務室に戻り、椅子に腰をかけて、さっきの光景が信じられなく、さっきの事を思い出しながら、ずっとボーっとしていました。

 

美子は、立川に何か弱みを握られているのか?その時は、分かりませんでした。
 

 
9時前、2人は、何事も無かった様に、私に挨拶をして帰りました。
 
次の日、私は、休日だったのですが、あの光景が忘れられず、普通なら帰って直ぐに一眠りするのですが、なかなか寝付く事が出来ませんでした。
 

 
そもそも、何故?2人があの様な関係になったのか?確かに久美子は、夜勤のオバサンばかりの中で、若く・上品で、奇麗な為、食事の誘いや言い寄る男もいました。
 
しかし、久美子から出る話と言えば、子供の事ばかりで、母親・妻としての自覚がある為、誘われても全て断っていました。
 

 

その様な女なので、浮いた話もありません。
 
しかし、まさか立川とあの様な事を……。
 

 
立川は、身長171cmで体格は良いが、腹は出て、体重が75kg位、どちらかと言えば、太っているのである。
 
一方の久美子は、T158B82W60H85位のスレンダー美人で、裕福な家庭の人妻。
 

 
いくら何でも、若い男ならともかく、立川に抱かれているとは……。

 

不倫している様には、見えず、立川が、脅している様な言葉を久美子に言っていた事が、一番気になりました。
 

 
悶々と休日を過ごし、次の日、18時前に工場に出社しました。
 
私の工場は、昼と夜の勤務があり、私は、2週間交代で、昼と夜の勤務を統括しています。
 

 
今週も夜勤を見る事になっていました。
 
22時、久美子と立川、その他のパートが出社してきました。
 

 

私は、22時に休憩室で、タバコを吸っていると、久美子は、普通に挨拶をしてきました。
 
「おはよう御座います。」私は、少し躊躇して挨拶を交わしました。
 

 
久美子は、直ぐにサンド製造部に行きました。
 
考えて見れば、今まで通りに、普通に挨拶をして来るのだから、あの様な事をしている、されているのに気付く筈がありません。
 

 

れに、私は、弁当製造部にいるので、人手が足りない時の応援を頼む時と、ケース出しの書類を久美子に渡す時位しか会わないのです。
 
だから、微妙な変化も気付きませんでした。
 

 
立川が、仕事に入る前に、タバコを吸いに来ました。
 
いつもと変わらず。
 

 
「おはよう御座います、工場長。」
「おはよう、今日も忙しいよ。」
「休日は、どうでした。ゆっくり休めました?」休める筈が無い、久美子と立川がSEXしていたのを見たのだからと思いましたが、「最近、なかなか疲れが取れなくて。
年かな?」
「工場長も何か趣味を持ったら如何ですか?私は、大の釣り好きで、よく磯釣りに行きますよ。後、写真とか?最近、デジカメで色々な物を撮っているんですよ。パソコンで、色々な事が出来るから、楽しいですよ。」パソコン?会社の書類を作る以外、趣味として使った事が無い。
 

 

「ストレスを作るより、趣味を作って、充実させる方が良いか知れないね。さっ、仕事しましょう。」そう言って、2人ともそれぞれの仕事場に行きました。
 

 
それから、3ヶ月以上経ちましたが、ちょくちょくケース出しの残業をしている2人の所に手伝いに行きましたが、あの様な事をしている素振りはありません。
 
ただ、気付いたのですが、2人に会話が無いのです。
 

 

会話が無いと言うか、久美子が立川に話しかけないのです。
 
立川は、久美子に話しかけているのですが、余り会話をしていない、したがらないのです。
 

 
自分の方に話しかける方が多いのです。
 
「ケース出し、終わりました。」
「ご苦労さん、気を付けて帰って下さい。立川さんも。」そう言って、いつもと変わらず、仕事を終えました。
 

 

そんな事が続いたある週末でした。
 
その日は、週末とあって、製造量が多く、出荷5時迄に全ての製品を作らなければならないのですが、よくあるミスで、弁当に入れるおかずが足りない為、出荷が遅れたり、弁当に髪の毛が混入してクレームがあったりしたのです。
 

 
こう言う時は、大抵は、誰かが車を走らせて、その店舗に謝罪しに行きます。
 
その夜は、クレーム処理にわざわざ他県まで、5時過ぎから行きました。
 

 
その間、課長に任せて無事出荷させる様に指示しました。

 

レーム処理後、課長に電話すると、5時半には、全て出荷出来たと聞きました。
 

 
「片付けて、皆に上がってもらって。君も上がりなさい。」課長にそう言い、工場に戻りました。
 

 
戻る最中に、車内で、久美子と立川を2人きりにして大丈夫か?ふと思いました。

 

一抹の不安と一種の興奮でアクセルのペダルを踏む足が、どんどん車のスピードを上げました。
 

 
工場に着いたのが、7時過ぎだったでしょうか?駐車場には、久美子の車と立川のバンが止まっていました。
 
会社に戻ると、事務所には、課長が待っていました。
 

 
「お帰りなさい、工場長。ご苦労様でした。」
「まだ居たの?もう帰って良いよ。」
「今、久美子さんと立川さんがケース出しをしています。手伝おうとしたのですが、2人で大丈夫と立川さんが言ったので、書類を片付けていました。」2人で大丈夫って、大丈夫じゃないかも知れない?あの時の光景が甦りました。
 

 

「分かった。お疲れ様。後は、私がやっておくよ。」そう言って、課長を帰らせました。
 

 
私は、急いで奥の資材置き場に行きました。

 

資材置き場のドアを開けると、そこには誰も居ないのです。
 

 
もしやと思い、更に奥の資材管理室に行くと、あの時の光景が…「丹念に、しゃぶるんだぞ。歯を立てるなよ。」恐る恐る見ると、椅子に座っている立川のチンポを久美子がしゃぶっているのです。
 

 
口一杯にチンポを出し入れし、亀頭を舌で舐めているのです。

 

いぶん、上手くなったな。よく濡らしておけよ。後で、おまんこを串刺しにしてやるからな。」久美子は、無言でしゃぶり続けていました。
 

 
久美子は、帽子を脱ぎ、肩まであるソバージュを乱し、制服を着たまま、フェラチオをしていました。

 

「立ちな。さっさとズボンを脱いで、俺の上に跨りな。」
「ああっ、やっぱりするのね。お願いします。これ以上、辱めないで。」
「何度も言わせるな。別に命取るわけじゃ無いし、家庭を壊す気も無い。ただ、久美子が俺の奴隷で居れば良いんだよ。分かったら、さっさと脱げ。仕事も終わってないし。」そう言われて、久美子は、ズボンを脱ぎ始めました。
 

 

彼女の白いお尻が見えましたが、直ぐに立川が尻を鷲づかみし、久美子を自分に引き寄せました。
 
「自分から、おまんこに俺のチンポを入れな。」そう言うと久美子は、立川のチンポを掴み、自分のおまんこに……。
 

 
「さっさと入れろ。中出しするぞ。」
「お願い、妊娠だけはやめて。今から、入れます。言えば良いのね。久美子は、立川さんのチンポ大好きよ。立川さんの肉便器だから。」そう言うと、立川のチンポをおまんこに挿入しました。
 

 

「子宮に当たる。痛い。抜いて。」
「自分から入れておいて、抜いては無いだろ。言って見ろ。立川さんのチンポは、亭主より良いと。」そう言いながら、激しく上に突いていました。
 

 

美子も痛がりながら、腰を動かしていました。
 
私は、また信じられ無い光景を目の当たりに思いました。
 

 
やはり、2人の関係は、続いていたのかと。
 
「痛い。痛い。抜いて、抜いて下さい。」
「気持ち良いくせに、中出し出来るのか?」
「あっ、あっ、駄目。出来ちゃう。駄目です。あんっ。」
「だったら、口の中に出してやる。美味しいから、飲ませてやるよ。良いな。」
「は、はい。」久美子のおまんこがクチャクチャと立川のチンポに貫かれながら、音を出していました。
 

 

やがて、「そろそろ、終わらしてやるよ。」と言い、久美子を床に座らせ、立川はチンポを扱きながら、「口を開けろ。
残さず飲めよ。」そう言いながら、久美子の口の中に、射精しました。
 

 
久美子は、口の端から少し立川の精子を流しながらも精子を飲み込み、立川のチンポを奇麗に舐めていました。

 

「奇麗にしろよ。お前の大事なチンポだからな。」そう言って、久美子の顔をチンポで叩いていました。
 

 
「もう、ズボンを履いて良いですか?」行為が終わったから、当然の申し入れと思いましたが、立川は、「お前の濡れているおまんこをデジカメで撮ってやるから、開きな」そう言って、デジカメを胸ポケから取り出し、椅子に座らせ久美子自身におまんこを開かせました。
 
「お願い。写真を人には、見せないで下さい。」そう言って、ベソをかいていました。
 

 

「大丈夫だ。久美子写真集を作るまで、誰にも見せねーよ。」
「お願い、他人には、見せないで。」立川は、見下した様に笑いながらデジカメで久美子を撮っていました。
 

 
事が終わったので、立川は、資材置き場に戻って来ました。

 

の間、自分は、慌てて資材置き場の外に出ました。
 

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す