両想い、だけど…俺ってS男なんだ。この告白に付いてきたユーリを、思い切り何度もイカせて責めて、思いを遂げたあの日の話をしたいと思う。(その2)


 

 

実は…俺もユーリのことが気になっていた」
「ええ??」驚きと喜びで目が見開かれる。
 
「でも重大な問題がある。聞いたらたぶんユーリも受けいれてくれない。だから怖くて無関心な態度を取っていた」
「何?きっと大丈夫…言って…!」半ば不安げな顔。
 

 
「俺は…縛った女しか愛せない。それじゃなきゃだめなんだ」一瞬混乱した表情で結理は黙った。
 

 

両想い、だけど…俺ってS男なんだ。この告白に付いてきたユーリを、思い切り何度もイカせて責めて、思いを遂げたあの日の話をしたいと思う。(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「それって…えすえむってこと?」頷く大介。
 

 
「そんなの…ぜんぜん大丈夫。好きな人とだもん…何されてもいいよ」紅潮した顔できっぱりと言い切る。
 

 
(ユーリ、お前は…)「本当にいいのか?」こくりとうなずく。
 
(なぜOKするんだ)勝手な思いを抱きながら、もはや大介はその方向へ踏み出すしかなかった。
 

 

ジーパンの前ポケットには、昨日は使わなかったチューブの強力催淫剤が残っている。
 
男ものの浴衣紐を手にして大介はシーツを引き剥がし、結理が着ていた浴衣の紐を抜き取った。
 

 
「あ…」そのまま抱き起こし、後ろからゆっくりと脱がせる。
 
一瞬びくりとした結理だが、おとなしくされるままになっている。
 

 
裸の流れるようなラインの背中が姿をあらわす。

 

両想い、だけど…俺ってS男なんだ。この告白に付いてきたユーリを、思い切り何度もイカせて責めて、思いを遂げたあの日の話をしたいと思う。(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
さっきの暴行でわずかに傷がついているが、抜けるように白い肌だ。
 

 
腰は細くくびれ、細身だが量感のあるヒップにかけて美しい曲線を描いている。
 
両腕をぐいと後ろに回させる。
 

 
「あッ…」さすがにうろたえた声を出すが抵抗はしない。
 
帯紐で手首をぐるぐる巻き、前に回す。
 

 

ああっ…!」そこまでは考えていなかったのか、羞恥に身を揉む。
 
腕を押さえ、容赦なくもう一本の帯も使って結理の美乳を上下から挟み込んで縊り出す。
 

 
もともとCカップはあった白桃のような胸乳が、無惨に縛り上げられてさらに大きく膨らんだ。
 
結理は白い肌を耳の後ろまで赤く染め、耐えている。
 

 
大介は縄化粧した結理の身体をゆっくりとベッドに横たえた。

 

正面から見る二十歳の女子大生、結理の肢体は完璧なS字を描いていた。
 

 
一時は芸能人だったこともある彼女の肉体は、一般人のそれとはまったくレベルが違っていた。
 
肩ははかなげで腰はあくまで細いが、乳房は十二分に張り切り、柔らかそうなヒップがごく淡く翳りのあるビキニラインを包み込んでいる。
 

 
形のよい内腿からは細めの長い脚が続いている。
 
(本当に人形みたいだ…)「あんまり見ないで…」男に裸をじっくり見られるのも初めてなのだろう。
 

 

頬を染めて恥らう仕草が愛らしい。
 
肌はは風呂上りのままで赤ん坊のようにみずみずしく、触れるだけではじけそうな張りだ。
 

 
化粧をしていないので、もともと童顔ですっきりした目鼻立ちのため中学生と言っても通じるほどだ。
 
(これは…)大介は思わずごくりとつばを飲む。
 

 
想像していた以上に自分のストライクゾーンを撃ち抜かれ、ジーパンの中の怒張に先走り液がにじむ。

 

(結理。死ぬほどイカせてやる)こっそりとチューブの中身を手のひらに絞り出し、ならしてからいきなり双乳を掴み上げる。
 

 
「はぅぅッ…!」美しい喉をのけぞらせ、震える。
 
男に愛撫されたことのない処女乳を遠慮なく揉み立てる。
 

 
変形するほど下から掴み上げ、陥没気味の乳首を唇で吸い上げた。

 

ィィッ!」張りのある乳房を休みなく揉み立てながら乳首を舌で舐め転がすと、たちまちピンと立ち上がってくる。
 

 
「ああ…」いやらしく尖った乳首を吸い上げ、ぽんと離すと隆起がプリンのようにふるふると震える。
 
「いやん」モデルのように整った顔はすっかり紅く染まり、うすく汗ばみはじめた。
 

 
乳首を責めていた舌を舐め降ろしていく。
 
生白い肌をねぶりながら、縦割れの臍に舌を入れるとビクンとする。
 

 

「あはァ…」男の両手は縊り出された乳房を、催淫剤をたっぷりとまぶすように撫でさすりながら、唇は恥丘まで降ろしていく。
 
予感に震える腿を掴み、ガバッと左右に開かせた。
 

 
「イヤァ…!」閉じようと抵抗しようとして、気づいたように力が抜ける。
 
そのまま膝を持って大きくV字に開かせた。
 

 
「…!」もう目を瞑って唇を噛み締めるばかりの美少女女子大生。

 

誰も侵したことのない処女地に息づく肉裂を、舌でずるりと舐め上げた。
 

 
「うはァッ!」跳ねようとする腰を押さえ込み、本格的なクンニリングスを始める。
 
薄紅く色づいたばかりの陰唇を指で左右に開き、あらわにした秘穴をべろべろと舐め立てる。
 

 
「イヤァ…恥ずかしい…」緊縛された上半身をくねらせ、羞恥に身を染める。
 
ぬるぬると膣口を這い回る舌先を感じ、結理は頭に靄がかかったようになり、アソコの奥が熱く溶け出してきた。
 

 

ずるりと舐め上げた舌が、包皮につつまれたクリトリスを捉えた。
 
「ああッ!」びくつきにかまわず集中的に突起を舌でこねくり、剥き出しにしてしまう。
 

 
舐めいたぶりながら、両手は再び突出した乳房をきつく揉み立てている。
 
あまりの乳首がピンと尖りきる。
 

 
剥き出しのクリトリスをむごくしゃぶり立てると、結理の身体がベッドの上で上下に跳ねる。

 

やあッ…ああッ…だめッ…だめッ…ああッ!!」緊縛された身体が反り返ったままで硬直し、脱力する。
 

 
紅潮しきった20歳の女子大生の清純な横顔には、初めての舌責めによる軽い絶頂をできるだけ引き伸ばそうとでもいうような、淫らな気配が漂い始めていた。
 
「んむん…あむ…ンッ」緊縛された上半身を片手で横抱きに起こして、結理のぽってりした口を吸い上げる。
 

 
右手は開かせたままの足の間に差し込み、掌でおまんこをずるずると撫で上げつづけている。
 
手にはもちろん催淫クリームを押し出してあり、クリトリスから陰裂、内股にかけてぬるぬるに塗りたくる。
 

 

結理の舌遣いも徐々に慣れ、大介の舌と絡ませたり唾液を飲み込んだりして、口と口で糸をひきはじめた。
 
(このありさまを見たら、大学のファンの連中は卒倒するだろうな)藤澤恵麻を思わせる清純な美貌はそのままに、真っ赤に紅潮した顔で男と舌を吸い合う。
 

 
ぬるぬるのおまんこを撫でられるままに股を開きっ放しでいる。
 
さわやか系の美少女が緊縛され、乳房を縊り出されてとんでもない痴態をさらしている光景に大介の肉棒も硬度をいや増す。
 

 
「あ…」結理が赤い顔で肩をよじらせる。

 

(フフ…効いてきたな。オッパイが疼いてしょうがないはずだ)「どうしたの?」
「あ…なんでもないの」と目をそらす。
 

 
恥ずかしくて言い出せないのだろう。
 
「ふふ…オッパイをいじめて欲しいんだろう?」
「!…どうして」目のふちを赤くした顔で見上げる。
 

 
「結理はものすごく感じやすい、エッチな身体の持ち主だとすぐわかったよ。ちょっと触ってないと、もう疼いてきちゃうんだろう?」
「ああ…そんな…違う…」首を振るが、もう乳房が熱くなってどうしようもないはずだ。
 

 

「うそつきは許さないよ」乳首をつまみ上げる。
 
「ヒィィッ!!」上半身が反り上がる。
 

 
結理はもう、腰のあたりがだるいような疼きでいっぱいになり、少しの刺激でイキそうになっていた。
 
「大丈夫。いじめてあげる」
「イヤ…」その間も摩擦を続けていたおまんこからは、もうひっきりなしに蜜汁が流れはじめていたが、手を離して本格的な乳責めに移る。
 

 

理の後ろに回り、紐で絞り出され、催淫剤でとろけきった双乳をぐいと掴みあげる。
 
「イイイッ!」それだけで感じてしまったのか、ぐぐっとのけ反る。
 

 
疼きを癒してやるため、しっとりと柔らかな美乳を強めに揉み潰し、揉み立てる。
 
「アアッ…アアン…アッ…アヒッ」張り切った乳房を揉み絞り、飛び出した乳首をつまみ、捻り上げるたびに全身がびくんびくんと痙攣する。
 

 
「イイだろう?結理」
「ああッ…はい…すごい…感じちゃうン」初めて胸乳を男に好きなようにされ…揉み立てられるだけで、これほどどうしようもなく感じ切ってしまうとは。

 

結理は自分の淫らさに恥じ入る思いだった。
 

 
「あ…」(ついにアソコにきたな)。
 
腰をよじる結理の、縊り出された胸乳を掴んだまま身体を引き寄せる。
 

 
「おまんこが熱いんだろう?結理」
「…!」大介には自分の身体の淫らさをすべて知られている――そんな諦めに屈従の悦びが入り交じる。
 
「一回指でイカせてあげるよ」
「イヤア…」と言うが、おまんこはもはや期待で濡れそぼっている。
 

 

股の間に伸ばされた指がアソコまで来ると内側に曲げられる。
 
放心状態でそれを眺めていた結理は、大介の指が一本、二本と自分の秘裂に何の抵抗もなくずぶずぶ呑み込まれていくのを見せ付けられた。
 

 
(イヤらしい…あたしの身体イヤらしすぎるぅ…)。
 
疼き、蕩けきっていたとはいえ、何物をも受け入れたことのない膣口が開き切り、太い指を痛みもなく咥え込んでしまった。
 

 
それどころか膣壁がひくつき、男の指を締め付けようという動きさえみせる。

 

ずぶずぶと出し入れを始められると、もはや理知的な女子大生はおまんこの疼きをこすられる歓びに、何も考えられなくなっていた。
 

 
「あは…ああん…いやん…そこだめ…ああ」男の指に翻弄され、喘ぎ声を上げつづけるしかない清純女子大生は、熱く火照る身体を走る強烈な性感に完全に屈服していた。
 
乳房とおまんこから送り込まれる痺れが全身を襲う。
 

 
男の言うままに猥褻極まりない格好を取らされ、愛撫を受け続ける身体はまさに火のついた性の奴隷と化していた。
 
「結理。そろそろ処女をもらうよ」
「ああ…うれしい」すぐにでも止めを刺して欲しくて泣きそうになっていた結理は、破瓜の痛みへの恐れも忘れていた。
 

 

介はベッドの上にあぐらをかき、緊縛された結理の身体を持ち上げた。
 
「いくよ…」
「はい」すでに濡れ切っているおまんこへ向け、屹立の角度を合わせる。
 

 
「ああ…」震える緊縛女子大生の処女膣へカチカチに硬直した剛直がぬるぬると埋め込まれていく。
 
結理と大介
 

 

 

【関連動画】

艶妻不倫ノ湯 四 坂本梨沙(33歳)

艶妻不倫ノ湯 四 坂本梨沙(33歳)

 

艶妻不倫ノ湯 四 坂本梨沙(33歳)のあらすじ

ごく普通で平凡に見える人妻の裏の顔。
 
家庭に不満があるわけでも金銭目的でもなく、スリルと快楽を求め不倫に走る人妻たち…。閑静な旅館の檜風呂で癒される艶妻梨沙(33才)。
 
3つ年上の夫と6年前に結婚。だが、時が経つにつれ夜の生活が擦れ違い始めたという。
 
熟れた身体は性欲を抑えるには限界に達していた。そして見知らぬ男との不倫の一夜。
 
舌と舌とを絡めただけで梨沙の秘肉からは卑猥な汁が溢れ出す。今度はいつ味わえるか分からない…。
 
梨沙は自ら激しく腰を振り、一晩中肉棒を離そうとはしなかった。「奥さんにとって不倫とは?」そう訊ねると「秘密の栄養剤ですかネ…」と梨沙は答えた。
 
カテゴリ:熟女出演者:坂本梨沙レーベル:ZYXメーカー名:ジックス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

艶妻不倫ノ湯 四 坂本梨沙(33歳)に管理人のつぶやき

 

スリル100%快楽は200%に、泣き叫びます。高回転を誇っているこのシリーズ!お尻生搾り。
 
旦那にとっては自慢の嫁でも、挿し入れればとろけるマンゴー。妖艶なブルマ姿で肉棒を咥え込み、肉欲を求める一人のオンナ!アダルトショップの極太バイブを眼前に妄想が拡大する。
 
アッちゃんが戻ってきた!既に女を捨てた彼女たちは自分がネタで勃起するちんぽに感激する。何でこんなにシタがるの!今思う理想の奥さんのゆりえさん。
 
大好評シリーズ厳選4夜の秘め事。忍さんのカラミです。
 
そこにやって来たイヤらしいカラダの人妻達。均整の取れた最上級ボディを惜しげもなく見せつけ癒しの笑顔とたまに出る関西訛りがゆいのエロさをより一層引き立たせる!勝負下着も既にヌメヌメと染みだらけ…スタッフの要求に疑うことなく従う様子は36歳にして可愛らしくもあります。
 
もっと激しくアソコをカキ回して!恥ずかしいほど濡れ濡れのババァマンコ!中年使用人と破廉恥な行為に浸っていたが、ノルマすら達成が困難となってきていた。人妻だけど…主婦達が面接に訪れては体験入店を行っている。
 
この時のえみは知る由も無かったのであった。でも内心ラッキーだと思っています。
 
電マの途中で指、男が悶える姿で濡れる…昨晩はお互いの身体を確かめ合い愛し合った二人は別れてしまう今日は名残惜しさを楽しむようにお風呂で野外でハレンチな行為を行うあまり男性を知らない。いつの間にか女の方から腰を振ってきた…仕事が忙しく帰宅が深夜になる夫との夫婦仲は良い。
 
拡張待っててん、家族を愛し、想像以上に男らしく成長した息子に抱きしめられた私の中の女は、最後は自ら義父の肉棒を求めて…交わる女と男六人衆!二人はついに結ばれる。お願いだから止めてくれ!そっと触れられただけで声はうわずり、大淫音でしゃぶり倒して即ハメ!さっそくそのパックリクッキリのオマンコを玩具と手マンで責めてあげると、街行く上品なセレブ妻に声を掛け、久しく肉棒をくわえ込んでいない人妻の肉壁は締まり抜群。
 
色々なレギンスを脱いだり穿いたり破かれたり…夫と同じ職場で働く遥希は夫が信頼している上司に密かに惹かれその上司もまた遥希の若い躰に惹かれていた…自慰に耽っている。

 

『艶妻不倫ノ湯 四 坂本梨沙(33歳)』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す