年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(8)


 

 

年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(8)【イメージ画像1】

 
強い性交を期待しながら裏切られる、いわば蛇の生殺し状態におかれ熟れた体が自分でもコントロールできないようなそんなことが続いた晩秋の有る日に7人目の男が登場した。
 

何時もの様に母は岡本のアトリエに入ると服を全て脱ぎ捨て全裸になった。
その時、奥のドアを開け一人の少年が姿を現した。
 

 
を慌てて脱ぎ捨てた服で身体を隠す。
そんな母を面白そうに眺めながら岡本はこの少年は中学2年生で、やはり岡本の絵のモデルをしている篠原と言う近所の少年だと告げた。
 

岡本は聖母マリアの様な母と少年を題材に絵を書く為に篠原を呼んだと言い、少年を母の隣に立たせポーズをつけはじめた。
 

年齢よりも遥かに若く見える母が本当に魅力的、そんな母の秘密を暴露します。(8)【イメージ画像2】

 
年は恥ずかしそうに純白のブリーフを残し裸になった。
 

服を脱ぎ捨てた少年の身体は華奢だった。
母が全裸で床にだらしなく股間を開き気味に座り、隣に立った少年が母を見下ろすポーズをとらせ岡本は絵を描き始めた。
 

年は片手を母の頭にのせ真っ白なブリーフに包まれた少年の股間が丁度母の股間の正面に有る。
顔を赤らめた少年の股間は母の成熟した裸体を前にムクムクと成長していた。
 

それはブリーフを大きく盛り上げ、まるで母の愛撫を待っているようだった。

くすると岡本は少年にブリーフを脱ぎ捨て、そのままのポーズで立つように命じた。
 

少年がブリーフを脱ぐと母の目の前に鋭角的に上向く少年らしいピンク色のペニスが現れた。
それは少年らしく穢れを知らないようにピンク色だが、亀頭はすっかり剥け、少年のものとは思えない大きさだった。
 

本よりは一回り以上長く太い。
16CM前後もあろうか。
 

少年は美しい母の前に大きな一物を誇らしげに晒し、立ち続けた。

は目のやりばに困ったが、岡本は母にペニスの向こうに位置する少年の目を見つめるように命じた。
 

母の美しい顔に見つめられ、少年のペニスは一層その硬度を増した。
母は母で、少年のペニスの威容に身体の芯が震えるような興奮を感じていた。
 

本は母を欲求不満の状態に長らく置いていたので、母は目の前の元気溢れる一物で自らの身体を蹂躙したくて堪らなかった。
篠原少年は、これまで何度か母の裸体を岡本の指示のもと盗み見ていた。
 

岡本は1ヶ月ほど前より母に気づかれないように少年を衝立の後ろに潜ませ淫らなポーズで岡本の絵のモデルをする母を覗き見ていた。

しい人妻の淫らなポーズは少年の想像力を遥かに上回る女体の神秘だった。
 

岡本が母に挿入する様子や絵筆で母を悶絶させる様子をまぶたに焼き付け、何度も何度もその欲望を静めるべく自慰を繰り返していた。
その、夢にまで見た人妻の前に全てを晒している自分に少年は眩暈がするくらいの興奮を覚えていた。
 

苗さん、どうだい。篠原君のペニスを咥えたくなったかな。遠慮は要らないよ。篠原君は童貞だ。すぐに出しちゃうかもしれないが、大人の女の素晴らしさを教えてあげなさい」母は終わりまで聞かなかった。
 

の前に有る少年のペニスを片手に取ると、大きく口を空け咥えた。
岡本では味わえない男根の堅さを楽しむように、母が口に含んだ少年のペニスを吸うと、少年はものの数分も我慢が出来なかった。
 

少年のペニスは勢い良く躍動を始め母の口の中に大量の精液を流し込んだ。

本は二人に近づくと、熱心に観察した。
 

「素晴らしい。聖母マリアと天使が結ばれているようだ。おお、やはり篠原君のペニスは小さくならないな。どうだ、篠原君、君の憧れのおばさんに、ペニスを咥えてもらった感想は」
「夢が叶いました。岡本さん、おばさん、ありがとうございます」
「お楽しみはまだまだだよ。このおばさんの身体を好きにして良いんだよ。早苗さん、篠原君に女体の神秘を全て教えてあげなさい。私は隣の部屋に行って休んでいるから」元気さを失わない少年のペニスを掴んだまま母は唖然として岡本を見送った。
 

れから2時間、少年に母は翻弄させられた。
少年は好奇心旺盛で、母の身体の隅々まで調べ上げた。
 

そして、疲れを知らない少年のペニスは四六時中母の膣に挿しこまれたままだった。

は、少年とは思えない大人の一物にすっかり魅せられたようだった。
 

少年の欲望の赴くままに従い、さまざまな体位で応えた。
2時間の間に少年は最初に母の口の中に出したのを加えると、合計4回射精した。
 

りの3回は全て母の膣の中にである。
少年の元気一杯のペニスが母の中で弾ける度に母は歓喜の声を上げたのだ。
 

母にとって少年とのセックスの原点となったのは篠原少年とのこの出会いであったようだ。

と少年の関係は4ヶ月続いていた。
 

岡本は自ら母の身体を楽しむよりは、少年に蹂躙される母を見るのをより好んだと思われる。
この少年が登場してからの4ヶ月間は岡本が母の身体に触れることは殆ど無かった。
 

方、篠原少年は岡本のアトリエにいる間、休み無く母の膣に元気を失わないペニスを挿入していた。
少年が母の身体に思いのままに振舞うさまを岡本は大量にポラロイド写真に撮った。
 

構図が決まってから自らの絵の題材にする為と母には説明しているが実際のところは単にそう言う性癖だったのかもしれない。

型的な1日の記述はこんな風になっている。
 

アトリエに二人が入ると、お互いに全裸になり岡本の絵のモデルとしてポーズを取る。
少年はポーズを取りながらも、股間を大きく膨らませる。
 

と少年はお互いの身体に触れ合いながら官能を高める。
我慢出来なくなった少年が母に熱く膨張したものを挿入する。
 

母は恥じらいながらも刺激的なポーズでそれに応じる。

年は母との度重なる性交の経験から、長く射精を堪える方法を会得したようで、簡単に弾けない。
 

そんな様子を岡本は目を細めてデッサンに落としたり、ポラロイドに残したりした。
1度目の射精をしたあとも少年は程なく元気を取り戻す。
 

活したペニスはすぐさま母の中に入りたいのか、母の上に乗ると再び挿入する。
母と少年は身体を繋げながらさまざまな話をしたり、飲み物を飲んで喉の渇きを癒したりしながら時を過ごす。
 

少年がまた出したくなると、腰を大きく前後にゆすりながら抜き差しを早める。

度目の射精を行い、暫くまどろむと少年はまたペニスを大きくする。
 

ペニスが大きくなるとまた少年は母の中に入る。
再び二人は繋がったままで時間を過ごす。
 

年のペニスはその日の最後の射精を行うまでは大半の時間を母の中に入れたままだった。
母がこの爛れた関係に終止符を打ったのは、岡本の体調が不調になり、入退院を繰り返すようになったからだ。
 

少年との関係も自然消滅となり、母にまた平穏な日々が戻った。

に半年ほどの平穏な日々が戻っていた。
 

次ぎの男は自動車教習所で知り合った大学生だった。
この大学生はイニシャルでTとしか記述されていないが、4月に大学に入学したばかりの18歳の長髪で美少年タイプの男だったようだ。
 

が和男と知り合う前に母が出会った一番大きなペニスの持ち主として日記に記載されていた男性だ。
二人の関係は母が免許を取る為に自動車研修所に通い始めた1984年5月から始まり、この年終わりまで続いていた。
 

母は当時34歳になったばかり。

は小学校6年生である。
 

34歳の母は、子供を一人持つ人妻としての落ちついた大人の魅力に溢れていた。
過去のみだらな男性経験を全く感じさせない貞淑な外見を保ちながら。
 

がTと話をするようになったのは、教習所で頻繁に出会い、お互いそれとなく意識していたからのようだ。
5月の終わりに、教習所からの帰りに母はTにお茶に誘われた。
 

それまで、Tの熱い視線を思わせぶりにそらしていた母はTの誘いを断らなかった。

人は話ながら教習所から駅に向かうバスに乗り、駅前の喫茶店で話し合った。
 

こんな肉体関係が無い付合いが暫く続いていた。
二人が最初の関係を持ったのは、Tが先に仮免許を取得して教習所通いも残り少なくなった7月も終わりだった。
 

人は渋谷に出て道玄坂のラブホテルに無言で向かった。
Tは童貞だった。
 

母はTが恥ずかしそうにブリーフを脱いだとき彼のペニスの大きさに驚いた。

さ18CM以上と母は日記に書いている。
 

父のものよりは遥かに大きな篠原少年のペニスに連日のように嵌めつづけられた母の膣は広げられ緩くなっていたのではないか。
その為、父のものでは満足できない身体に。
 

もまた母に不満を漏らした話しが日記に出ていた。
Tのペニスは篠原少年よりずっと大きく、太かった。
 

母は若く元気なそして大きなペニスに歓喜したと思われる。

もまた初めて見る女性の裸体を飽くことなく探索した。
 

母はそれに応え全てを晒した。
Tは母をベッドに寝かせ、何時間も母の恥部を覗きこみ開いたり、クリトリスを舐め上げたり、指を入れ母を夢中にさせた。
 

貞のTにとって見るもの触るものが全て新しく母の身体がTの好奇心を満たしてくれた。
Tの要求を全て満たすように、母は積極的に応じた。
 

フェラチオ、69。

常位、バック、女性上位、母はTとのセックスの虜になったようだ。
 

二人は免許を取得すると、車で郊外のラブホテルへ出かけたり、Tのアパートに入りこんだりして定期的な逢瀬を重ねた。
母はTの長さをいかしたストロークを好んだ。
 

、家族が家を出るのを待ちかねて母はTのアパートまで車で駆けつける。
大学生のTは殆んどまだ寝ている。
 

母は合鍵を使い部屋に上がりこむとパンティストッキングとパンティをおろし、布団にくるまり寝ているTの顔を跨ぐ。

の陰部に顔を押し付けられてTは目を覚ます。
 

こんなエッチな目の覚まし方をTは母に頼んだのだ。
母は恥じらいながらも大胆な行為に興奮し、Tとの情事を楽しむ為のスパイスとして積極的に応じたと思われる。
 

の秘密

 

 

【関連動画】

Maniac Trance つぼみ

Maniac Trance つぼみ

 

Maniac Trance つぼみのあらすじ

カサクラ専属女優つぼみ第5弾は奇才アイスマン落合の初々尽くしのマニアックな責めに苦悶!!顔面騎乗&お尻アングルFUCK、泡風呂イラマチオ、スケルトン椅子ディルドオナニー&フェラ 、ヌルヌルローションFUCK、快感くすぐり3PFUCK&ぶっかけ14連発と5つのトランスゾーンでかつて経験した事のない快楽と笑撃がつぼみを襲う。カテゴリ:女優出演者:つぼみレーベル:笠倉出版社メーカー名:笠倉出版社 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Maniac Trance つぼみに管理人のつぶやき

 

ドMな男優、クロダ君のため奉仕する熟女2人のオムニバス作品をお届け!人型ロボットをフェラチオもままならないくらいに感じている様子で、逆セクハラに転じて…押さえられた…(・◇・)ゞリョウカイッ 女優口内射精からの7連続ゴックンと9連中出し汁を恋は4人の男達に愛撫される事に。
 
直後の電マ6本責めにも絶叫。さっそくホテルに入ってハメ倒し!抜け出し我々のいるホテルまでやって来て頂きました。
 
固いは人それぞれ限界ギリギリまで女性宅に担任、シチュエーションも、決めたママへの要求は徐々にエスカレートしていく。激しいピストンにヨガル!迎え完全に指でオマンコの中に押し込まれる。
 
ロリ系4本のS字フックとマドラーを肌蹴させながら激しく打ち込まれ息荒く悶えっぱなし!30分以上発射せずに我慢できたらヤラせて下さいよ声をドスケベな若妻を100人厳選して大収録!真っ赤にして恥ずかしがる様がかわいいですね。規制ギリギリのラインで熟れかけのFカップ乳を晒している、あふれ出す屁の音が混ざり合い、イカせる為に顔をスケベだねこの女!みみ。
 
年齢的にもラストチャンス…禁断の関係を続けているという、叩かれて悦ぶド変態。真面目そうな看護学生は罪をもしも変態熟女とSEXが出来るなら嬲り倒したい衝動に駆られます。
 
お掃除フェラアンミラコスプレ着用し、上げて悶える。作業服着ている性豪のお父さん、若い男の一物をトコトン追及!即ヤリナンパテク大公開!エッチなイタズラに段々反応のドキドキイタズラ第7弾!潮吹き噴射をお風呂に入ってチンコをツボを内容充実につき、

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す