妻の過去の男の話に興奮する僕…妻が他人としたセックス、お掃除フェラ、どんな体位でしたの?…そんなことを聞くたびに、僕のおちんちんは固く固くなっていくのです(その1)

の愛美にせがんで、過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。
最初は最高のオカズだったんですけど、何度も聞いてるうちに新鮮味も少々薄れ気味です。
 

結婚前に愛美が付き合った男の数もそう多くもないし、昔の話だと忘れちゃってることも多いしね。
いっそのこと、浮気でもしてきてくれないかと頼んでみようかしら。
 

新鮮味が薄れたとはいえ、やっぱり萌えちゃう愛美の過去。

 

妻の過去の男の話に興奮する僕…妻が他人としたセックス、お掃除フェラ、どんな体位でしたの?…そんなことを聞くたびに、僕のおちんちんは固く固くなっていくのです(その1)【イメージ画像1】

 
その愛美がリアルに浮気をしたら・・・想像しただけで勃ちまくり。
 

ネットで探せばそのテの体験談は山ほど見つかるけれど、本気で実践してみようと考えたらそう易々とは踏み切れない。
だいいち愛美が言う事聞いてくれるかどうか。
 

そこが最大の難所です。
3ヶ月ほど悩みまくった末に決めました。
 

 

断られたらきっぱりあきらめよう。
でも、言うだけでも言ってみようと。
 

うちでは毎週土曜日の夜がエッチの日。
晩御飯を食べたらダラダラと二人でTVを見、紅茶を飲んだらお風呂に入って、11時くらいからエッチスタートって感じです。
 

その日もいつも通りの流れで、まったりエッチが始まりました。

 

妻の過去の男の話に興奮する僕…妻が他人としたセックス、お掃除フェラ、どんな体位でしたの?…そんなことを聞くたびに、僕のおちんちんは固く固くなっていくのです(その1)【イメージ画像2】

 
「・・・あっちゃん、今日も何か聞きたい?」いい感じにエッチモードになった愛美が、僕のちんちんをいじりながら聞いてきました。
 

この雰囲気なら、話しても素直に聞いてはくれそうです。
たとえ断られるとしても、機嫌悪くなったりはしないと思うし。
 

よし決行!僕「ねえねえ愛美はさ。浮気とかしてみたくない?」
愛美「ん?」
僕「他の人とエッチとかさ」
愛美「・・・え、あたしが?」
僕「そう」え~とか言いながらちんちんをニギニギしたり、タマタマを引っ張ったりしてる愛美。
 

 

美「・・・誰かとそういうことして欲しいの?」
僕「え、うん。ちょっと・・・」
愛美「・・・昔の話だけじゃ足りなくなっちゃった?」
僕「え、まあ」
愛美「ふ~ん、そうなんだ」ニギニギ。
 

しこしこ。
ソフトな反応です。
 

うん、悪くない。

 

なんかいけるかも。
 

期待と勃起度が高まります。
愛美「・・・でもね」
僕「うん」
愛美「あっちゃん平気なの?・・・今のあたしが他の人とエッチしても」
僕「平気じゃないけど・・・たぶんすごい嫉妬すると思う」
愛美「だよね。それなのにして欲しいって思うんだ?」
僕「嫉妬するけど・・・でもそれできっと興奮しちゃって、愛美に更に惚れちゃうかもってね」
愛美「あっは。そんな持ち上げなくたっていいっつの。今更わかってるし」
僕「え。あはは」
愛美は「ふふ♪」って感じにちょっと笑って言いました。
 

 

愛美「・・・だけど、いるよねそういう人。まあ、あっちゃんもそこまで考えてるとは意外だったけど」
僕「はは・・・」
愛美「あたしの昔話で満足してるのかなって思ってたら、ヤってきて欲しいって。相当ヘンタイだよそれ」
僕「ヘンタイなんてそんな」
愛美「あは。まあいいけど。・・・内緒だけど、○○ちゃんの旦那さんもそうだってよ」
僕「え、まじで」
愛美「そ。言っちゃダメだからね誰にも。絶対内緒」
僕「言わないよ。え~~でも、あそこのうちがそんな・・・へええ。なんかビックリ」
愛美「けっこうすごいらしいよ。まあ○○ちゃんエッチだからいいんじゃない?そういうのも」
僕「すごいって、どうすごいの」
愛美「3対1でしちゃったとか聞いたことある」
僕「4Pかい。すっげ。それ旦那さんも入ってるの?」
愛美「どうだったっけ?入ってなかったんじゃないかなあ。忘れた」
僕「人は見かけによらないスね」
愛美「あは。だね。でも仲いいよねあそこんち」
僕「そうだね・・・で、で、愛美はどう?」
愛美「どうって、誰かとエッチしたいかってこと?」
僕「う、うん」
愛美「してもいいよ」
僕「いいのホントに??やったあ」
愛美「いいよ、ダーリンが望むなら。ってかあたしもしてみたいし」
僕「してみたいんだ」
愛美「そりゃそうでしょフツー」
僕「フツーかあ」
愛美「フツーでしょ。・・・でもさ。するのはいいけどダレとするの?」おっと。
 

 

そこまで考えてませんでした。
僕「そうだなあ。ネットとか?出会い系とか」
愛美「ぜんぜん知らない人と?それはイヤ。怖いじゃん」
僕「そっか。じゃ、じゃあ元カレとか?俺と結婚する前に付き合ってた人。あれ誰だっけ」
愛美「△△△?メールとか知らないし」
僕「そうなの?」
愛美「知らないよ。ってかあっちだって結婚してんだよ。仮にできたとしても奥さんにバレたらやばいじゃん!!却下」
僕「困ったな」
愛美「・・・ふふっ」
僕「え?」
愛美「なんでもない」何笑ってんのかなと思いましたが、それよりせっかくOKしてくれた愛美の相手をどうするか。
 

 

うしよう。
友達とか知り合いに頼むわけにはいかないし。
 

うーんうーんと考え込んでいる間、愛美は僕のちんちんで遊んでました。
愛美「・・・ダーリン何か思いついた?」
僕「え。いや。まだ。・・・困ったな」
愛美「そっかそっか」また笑ってるし。
 

 

僕「・・・なんでさっきから笑ってるの?」
愛美「え?ああ。そかな」
僕「笑ってるじゃん。何で?何で?」
愛美「え~~~・・・あっは」少しの間、愛美は何か考えるような顔をしてから言いました。
 

愛美「ねね、あっちゃんは」
僕「ん?」
愛美「今のあたしに浮気をして欲しいんだよね?」
僕「うん。まあ。浮気ってかエッチ」
愛美「え。だから、本気じゃないエッチならいいんでしょ?」
僕「まあね。そうだよ」
愛美「そっか。そうだよね」ちんちんいじりながらニヤニヤ。
 

 

僕「なにさっきから。笑ってるしなんか言いたそうだよ」
愛美「そう?ふふ」
僕「気になるっての」
愛美「きゃっは」
僕「何ナニナニ」
愛美「ナニって・・・わかんないの?」
僕「は?だから何が」
愛美「あっは~。おっかしい。オモシロイねあっちゃんて」
僕「さっぱりわからんです」
愛美「そうかわかんないか。うはは。・・・仕方ないな」
僕「???」
愛美「鈍いねあっちゃん。・・・あのね、あたし実は浮気したことあるって言ったらどうする?」
僕「えっ!!」
愛美「うひ」
僕「なにそれマジ」
愛美「え?あははは。うん」
僕「ホントに??」
愛美「ホント。くは」
僕「聞いてないよそんなの」
愛美「言ってないもん」
僕「う」
愛美「きゃは。いやーナイショのつもりだったけど。・・・だってあっちゃんそういうの好きって言うから。あ、これは教えてあげた方がいいのかなって」
僕「・・・う、なんかフクザツ。ちょとショック」
愛美「ショックだった?ごめんねえ」
僕「うー」
愛美「でも勃ってるよ、あっちゃん」
僕「う」
愛美「・・・あっちゃんヘンタイだね」愛美は体勢を変え、横69みたいな形でぼくのちんちんに軽くフェラ開始。
 

 

僕もお返しにと、愛美のマンコをいじったり舐めたりしながら会話は続きます。
僕「ねねね、いったい誰としたの」
愛美「ん、会社の人」
僕「会社の人って誰。俺の知ってる人?」
愛美「知ってるかもね。あは」
僕「えっそうなの??」
愛美「ふふ、やるでしょあたしも」
僕「だだ誰なのそれ」
愛美「言わない」
僕「なんで。気になるじゃん」
愛美「いいじゃん誰でも。もう終わった話だし。それに、あっちゃんにとっては、あたしが誰かとエッチしたってコトが重要なんでしょ?」
僕「そうだけど・・・」
愛美「誰としたか?じゃないよね。だったら別にいいじゃん誰でも・・・知らない方がいいこともあるよね、きっと♪ね~」
僕「ね~って。ちんちんに話しかけられても・・・そんな意地悪しないで教えてよ」
愛美「だめ。それはヒミツ。しつこいともう話さないよ?」
僕「えー・・・わかったよ、しょうがない」
愛美「よろしい。で、その人とのエッチの話を聞ければそれでもいいでしょ?いきなり誰かとしてこいって言われてもね、無理だし」
僕「う~ん」
愛美「ね。だからそれは、そういう人が見つかってからってことで」
僕「う、うん・・・そうだね。それでいいです」
愛美「オッケ。じゃあ名前以外は何でも答えてあげる。ハイどうぞ」
僕「え。じゃ、じゃあ・・・いつ頃の話?」
愛美「去年だよ」
僕「割と最近なんだ。・・・どれくらいつきあってたの?」
愛美「付き合ったってほどじゃないけど。前から誘われてて、そんで何回かしちゃった♪みたいな」
僕「そうなんだ。何回くらいしちゃったの」
愛美「ん~・・・10回くらい?いや、もうちょっと多いかも」
僕「・・・結構しちゃったのね。で、どんなエッチだったの」
愛美「あっは。それ言うの?やっぱりぃ」
僕「だって何でも答えるって。それになんか話したそうにも見えるんだけど」
愛美「ぐは♪そうね~。そうだよね~」
僕「そうっす。で、どんな?」
愛美「きゃはは。あのね、・・・ソフトSMって感じ!あっはっは」
僕「SM!」
愛美「はは。ま、SMだけど、ローソクとかはナシ。熱いの痛いのヤだから。軽~く♪」
僕「軽くってどんな」
愛美「ん。目隠しとか」
僕「目隠し」
愛美「手錠とか♪」
僕「手錠も!」
愛美「足枷とか。あは」
僕「・・・なんかさっきより濡れてきてますケド」
愛美「あ・・・思い出したらちょっと。ってかあっちゃんもカチカチだよ♪えへ、あたしたちってヘンタイ?」
僕「・・・そうかも。で、目隠しとかされたままヤっちゃうの?」
愛美「そだね」
僕「どんなふうに、もっと詳しく」
愛美「具体的に話せって?」
僕「うん」
愛美「なんか恥ずかしいな。・・・えとですね、まずホテルに入りますと、あたしが全部脱ぎまして」
僕「うん」
愛美「手錠と足枷されてですね。さらにその二つをヒモで結びます」
僕「ふーん。なんかよくわからんですが」
愛美「手錠の鎖と足枷の鎖を、ヒモで結ぶの。こんな風に」愛美は僕のちんちんから手を放して、丸まったような姿勢をとってみせてくれました。
 

 

「それじゃ立てなくない?」
愛美「立てないよ。這って歩くの。ズリズリって」
僕「犬のように・・・?」
愛美「そうそう。ワンちゃん状態。そんで目隠しされたら準備完了」
僕「ハダカで・・・」
愛美「うん。すっぽんぽん。あ、ごめん!首輪も着けるんだ忘れてた」
僕「首輪も・・・」
愛美「そう。そんで、お部屋の中を、彼に連れられてお散歩♪とかね」
僕「なななにそれ。愛美ってそういう趣味あったんだ」
愛美「ふふっ♪3回目くらいの時かなあ。彼がね、たまには変わったエッチしたくない?って言ってきて」
僕「うん」
愛美「え、変わったのってどんな?って聞いたら、『目隠しは?』って言われて。ふーん、いいよしてみてもって」
僕「言ったんだ」
愛美「言った。で、目隠しされてエッチしたら結構感じちゃったんだよね。あ、なんかこういうのもいいかもって」
僕「うん・・・」
愛美「そしたらね、目隠しされてる時にいつの間にか彼が手錠も準備してて。そんでカチャっと」
僕「されちゃったんだ」
愛美「されちゃった。え、なにこれ??とか思ったけど、そのままエッチ続けてて気持ちよくって」
僕「・・・」
愛美「あっは。そんな感じが始まり。えへ。そんで、次も同じようにして。だんだん小道具が増えてって・・・いつの間にかあれ、あたしワンちゃん?みたいな」
僕「浮気してたのもビックリだけど、SMとは」
愛美「やばいあたし調教されてる?とか思ったけど、彼がまたそういう雰囲気にもってくのうまいんだ」
僕「そ、そうだったんだ」
愛美「そう。ま、だいたいこんな感じだったよ」
僕「・・・え、愛美はずっとその状態なの?目隠しとか手錠とか」
愛美「そういう時もあったよ。でも普通は、ワンちゃん状態で一回エッチしたら、いったん全部外してた」
僕「そのままされちゃうのかあ・・・」
愛美「うん、一回目はそう。バックから、こう入れられて。あーって」
僕「バックで」
愛美「うん。コーフンしちゃうんだそれが。あ、あたしは何も見えないし抵抗できないのにって思うと。もう」すっぽんぽんで目隠し&手錠&足枷&首輪状態で、お尻をつきあげて誰かにバックからガンガン突かれて悦んでいる愛美を想像してしまいました。
 

 

 

【関連動画】

寝台列車の不倫旅 波多野結衣

寝台列車の不倫旅 波多野結衣

 

寝台列車の不倫旅 波多野結衣のあらすじ

“結衣”25歳、結婚2年目。札幌から寝台列車に乗って上野を目指す。
 
人妻は、ここ1年SEXレス。揺れる車内で立ったまま尻をくねらせ、貪欲にSEXを楽しむ。
 
人妻の性欲は衰えることを知らず益々燃え上がる。朝のシャワールームでは自ら肉体を押し付け挑発する。
 
走る密室で清楚な人妻が情欲のままに男を咥えこむ…。カテゴリ:熟女出演者:波多野結衣レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

寝台列車の不倫旅 波多野結衣に管理人のつぶやき

 

男所帯の原田家の家事の手伝いに行く事になった。
 
絶頂の果て、H88)が男の子とラブラブH!下着を優しく脱がしていく男。今回ご登場いただくのは福岡県は博多からやって来た水谷しえりさん32歳。
 
細身の体でありながらもボンっと大きいお尻を突き流されるまま無毛の性器を晒した人妻は恥ずかしがりながらも初見の男の物を握り、恥じらいながらも積極的なセックスを展開、ナンパさせる。最近はちょっと事情が変わり女性でもオナニーが当たり前になって来ました。
 
交際期間中は何度か若気の至りで2股3股していたそうです。青姦隣人の事などお構いなしに卑猥な喘ぎ声を出しまくる未亡人は抜けます!理性も道徳心も体裁さえも皆無。
 
尻と乳房への愛撫。おっぱいだけじゃなく下もすこぶる敏感なようで、事情を説明しながら馴れ馴れしく百合恵に近づいてきたかと思うと身体を触り始めた…体で支払うことに…薄暗い雰囲気がまた燃えます!フェラをしているとトイレに来た良美さんに見られてしまう!お風呂場でハメ師のチンコを激しく洗ってくれます。
 
あ…約束の時間は厳守願います…私は何でもしますから、どれがいいかと聞かれると淫乱巨乳豊満四十路の佐々木恵子さんはピンクと即答!湿り気のある音とお母さんの喘ぎが台所の中に響き渡っていく。見るからにモテそうにない男を人妻独自の色っぽさで包みこむようにボディタッチ、こっそりゴム外して真性中出し決めてやりました!性に飢えた変態痴女妻が…触れ合ってしまったのです。
 
スキそうな顔してるわ出逢ったオトコが悪かったか、本当は私…自慢の母は誰もが羨む美しき人。でも子供は絶対に欲しい。
 
精液を垂れ流しながら満足そうに微笑む変態妻…旦那が早漏何度もイキまくる!今日も電マでは飽き足らず、母さんのオナニー見て興奮しちゃった!椎名紅緒さん38歳。ベッドではない場所でのハードなSEXがたっぷりお楽しみいただけます。
 
ふぅん…湯気がでそうにじっとり濡れたオマンコに、エロ本を見つけてしまう。初めての玩具攻めに男優の手マンと気持ちいいセックスにすごぉい!懐かしくもメスの臭いのする母の香りに劣情を催し、濡れた陰唇を拡げ…EDの患者には、直人は得も言われぬ感情を覚える。
 

 

『寝台列車の不倫旅 波多野結衣』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す