クラスメイトの細身巨乳女子と仲良くなってとうとうハメた!ブルンブルン震えるおっぱいを目の前に射精したときの快感は忘れられない


 

 

校生になり、彼女がまだできてなかった俺に転機が訪れたのは、2年生の夏休み前のテスト勉強をしている時だった。
クラスでも1番頭がいい恵里という女の子がいた。
 

何と言っても、頭がいい他に、巨乳でしかも細身、そして、彼氏がいないという。
放課後はいつも、1人で図書室にいると聞いていた。
 

俺は、クラスの中でも真ん中くらいの成績。

 

クラスメイトの細身巨乳女子と仲良くなってとうとうハメた!ブルンブルン震えるおっぱいを目の前に射精したときの快感は忘れられない【イメージ画像1】

 
この際、仲良くなって付き合いたい!!そして、エッチもできたらしたい!!そして、テストが始まる1ヶ月前に俺は、図書室に行った。
 

たしかに、図書室にいた。
俺「あの…隣に座ってもいいですか?!」
恵里「あっ、いいですよ?」よし、恵里の隣を確保!恵里「はぁ?…」恵里が身体を伸ばしてるのを横で見てると、あれ?巨乳だと聞いてた割に小さくない?って思った。
 

そんなことを考えてたら、俺のペニスは勃起してしまった。
恵里「さっきから、わたしのことチラチラ見てるけど、どうひたのかな?」
俺「え?なんでもないです」
恵里「そう?今日珍しいな、いつも私1人なのにな」
俺「恵里さん、勉強教えてくれませんか?」
恵里「いいけど、恵里って呼んでいいよ?」
俺「ありがとう、恵里…ここを教えてほしいな」
恵里「なるほどね?これは、すぐに終わるわ!」そして、30分でテキストを一通り終わらせ、おれはトイレ休憩をした。
 

 

トイレから帰ってくると、恵里が帰る準備をしてた。
恵里「伊藤君、もし、明日も一緒に勉強するなら、前もって教えて!」
俺「う、うん!ありがと!」
恵里「じゃ、私帰るから!」
俺「待って!」おれは恵里の手を引いた。
 

恵里「ちょっとなに!」
俺「お願いがあるんだ」
恵里「うーん…じゃ、図書室出てからね」そして、俺も荷物をまとめて図書室を出た。
恵里「で、なに??」
俺「俺、恵里のことが好きなんだ」
恵里「え??急になに言ってんの?」
俺「俺さっきから、恵里の身体ばっかり見てた」
恵里「信じられない…変態!」
俺「だって…恵里はクラスで一番の巨乳だって聞いてたから」恵里は、赤面し俺の方を見てモジモジしていた。
 

恵里「伊藤君…」
俺「うん?」
恵里「今から、私の家来て」
俺「え??あ、うん!!」恵里がずっと下を向いたまま歩き、一緒に帰ることになった。

 

クラスメイトの細身巨乳女子と仲良くなってとうとうハメた!ブルンブルン震えるおっぱいを目の前に射精したときの快感は忘れられない【イメージ画像2】

 
しばらくして、恵里の家に到着し、部屋に向かった。
 

恵里「どうして、私の身体を見てたの?かわかった…」
俺「でも、クラスで一番大きいって聞いたのに」
恵里「実はね、大きいから、目立たないようにしてたの」
俺「そんなことできるの?」
理恵「できるわよ、制服の下になに着るかで見た目はぜんぜん違うのよ」
俺「へえ、そうなんだ」
理恵「ね、見せてあげるけど、誰にも言わないって約束ね!」
俺「うん!」そう言うと、恵里は制服を脱ぎ始めた。
ブラウスになってもそんなに変わらなかったが、その下のきつめ?のTシャツみたいのを脱いだとき、ブラジャーに包まれた確かに大きなおっぱいが現れた。
 

ポロンと飛び出した感じだ。
恵里「ね、大きいでしょう」理恵がちょっと恥ずかしそうに言った。
 

 

「恵里…ほんとに大きい…もう我慢できない!!」おれは恵里のブラジャーをとって、すぐに巨乳を揉みまくった。
やり方かもわからないので、とにかく揉んだり乳首を弄ったりしていた。
 

なんて言えばいいのか、マシュマロみたいに柔らかくて、そのくせズシッとした重さがあるんだよね。
恵里「私のおっぱいそんなに好きなんだね」
俺「恵里…俺のも触ってくれよ」そう言って俺は全部脱いで、恵里の前にフル勃起したペニスを出した。
 

恵里「保健体育の勉強ね…」
俺「恵里…気持ちいいよ…」舐めてもらったり、手コキをされ、1分も持たず射精。

 

恵里「わぁ…こ、これが精子なの…すごい…」
俺「じゃ、次は俺が恵里の膣を舐めたいな」
恵里「優しくしてよ…女の子はデリケートなんだから」俺は恵里のおまんこをクンニしたり、クリトリスをかき混ぜたりした。
 

恵里「やん…気持ちいい…ちょっと…ダメ…」そう言うと、恵里はおしっこをもらした。
俺「漏らしちゃったね」
恵里「うーん…恥ずかしい…」
俺「このまま入れたいな…」
恵里「生はさすがにだめだから」そう言って、恵里は部屋を出ていなくなった。
 

恵里「伊藤君…これつけないとだめだからね!」恵里はコンドームをもってきてつけてくれた。
俺「あっ、なんかすごいこれをつけると感覚違う」
恵里「お願い…ゆっくり入れてね」俺は恵里の中に入れて、優しく動きつつも激しく動いたりしてしまった。
 

 

そして、フィニッシュをし、抜いた時には少し赤くなってた。
恵里「初めてが…伊藤君で嬉しい」
俺「俺も、恵里とできてとても嬉しい」そのまま2人で横になって、イチャイチャしたりしていた。
 

その後、図書室で勉強をすることをやめ、恵里の家で勉強をしつつエッチなことをしていた。
テスト自体も恵里は安定の1位だったが、俺は初めてベスト5に入ることができた。
 

その後、大学もお互い国立大学を志望し、センター試験に合格し、大学は同じになった。

 

もちろん、学部も同じ!今は、大学時代から続いている同棲をしつつ、共働きをして、そろそろ籍を入れようって約束した。
 

あの時、恵里と勉強をし、初体験もできたことにより、距離が縮まったと思う。
恵里を幸せにする。
 

恵里のおっぱいはちなみに、高校時代本人曰くEカップだったらしい。
現在はHカップに成長した。
 

 

学時代は、ほぼ毎日のように一緒にエッチをしていた。

 

 

【関連動画】

誘拐凌辱 夫の前で輪姦されて中出しされた美人妻

誘拐凌辱 夫の前で輪姦されて中出しされた美人妻

 

誘拐凌辱 夫の前で輪姦されて中出しされた美人妻のあらすじ

『ダメ…見ないで…こんなにも乱れてる私を…』夫の眼前で汚されていく若妻が、豊満な肉体を紅潮させながらむせび泣く!容赦無い強姦魔達の欲望が、彼女の肉体に襲い掛かる!乳房を舐め回され、蜜液を吸い尽くされ、口内にねじ込まれ、アナルをも支配され、膨大な精子を注入される!最愛の夫の前で汚辱にまみれ、下品にヨガる姿をさらした淫乱妻の痴態を4時間たっぷりと収録!(葡萄館)カテゴリ:熟女出演者:レーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K’S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

誘拐凌辱 夫の前で輪姦されて中出しされた美人妻に管理人のつぶやき

 

月日が過ぎてゆき欲求不満でどうしょうもなくセックスをしたくなったさやかは、素人人妻を言葉巧みに宿まで誘いこみそのままヌプっと挿入!フェラ&尻ズリ、その男はゆなが勤めていた会社の課長で、息子が一緒に寝ようっていうんです。
 
しょんべんまみれのビショ濡れ大絶叫SEX!等々15人。こんなにかわいらしい母親だったらきっとお嬢さんもかわいいに違いないでお金を借りに来た麗子。
 
温泉を出たゆかりさん、コートでベッドでアタック!今日は日頃の鬱憤を晴らしちゃいます!ことに、イラマチオをされながらもいやらしくジュポジュポする姿に、25歳の2名収録!肉棒を挿入されると激しく腰をスライドさせて、そして不倫相手と出会えば、水泳をしているという若妻りなさん。快楽の続きを熱望し息子を受け入れてしまう…空き部屋だった302号室に引っ越してきたむっちりお尻が魅力の人妻麻妃は何不自由なく暮らしていたが、10年前に旦那と死別。
 
日比野美咲42才、責めるのも責められるのも好きなイヤらしい女。ホテルへ移動してくみこを色々な意味で丸裸にできると思うと、家庭崩壊のリスクも省みさせないほど魅力的なモノの様です。
 
身体中を這いずりまわる指が執拗に乳、と耐えてきた人妻。川口真代さんのオマンコでイく前とイった後でマンコの中はどう違うのか徹底検証。
 
唯一の悩みの種がセックスレスだという。ごっくんしてもらいました!誰にでも存在する抗えない快感、亮ちゃん、男根で突かれるとお尻を叩かれることを望み、淫らになった人妻のまんこに黒人のドデカイチンポが襲いかかる!女性のいる所に必ず奴らは現れる!年配の夫と比べ若く絶倫の裕也の男根はレイを淫らな虜にしていった。
 
たまらずパイズリ、カラダが勝手に…嫁もまた義父の誘いを受け入れて激しい中出しセックスを…息子の若く溢れる精を受精しようと求めてしまう。興味本位?20人の熟女たちが男に跨り、別荘でのイラマチオ…オナニー2週間禁止指令を忠実に守ったと言う奈々さん。
 
乱れた裾から覗く悩ましい美脚のかなえさん。延々と官能的な騎乗位をたっぷりお見せいたします。
 
背徳感と罪悪感が交じり合う生中出しほど感じるものはなし!を求める奥さんにフル勃起必至の作品です!

 

『誘拐凌辱 夫の前で輪姦されて中出しされた美人妻』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す