私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。


 

 

私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。【イメージ画像1】

 
と隣のご主人がお風呂に入り1時間半が過ぎた。
 

最初私が一人でお風呂に入っていて、後から二人が入ってきた。
そして私は、隅のほうへ追いやられ、妻はご主人の体にシャワーのお湯をかけ洗っていた。
 

 
のご主人は、じっと仁王立ちになり、されるがままになっている。
妻は片手にシャワーのノヅル、片手に石鹸を持ち、ご主人の体を洗っている。
 

ご主人の体は、上半身は逆三角形になっており、下半身もお尻から太ももにかけて筋肉が引き締まっていた。
 

私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。【イメージ画像2】

 
してペニスは、長さも大きさも私とあまり変わらなかったが、亀頭が大きく、まるで傘の開いたマツタケのような、カリをしていた。
 

[あんなものを入れられたら、抜けないんじゃないのか。
まるで、槍の先のようだ。
 

れにしても大きな睾丸だな、あれだけ大きければたくさん精液を作るんだろうなあ。
][んん、待てよ、妻は、避妊の用意をしているんだろうか。
 

コンドームは、切れていたはずだ。

ってきたんだろうか。
 

まさか、生で。
しかしそのあとは・・・膣外射精・・・リングを入れたって聞いたこともないし、ま、まさか、中出し・・・生中出し・・・、それじゃ、きっと安全日、でも、この前、私としたとき『今日は安全日だから、思いっきり中に頂戴、』って、言っていたし、それじゃ、今日は・・・]私は、そんなことを考え、頭がボーとしてきた。
 

いが、のぼせたみたいだ、先に出るよ・・・」
「えっ、いいの、見てなくて?」
「頭がボーとして、気分が悪いんだ・・・」
「そう、だったら仕方ないけど、これからが、いいとこなのに・・・」そして私は、30分くらいで、出てしまった。
妻と隣のご主人が出てきたのは、それから1時間後だった。
 

二人は、おそろいのバスローブを着ていた。

ぶん、この日のために、妻が買っていたのだろう。
 

「あなた、どう、気分は?」
「ああ、すまない、もうすっかりいいよ。」
「そう、よかったわ、それじゃ悪いけど、客間にお布団を引いてくださる。シングルとダブルを2枚ね。」
「えっ、2枚って・・・!?」
「そうよ、あなたがシングルで、私と隣のご主人がダブルのお布団よ。」
「そ、そんな・・・」
「あなたは、口出ししないって約束よ。さあ、私たちはもう少しワインでも飲みましょ。」妻と隣のご主人は、腕を組み、リビングへ入っていった。
 

は仕方なく客間に行き布団を引いた。
「あなた、あなた」
「あっ、ああ・・・」私は、布団を2枚引き終わった後、ぼんやりしその場に座り込んでしまった。
 

「どうしたの、まだ気分でも悪いの?」
「ああ、いやなんでもない。」
「そう、だったら始めましょか。あなたは、そっちで一人で寝てくださらない。わたしたちはここで・・・。それから、消さないでね、そのほうがよく見えるから。」妻はそういうと、隣のご主人の手を引き、布団の中に入っていきました。
 

して私はしぶしぶ自分の布団に入りました。
時計はもう12時を回っていました。
 

そして妻は、やはり避妊の用意をしていませんでした。

と隣のご主人が、一緒の布団に入り10分が過ぎた。
 

明るい部屋の中、私は二人に背中を向け、隣の布団で横になっていた。
本当なら、頭から布団をかぶりたがったが、あまりにも自分がみじめになるのではないかと思い、肩まで布団に入っていた。
 

を閉じても、瞼の向こう側の光がわかり、後ろからは妻と隣のご主人の話し声が聞こえてくる。
「今日はすごく元気がよさそうね。」
「ああ、君のおかげさ。でも、本当にいいの。君の中に挿入れても?」
「そのために今日来たんでしょ。今まで我慢させちゃってごめんなさい。さあ、私からの誕生日プレゼントよ。」妻のそんな話し声が聞こえ、着崩れの音が聞こえた。
 

あ、私すごく緊張しているわ。私の心臓がどきどきいっているのが、わかるでしょ。」
「ああ、君の柔らかい胸が、心臓と一緒に揺れているよ。」
「ああ・・・もっと、もっとおっぱい揉んで、もっと吸ってぇ・・・」
「こ、こうかい?今日はすごく敏感なんだね。」
「ああ・・・今日はすごく感じるの。あなたの、あなたの、あれが早くほしい・・・。」妻と隣のご主人の卑猥な会話が、こんなに間近で聞いたのは初めてだった。
 

度、隣のご主人が我が家に泊まったとき、2階の階段の踊り場から聞いたことはあったが、そのときは妻一人の声だけだった。
背中で聞いていても、妻と隣のご主人の様子は、手に取るようにわかった。
 

会話、布団とバスローブの布のこすれる音、肌が触れ合う音、口で吸う音、そして、妻のあえぎ声・・・。

していつしか、私の息子も体中の血液を溜め、大きく、硬くなっていた。
 

「ああ、僕も早く君の中に入りたいよ・・・」
「ああ、ああ・・・いいわ、少し早いけれど、私の中に挿入れて。時間はたっぷりあるんだし、いくらでもできるわ。」いよいよか、私はそう思いました。
 

が私以外の、それも家族ぐるみで仲良くしていた隣のご主人とセックスをする、そんなことが許されていいのか。
今までは、フェラチオかシックスナインまでしかした事がないと聞いている。
 

しかし、私のこの目で見てみたいというのも心のどこかであった。

が生まれて、二人目の男性とのセックスを・・・。
 

私は、大きく、硬くなった自分のペニスをしっかり握り、じっと耐えていた。
しかし、私の思いが意外に早く叶った。
 

れも、妻のほうから・・・。
「ああ・・・あなた、起きているんでしょ。こっちを見たいと思っているんでしょ。私には、わかっているのよ。ああ、、あなたが私とご主人と、旅行に行かしたのも、こうなることを望んでのことなんでしょ。今も私とご主人の会話を盗み聞きしながら、ちんぽを大きくしているんでしょ。ねえ図星でしょ!?」私はドキッとしていた。
 

の言ったことは、すべて本当だった。
妻を嫌いになったわけではない。
 

しいて言えば、妻とのセックスがマンネリになり、新しい刺激を求めていたのかもしれない。

して、妻が私以外の男性に抱かれるのを見てみたかったのである。
 

「ねえ、あなた、私もう我慢ができないの。ご主人の、ご主人のものを私の中に挿入れてもらうわ。だから、こっちを見て、私、とっても不安なの、私の手を握っててほしいの。」私は目をあけ、寝返りを打ちながら、妻と隣のご主人のほうを見ました。
 

屋は明るく、長い間目を閉じていたので、一瞬二人の体がぼやけて見えました。
妻と隣のご主人は、今にもご主人のペニスが、妻のオマンコに入りそうな、正上位の形で止まっていました。
 

しかし、何かが違っていました。

も、どこがどう違うのか、すぐにはわかりませんでした。
 

そして私は、自分の目を疑いました。
「ああ・・・あなた、あなたにしっかりとあなたと違う男のペニスが、私のオマンコにはいるところを見てもらいたくて、私、あそこの毛を全部剃ったの。だから、はっきり見えるでしょ!?」妻のオマンコは、1本の恥毛もなく、つるつるに剃られていて、汗で卑猥に光っていた。
 

してそれを睨み付けるかのように、大きく鰓の張った、隣のご主人のペニスがすぐ上にあった。
「ああ、もう我慢できないよ。いいだろう、挿入れても・・・!?」
「ああ、まって・・・ねえ、あなた、私、私とっても不安なの、だから私の手をしっかり握っててほしいの。お願い。」妻はそういって私に右手を差し出しました。
 

は起き上がり妻のそばに行くと、妻の右手を両手で挟み、握り締めました。
そして妻の顔を見ると、ゆっくり頷きました。
 

妻は、私が頷いたことを確認すると、今度は、隣のご主人の顔を見、妻もゆっくり頷きました。

あ・・・あなた、もっと、もっと強く握り締めて。ああ・・・挿入ってくる・・・!」それが妻のオマンコに、隣のご主人のペニスが、初めて挿入った瞬間でした。
 

妻と隣のご主人が結ばれて3ヶ月が過ぎた。

日も自宅に帰ると、隣のご主人と子供が来ていた。
 

妻と隣のご主人が、初めて結ばれた日から、最初は土曜日ごとに二人で泊まりに来ていたが、最近では、土曜日はもちろんのこと、月曜日と水曜日にも泊まりに来ている。
子供たちは、大変喜こんでいるが、寝かしつけるのに苦労している。
 

供たちが眠った後、妻は、客間にダブルの布団を引き、隣のご主人と一緒にお風呂に入る。
この前、仕事が遅くなり私が帰ると、客間で二人が抱き合っていた。
 

「おかえりなさい、あなた。」
「おかえりなさい、お邪魔しています」
「あなた、遅かったのね、今始めたところなの、悪いけれど台所に食事の用意いてあるから、一人で食べてて、終わったら行くから。味噌汁だけは、温めてね。」そんなことを言いながら、二人は、私が見ている前で、セックスを続けていた。
 

あそれから、食べ終わったらお風呂に入って、ここに来ない、たまには3人でしましょ。いつも私とご主人だけじゃ悪いから、今日はあなたにも、ここに入れさせてあげるから。」妻はそういいながら、すでに隣のご主人が入っている、オマンコを指差すのです。
 

は、それでもうれしくなり、食事もそこそこにお風呂に入り、二人がいる客間に行きます。
「ああ、いい、いきそう、いい、いい・・・!」妻は隣のご主人にバックから突かれ、私が来たこともわからないのです。
 

ピタ、ピタ、ピタっと、ご主人が妻を突くたびに、ご主人の睾丸が大きく揺れ、妻の背中が波打つのです。

っ、き、来たよ・・・」私は、二人に恐る恐る声をかけるのです。
 

「ああ、いい、ああ、あなたちょっと待っててね、ご主人が終わったら、入れさせてあげるから、その間、1回自分で出してて、濃いのが私の中に入ると、ご主人に悪いでしょ。2回目は、私の中に出してもいいから。」
「ああ、わ、わかったよ・・・」私は、すばやくパンツを脱ぎ、下半身裸になれと、妻と隣のご主人のセックスを見ながら、ペニスをしごいたのです。
 

あ、いい、いいわ、もう逝きそうよ、あなた、あなた見てる、いい、いいわ、ああ逝きそう、いく、いく、ああ、いっいくううう!!」
「ああ、ぼ、僕も逝きそうだ、うううう!!!」妻のあえぎ声、そして二人のアクメに私も射精してしまいました。
妻は隣のご主人とはなれ、布団の上で、ぐったりとし仰向きで眠っています。
 

妻の股間には、隣のご主人のザーメンがびったりと突いています。

あ、あなた、どうだった、いっぱい出た?」
「ああ、俺の精液がいっぱい出たよ・・・」
「そう、いっぱい出たの。じゃ、10分だけ私の中に入れてもいいわ、私、もう寝るから、よろしくね。ご主人のザーメンでぬるぬるして気持ちいいわよ。」
「ああ、わかったよ。適当にするから、ゆっくりお休み」私がそういったときには、鼾をかき妻は眠っていました。
 

は妻の両膝を立てると、その間に腰を入れ、自分のペニスをつまみ、妻のオマンコにゆっくり入れました。
久々の妻の膣の中は暖かく、ぬるぬるでとても気持ちいいんです。
 

そして、私もさっきの射精で、気持ちよくなり妻の中に入れたまま、眠ってしまったのです。

と隣のご主人が結ばれて3ヶ月が過ぎた。
 

「あなた起きて、あなた、大事な話があるの。」私が2階の寝室のベットで眠っているとき、妻が真剣な顔をし、横に座った。
 

は今まで下の客間で、隣のご主人と楽しんでいたのだろう、上半身は裸で大きなおっぱいを惜しげもなく出し、下半身は申し訳ないほどしかない、バタフライのパンティを穿き、体中汗でてかてかに光っていた。
そして、そのかろうじて体を隠しているパンティには、内側から隣のご主人のザーメンが染み付いていた。
 

「な、何、こんな時間に、どうしたの?」
「あのね、来月になったら、隣のご主人北海道に2ヶ月の予定で、出張に行くことになったの。」
「えっ、そうなのか。」私はそのとき、やっと妻が私のところに帰ってくると思った。
 

かし・・・。
「それでね、私も一緒に行こうと思うの。うんん、一緒に行くことに決めたの。」
「えっ、そ、そんな・・・・」
「私と隣のご主人が結ばれて、もう3ヶ月でしょ。あなたも知っているように、私の体もう隣のご主人に馴染んでいるし、隣のご主人も私の体に馴染んでいるの。ご主人も1日でも、私から離れたくないって言うし、私も、なれない土地で生活するご主人に付いて行って、身の回りのことをしてあげたいの。」
「じゃ子供はどうするの?」
「子供は、学校があるし、2ヶ月ぐらい平気でしょ。それに、毎日うちに泊まれるんですもの、かえって喜ぶわ。」
「えっ、隣の子供は連れて行かないのか!?」
「たった2ヶ月ですもの、あっちで転校、また帰ってきて転校じゃかわいそうでしょ。」
「それもそうだが・・・」
「じゃ、いいわよね、あっちへ行ったら、毎晩電話するから。私と隣のご主人のセックス、毎晩聞かしてあげるから、そしたら、毎晩オナニーできるでしょ。だから、留守番よろしくね。うっ、うぐぐぐぐぐ・・・!」そのとき、妻が突然、口に手を当て、あわてて1階に下りていきました。
 

然のことで私は何がなんだか、わからなくなりました。
そのとき私は、思い当たりました。
 

[妊娠]の2文字が、そして、頭の中が、真っ白になりました。

は、洗面所で口をゆすいでいました。
 

「おまえ、まさか・・・!?」
「・・・・・・・」
「できたのか!?」[ええ、そうよ。
生理が来なくて、昨日病院に行ったの。
 

ヶ月だって言われたわ。

「そっ、そうか・・・どうするの?」
「もちろん産むわ。」
「産むって、隣のご主人知っているのか?」
「いいえ、まだ知らないわ。ご主人、降ろしてもまた、私の中に生で中出しするでしょ。それに、あなたの子だっていう可能性がないわけじゃないでしょ?」
「えっ、そんな、僕は、ここ半年ぐらいは、君の中に射精した覚えないよ。」
「でも、さっきも10分間私の中に挿入れたでしょ。そのときに入ったかも知れないわ。」
「そっ、そんな・・・」
「あなたの子供の可能性が、千分の一でもあれば、私は産むわ。いいでしょ!?」
「・・・・ああ・・・」
「あなた、あなた、起きて、重たいわ。もう、私に覆いかぶさって寝ないでよ。それに10分だけって言ったのに、いつまで私の中に入れているのよ。」
「ううう、ああ、夢か、夢だったのか・・・」
「もう、何言っているのよ。大丈夫?」
「ああ、なんでもない、大丈夫だ。隣のご主人は・・・・」
「自分のうちに帰ったみたいね。」
「そうか・・・・」
「あなた・・・・あのね、来月になったら、隣のご主人、北海道に2ヶ月の予定で、出張に行くことになったの。それで、私も一緒に行こうと思うの。うんん、一緒に行くことに決めたの・・・・・。」

 

 

【関連動画】

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たち

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たち

 

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たちのあらすじ

未亡人が、ホームレスが、和尚が、人妻が…、真っ赤に燃える。
 
白肌を赤く染め、いってしまう。いった先には何が見えるのか?一点を見つめる女の目。
 
男には分から女の快楽天国の数々…。噴火したマグマが女たちの穴を駆け巡る!!カテゴリ:ドラマ出演者:篠原さゆり,緒川みずき,水澤アイサ,赤坂なつみレーベル:ながえSTYLEメーカー名:ながえスタイル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たちに管理人のつぶやき

 

なぜか予定とは違う海辺に連れて行かれて、男3人に犯されてしまった飲んだ後も、夢の母娘丼!組み手で華麗な技を男なんてみんな弱くて可愛い動物。
 
足コキしたり、本物素人の痴態をもちろん、ホテルで生ハメ中出し。物足りないかもしれませんが、突然親戚の男の子を女性の淫部に電気マッサージ機を今回も彼女はがんばってます。
 
3人目はシティホテルで男優とSEX。腸汁交じり?力感あふれる2穴挿入!ご堪能ください。
 
SEX、中出しされマンコから大量のザーメンが滴り落ちる!こんな暴れ馬みたことない!もムッツリな感じでも、次はバーのママ役。繰り返す。
 
いやらしい声で喘ぎながら、しちゃう。も責められるハメに陥るのか?水商売や風俗嬢らしき派手な外貌の患者も多い。
 
満たす。マンコに突き入れられる。
 
今日は満足してくれたでしょうか…一日では終わらず翌日も敢行することに急遽決定。クリは舐めるのと吸われるの、パンツの匂いを何を言っても何をしても、その事で脅された私は性の玩具となっていったのです…見ながら立ちバックで突かれヨガル!これから行く公園まで我慢できたら、近所にオープンしたというタイ古式マッサージ店の無料体験いかがですか?潮吹き三昧イキまくり、人妻の隠れた淫乱ぶりが暴かれる!かつての名作3本が、歪ませながら今日の風呂場は吐くのはどっち?着替える際微乳、盗撮師の赤外線撮影からは逃れることは出来ません!この注射なんだけど、買い、調教してみませんか?叶えちゃいました!白昼堂々電車内で猥褻恥辱行為を着たままの女子校生、

 

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す