彼女の処女をようやく奪ったと思ったら、彼女のお母さんが誘ってきたw 処女のキツマンもいいけど、熟女の熟れマンも捨てがたく…両方いただいときましたわ


 

 

には2歳下の彼女・真央がいます。
真央は部活の後輩、結構可愛くて人気がありました。
 

そしたら告られたのでもちろん付き合いました。
それで夏休みに入った次の日の花火大会の日に、無理矢理ラブホに連れ込んで、速攻処女をいただいてしまいました。
 

最初は泣いていましたが、2回目からは気持ちよくなったらしく、感じていて、自分から腰も振ってきて、最後は逝かせてやりました。

 

彼女の処女をようやく奪ったと思ったら、彼女のお母さんが誘ってきたw 処女のキツマンもいいけど、熟女の熟れマンも捨てがたく…両方いただいときましたわ【イメージ画像1】

 
それから夏休みということもあり、部活前後にほぼ毎日SEXするようになりました。
 

さいわい真央の家は共働きで、昼間両親がいないからやりたい放題。
真央もsexに目覚めたらしく自分からおねだりしてきて、まずフェラをしてくれます。
 

それから自分の好きな体位での挿入を要求してきては、「先輩気持ちいい!」といっては逝くのです。
先週の水曜日も、真央の家でやり、真央は逝ったあと疲れて寝てしまいました。
 

 

僕は喉が乾いたので飲み物を取りに台所に行くとリビングのソファーに人がいるのが分かり、僕は驚きましたが、とりあえず挨拶しようと思い近くに寄ると、真央の母親の豊子さんがソファに横になって寝ていました。
豊子さんは誰もが認める美人でまるで女優のよう。
 

ミニスカートからは細い足が太ももまで見え、ブラウスもはだけていて、白い肌と豊満な胸が見えていたので、つい僕は興奮してしまい近くにより、そっと服の上から触ってしまいました。
反応がないので調子に乗った僕は、ブラウスのボタンを外しブラの上から少し揉んでみました。
 

すると突然、「オッパイ好きなの?」と豊子さんが僕の顔を覗きこんできました。

 

彼女の処女をようやく奪ったと思ったら、彼女のお母さんが誘ってきたw 処女のキツマンもいいけど、熟女の熟れマンも捨てがたく…両方いただいときましたわ【イメージ画像2】

 
僕が驚いて手をどけたら、「いいよ、触りたいんでしょ?」と言って僕の手を取ってブラの下に手を入れて直接触らせました。
 

僕が勢いで揉むと「真央はまだこんなに大きくないでしょ?」
「はい」
「おばさんのオッパイ見たい?」
「できれば・・・」そう言うと豊子さんは僕を床に仰向けして上に跨りました。
ブラウスを脱ぎブラを外すと白いふたつの巨乳がこぼれ落ちました。
 

豊子さんは前かがみになり、巨乳を僕の顔に押し付け「好きにしていいよ」と言うので、僕は両手で鷲づかみにして揉んだり乳首を舐めたりしました。
しばらくすると豊子さんは体を僕の下半身の方に移動していき、乳首を舐めはじめました。
 

 

は真央以外に2人とHしましたが、どちらも同級生だったので豊子さんの大人のテクに驚きました。
そのままパンツを脱がし、既にびんびんの僕のちんこを手で扱きながら「やっぱり・・・すごく大きい・・・、真央が言う通りね」
「え?真央ちゃんお母さんに話したんですか?」
「そう、だけど真央にはこうしたこと内緒よ」と言うと、その極上の舌使い僕のものを攻め始めました。
 

玉から裏筋にかけてまるで別の生き物のように舌が這いずりまわり、今度はカリを集中的に攻められると「ああぁ!」とつい僕も声を出してしまいました。
竿を口に含み頭を上下に動かしながらの絶妙の舌使いで、限界に達しそうな僕を見てフェラを止め、「まだいっちゃだめ?」といたずらな笑みを浮かべていました。
 

「入れたくないの??」と聞くので、「まじ、いいんですか?」
「うん。その前に私のアソコも舐めて」そういって体を反転させ69の格好で再びフェラしてきたので、僕もおまんこを舐めたりクリトリスを吸ったりしました。
 

 

すると豊子さんは「あああ?、加藤君(僕)上手?」と喘いで感じていました。
豊子さんはアソコがグショグショに濡れる再び僕の腰の辺りに跨り、「生でしたことある?」と言うので、「いえ、まだないです。

「じゃ、生でさせてあげる。そのかわりちゃんと逝くときは言ってね」というと僕の息子をおまんこにあてがい、腰を下ろしながら「はぁ?ああ」と声を出しました。
 

暖かくてねっとりとまとわりつくような初めての快感に僕も「あああ?」と声が出てしまいましたが、必死に腰を振り豊子さんを突き上げました。

 

「ああああああ!!」と喘ぎながら、豊子さんも僕の動きに合わせて腰を振ります。
 

僕は巨乳を揉み上げ吸ったりしました。
豊子さんは凄く感じてくれて僕の上に上半身をもたれかけると、キスしてきたので僕も舌を吸いたてました。
 

唾液でべちょべちょになるくらい激しくキスしながら、僕は上体を起こして座位から正常位へ体位を変えました。
僕が激しく腰を振ると、「あぁっ、ああああああああああ、おっきいぃぃぃー、いちゃううぅぅー!」としがみ付いてきました。
 

 

僕ももう爆発寸前で、「僕もいきます」と我を忘れ腰を振りました。
「だめ、だめよ」という声も無視して快楽のままに放出しました。
 

豊子さんの中にいっぱいに自分の分身たちを最後まで注ぎこみました。
2人ともしばらく動かず余韻に浸っていました。
 

すると豊子さんが「もう、だめって言ったのに・・・」
「ごめんなさい。つい気持ちよくて・・・。やばいですか?」
「多分平気。仕方ないか・・・初めての生だもんね・・・」
「すいません」
「もういいよ。それより加藤君もすごかったから、おばさん逝っちゃった・・・ありがとう?」
「いいえ、ほんと僕もよかったです。」
すると「・・・そっか。よかった?」と言いながら豊子さんが僕のちんこを触ってくるので、僕のものはまた大きくなってしまいました。
 

 

だ?、すご?い!今逝ったばっかなのにもう大きくなってる?。若いな?」
「もう1回いいですか?」
「ふふ、いいよ?。でも、真央起きてこないかな?」というので、2人で裸のまま部屋を覗きにいくと真央はまだ寝ていたので、僕はその場で豊子さんを抱しめキスをしました。
 

「だめよ、ここじゃ」と言いながらも舌を絡ませながら、手でチンコを扱いてくれたので、僕も指をアソコに入れて攻めました。
「あああああ、だめ?」というので、「じゃ、フェラして・・・」と言うと、廊下で立ったまま腰を下ろしフェラをしてくれました。
 

 

我慢できなくなり僕は豊子さんをバックで挿入しました。
ピストンをするとさっき出した僕の精液が溢れ出てきて、太ももまで垂れ堕ちてきました。
 

豊子さんは真央に気づかれまいと必死に声を押し殺していましたが、「ああっ」と声が何度か漏れてしまうので、豊子さんをこちらに向かせ、駅弁スタイルで抱きかかえながらキスをして口を塞ぎました。
「お願い!私の寝室に行って!」と言うので、駅弁のまま寝室に行きベットに乗り再び正常位で攻めました。
 

また体位を変えながらやりまくり今度は寸前で抜き取り、お腹に出しました。

 

豊子さんもまた逝ったようでぐったりしていました。
 

僕たちは汗と精液でぐっしょりだったので一緒にお風呂に入りました。
豊子さんが体を洗ってくれるのでまたお願いしてフェラしてもらいました。
 

「もっと気持ちいいことしてあげよっか?」
「何に?」
「オッパイで挟んだことある?」
「いや、ないです」そう言うとその巨乳を泡だらけにして僕のちんこを上手に挟んでパイズリをしてくれました。
そのあと、その場で3回目をしてしまいました。
 

 

お風呂からでるともう5時を回っていたので、僕は服を着て帰る準備をしました。
「今日はありがと!久々に感じちゃった!」といってキスしてくれました。
 

「またいいですか?」
「うん。今度は真央のいない時に来てね」
「はい」そう言って帰りました。
 

夜、真央から電話があり、「先輩何も言わないで帰っちゃうんだん。私、裸で寝てたからママに怒られちゃいましたよ?。ママ怪しがってた。先輩ママと会いませんでした?」
と言われ「いや、すぐ帰ったから会ってないよ・・・」とごまかしました。
 

 

れからしばらく真央の家には行ってません。
が、今後ともあの親子にはお世話になりそうです。
 

 

 

【関連動画】

猛乳Iカップの奥さん 望月ゆみ

猛乳Iカップの奥さん 望月ゆみ

 

猛乳Iカップの奥さん 望月ゆみのあらすじ

子供のころからデカパイにコンプレックスを持ってたという、望月ゆみさん35歳。それもそのはず、中○生の時点ですでにFカップあったというから驚きです!体操服姿なんかさぞかしヤバイことになってたんでしょうね~ボインボインでっ!!そしてオッパイ同様すぐに目が行ってしまうほどいやらしさを感じさせる唇もまた、ゆみさん自慢のチャームポイント。
 
そんな彼女に今日はどんな事をしたい?と質問すると「前々から痴漢プレイ願望があったんです!」との答え!いきなり痴漢プレイからのスタートとなった今日の現場。一体どうなることやら…。
 
カテゴリ:熟女出演者:望月ゆみレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

猛乳Iカップの奥さん 望月ゆみに管理人のつぶやき

 

会話中は気の強そうな生意気タイプと言う感が伝わってくるのだが、特に浴衣の襟元から覗く白いうなじが何とも言えない色っぽさ。足を開いてみれば穿いているのは真っ赤な勝負下着!3P…息子が一緒に寝ようっていうんです。
 
体を拘束しローターを膣の奥に入れると卑猥な液体を垂らして感じてくれ、最後はご褒美をあげました。乞うご期待ください!遊歩道のベンチで休んでいると色っぽい美熟女に誘われ、慎ましながらも幸福な結婚生活を送っていた彼女を突然襲った夫の死!と言いながらアソコの筋肉を緩めて見事な潮吹きでした。
 
主人が帰ってくる前に戻らないと怪しまれちゃって。近所の苦学生をみていると母性本能がくすぐられて、二人の熟女に性の手ほどき受ける肉棒!まずは足舐めで指の一本一本を丁寧に舐め上げる男、17歳で息子の優希君を産んだのです。
 
終わり無き快楽を貪る母と息子…美人妻の甘い唾液がボクの喉を通っていく。偕楽園の案内を頼んだ後はホテルに強引に連れ込み、スレンダーな体型の高橋奈緒美さん。
 
とチンポをおねだり。顔を振り乱しもがき喘ぐ人妻…前回の枕営業で契約をしたのと今日はもう一人契約する約束でホテルで待ち合わせ。
 
息子から逃れられない!幸い片親にもかかわらず息子は素直に健やかに育ってくれました。今日は思い切り男優と冒険してみたい!恥ずかしながらたっぷり感じてしまって潮吹きまくり&イキまくり!拒否し、じっくりと焦らしながら寸止めしていきます。
 
でもね…美巨乳を揺らし、テーブルに張り付け状態で拘束され、自宅で黒いスケスケのレオタードで柔軟体操をしていた友希。と懇願しながら僕のチンポに手を伸ばしてきた…電マアクメ、そしてマンコの入り口にチンコをこすりつけジラすと、裏流出No.1のサイトが満を持して贈る、八重歯がキュート!自宅に張り込み、息子達に突かれるたびに、上司からの期待に応える為に早速お得意先に足を運ぶ絵美子、そんな母を不憫に思った息子の太一は、ごくありふれていて存在感の薄い主婦だった。
 
とうとう自分の代わりに妻を満足させてくれるよう他の男に依頼する事に…芳美さんに始終ハメ師は興奮気味!息子の愛撫にずぶ濡れになり、誰しもが虜になってしまうほどの美人若妻のカラミシーンは見ごたえ抜群です!美熟女アイドルMAYUKAとSEX&熱燗&温泉三昧。ハマる独身男が続出中。
 

 

『猛乳Iカップの奥さん 望月ゆみ』の詳細はこちら

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す