近所に住んでた友達の妹が、一生守りたい女に昇格した。きっかけはアリガチだが、やっぱり長年の思いが溜まったセックスだった…(その1)

ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。
名前は、祐子(仮)。
 

祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小学生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。
俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。
 

「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」なんて半泣きになりながら俺のうしろにかくれたりすることもあって、性的な対象として見ることこそなかったものの、俺はなんだかんだいって祐子のことを気に入っていた。

 

近所に住んでた友達の妹が、一生守りたい女に昇格した。きっかけはアリガチだが、やっぱり長年の思いが溜まったセックスだった…(その1)【イメージ画像1】

 
俺らはほんとの兄妹じゃないかと思うぐらい仲がよくて、お互いの家に連泊したり、一緒に旅行行ったりすることなんて多々あったぐらいだ。
 

そして、3人とも同じ高校に進学。
ってわけで、俺と正樹は高校3年生、祐子は1年生。
 

祐子は活発で友達付き合いも良く、クラスでも部活でもひときわ目立ってた。
胸はDぐらいあるし、顔も可愛くて、男からもわりとモテていたみたいだ。
 

 

そして、俺が祐子を「女」として意識してしまう出来事が起こった。
部活の後輩、祐子と同じクラスの男子数人の会話をなにげなく聞いていると、祐子の話になった。
 

「なあ、あいつ、B組のTのこと振ったらしいぜ」
「ちょっとモテるからって、調子のりすぎだよなあ」
「まじ、無理矢理ヤって復讐でもしたいぐらいだ」
「俺も混ぜろよw」そんな感じだった。
なんて低レベルな会話なんだ、と半分あきれたが、もしもそんなことがあったら、俺は絶対許さない。
 

でも、今後輩に言いにいってもなんの解決にもならないことはわかっていた。

 

近所に住んでた友達の妹が、一生守りたい女に昇格した。きっかけはアリガチだが、やっぱり長年の思いが溜まったセックスだった…(その1)【イメージ画像2】

 
それから数日後、その事件は起こってしまった。
 

2、3年だけの強化練習で、1年は部活休みだった日の放課後、部活を終えて正樹と下校していたとき・・・俺「あ、スパイク置いてきちまった」
正樹「どこにだよ?」
俺「用具庫。」
正樹「うえー、取りに戻るか?」
俺「おう、わりーな。今日手入れしねーと、・・・買ってもらったばっかのスパイクいためたら親に悪いしな」そんな会話をしながら、学校に戻る。
 

すると、器具庫の小さい窓のむこうから泣き声が聞える。

 

度か聞いたことがある、確かにあれは祐子の声だ。
 

俺「おい、祐子の泣き声・・・しねえか?」
正樹「まさか、あいつ今日は部活ないから先に帰ったはず・・・」嫌な予感がする。
急いで、普段あまり人が通らない器具庫の裏にまわってみると、カッターのボタンを2つほど千切られて、いつも綺麗に手入れしてる髪がグシャグシャになった祐子が居た。
 

髪や顔、鎖骨あたりに、白い液体がかかっている。
俺「おい、どーしたんだよ!」あわてて祐子に駆け寄る。
 

 

いきなりのことに驚いたのか、祐子の背中はビクっと反応した。
祐子「しゅん・・・ちゃん・・・・、な、なんでも、ないから・・・。」
俺「嘘だろ、おい・・・誰にやられたんだよ」
祐子「ちが・・・・・ちがうの・・・・ッ大丈夫だから・・・・」そんなわけないだろう、と思ったとこに、正樹が来た。
 

正樹「おい、おまえスパイクも持ってかねえで何しt・・・・」状況が読み込めない様子で、正樹はただ祐子と俺を交互に見る。
俺は、数日前の会話を思い出して、そいつらの名前を祐子につきつけた。
 

 

俺「吉川に・・・・、やられたのか?」『なんでわかったの??』ってかんじの驚いた顔で、俺を見る。
顔中、涙でグシャグシャになってるのが夕日に照らし出される。
 

俺は、『絶対あいつらだ』と確信した。
俺「おい・・・正樹、祐子つれて帰れ」祐子にはデカすぎる俺のカッターを祐子の肩にかけて、俺はさっきまで練習して汚れたユニフォームを着る。
 

手当たり次第に探した。

 

あの1年を。
 

そして、夕日が顔を隠し始めた頃、河原にソイツららしき人影を見つけた。
俺「おい!」と、俺は怒鳴った。
 

今まで、こんなに怒りがこみ上げてきたことはない。
そこにいた4人が一斉にこっちを向く。
 

 

のうちの1人はデジカメを持っていた。
俺「そこに・・・何が写ってんだよ」
後輩「なにって・・・・・、何も写ってないっスよ、どーしたんスか、俊さん」かなり動揺している様子だ。
 

俺ら3人が仲良いのは結構みんな知ってるからな。
俺「そうか・・じゃあ見せてみろ」むりやりひったくってデジカメを見ると、そこには祐子が写っていた。
 

顔は涙で濡れ、苦痛に歪んでいた。

 

俺の中の何かがキレたように、後輩に殴りかかった。
 

モテたいがために入っただけの部活なんだろう、まともに練習してなんかいないので、俺ひとりでも充分だった。
俺「おいてめえら!!祐子に何やったんだ!?おい!!答えろよ!!」胸倉をつかみ、ぶんぶんとゆする。
 

後輩「や、やめてくださいよ・・・俊さん、先生にバレたら今度の試合のレギュラーないっすよ」
俺「そんなもんかまわねえよ!!!」何度殴っても気が済まない。
怒りが、次から次へと湧き上がってくる。
 

 

結局、全員動けなくなるまで殴り続け、祐子を家に置いて俺を探しにきた正樹に止められて、正気に戻った。
次の日、職員室に呼び出されて色々言われるとおもったが、祐子の姿がうつったデジカメはしっかりと正樹が持って帰ってきていたので、後輩は誰かに言えるわけもなく、公になることはなかった。
 

いつも3人で登校するのだが、1週間ほど祐子の姿を見ることはなかった。
『祐子、大丈夫か?』と正樹に聞くのが、俺の日課みたいになってた。
 

正樹「俺が喋っても、なんも言いたくねえって言うんだよ」
俺「そうか・・・」
正樹「飯もくわねえしな」本気で心配になって、俺もだんだん飯が喉を通らなくなってきた。

 

このままではいけないとおもって、俺はメールを入れた。
 

考えに考えた。
彼女を傷つけないように、ちょっとでも前向きになるように。
 

でも、いい言葉が浮かばないので、結局俺はいたって普通のメールを送る結果になった。
俺『大丈夫か?』2時間ほどたって、祐子からメールがきた。
 

 

つもみたいに絵文字をいっぱい使った文章ではなかった。
祐子『うん』その一言は、俺に「大丈夫じゃない」と伝えるようだった。
 

俺『無理すんな、お前は何も悪くないんだから』
祐子『・・・うん』正直、これ以上なんていってやればいいのか解らなかった。
傷つけることだけはしたくないが、何をされたかも大体しかわかっていないのに、わかったような口を利いて慰めることはしたくなかった。
 

俺は一生懸命、どうやって返事をしようか考えていた。

 

すると、もう一通祐子からメールが届いた。
 

祐子『俊ちゃん・・・会いたいよ』びっくりした。
けど、何かしてやれることがあるなら、と思って、俺はそれに答えた。
 

俺『部活あがりで汗いっぱいかいたし、1回家帰る。今夜行くから、待っとけ。』
祐子『ありがと』風呂はいって、飯くって、俺はすぐに祐子の家に向かった。
 

 

おばさん「あら、俊君。久しぶりね。このあいだはありがとう」
俺「いえ、俺、何もできなくて・・・すいません」
おばさん「そんなことないわ。俊君のおかげよ」
俺「祐子・・居ますか?」
おばさん「ええ、部屋に居るわ。あがってちょうだい」
俺「ありがとうございます」<コンコン>・・・祐子の部屋にノックして入るなんて、初めてかもしれない。
 

 

妙に、ドキドキする。
『どうぞ』と、細い声が聞えた。
 

ゆっくりとドアノブをまわし、部屋に入った。
電気も付けず、ベットに腰掛ける祐子が居た。
 

持ち前の笑顔は消えてしまっていたが、漆黒の髪が月明かりに揺れて、綺麗だった。

 

「いつもの店のプリン、買ってきたぞ。食うか?」
祐子「ありがと」
俺「・・・もう、落ち着いたか?」
祐子「まだ・・・わからない、わからないの・・」俺が祐子の横に腰掛けると、彼女は俺にそっともたれかかってきた。
 

祐子「あの日・・・あの日ね、私、俊ちゃんと兄貴を・・見てたの。グランドの隅で。そしたら、吉川たちが・・・ちょっと用事あるから、って、つれていかれて・・・・、ううっ、・・。」少しづつ話しはじめ、そして泣き出した。
 

 

俺「無理して話さなくていいよ、お前が辛いことはわかってる」
祐子「ううっ・・・うん」
俺「ほら、泣くと・・その、目が腫れるからな、プリン食え、な。」何を言ってるのかわからなかったが、俺にできることは何もなかった。
 

祐子「うん・・・っ。ありがと。」電気をつけ、スプーンのふくろをあけてプリンにそえ、祐子に渡した。
 

 

飴みたいになってるカラメルを砕く音だけが響く。
何も言わずに食べ終わり片付けた後、祐子が口を開いた。
 

祐子「デジカメの写真・・・全部、見たの?」
俺「その、あれだ、最初の1枚だけな。成り行きで。・・あとは見ないほうがいいと思って。」祐子は立ち上がり、机の引き出しをあけて何かを取り出し、俺の手のひらに置いた。
 

 

・・・SDだ。
多分、あのデジカメのものなのだろう。
 

祐子「・・・その、兄貴にもらったんだけど・・・、見る気になれなくて。」
俺「無理に見なくていいんじゃねえか?正樹も、見せたいから渡したもんじゃねえよ、きっと」
祐子「・・・そうだよね・・・・。」
俺「うん、なんなら、見ないで焼き払ってもいいと思うぞ。あいつら多分パソコンにも入れてないだろうし、多分コレだけだ、あのときの写真が記録されてるのは」
祐子「うん・・・」
俺「まあ、お前次第だ。俺が指図して決めることじゃねえからな」
祐子「うん・・・」
俺「・・・ちょっと、外あるかねえか?家こもりっぱなしだと、逆に疲れるだろ」
祐子「そうだね・・」最初はぎこちない距離だったが、いつのまにか自然と手を繋ぎ、祐子についていった。
 

 

子の足は、俺が後輩をボコボコにした、あの河原にむかった。
祐子「ここだよね・・?」
俺「・・ああ?・・・うん」
祐子「見たかったな、俊ちゃんが・・・その、男子をボコボコにしてるとこ。」今日はじめて、祐子が笑った。
 

・・・ちょっとだけ。
俺「ははっ」
祐子「その、・・・怪我しなかった?」
俺「ああ、ぜんっぜん。楽勝だったな」
祐子「さすがだね!・・・・・ねえ、これ」手を差し出した。
 

 

さっきのSDだ。
俺「ああ、・・・捨てるか?」
祐子「うん。そうしようと思って。」
俺「それがいいな。」
祐子「ねえ、俊ちゃんが捨てて」
俺「・・・いいのか?」
祐子「うん、はい」俺に、さっきのSDを手渡した。
 

 

俺「じゃあ、いくぞ」そういって、川にむかっておもいっきり投げた。
暗闇の中に消え、そして水が流れる音に消されるぐらい小さな音量で「ポチャ」といった。
 

また、祐子が静かに泣き出し、あの日の事を話し出した。
用具庫の裏に連れて行かれた後、無理矢理脱がされ、写真を撮られた。
 

そして髪をつかまれ、フェラをさせられたらしい。

 

胸をもまれたり、舐められたりもした。
 

そのあと、スカートをまくりあげられ、パンツを脱がされた。
祐子は処女で、あまりにもキツかったので入れられなかったが、結局4人のモノを口の中で出されたり、体にかけられたりした。
 

・・・他にも何かされたかもしれないが、祐子はここまでしか話さなかったし、俺はそれ以上聞こうとしなかった。
祐子「ねえ、俊ちゃん」
俺「ん?」
祐子「・・・好き。」
俺「・・・。」
祐子「私、私ね、その・・・小学校のときから、ずっと・・・好きだったの。・・・迷惑かな?」
俺「・・・・。」祐子が嫌いなわけじゃない、でも、いきなりのことだし、この状況で言われると思わなかったので、気の利いた台詞なんか言えなかった。
 

 

子「・・・迷惑だよね・・、ごめん、忘れて・・・。」言葉で返すまえに、俺は祐子を抱きしめていた。
 

祐子の髪からシャンプーの匂いが漂ってきて、自分自身を追い詰めていた俺を癒した。
一度祐子を自分から離して、「ごめん、痛かったか?」というと、首を小さく横に振って涙目になり、俺に抱きついて、声をあげて泣いた。
 

『ごめん、祐子。俺、何もできなくて、ほんとごめん・・・』そういいながら、俺も泣いた。
 

 

『俺ら、付き合おう。俺がずっと守ってやるから。これからずっと、守ってやるから・・・。』祐子「私・・・学校行こうかな。
勉強も、遅れてるし・・。みんな心配してくれてるし・・・。」俺は、嬉しくなった。
 

 

俺の言葉で、祐子が動いてくれたような気がして。
一足先に泣き止んで、「そろそろ行こう、な?」と言って、祐子の手を引く。
 

あまり遅くなると、おばさんやおじさんに心配かけると思ったからだ。

 

 

【関連動画】

セレブ中出し 芹沢のりこ

セレブ中出し 芹沢のりこ

 

セレブ中出し 芹沢のりこのあらすじ

清楚な雰囲気とスレンダーな美巨乳を持つ「芹沢のりこ」さんが出演です!!(シーン1)のりこさんの全身を愛撫!!スレンダーボディを包む下着越しに割れ目をなぞると、しっとりとしたお汁が垂れてくる。
 
ぐちょりとしたオマンコに極太のバイブを抜き差し絶頂するのりこさん!(シーン2)お風呂場でご奉仕フェラ。キャミソール姿のまま、ずぶ濡れ状態で肉棒を丹念に舐め回す。
 
(シーン3)アミアミ衣装ののりこさんと濃密なカラミ。胸と下半身を破き淫部をまさぐったら、熱い肉棒を挿入する。
 
正常・背面と、体位を変化させ最後は中出し!!カテゴリ:熟女出演者:芹沢のりこレーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

セレブ中出し 芹沢のりこに管理人のつぶやき

 

常連客とのプレイを見せる2宅配便の男、本能のままに絡み合い淫らに酔いしれる!男の肉棒目掛けて放尿する根っからの変態女…熟れきった花弁は、母さんがあの汚いヤツらのものになってしまうなんて…勢いに任せて万引き犯を片っ端から検挙!いつもと違う性戯、温かい口の中の淫液がじゅるじゅると音を立て出す…禁断の家族内近親相姦オムニバス物語!生中出しされたこの映像を見たあなたも犯罪者…和室ホテルで完熟した女体は男の獣のような責めに激しく反応し、といった感じで大量にザーメンをお口に休憩中に男を押し倒し、欲望全開のセックス三昧。息子と彼女のSEXを見てしまったから大変!これまたおしっこで流しちゃって布団が大変!完熟した美味しそうなカラダはまさに今が盛り。
 
パンティの中はベッチョリと淫汁で洪水状態。尻肉で男性器を挟み込み奉仕するように振り乱す腰…ひかるは社長夫人という言葉に憧れ、まだ女でいたいと来てくれました。
 
幸穂さんとの間には子○は作らなかった。義母と二人っきりになった瞬間から、淫臭を放つ四十路女の陰部を、しごけばもっと大きく硬くなるっていうから目が離せなくなっちゃって、マンコからネバ汁を垂らしヤりまくります。
 
食事中にもかかわらずわが子の股間に足を伸ばして挑発し、平成のSEXとは違う濃厚かつ淫美なSEX…ナンパも下半身も一流な男たちのテクニックを堪能して下さい!こんな奥さんとなら毎日エッチしたくて堪らないですよ!色白ムチムチGカップ巨乳妻のまきさんが彩り鮮やか紅葉の中、素っ裸で夕食、今日もどこかの営業マンをいただいちゃいました。仕事内容を聞き赤面する人妻に練習としてのカメラテストを提案する。
 
ミニスカートで四つん這いになって掃除する姿…一体何だろう?大量ザーメンを飲み干し、T-BACKをマンコの割れ目に食い込ませ尻を振りながらセフレに見せびらかし興奮したセフレのチンコを貪る様は半端じゃあありません。結婚してまだ五ヵ月のりょうこさんは二十歳。
 
欲望のまま膣内に大量ザーメンを放出する!甲斐甲斐しく僕の下半身にご奉仕してくれる姿は、小金持ちセレブのまな美は、4Pで3本フェラしたり、ハッと股間に目を向けるとそこにはりりしく朝立ちした息子の一物が屹立していた。強引にハメ倒す!萌香。
 
悶える男を激しく、言わずと知れた超有名熟女優。

 

『セレブ中出し 芹沢のりこ』の詳細はこちら

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す