順繰りと~順番に膣の具合を試され使い込まれ犯されまくる俺の不倫彼女~


 

 

順繰りと~順番に膣の具合を試され使い込まれ犯されまくる彼女~【イメージ画像2】

 

ょっと、順番に○○ちゃんのマンコを遊んでやれよ」○○が言った。
男2人が彼女の足を開かせる。
 

「ほら、もっと開けよ」
「もっと腰を前に突き出せって。マンコに指入れられねーだろ」彼女の内股をピシャと叩く。
 

 

・・んん・・」と彼女はマンコを突き出すように腰を浮かした。
「いい子じゃんー(笑)」
「言うこと聞くよな、○○ちゃんは」
「嫌がらないところがいいよな、使いやすくて(笑)」男の一人が「じゃあ、指入れるからな(笑)」と彼女のマンコに指を突き刺した。
 

「んあっ!あぁあぁ・・」彼女は一瞬腰を引いて足を閉じようとする。

 

メだって、足を閉じるなよ」もう一人の男が彼女の足を広げる。
 

「おい、今、誰の指が入ってんだ?」○○が彼女に聞く。
「・・・んん・・あっ・・・△さんの・・・指・・・」すかさず男が彼女のマンコから指を引き抜き、もう一人の男が代わりに指を入れた「ブッブッー!外れ、俺でした(笑)」指を入れた男が彼女を馬鹿にしたように笑う。
 

 

して、マンコに入れた指を激しく出し入れする。
「ああああっ!ダメっ!・・んんんっ!」彼女が腰を浮かせて喘ぐ。
 

「外した○○ちゃんには罰として口に入れてもらいましょー」と初めに指を入れていた男が彼女の口にチンチンを押し込んだ。

 

んあっ!・・・んんっ!・・・んんんんんっ!」○○が彼女の頭を後ろから押さえ、男の股間に彼女の顔を押し付ける。
 

彼女の鼻と唇が男の陰毛に埋もれる。
「ほら、間違えた罰だから、ちゃんと咥えろよ」
「んんんっ!んんっ!」彼女が苦しそうに喘ぐと、○○は彼女の髪を引っ張りチンチンから引きはがす。
 

 

あっ!・・・はぁ、はぁ、・・・んあっ・・・はぁ、はぁ・・・」彼女は苦しそうに息を吐く。
「おい、今誰の指がマンコに入ってんだ?」
「・・・はぁ、はぁ、□さんの指・・・」
「誰のチンポしゃぶってんだ?」
「・・・はぁ、はぁ、・・・△さんのおチンチン・・・」
「あはは!正解っ!ちゃんと続けて言ってみろよ」マンコに入っている指がさらに激しく動く。
 

彼女の体が大きく捩れる。

 

あっ!・・・□さんの指・・・オマンコに入ってて・・・△さんの・・・おチンチン、しゃぶるの・・・」彼女はそう言うと大きく口を開けチンチンを咥えた。
 

「よーし、いい子だなぁ」と○○が彼女の頭を撫でている。
「チェンジ!」と言うと男は彼女の口からチンチンを抜き、彼女のマンコに再び指を入れた。
 

 

度は、彼女のマンコから指を抜いた男が彼女の口にチンチンを押し込んだ。
「今度は、誰のチンチン咥えてんだ?」
「・・・んあっ・・・んんっ・・・□さんのおチンチン・・・咥えるの・・・△さんの指で・・・オマンコ弄ってもらうの・・・」彼女はマンコを男に突き出し、チンチンを咥えながら、そう言った。
 

「また交換なー(笑)」今度は○○が彼女のマンコに指を入れてマンコをかき混ぜる。

 

チャビチャと音がする。
 

△が彼女の口にチンチンを咥えさせる。
「あはは、順番にマンコと口を使われるってどうよ?(笑)」
「○○ちゃんのマンコ、だんだんと緩くなってきたんじゃね?」
「さっきよりも中が熱い気がするんだけど(笑)」
「漏らしてんじゃねーの?(笑)」男達は彼女のマンコに代わる代わる指を突っ込み、マンコをかき混ぜ、マンコの内側を擦り、彼女の口にチンチンを押し込んで遊んでいる。
 

 

○くんも混ざれよー」私は男に促され彼女のマンコに指を入れた。
彼女が私の目を見た。
 

彼女のマンコはさっきよりも指が入りやすく拡がっている感じだった。

 

ラビラは大きく開き、マンコの入り口がパックリ開いている。
 

「んんんっ、、、あぁ、、、○○くん・・・」彼女はそう言うと、口に○○のチンチンを押し込まれた。
「んんんんんんっ・・・んぐ・・・」私は彼女のマンコの中を指でさぐった。
 

 

の方まですっかり熱く感じる。
入り口の裏側を指の腹で擦ると、彼女は腰を大きく反らせて感じているのが分かる。
 

「んんんんっ!」
「そろそろ、こっちも入れよーぜ」男の一人がチンチンにゴムを着けている。

 

マはダメなんだよな?」
「あぁ、ゴム着けろよ。」彼女はベッドの上に仰向けにされた。
 

「ほら、足開け」彼女は足を開いた。

 

から入れる?マンコ使う順番、じゃんけんで決めようぜ」私たちはじゃんけんで彼女のマンコを使う順番を決めた。
 

初めの男が彼女の内股を掴み、足を大きく開かせる。
「一番にいただきまーす(笑)」
「おい、すぐイクんじゃねーぞ(笑)」彼女は足を開かされて黙っている。
 

 

ら、お願いしろよ、いつもみたく」○○が言うと彼女は「・・うん、、○○○のオマンコ、使ってください。
・・・おチンチン、入れて・・・」と言った。
 

「ストレートだなぁ(笑)、まっ、入れますけどね(笑)」と言うと男は彼女のマンコにチンチンを入れた。

 

ー、ヌルヌルするぜー」男はゆっくりとピストンする。
 

彼女は男に突かれる度に「んあっ!・・・んあっ!・・・あああっ!・・・んんあっ・・・」と声をあげる。
「どうよ?噂の○○ちゃんのマンコ?」
「あぁ、いいねえ。結構締まるなぁ。奥もいいねぇ(笑)」と男は笑いながらピストンする。
 

 

が彼女の体を折り曲げて腰を深く押し付ける。
「んあっ!・・あああ・・・奥に当たるよ・・・んあっ!」彼女は奥までチンチンで突かれている。
 

「ちょっと、こっち来いよ」もう一人の男が彼女の頭をベッドの端に引っ張った。

 

女の首だけがベッドの下に落ちる。
 

「何すんだ?(笑)」男がチンチンをマンコに突きながら聞くと「ほら、こうやってこっちも咥えさせるんだよ」と男は上下逆さまになった彼女の顔にチンチンを近づけ、彼女の口を開かせてチンチンを捩じ込んだ「んんんぐぐぐ・・・んんんんんっ!」彼女は手をバタバタさせて苦しんでいる。
「こうやって逆さまにしゃぶらせるのもいいだろ(笑)」男が笑いながら彼女の口にチンチンを押し込んでいる。
 

 

ンチンが喉の奥まで入ると彼女は「ぐっ・・んぐっ・・・んぐっ・・」と苦しむ。
「いい画だねぇ、いかにもマワしてます!って感じだなぁ」
「次、オレな」○○が彼女のマンコにチンチンを捩じ込んだ。
 

「んんっ・・・んぐっ・・・げっ・・・んぐっ・・・」逆さまになった彼女の口にはチンチンが捩じ込まれたままだ。

 

っちも交代ーっ!」
「んはっ!・・・はぐ・・はぁ、、、はぁ、、、」チンチンが引き抜かれた彼女の口からは白濁した涎が大きく糸をひいている。
 

その口を休ませることなく、男がチンチンを口に押し込んだ。
「んあっ・・んあっ・・・んんんっ・・」彼女は再び苦しそうな声をあげた。
 

 

ういうのって、おもしれーな。マワしてる醍醐味って感じ(笑)」
「○○ちゃんだからだよな。口でもマンコでも好きなように使っても文句言わねーからな」
「そ、こうやってマンコにチンチン入れてりゃ、苦しくてもマンコからダラダラ涎垂らす女だからな」男達が好き勝手なことを言っている間、彼女はマンコを犯され、口にはチンチンを押し込まれていた。
 

 

はマワされている彼女を見ていた。
私の感情に大きな起伏はなかった。
 

ただ、マワされている彼女を見ていただけだった。

 


■篠崎愛 グラビアシュート■

 


 

 


 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す