夫は自分にとって大事な人ですと言いながら他の男のチンポによがりくるってる主婦の話

夫は自分にとって大事な人ですと言いながら他の男のチンポによがりくるってる主婦の話【イメージ画像1】

0才の頃の私は他の女性があまり体験の無いセックスをしていました。
両親の事等もあり、ミッコとは違う人と結婚しました、思い出しながら投稿します。
 

夫は仕事上家を空ける事が多かったのですが、幸せな生活が送れました。

 

供が学校を卒業するまでは専業主婦を、夫が留守が多いんで子供に出来るだけさみしい思いをさせたくないからと、40才過ぎる迄専業主婦でした、友達のチエも結婚、ミッコはまだ独身でチエの話では多くの女性と交際してるとの事、夫が仕事に出、一週間留守となり暇な時、久し振りにチエから夕方「飲みに出てこないか」と私はあまり飲めないので、居酒屋で待ち合わせる事にして、風呂に入り車で居酒屋へ田舎に住んでおり飲みに行くことはほとんどありませんでした、飲むので帰りはタクシーでと久し振りで会話もはずんで遅くなり、チエが「主人に迎えに来てもらうから」と電話チエと私の住んでいる所は反対方向、「送らせようか」と言ってくれたが「タクシーで帰るから」と迎えに来たチエの旦那の後にミッコが居ました、チエの旦那が「二人が飲みに行ってるから迎えに行く」と言うとミッコも遊びに来ており、「俺も行く」と付いてきたそうで「久し振りだからいいか」と4人で飲んでるうち、何時の間にかチエ夫婦は居らずミッコと二人に、近くにアパートを借りてるからと、断ったんのですが少し足元もフラついており、少し強引にアパートへ、部屋に入るとすぐに抱きついてきキスをされ、抵抗しましたが弱いのに飲んでるせいか力が入らず、夫から以前「他の人とセックスをしても良いがしたら俺につたえるように」と結婚後初めての、夫以外の男性でしたが、ミッコに結婚前色々教えられた体は感じてき、ミッコにされるがままに、乳を揉まれパンツの上からオメコを触られ、湿っているのが分かると脱がされ裸に乳を揉まれ乳首を噛まれ気持よくなり思わず、ミッコに抱きつき手はミッコの大きいチンコを握っており、自分から口にしゃぶりつき大きいと思っていたら「旦那のは大きいか」と私が黙ったまましゃぶり続けていると、69の姿勢になり、ミッコにオメコをしゃぶられクリを吸われ感じて、チンコが欲しいと思っていたら四つん這いにされお尻を掴まれ後ろから突かれました、子供を産んでゆるくなっているのか痛い感じはありませんでしたが、動かされるたびにオメコから(くちゅくちゅ)と音が・・以前とは違う快感が突かれるたびに襲ってきます、快感が増したように感じます、抜いた大きいチンコを顔に私の汁で濡れたチンコに夢中でしゃぶりつきました、ミッコが上になり私の足を大きく広げられ、激しく突かれオメコの中はきつく広がり子宮を突き上げられあまりの快感に気が遠くなったきた時、「逝く」とチンコを口にドクドクと出てくるミッコの精液を飲み私の汁で濡れているチンコをきれいにしぐったりとなり何回逝ったか心地良い快感にミッコに抱かれ眠りへ、夫に悪い事をしたと思いましたが、夫が帰って全て話ました、「家庭を壊さ無いのと噂にならないようきをつける事を守るように」と今後会う事もオメコをした時は全て報告するようにと許してくれました。
 

夫に言われた事を守りながら時々ミッコと逢ってます。

夫は自分にとって大事な人ですと言いながら他の男のチンポによがりくるってる主婦の話【イメージ画像2】

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す