水泳教室で若い肉棒に欲情した主婦の浮気情事の秘密セックス体験

37歳の主婦です。
夫は10歳年上で半年に一度ぐらいやる気になるみたいで、愛撫はしてくれますが挿入しようとするとすぐに萎えてしまいます。
 

しかたなく口と手を使ってイカせますが、私は満足できません。
若い男の固く反り返ったモノを想像してオナニーをしますが、やはり生のモノでされたい願望は増すばかり。
 

せめて若い男性の綺麗な身体を見るだけでもと思い、水泳教室に通い始めました。
そこでインストラクターの健太君と出会ったのです。
 

健太君は28歳で、胸板は厚く、お腹の腹筋が浮かび上がる綺麗な身体をしていました。
私は健太君に会えるのを楽しみにジムに通いましたが、健太君は私には特に優しく親切にしてくれるのを感じました。
 

ある日、健太君と話している時、まわりに誰もいなかったので、いつも親切にしてくれるお礼にご飯をご馳走してあげると誘いました。
健太君は「ほんとですか?嬉しいです。」と喜んでくれました。
 

そして、後日、健太君と食事をしました。
会話も自然と弾み、笑いが絶えず、楽し時間が過ぎました。
 

私は益々健太君を好きになり、思春期の少女のように胸がキュンとするのを抑える事ができませんでした。
そして、思い切って言ってしまったのです。
 

「おかしいと思われるかもしれないけど、私、健太君の事が好きなの。健太君に会いたくてジムに通ってるのよ。気付いた?」すると健太君は、「ほんとですか?実は俺も一恵さんっていいなってずっと思ってました。こんな言い方は怒られるかもしれないですが、俺、熟女が好きで若い子に興味無いんです。一恵さんぐらいの年上にずっと興味があって。一恵さんを始めて見たとき魅力的な女性だなと感じました。」と言ってくれたのです。
 

私は嬉しくて、「ほんとうなの?こんなおばさんでも女として見れるの?」と何度も聞きました。
「じゃあ、これから私が誘ったらご飯とか行ってくれる?」「もちろんです。俺の携帯を教えときますから連絡して下さい。」と番号とアドレスを教えてくれました。
 

店を出ると、「一恵さん、手を繋ぎたいんですけど。」と、健太君は私の手を握ってきました。
 

手をつないで、二人して駅に向かう途中でした。
「俺、まだ一恵さんと一緒にいたいな」と健太君がいうのです。
 

ドキドキしながら「どこか行く?」と聞くと、「一恵さんとホテルに行きたい。」と。
 

私も同じ気持ちでした。
健太君がものおじせず、はっきりと口に出してくれたことがすごく嬉しかったのを覚えています。
 

が、人妻ですから一応は拒否をしました。
強引に誘ってね、と心の中で願いながら・・・。
 

健太君は、「俺、このまま帰るなんて我慢できないよ。はっきり言わせてもらいますが、俺、一恵さんとしたい。好きだから、したいんだ」と、真剣な表情で私の腕を掴み、強引にホテル街に歩き出しました。
 

嬉しい。
私は心からそう思いました。
 

でも、いい年のおばさんが若い子とホテルに入るのは、かなり勇気がいりました。
ホテルに入ると健太君は、すぐに私を抱きしめキスをしてきました。
 

健太君の手が私のお尻を弄りはじめると、お腹にあたる健太君のモノが既に硬くなっているのがわかりました。
私は手を伸ばし、初めてのときのように、心臓をドキドキさせながら触ってみました。
 

そしてハッとしました。
(凄い、こんなに硬くなるの?)と心の中で呟いたほど、健太君のモノは固くて太かったのです。
 

夫のモノと較べ、なんと立派なものでしょうか・・・私はますますドキドキしてきました。
そして私は、健太君のズボンとパンツを降ろし、夢中で口を近づけたのです。
 

亀頭から竿、そして玉袋の裏に舌を這わせて上げると、健太君は気持よさげにあっ、あっ、とあえぎました。
何だかとても可愛いかったのを覚えています。
 

早る気持ちを抑え、「後でいっぱいしゃぶってあげるから、先にシャワーをあびましょ。服脱がせてあげるね。」と健太君を全裸にし、私も服を脱ぎました。
 

一緒に浴室に入ると、健太君にシャワーをかけ、身体を洗ってあげました。
健太君のモノは太く固く反り返り、お臍にくっついています。
 

「凄いわね、ずっと立ったままね。」とソープを手に付け、洗ってあげました。
 

健太君は気持よさそうに洗われていましたが、カリ首のところをギュッギュッと指で締め付けるように洗ってあげると、「う、あっ・・・一恵さん、気持ちいい・・・」とあえぎながらいい、オチンチンをピクピクと痙攣させました。
健太君は手を伸ばしてきて、私のおっぱいやや乳首をさわり始めました。
 

夫と違い、情熱的なさわり方です。
やがておっぱいをモミモミし始めました。
 

私も身体を洗いソープを洗い流してから、健太君のモノをしゃぶり始めました。
健太君は目を閉じ、「あぁー気持ちいいよ一恵さん。」とあえぎながら、ますます情熱的におっぱいを揉んできます。
 

夫の柔らかいモノとは全然違う健太君のオチンチンを、私はうっとりしながらしゃぶり続けました。
揉まれているおっぱいが少し痛かったのですが、痛いけれど気持よくて、私はさらにうっとりしてしまいました。
 

「一恵さん、あんまりしたら、で、出ちゃうよ。」「健太君、私の口の中に出して」と、私は咥えながら、カリ首を指でシコシコと擦りました。
 

健太君の精子を私の口で受け止めたかったのです。
唇をすぼめてチュウチュウと王冠部を吸い上げ、力を込めてカリ首を擦ってあげると、健太君は体を後ろにのけぞらせ、「あぁー、我慢できないよ。イキそう・・・あぁっ、か、一恵さん。」叫ぶように声を上げ、それからヒクヒクと下腹部を痙攣させました。
 

ちゅーっ、と思い切り吸ってあげると、「あっ、あああっ、ああーっ」叫び声とともに、健太君は爆発しました。
ピュッ、ピュッ、と先端から噴き出した精子が、私の口の中に心地よい衝撃とともに注ぎ込まれてきました。
 

私は嬉しさに満たされながら、健太君の精液を飲み干してあげました。
「一恵さん、飲んでくれたの?」健太君が驚いたように、そして嬉しそうに言いました。
 

「だって健太君のなら飲めるわ。健太君の ためなら何でもしてあげる。」と答えながら、私は健太君を抱きしめてしまいました。
 

ベッドに入ると、「今度は俺が一恵さんを気持ち良くしてあげる。」と、健太君は乳首に舌を這わせながら、私のアソコを触ってきました。
 

指がクリを触りだすともう我慢出来ませんでした。
「健太君、そこ感じるわ。あぁーいいわぁ。」私は、自分でも驚くようなはしたない声を上げていました。
 

健太君の舌が乳首から下に移動し、太ももに達すると、身体の奥から愛液が溢れ出すのを感じました。
健太君は私の両足を左右に大きく押し広げ、「一恵さんのオマンコ、凄く綺麗だよ。」と言ってワレメの中にに舌を這わせてきました。
 

「健太君ダメヨ、恥ずかしい。」健太君の舌の動きが絶妙でした。
 

ゾクゾクするような気持ちが込み上げてきます。
こんなこと、夫には一度もしてもらったことがありませんでした。
 

「健太君、私も一緒に・・・」自然に言葉が出て、私は産まれて初めて69をしました。
健太君に割れ目やクリトリスを舐められながら、私も夢中で健太君のモノをしゃぶり続けました。
 

あまりにも気持よくてどうにかなりそうでした。
そして、「健太君、もうダメ。健太君の硬いおちんちん、私に入れて。」と叫んでいました。
 

体勢を入れ替え、健太君は私の両足を大きく広げました。
健太君の目の前に、私の割れ目がパックリ口を開けている・・・そう思うと胸がキュンと切なくなりました。
 

嬉しくて、切なかったのです。
健太君の熱いモノがグッ、グッ、と力強く入ってきました。
 

「あぁーいいわぁ。硬いのが奥まで入ってくる・・・」はしたない言葉が止まりません。
 

健太君は私の膝を持ちながら、力を込めてピストンしてきました。
体の芯まで突かれているようです。
 

「一恵さんの中、凄い気持ちいい・・・俺、こんなオマンコ初めて!」「私もよ、健太君のおちんちん凄いわ。こんない気持ちいいの初めて。変になっちゃう。」私は、お腹に力を入れてギューッと健太君のモノを締め付けてあげました。
 

「一恵さん・・・俺・・・イキそうになってきた!」「イッていいわよ、私もイク。あぁーダメ。」「あぁーイクッ、イクよ。うぅっ。」二人とも同時に登り詰めました。
 

健太君は腰を引き、私のお腹に精液を飛び散らせました。
そして、健太君は私の身体に覆いかぶさりキスをしてくれました。
 

幸せな気分で一杯で、健太君のためなら何でもしてあげると心に誓った私です。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す