マン毛にも白髪が生えてきた五十路のBBAマンコをまんぐり返しペロクンニからの駅弁ファック

マン毛にも白髪が生えてきた五十路のBBAマンコをまんぐり返しペロクンニからの駅弁ファック【イメージ画像1】

10数年ぶりに、大学生の時に、バイトで家庭教師をしていた教え子と再会したその流れで、家にお邪魔することになった。
久々に出迎えてくれた教え子の母親である恵子は五十路と思えないほどのプロポーションそして、おっぱい強調するようなTシャツとパンツを履いていた。
 

プロポーションは良いのだが、顔は中の下くらいなのが、玉に傷なのだが、教え子と恵子と携帯の連絡先を交換して、帰宅した。

 

礼のメールのやり取りの流れから、話しの流れが下ネタに向かった。
 

メールのやり取りから、五十路熟女の恵子が若作りしている理由が分かってきた。
簡単に言えば、飢えていたのだ。
 

 

マン毛にも白髪が生えてきた五十路のBBAマンコをまんぐり返しペロクンニからの駅弁ファック【イメージ画像2】

は戸惑いを覚え始めて、なんとかやり取りを世間話に持ち込もうとしたが、納まらない下ネタメールに、下心が出てきてしまった。
しかし、こっちが誘う前に、恵子の方から誘ってきて、すぐにOKした。
 

やっと話は世間話的な方向へ。

 

して、待ち合わせ当日。
 

場所は俺の最寄り駅で、待ち合わせ、欲求不満な淫乱熟女の恵子は俺よりも早く来ており、恰好は久しぶりに見たスカート姿だった。
仕事帰りの俺は恵子に「車を取りに行きたい」と言って、一緒に付いてきてもらった。
 

 

かし、目的はそうではない。
駐車場に着いてから、「着替えていいか?」と聞くと、恵子は断らずに、俺の部屋まで付いてきた。
 

さすがに戸惑いがあったのか、玄関先で挙動不審に立ち止まっていた。

 

は入りやすいように、飲み物を出してあげて、恵子が座ろうとした瞬間に、抱きついた。
 

恵子は始めは拒否反応を示したが、それは単純に驚いていただけで、キスをして、少々乱暴にスカートを捲くって、下着の中に手を入れると、すでにマン汁で濡れていた。
恵子の言葉に吐息が混じり始めた時に、「我慢できないのは、お互い様でしょ?」と聞くと、恵子は恥ずかしそうに頷いた。
 

 

うなると、恵子からも積極的になってきて、前がはだけて、スカートが捲れて、下着が脱がされてしまっている恵子をそのまま、テーブルの上に寝かせて、まんぐり返しで、白髪が生えたおまんこをペロペロ舐めてやったそして、生本番駅弁ファックで、ベッドまで移動して、恵子も俺も服をすべて脱いだ。
旦那とは10年近くセックスレスらしく、それ以前も淡白で欲求が溜まっていったとのこと。
 

そんな可哀そうなエロおばさんの恵子に鬼突きピストン結局深夜まで飯も食わずにやってしまった。

 

わった頃には、恵子の体は痙攣しており、なんとか服を着せて、車で送ってあげる事にした。
 

送る道中でも、恵子の体から手を放すことはなく、途中で恵子のパンツを脱がした。
あえて少し遠回りをして、運転している俺のモノを咥えさせながら、恵子の家の前に着いた。
 

 

に着いても、俺の股間から恵子は顔を上げなかった。
そんな恵子を一度、顔を上げさせて、シャツのボタンを全て外した。
 

恥ずかしがる恵子はすぐに俺の股間に顔を埋めた。

 

んな恵子のスカートを腰の辺りまで捲りあげて、自宅に向って尻を突き出しているような格好にさせた。
 

言葉攻めにすると、嫌がっている言葉は発するものの、顔を上げずに、自分のスカートも直そうとしない。
それどころか、恵子の股間から発する熱気で助手席の窓の一部が曇り始めてきていた。
 

 

の指にも、恵子の愛液が相当付いていた。
その指を恵子のアナルに入れてみると、恵子は相当首を振った。
 

アナルに入れられた事がないらしく、恵子は混乱していた。

 

ばらくしてから、恵子は再び動き始め、いつの間にか自分から尻も動かしていた。
 

「ここに今度入れてあげようか?」と聞くと、恵子は咥えたまま頷いた。
車の中では少し不便さを感じて、近くの公園に移動して、恵子をある程度服を正して、公園のベンチで青姦その日4回目のおまんこをやった。
 

 

の頃には、空が白み始めて、慌てて家に帰した。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す