セックスレスの子持ち主婦の浮気デートに燃える情事で喘ぐ秘密の体験

結婚して6年経つ31歳の主婦です。
子供が出来てから主人とセックスの回数が減り、ここ1年まったくセックスをしておらず、完全にセックスレスになってしまいました。
 

淋しくなった私は、勇気を出して出会い系サイトに登録してみました。
その時に出会った男の子との体験談を書きます。
 

私が出会い系サイトにプロフィールを載せるとすぐにものすごい反応がありました。
いろいろ迷ったのですがメールの内容が誠実そうだったので、6才年下でしたが25才のサラリーマンをしている方と会うことにしました。
 

主人には久々に昔の友達と会うということにして子供は実家に預けました。
待ち合わせ場所で待っていると、サイトの写メで見たとおり爽やかな感じの方がやってきました。
 

私は久々のデートでとてもドキドキしてました。
まず挨拶を交わし、彼の知っているお洒落なお店に食事に行きました。
 

食事しながら色々な話をして盛り上がり、私も久しぶりにいっぱい笑いました。
お酒のせいもあるとは思いますが、こんな気持ちが高揚したのも久しぶりで、話してるだけで体が熱くなっているのが自分でもわかりました。
 

話をしながら彼の目を見て、この人はどんなセックスをするんだろう?とエッチな想像をしました。
そうして楽しい食事が終わりお店を出ると彼が、「これからどうする?」と聞いてきたので、私は我慢出来ずに「2人きりになれる所に行きたいな…」と大胆なことを言ってしまいました。
 

そして二人で腕を絡ませて駅の近くのラブホテルへ…会って間もない人でしたが、私も人肌恋しかったので、早く抱き締めてもらいたい気持ちでいっぱいでした。
正直言うと主人とはセックスレスだしセックスしたかったんです。
 

そして部屋に入ると、お互いソファーに座り、そこで彼は私を抱きしめ優しくキスをしてくれました。
私は久々だったのでキスだけで思わず「あっ…」と感じてしまいました。
 

お互いの舌を絡ませ、濃厚なディープキスをしました。
彼は私の服をだんだん脱がしていき、首筋や乳首に舌を這わせてゆっくりと舐めてくれました。
 

そして私のおっぱいに顔をうずめたり、強く揉んだりしてくれました。
もう乳首は硬く突起し敏感になってしまいちょっと触られるだけで感じてしまいます。
 

「あぁ~ん、すごい気持ちい~」と言葉を漏らしてしまいました。
2人でベッドに移動して、また舌を絡ませ濃厚なディープキス。
 

「ねえ、どこが一番感じる?」と彼が聞いてきたので、「クリトリスかな…」というと彼はスルスルっと下に体をずらして、パンティーの上から指でクリトリスの周辺を責めてきました。
すでに濡れているアソコからさらにいっぱいオツユが出てるのがわかりました。
 

すでにパンティーはぐっしょり濡れて大きなシミを作っちゃってるのが彼に見られてると思うとちょっと恥ずかしかったです。
そしてとうとうパンティーも脱がされ、直接クリトリスに舌を這わされペロペロ音を立てながら舐められました。
 

「ぁんあん、だめぇ~…イッちゃうよ…ぁあ~ん」と私は久々の刺激に本当に限界でした。
手を伸ばしトランクスの上から彼のオチンチンを触ると、彼のもすでにカチカチになっていました。
 

私は体の向きを変え69のような体勢で彼のトランクスを脱がせると大きくなって反り返ったオチンチンを舐めてあげました。
久しぶりのオチンチンに私はうれしくて先っぽのカリ首の部分から根元までしゃぶりまくり、もちろん玉も口の中に入れたりして舐めまくりました。
 

彼は私のクリトリスを舐めながら、同時にアソコの入口に中指を入れたりしてお互い感じまくっていました。
「もう私我慢出来ないよ!欲しいの…」と私が言うと彼は頷き、私の両脚を持ち上げて正上位でアソコにオチンチンを突き刺しました。
 

「あぁぁ~!」久々だったので本当に本当に気持ちよく一刺しで軽くイッてしましました。
しかも彼のオチンチン結構大きかったのでより一層感じてしまいました。
 

「ぁんぁん、すごいおっきくて気持ちいぃ~!はぁ~ん…」と私は彼がオチンチンを出し入れするたびにあまりの気持ちよさに意識が飛んでいきそうになりました。
彼が「気持ちいい…?」と聞いてきて私が頷くと、彼はどんどん腰の動きを早めました。
 

パンパンパンパン…と大きな音が鳴りました。
「あー。ヤバイ、私イッちゃいそう~ぁあっイクイクイクッ…」と叫ぶと、彼も「俺もヤバイ…イクッウゥ…」と言って2人とも同時にイッてしまいました。
 

終わった後もあまりの気持ちよさに自分からフェラをして誘ったりして、結局2回セックスしてしまいました。
久々だったのでかなり燃えてしまいました。
 

彼とはもちろんまた会う約束をしました。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す