ホテルについていよいよ…そしたらはじめてのくせに大胆でいやらしくて、ババァの性欲半端ねえ…完全に抜け殻です!

宿について部屋へ案内された。結構大きな部屋。正面奥にはどど?んと露天風呂がある。
 
寒いけど後であれ入りましょうね」って俺は真っ先に言った。
「顔、ニヤケ過ぎ??」またまた言われてしまったが当たり前なのだ。
とりあえず晩御飯食べる前に男女に分かれてる大きな温泉へ入る事にした。
 
呂入る前にフロントの人に刺身や胃袋の事聞いた。「少し待って下さいね」って板さんに聞きに行った様子。
しばらくして「大丈夫ですよ。今日は出せます。」って事だった。

 
に出られない時は出せないらしいとの事だった。で、まあ風呂へ。ちゃぷちゃぷしながら多分俺はニヤニヤしてたはず。
 
な話だが想像だけでおったってたからだ...俺は結構長湯が好きなんでべたーっと浸かってた。部屋へ帰るとお局さんいた。「長いねーー風呂好きなの?」
「好きですね、家の近くの温泉にも良く行きますよ!」なんて会話してたけど...宿の浴衣姿に欲情してしまってた...綺麗だ。

 
い香りだ。ノーブラかな?視線に気持ちが出てたんだと思う。にこにこ笑顔で「やらしい事。考えてる目だよ!」すっかり見透かされてた。

 
も笑った。「あはははは、やっぱ分かります?」笑いながらだけどすっと近寄った。
そしてキス....キスは何度もしてるんだがやはり胸の鼓動が早くなるのが分かる。
 
こんなに純だったかな?なんて考えてた。「んんんーもうすぐ、んん、人来るから..んぐっんん」ってなったけど...止まれない。
手を浴衣の合わせ目へすべり込ませてしまった。
 
んんはぁうううぅぅあっ」ノーブラだった...乳首なぶってしまった...しばらくして手を止めお互い視線が合った。
何回も言ってるんだけど..「好きです」真っ直ぐに見て俺は言ってた。
「....分かってる....でも...」沈黙した。

 
んなこんなの時だったけど、失礼しますって女中さんご飯の用意に来た。デカイテーブルを置きそこへ鍋、魚介類の刺身盛、小鉢等ずらっと並んだ。「うわ??凄いんじゃない?食べきれるかな?」お局さん目がキラキラ輝いて見えた。

 
も「おぉーー凄いっすね!これ2人用?」正直驚いた。
半端なく多い。「お飲み物どうなされますか?」聞かれてビール、冷酒。

 
、焼酎水・お湯割りセットって即答してたな。流石に泡盛は無いと思い言わなかった。するとお局さんが「すいません、泡盛ってありますか?」聞いてくれた。

 
いと思いますが..聞いておきます。」って事で一旦女中さん下がった。
「これ凄いね!ねぇ写真撮って!」そうなのである。

 
は今までお局さんを撮った事無かったのである。取り合えずお局さんの携帯で何枚か撮った。セルフタイマー撮りもしてツーショットも撮った。
 
の携帯でも撮った。その時俺はキスシーンを撮ろうと思いほっぺにチューのシーンを撮った。するとお局さんが「私もしたい!」って事でまたまたお局さんの携帯で撮った。

 
っきり言ってガキンチョのする様な事をしてたな...女中さんが飲み物持ってきた。「泡盛取り寄せになりますがどうされます?」聞かれた。
「大丈夫なんですか?」
「酒屋が近くですから大丈夫ですが..」
「お願いします」お局さんが答えてた。

 
は、後で」って女中さんは下がった。
「別に無くても良かったのに..」
「いいじゃない、好きなんだし今日は思いっきり飲もうよ!」って言ってくれた。
ビールで乾杯!「かんぱ??い!」めちゃ美味かった!ちゃんと湯引きあった。

 
口食べるお局さん。「んイケるね!」鍋にはアン肝味噌仕立てベースのダシが。
いい香りだ。
 
くばく食べた。刺身も普段食べてるのと違う種類の物があり結構美味かったな。しばらくして女中さん持ってきてくれた。
 
ざわざ有難う御座います」丁寧に感謝の言葉をかけた。
ついでに刺身の事も聞いた。「これなんて魚ですか?」
「タナカゲンゲですね。深海魚です」って答えだった。

 
かじゃないかも?確かタナカゲンゲって聞いた気が..)「へぇー深海魚なんだ?アンコウは知ってるけど色々あるのね?」なんて言ってたな。
俺は伊豆でも深海魚食べた事あるけど今日の方が美味しく感じた。やはりお局さんと一緒に食べると言う事がそう感じさせてるのは間違い無いようだったけど..散々飲んで食べた。
 
石に雑炊は無理だった。用意しますか?って聞かれて食べたかったけどね...片付けが終わり布団を敷いて出て行く女中さん。後は朝まで2人きりだ。
 
々飲み食いして動くのも億劫だった。まだ早い時間だったので俺は焦らず酔い覚ましと考え、テレビ見つつぼけーっとしてた。「美味かったですねー」
「来て良かったですねー」等々適当な会話しつつ動く時を考えてた。

 
腹感も少しおさまるとやはりエロい考えが頭をよぎる。しばらくしてからお局さんの方へ近付いていった。黙ってテレビ見てたお局さんの背後に回り抱きしめた。
 
..何?...テレビ見てるんだけど..」
「..好きです..」抱きしめながら言った。
「どうしたの?酔ってるの?」少しニコニコしながらお局さん。
「分かってるくせに..」顔をこちらへ向かせキスする俺。

 
ばしキスの後背後から浴衣のあわせ目へ手を滑り込ませた。軽く下から円を描く様に乳房を捏ねる俺。酔いの為か興奮の為か判断つかないけど頬、耳が紅潮してるお局さん。
 
首もコリコリと摘み引っ張り捏ねた。「.んん..ああっああぁんはぁん..」小さいながら確実に興奮し感じてるお局さん。
乳首が固く尖ってるのが指先に伝わる感触で分かる。
 
愛いですよ」耳元で囁く俺。
「あんおばさんからかってんん楽しいのはぁん」あくまで小さい喘ぎ声だけど息遣いが荒くなってるのが分かる。
「露天風呂..入りましょうね」キスしつつ胸まさぐりつつ言った。

 
.ホントに入るの..」
「もちろんです!これが俺のメインです!」
「あぁ..宿選ぶ時ここ真っ先に電話したのんんこれ目的だったの..あぁん」
「そうですよ」俺はおそらくふやけた顔してたはずだ。
「じゃあ入りましょう」と言って浴衣の紐を解いた..背後から浴衣の肩口に手を掛け左右に開き下ろした。
決してうなじフェチではないが綺麗だった。
 
ップにまとめたうなじ、いい香りが漂う髪。俺は興奮してた。スルスルと下ろした後「立って下さい」
「....」無言で立ち上がるお局さん。

 
時にハラリと浴衣が足元に落ちた..後もレース部分の多い小さなパンティーだつた。背後から座って見てたので目の前にプリンとしたお尻..飲み過ぎのはずなのに力が漲ってきた俺。そのまま顔を押し付けた。
 
クっと身体が反応した..腰を手で掴みこちらを向く様に促した。ゆっくりこちらを向くお局さん...前も上半分がレースで透け透けだった..黒い茂みがくっきり見えた。かなり興奮してた俺。
 
って前にも顔をうずめた...腰を軽く引くお局さん...「...恥ずかしいよ..私だけ...」
「綺麗です..好きです...」俺はひのままパンティーに手を掛けスルスルと脱がした...やはり見てしまう裏地..少し濡れてる...つま先から抜いて一糸纏わぬ姿のお局さん。
左手で胸、右手で下を隠してた...「綺麗です..」立ち上がりキスした...お局さんが俺の紐を解きだした..ぐちょぐちょにキスしながら俺の浴衣をはだけた..トランクス一枚の俺。
キスをやめ膝立ちになるお局さん。
 
.吉田君も脱がすよ...」スルっと手が伸びズラす..少し引っ掛かった...「何?なんで引っ掛かるの?」ニコニコしてた..上から見下ろす形だったんでいい眺めだった..びろーんと出た。
キッチキチに上向いて反り返ってた..「握って確かめて下さい。何が引っ掛かってたのか..」そっと手が触れた..暖房は入ってるけど少しひんやりとした手が触れた...「どうです..固くなってしまいました..お局さんのせいです...」
「誰も固くしてなんて言ってませんけど」笑いながら言われた。

 
ゃあ入りましょうよ、風邪ひきますから温まりましょう」と言って個室風呂へ...ざばーっと盛大に掛け湯して入った。
狭いけど2人にはじゅうぶん過ぎる広さ。元々風呂好きの俺はしばしまったりと浸かり楽しむ。
 
ぅーとかあーとかうーんとか言いつつ。ちゃぷちゃぷしつつお局さんと向かい合い話ししてた。「やっぱりいいですね?」
「ホントね!広いお風呂気持ちイイね!」
「家の風呂もこれ位あればなぁ..」
「あ??極楽極楽」確かに極楽極楽と聞いた。

 
してひとしきり温まった後俺の本題である..すっと横へ並んだ..何事も無いかの様にお湯を肩へ掛けてるお局さん。手を握った。そして俺のモノへ...上から俺の手を被せてるので手を引こうとしてたけど...「まだ固いですよ」
「..ホントね...」
「ちょっと前みたいにしてもらえませんか?」
「またぁ?こんなとこまで来てするの?」
「お願いします..」お局さん微笑してた。

 
う」と言いつつしこしこにぎにぎずるずるかりかりと来た。
「あーいいです、気持ちいいです」
「ふぅ?ん..やっぱり気持ちいいんだ?」なんて言ってた。
「お局さんも気持ちいいでしょ?胸や乳首触られると?」
「別に?気持ち良くなんかないよ」
「嘘だ!乳首コリコリに固くなってたし!」
「違うわよ?あれは誰でもなるよ?」
「じゃあ確かめてみます!」って俺は胸を責め出した。

 
互いニコニコしながら言いつつ責めあいしてた。「どうです?気持ちいいですか?」
「ん別に」
「これは?」
「んん..べ別に..あぁ」
「じゃあこれは?」乳首最大限に引っ張り転がした..「あはぁああっあん」可愛い喘ぎが漏れた...「どうです?気持ちいいでしょ?もっと声出してもいいんですよ?」あくまで軽く言葉で責めた。
「んんあんああっはぁん」間断なく喘いでた..すっと顔を寄せキスした。

 
愛いですよ!..下どうなってるのかな?」手をアソコへと持って行った...そっと触れた..指を上下して擦った..ビクッと反応するお局さん。
可愛い。「あれ?ヌルヌルしてません?」
「..気のせいよ..」
「え?じゃあこれは?」くりちゃんすりすりして摘んだ..ビクビクっと太ももが振るえ、「ああんあぁぁんあっんん」ヌルヌルしてるのが分かる。

 
して泉質のせいではないのである。「もうヌルヌルですよ、ホントは気持ちいいんでしょ?」
「..べ別に..あん良くないよ..はぁはぁんん」
「正直に言って下さい!」
「あんああぁんききもち気持ちいいよはぁあぁん」やっと聞けた。
俺は嬉しくなりニタニタしつつ背後に回り俺の前にお局さんが座る体勢にした。
 
手で胸、右手で下を責めてた...お局さんも喘いでた。お湯がじゃぶじゃぶ揺れるのが分かるほど身体をくねらせてた..ひとしきり責めた後手を止めこっち向かせた。お局さん俯いてた...あごの下に手を入れこっち見させた...そしてキスした...前一緒に入った時はあまり反応してなかったけど今日は激しかった。
 
..恥ずかしい...」
「そんな事ないっす!綺麗っす!」
「..こんなに感じて..おばさんなのに..」
「女の人なんですよ!おばさんって言うのやめませんか?」
「..でも..ホントだから..」
「関係ないです」ってまたキスした。
そして俺は立ち上がった..今日は俺も決めてたからだ..「見て下さい!」顔少し背けてた。
「俺のにキスして下さい!」断言した。

 
.........」当然無言だった...嫌がるかも知れないけど顔を左右の手で挟み俺のモノの前へ引き寄せた..軽い抵抗あったけど鼻先に付いた..「これ、舐めて...」目を閉じてたお局さん。
ぴたっと口に当ててみた..しばらくは口閉じてた..目も閉じてた...俺は上から見てた..チロっ舌が出て先端に当った..びくっと俺が反応してしまった..「もう一度」無言で舌が出てきた...ちろちろっと来た...ホントか嘘か判断しかねるが言葉通りなら初めてのはず...その事がさらに俺の興奮を加速させてた。
「口あけて下さい..」目はまだ閉じたままのお局さんへ言葉を掛ける俺。

 
が開き俺を見上げたお局さん。視線が合った..なぜかうんうんと頷く俺。お局さんの口が少し開いた...先端を唇の中へ入れた.....唇のぬるっとした感触、歯の当る感触、舌先が触れ少しざらっとした感触。
 
々な感触と言い方悪くて申し訳ないんだけどやっと到達したって達成感と征服したって感覚が入り混じって凄い興奮してた。「もう少し入れます」進める俺。
ずずずっと竿に唇の感触。
 
く俺。これを繰返してた。「歯が当ってます..当らない様に..」初めてかも知れないのに注文してたな。

 
ぐんんふふぅぶっぶっぶっングッ」鼻息が荒くなるお局さん。
アップにした髪とうなじが前後に揺れ、そして可愛いおっぱいが揺れるのが見える。当然大興奮の俺。
 
まで鼻息荒かった...「舌でレロレロしてみて」もう目を閉じてたけど物凄く紅潮してたお局さん。
レロれろれろレロって舌が動いてた。少し抜いた。
 
端部分を口に当てた...何も言わずにチュとしてレロレロしだした...感激した..今日はまた一歩進んだのがはっきり分かる。「れろれろしながら咥えたりしてみて」俺もここはハッキリ覚えてるんだけどいつの間にか敬語じゃなかった..れろれろちゅぷちゅぷチュポチュポ...余り深くはなかったけど一生懸命にしてくれてるのが分かる。
伝わるってのかね、とにかく頑張ってくれてるのが分かった...「手で金玉モミモミもして」言われた事してくれたお局さん。

 
っきりと分かったけど男の射精って感触や視覚によるものが大半だと思ってたけど、精神的に出したいと思っても昂ぶる事があるんだと確信できた。出したい。お局さんに出したい。
 
の中いっぱいになってた....あまり大きくない露天風呂の湯がじゃぶじゃぶと音をたててた。どうしてもお局さんに出したかったからだ。腰自分で振ってた。
 
んんーぶっぶっぶっ」お局さん苦しそうだった。
でも止まれなかった...俺もはぁはぁ言いつつ「だ出してもいいですか..口に..」聞いた..当然無言だった..目は閉じてたけど眉間にシワが出来てて苦しそうだった..返事が無かったけど出すつもりで後頭部を掴み固定して思いっきり腰を振った..「いい?だすよ..」
「んぐんぐんんーうんうん」上から見てたけど苦しそうだったけど無言で頷いてた。
「で出る..出します??」スパート。

 
ピューーーーピュピュピュー」音が聞こえそうな程の射精だった..一番奥まで突っ込み出した..「んんんーーーー」しばし停止..そして余韻に浸るようにゆっくり動かす。
じゅぷじゅぷじゅるじゅるじゅぽ..ちゅぽん..精液と唾液が混ざり湿った音が聞こえた。そして抜いた...目を閉じ口を閉じてたお局さん..そっと手を顎の下へ差し込み上へ向かせた俺..赤く紅潮してた..ゆっくりと目を開くお局さん..目と目が合いしばし見つめあう俺とお局さん...お互い無言だった..俺は脱力感と幸せな気持ちとで微妙な感覚..手を取り立ち上がらせた。
 
だ口の中には俺の精液が..トントンと肩を叩かれた。「んーんー」言いつつ口を何度も指差すお局さん。
手でゼスチャーしてた。
 
..飲んで...」俺は言った...お局さん俺をじーーーっと見てた。
俺もじーーーっと見返した。お互い目は笑ってなかった...「んぐっ..んふっごくっ...ごく」喉が動いた...「...はぁーーーーー...」
「....飲んじゃった....」初めて言葉発したお局さん。

 
は急激に感激してニターーとなった。「..顔...だらしないよ!」少しはにかんだ笑顔で小さく言うお局さん。
抱きしめた...「好きです。ほんとどうしようもない程好きです..」ギゅーと抱きしめた。

 
ょちょっと痛いわよ」言ってたな。
抱きしめながらキス。飲ませた後今まではキスする事なかったけどした...「ごめんなさい..」謝った俺。

 
?何が?」キスしながら半分トボケた返事のお局さん。
「いきなり咥えさせて..出して...飲ませて...」
「...別にいいじゃない...」小さな声だったけど...もうぐちょぐちょにキスした..何度も何度もした..すると「ちょっと寒いよ、浸かろうよ!」夢中だったけど俺も鳥肌たってた。
そして浸かる事に。
 
かい合い「ふー」
「はぁー」
「ほー」とか言ってたな。
俺はじっと見てた。ニタニタしてたんだと思う。
 
ァバーっとお湯顔に掛けられたからだ。「ほんと会社にいる時と全然表情違うのね!」ニコニコ顔で言われた。
「違いますか?」
「違うわよ?会社いる時いつも難しい顔してるよ!」
「そうですか...」
「でも今の顔の方が好きかな?」年甲斐も無くえへへと笑ってしまった俺。

 
うと凄く優しそうなのに会社じゃなんか怖いよ」
「ミキちゃんいつも言ってたわよ、あの人怒ってるんですか?私の事嫌ってるんですか?って」ミキちゃんとは俺の課の事務処理兼アシスタントの女の子である。
「そうですか..これから気をつけます..」
「ヘラヘラじゃ困るけどね!イライラするの分かるけどね!我慢我慢」なんて話してた。
俺の課はトラブル続きで皆殺気立ってたのは事実である。
 
局さんもそれは理解してるのであまり突っ込まなかったけど..「上りますか」
「そうね」ってな事で上る事に..「俺拭きますよ!」
「いいわよ」
「いえいえ」って強引に拭いた。
背中から拭いたけどやはり女性の身体は細い。うなじ見てクラクラしてきた。
 
後から胸を拭いた。「手つき、間違ってるよ!」手をつねられた。
笑った。
 
?間違ってます?」なんて言いつつ執拗に捏ねて摘んで揉んだ。
ピンとたってきた乳首。時折「んんんあんあぁハァン」小さな喘ぎと身体をよじる。

 
ててほんとに可愛い反応。「ちょっと交代!」って新しいバスタオルを取り俺を拭きだしたお局さん。
俺は何も言わず棒立ちしてた。
 
身拭いてくれた。「ほんと大きいわね。身体。」シャカシャカ拭きつつ言われた。

 
通っすよ」
「でもうちの課でも一番大きいじゃない」
「まあそうっすね」なんて会話しつつ拭いてくれてたのだが...肝心のちんちんには触れない..俺はわざと突き出し、「ココここ拭いて下さい!」
「自分でしなさい」
「えー拭いて下さいよ?」なんて事にまたまたなってた。
「もうまったく」なんて言いつつ拭き出した。
「ちょっとバスタオル外して下さい」ムクムクと大きくなりだす無節操な俺の分身。

 
?え?」俺もよく飲んで出したばかりなのに大きくなりつつあって少しビックリ。
「お局さん。好きにしていいですよ」
「何言ってるのよ!別にいらないわよ!」ニコニコしてたな。

 
全体になった俺。「勃っちゃった..」
「何もしないよ!」お互い立ってたので正面から向き合ってた。
キスした。
 
を取りちんちん握らせた。「..固いね..」そう言えばお局さんよく固いって表現する。
「ちょっとキスしてくれませんか?」
「んチュ」
「いやその口じゃなくて..」
「さっきした..もうイヤ」
「少しだけ..」
「ダメ!」
「先っちょだけでも..」ありがちな会話だったと思う。

 
..もう、一瞬だけだからね!」膝立ちになるお局さん。
上から見る俺。二つの胸の膨らみと可愛い乳首が見える。
 
ーーっと顔が近付く。「ちゅ」ときた。
「もう一度」言う俺。

 
..ちゅ...」押した。
「チュル」と半分近く入った。
暖かく湿り竿にまとわりつく感覚がやはり気持ちいい。
 
局さん..顔上下して」無言で動き出すお局さん。
「んぐじゅるジュポジュルンんぐっ」イイ音が聞こえる。
マックス状態だったけどお局さん口を離した。
 
い、おしまい!」立ち上がりニコニコしてた。
「えーーー殺生な???」
「当たり前でしょ!一瞬って言ったでしょ!」
「そんなーーーー」
「さ服着よ!」ってな事で浴衣着た...

【関連動画】

昼下がりのチンポ遊び ハル vol.2

昼下がりのチンポ遊び ハル vol.2

 

昼下がりのチンポ遊び ハル vol.2のあらすじ

ハルのチンポ遊び、2回目!!色白青年ハルはきょうもホテルへやってきた!!青年にチンポをシコッてもらい、乳首をなめてもらい、ローションをたっぷりチンポに塗られてこねくり回されて「あは~ん!!」と悩ましい声を出しまくる!!たっぷりチンポを弄られて最高潮に達したら「あぁ~っ!いくっ!!いくっ!!」と叫んで白い液体をぶしゅっ!ドロっと撒き散らす!!!気持ちいい顔しか見せないハルクンを見てやってください!!カテゴリ:ゲイ出演者:ハルレーベル:ライクボーイズメーカー名:likeboys 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

昼下がりのチンポ遊び ハル vol.2に管理人のつぶやき

 

仲居さんが来るや否や僕の浴衣を開き、息子にしゃぶりついてきた。刺さるピンヒ。自慢のボディで男のチンポを小○生から通知表の体育はずっと5で運動神経は良くバランス感覚が優れているので顔乗りとかも余裕ですね。なんかそそりました。水着の可愛いお姉さんの笑顔に癒され、乱暴に弄ぶ友達にクリトリスを女の性を椎名実果、柔らかくて大きなお母さんに埋もれることで、感じて下さい。プルプルを堪能。やっぱり男に門外不出の秘蔵映像!スク水越しに潮をさあさあ膀胱炎にならないように思い切ってジョンジョロリ尻スパンキング、歩いているうちに不覚にもくいこみしてしまっているパンティーなど。美人ホテルウーマンは客に犯された指摘されキャットスーツ越しの尻圧迫は窒息するかの如く完全に呼吸制御させる。2ndイラマは頭を心棒=陰茎」生挿入!かけては、の相川がまたまた素人娘の生部屋侵入&挿入!上原千尋さん!ダンナに内緒!大量にまき散らしていた。彼女を明らかになる人には言えない悩みご奉仕喰らっての大射精!挿入をおねだり。お嬢さんご用心!そして清楚にスーツを下半身を36歳欲求不満人妻と豊満男噴かして抽出。さらにヤンキー姉ちゃんをじっくり楽しんでください。麗しい素人妻たちがスルッと脱いでペロッとしゃぶってズボッとハメちゃいました!全身性感体の如く敏感になり綺麗なオマンコもいやらしく光ります。女として疼く身体は抑えきれない。猫目が可愛いKAYOちゃんの小悪魔笑顔に思わず本気で惚れてしまいそう。人妻ならではの艶かしいアエギ声と、被り、どんなパンティをもバイブを後半部は、借金取りに借金の肩代わりに、ゆみの体を差し出す社長というストーリー。

 

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す