会社の昼休みに秘密の情事!パンティラインくっきりのエロ淫乱五十路おばさんと尻コキセックスした話

会社の昼休みに秘密の情事!パンティラインくっきりのエロ淫乱五十路おばさんと尻コキセックスした話【イメージ画像1】

じ会社に勤めている素敵な53歳のお局OLのおばさんがいるんです。
この熟女の名前はF子さん。
 

親しみ易い性格の明るいオバサンです。

 

かし私生活では、それほど幸せじゃないらしく婿養子の旦那が浮気して、家出していってるとの事。
 

セフレになる以前は、ちょっとムチムチな豊満体形のF子さんの作業ズボン越しのパンティーラインの浮き出たヒップにいつも目が行っていて、多少はエッチな目でこのおばさんを見ていましたセフレ関係になったキッカケは長くなりますが、ムラムラしている時や、F子さんのパンティーラインを間近で拝見出来た時など、現場ですれ違った時に小声で「ヤラせて!」と悪戯心が疼き、呟いたりしていました。
会社の中は騒音が大きく、Fこさんには聞こえてはいないと思っていました。
 

 

会社の昼休みに秘密の情事!パンティラインくっきりのエロ淫乱五十路おばさんと尻コキセックスした話【イメージ画像2】

ころが去年のある日いつもの様に「ヤラせて」と呟いたら、F子さんがちょっとビックリした表情で僕を見ながら「い…いいよ!」と言いました。
その時は、逆にこっちの方が「えっ!聞こえてたの?」とビックリしてかなり動揺してしまい、その後暫くは気まずくて、F子さんにどう接していいか困り、F子さんを避けていました。
 

それから数日後の土曜日でした。

 

の日は午前中だけ休日出勤で、自分の部署で3人出勤して、現場ではF子さんだけ出勤していました。
 

自分の部署は10時過ぎに仕事が片付いたので、11時近くに他の二人は先に帰りたいと言い、僕に会社の鍵を預け帰りました。
その為、会社内には自分とF子さんの二人だけという状況になってしまいました。
 

 

かもこの前の事があるのでちょっと困ってしまいました。
でも一応F子さんの様子を見に現場に行き、他の二人はもう帰ってしまったと伝え、F子さんに仕事はあとどの位かかるか?と聞きました。
 

F子さんは、「もう終わったわよ」と言い、作業机に手をついて日報を書き始めました。

 

れがちょうどヒップを突き出す格好で、パンティーラインがクッキリ!思わずじっくり観察してしまいました。
 

ところが作業机の戸棚のガラスにその様子が映っていたようで、気付いたらF子さんとガラスの反射越しに目が合ってしまいました。
ヤバイな!と思っていると、F子さんが自分の方を振り向きニッコリと笑い、ヒップを振りました。
 

 

くどうしていいか、固まっていましたが、F子さんがずっとヒップをダンスするように振るのを繰り返すので、思い切ってF子さんのヒップにチンポを当てて、自分も一緒に尻コキに夢中になり腰を振りました。
F子さんの大きなヒップは柔らかく、すぐに勃起してしまいました。
 

10分程その状態でしたが、思い切ってF子さんの大きなオッパイも触ってみました。

 

チムチなオバサンなので結構な巨乳です。
 

その後、F子さんの作業ズボンを下げると、下はパンストの様な薄手の黒いタイツを穿いていました。
更にそれも下げるとピンク色のパンティー!挿入しようと自分もズボンを下ろし、パンティーの中に手を入れようとしたら、何故か手を払いのけられました。
 

 

れでもF子さんのパンティーを脱がせようとすると「こらっ!それはまだ早い」と言われ、パンティー越しにヒップの谷間にチンポをギュッと挟まれ、ガンガン腰を振られました。
F子さんのその行為ですぐにイキそうになり射精!パンティーから太股にかけて、精液をかけてしまいました!凄く気持ち良くて自分はもう立っていられずにその場にしゃがみ込んでしまいました。
 

F子さんは作業机からティッシュを取り、精液を拭くと「こらっ!スケベ」と言って僕の頭をコツンと叩きました。

 

ょっと気まずい感じでお互いに服を整えて帰ろうとすると、F子さんに呼び止められ「アナタこれから予定有るの?」と聞かれました。
 

特に無いと言うとF子さんは僕の腕を掴んで「じゃあ上で続きするよ」と言い、二階の休暇室に連れていかれました。
休暇室は半分ほど畳の座敷になっていて結構広いです。
 

 

こでお互いに服を脱いでセックスしました。
事が終わってから、二人でラーメン屋で遅い昼食を取って帰宅しました。
 

月曜日に出勤して顔を合わせたときは、ちょっと照れくさくてお互いに笑ってしまいましたね!F子さんとはそれ1回きりだったと思っていましたが、その後、F子さんと車やホテルで数回セックスしました。

 

は今現在、会社でたまに昼休みにセックスしています。
 

場所はコンプレッサー室と言う所です。
会社のF子さんの作業場はコンプレッサー室の前に、棚やパーテーションを組んで造ったもので、コンプレッサー室へはF子さんの作業場からしか入れない為か、昼休みや始業、終業時にコンプレッサーを入り切りするのもF子さんの役目F子さんはそこに自分の荷物を置いて、自由にスペースを使っています。
 

 

は縦長に6畳位あり、そこにコンプレッサーが2台あるだけで、二人で入るには十分なスペースが有ります。
そしてまず他の人は来ません!最初はそこで昼休みにF子さんのヒップやオッパイを触ったり、パンティーを見せてもらったりと軽いエッチな事をしていましたが、すぐに手コキやフェラで射精するまでしてもらう様になりました。
 

その後お互い下だけ脱いで立ちバックで挿入までしていましたが、今は備品の座布団を6枚ガムテープで繋げて簡易マットを作り、その上でSEXをしています。

 

為が終わった後は簡易マットは折りたたんで仕舞っておきます。
 

ちなみに昼休みのそこでのセックスの時はお互いに全裸になって挿入しています。
うちの会社の昼休みは1時間です。
 

 

食を15?20分で取るとして、大体40分近くセックスする時間が有ります。
一応時計を気にしながらしています。
 

昼休みの内容を詳しく書くと、その日セックスするかどうかは10時の休憩時にメールで事前に確認して決めておきます。

 

ックスする日は、昼食後すぐにコンプレッサー室に集合します。
 

早く来た方が簡易マットやティッシュを準備しておきます。
二人揃うのは大体12:20分位になります。
 

 

ずキスから初めて、服を脱ぎながらペッティングします。
携帯で写真を撮ったりもしています。
 

12:40近くになるとF子さんはパンティーを脱ぎ、フェラで僕のチンポを更にビンビンにしてくれます。

 

して最後にマットの上で挿入します。
 

実はコンプレッサー室の壁の床近くに換気用の小さいガラリが有り、挿入中に顔を横に向けるとそこから外の様子が見えます。
コンプレッサー室の壁を隔てたその場所では、数名の他の従業員達がほぼ毎日将棋をしています。
 

 

さかその壁の向こうでは、その将棋の駒を打つ音を聞きながら、五十路の熟女OLと27歳の男が全裸でセックスしているとは夢にも思わないでしょうね!実は自分はそのシチュエーションにかなり興奮して楽しんでいます。
12:55分に予鈴が鳴るので、ほぼそのチャイムを聴きながら射精しています。
 

F子さんのお腹やオッパイに出すときもあれば、中出しする時もあります。

 

り5分で精液を処理し、服を着て、コンプレッサー室から出て、午後からは何事も無かったかのように仕事しています。
 

ちなみにお互い仕事はちゃんとしていますのでご心配なく!先々月から、休日出勤と称して月1?2回のペースで日曜日に会社でするようになりました。
主に午後からです。
 

 

の為、会社の手前の公園の駐車場に車を止めて会社まで歩いて行き、そして一部の従業員しか知らない裏口のシャッターを開けると中に入れます。
うちの会社は警備を入れてないので自由です。
 

そこで夕方までたっぷり楽しんでいます。

 

なみにF子さんは会社内を下着姿で自由にウロウロしたりしています。
 

本人曰く凄く興奮するそうですよ。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す