還暦前の儀保のおまんこはミミズ千匹で俺のちんちんを優しく包み込んでくれたw【近親相姦】

はもう昔、俺が30代の頃出張先が嫁の実家の近くだった為、出張代を浮かす為、嫁の実家にお世話になったその日は義父も出張で義母一人。眠くなり布団に入ったら義母が襖を開けて「寂しいでしょ」「お母さん、平気だよ!」っと一言言って襖を閉めた。

 

のこっちゃ?と思いながらも、そのまま寝てたら又襖が襖が開いて、「寂しいでしょ」と言って還暦を迎えた61歳の義母は横に座ってきた果て?っと思ってたら布団をめくり、おれの股間を摩りだしたのでやっと気付いたズボンとパンツを脱がされ、ビン立ちのチンコをたっぷりフェラして口内発射寸前のとこで寸止めされた初老の老婆といってもいい義母がパジャマを脱ぎだして、義母主導でそのまま69に目の前には、白髪交じりの陰毛が見えて、おれは反射的?と言ってもいいかもしれない無意識に白髪の生えたおまんこを舐めていたしかし俺はイマイチこの状況が飲み込めずされるがままの状態にいたら騎乗位で挿入され、最後は大開脚の正常位中だしで終了。61歳とは思えない身体だし何しろ最高のマンコに驚きでした。

 

さにミミズ千びきの名器まんこです。その後は機会がある度に義母させて貰いました。

 

父が在宅している時でしたがちょっとタバコを買ってくる、と出かけた隙に台所で生フェラとバックでさせて貰ったこともありました。嫁、子供と帰省した際も、家族の目を盗んで二階で生フェラ&口内発射なんていうのもありましたし買い物に付き合わされた帰りに人気の無い間道でカーセックスもありました。

 

暦を迎えたのに女性ってこんなにスケベで淫乱になれるもんだと驚かされます。そして、驚いたのは巻きスカートの下はノーパンなのであっという間に下半身スッポンポンで、義母の計画的犯行とその時気付きました。

 

つもおしとやかな顔をしているのにとんでもない痴女な義母です。俺の方が大きいけどアンタのは硬くて、ソリが良くてズンズン当たって気持ち良いとか。

 

る時、「あの娘(嫁)のアソコはどうか」と聞くので、良く締まるけどお「母さんにはかなわない」と答えると、「娘の喘ぎ声を聞いとくよ」っとお茶目に笑っていました。その晩は2階では義理の両親の夫婦の営み1階でわしたち夫婦の夜の営みで大騒ぎでした。

 

の俺もまもなくその時の義母と同じ年になりますが今となっては良い思い出です。

最近の投稿

よく読まれている記事

コメントを残す